アインシュタインの手紙:「神は愛なり」と信じられない人々 / 世界的理論物理学者アルベルト・アインシュタイン(1879~1955年)が生前、知人宛てに書いた手紙がオークションに出されたという外電を読んだ。手紙は1954年1月3日付でドイツの哲学者エリック・グートキンド宛て。 アインシュタインがルーズベルト大統領に手紙を書き、ナチ対抗して原爆を作れと養成した話は良く知られている。 だが、アインシュタインを悪魔の武器を登場させた犯罪者だと告発した者は皆無だった。 映画『奇蹟がくれた数式』の主人公となったのは20世紀の天才数学者です。 彼の名はシュリニヴァーサ・アイヤンガー・ラマヌジャン(Srinivasa Aiyangar Ramanujan)。 きちんとした教育を受けておらず独学で数学を極め、「イ アルベルト・アインシュタインは1922年に「光電効果」の論文でノーベル物理学賞を受賞した科学者です。 相対性理論は有名ですね。 また、年老いてからは核兵器の廃絶や科学技術の平和利用をうったえる活動に力を注いでいました。 ・アインシュタインはどんな人? ドイツに帰国後も、アインシュタインは手紙を通じて日本人とたえず交流を続けた。 原爆と世界平和運動 広島に原爆が投下されたニュースを聞いたとき、アインシュタインはドイツ語で"Oh, weh! 人間にとって最も大事な問題をとりあげ、一番意見を交換したい相手と書簡を交わして下さい−。 アインシュタインは20世紀史上、最も深い考えを持っていた理論学者。一般相対性理論、特殊相対性理論を唱え、1921年にノーベル賞を受賞。その科学的な成果のみならずユニークな哲学者としても知られ、大らかな人間性を持っていた。そんな彼の名言をご紹介。 アインシュタインの名言集です。偉大な物理学者が残した格言には、その性格や人生の指針などが垣間見られ、現代においても一つの教訓となっています。アルバート・アインシュタイン(1879〜1955年)とは、ドイツ出身の理論物理学者で1921年にはノ 第5回 アインシュタインの手紙 アインシュタインとフロイトの手紙『ひとはなぜ戦争をするのか』を読み解く(エキサイトレビュー)日本が第2次世界大戦に敗れた日から71年。この夏、アインシュタイン+フロイト『ひとはなぜ戦争をするのか』(浅見昇吾訳)が文庫… 紙の本. アインシュタインは9歳のときにピタゴラスの定理の存在を知り、自力で定理を証明。12歳のときに叔父からユークリッド幾何学の本をもらい独習。微分積分学もこの当時に独学で習得したという。 アインシュタイン。物理や科学に特に詳しくない人でも、その名前は一度は聞いたことがあるでしょう。僕もかなり思い入れのあった人物で、彼についていろんな本を読んだり、自分の漫画(「clock clock」)に重要な役柄で出しちゃったりしました。↓こんな感じで。 物理学者アインシュタインが精神分析の創始者フロイトにあてた手紙(公開往復書簡)がこの本です。なぜアインシュタインはフロイトと意見を交わしたかったのでしょうか。 アインシュタインは戦争をこう捉えていました。 イギリスの科学雑誌「ネイチャー」によると、アインシュタインは 生涯1万4500通以上の手紙 を書いていました。. アインシュタイン愛の手紙 - アルベルト・アインシュタイン - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 このページでは、天才科学者アルベルト・アインシュタインの名言や格言を英語で紹介しています。アインシュタインは、相対性理論などを提唱したことでも有名ですね。是非、お気に入りの名言・格言を探してみてくださいね。また、以下のページも合わせてご覧く ひとはなぜ戦争をするのか? (講談社学術文庫) 著者 A.アインシュタイン (著),S.フロイト (著),浅見 昇吾 (訳),養老 孟司 (解説),斎藤 環 (解説). ユダヤ人への迫害が日増しに激しくなり、アインシュタインがドイツに戻ることはなかった。 1939年、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト宛ての原子力とその軍事利用の可能性に触れた手紙に署名。 1940年(61歳)、アメリカ国籍を取得。 アインシュタインの情熱/Barry Parker/井川 俊彦(エッセイ・自伝・ノンフィクション) - 天才科学者アインシュタインは、情熱あふれる人間であり、恋を繰り返し、愛に悩む人間でもあった。運命に翻弄される人間でもあった−。現在まで残され...紙の本の購入はhontoで。 アインシュタインが大統領への手紙に署名したのは、単にドイツの脅威だけではなく、ユダヤ人を差別し迫害するナチスへの復讐なのではないか、という考えである。 1953年1月5日付けで篠原から送られてきた手紙に、2月22日、アインシュタインは返事を書く。 アインシュタインはハーンの著作を読み、日本への期待を抱いていた。来日後、彼は次のような手紙を親友に認めている。 やさしくて上品な人びとと芸術。日本人はハーンの本で知った以上に神秘的で、そのうえ思いやりがあって気取らない。 (同上) "(ああ、なんたることだ! 20歳から手紙を書いていたと仮定しても、毎日1通のペースで書いてます。 同じように「進化論」で有名なダーウィンも一生のうちに7591通の手紙を書いています。 アインシュタインとフロイトが手紙で議論を交わしたと聞けば、その内容が気になる人は多いでしょう。ましてその内容が「戦争を無くすことはできるか?」だと聞けば、なおさらではないでしょうか。 ある時、”国連”がアインシュタインに提案したそうです。 アインシュタインの予言(アインシュタインのよげん)は、アルベルト・アインシュタインの発言として流布されている約300文字程度の言葉である。 「近代 日本の驚くべき発展」を賞賛し、「来たるべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろう」と予言している。 手紙には「とても破壊力のある新型爆弾の作られる可能性があります。確信は持てませんが、町が一つ無くなるほどの強大な威力を持っています。」と書かれていました。アインシュタインはこの手紙に署名をしてしまいます。 当時のアインシュタインはスイスの特許局で働いてしました。大学教授とかではなくお役所勤めです。1日のノルマを午前中に済ませて午後はこっそり物理や数学の本を読みふけっていたといいます。まぁ、社会人としては失格ですね。 日本原水協webサイトのリニューアルに伴い、本ページの内容はこちらに移りました。 今後はリニューアルしたwebサイトをよろしくお願いいたします。. アインシュタインの伝記や簡単な相対性理論の本を10冊以上読み、相対性理論のセミナーにも参加したことのある筆者が、彼の生涯、名言、業績などについて簡単にご紹介していきますので、ぜひご覧くだ … アインシュタインの手紙がオークションに? また、最近ではアインシュタインが1921年にイタリア人女性科学者へ向けて書いた短い手紙が、エルサレムのオークションに出品され6100ドル(約64万円)で落札されたことが話題になりました。