グループ結成50周年! SIDE-3. 絶頂期のディープパープル。1972年8月15、16日に大阪フェスティバルホール、17日に日本武道館。日本中のファンを狂喜させた初来日時のステージを収めた大傑作。 ディープ・パープル(Deep Purple)が1972年8月17日に日本武道館で行ったコンサートから「Strange Kind Of Woman」のライヴ映像を、英国のDeep Purple (Overseas)LtdのYouTubeチャンネルがアーカイブ公開。当時8mmフィルムで撮影された映像で、同チャンネルは“非常に重要な発見”として映像を紹介 … 「ディープパープルの」というよりもライブアルバムというジャンルの最高傑作 ここで改めて書くまでも無いことですが、 ディープパープルが1972年に行った日本公演の模様を収録した ライブアルバムが『ディープパープルライヴインジャパン (Deep Purple Live in Japan』です。 10月に来日も決定しているディープ・パープルの歴史を徹底総括する特集ムックです。 リッチー・ブラックモア在籍時を主軸にバンドの歴史を追った文献は従来に数多くありますが、本書は第1期から現在の第10期までのキャリアに満遍なく光を 当てた「全史」本となります。 ディープ・パープル 1972年初来日パンフレット リッチー・ブラックモア、イアン・ギラン、ジョン・ロード、イアン・ペイス、ロジャー 送料無料 匿名配送 Amazonレビュー. 1.ハイウェイ・スター Highway Star 2.チャイルド・イン・タイム Child In Time. 1972年8月に行なわれた、第2期ディープ・パープルの初来日公演(東京と大阪)のベスト・テイクを収録した傑作ライヴ盤。彼らならではのアドリブの妙や、伝説と呼ばれる圧倒的なプレイの数々が堪能できる。(cdジャーナル データベースより) パープルの初来日公演が1972年。 既にグランドファンクやツェッペリンが来日公演を行なっており、現在では歴史の一部となっている数多くの来日公演が行なわれた70年代において、日本のファンにとってひときわ輝いているのが、このパープル初来日である。 1.スモーク・オン・ザ・ウォーター Smoke On The Water 2.ミュール The Mule. ディープ パープル ライブ イン ジャパン ロックのライブ盤で最高傑作のレコードだと思います。 1972年の来日アーティストの中で最高の5人メンバーだと思います。 私は今現在まさにライブ インジャパンを聴きながらブログを書き込んでいます。 ディープ・パープルの1972年の初来日公演を収録したベスト選曲のライブ・アルバム。 このアルバムに出会った筆者の衝撃とアルバムの背景を語る。 グループ結成50周年! 60年代後半にデビュー、メンバー交替を経ながらハード・ロック界のトップ・グループとして今日でも活動を続けるディープ・パープルの1972年1月3日、デンマークでのライヴを収めた … 何度もツアーで来日しているリッチー・ブラックモアが初めて日本の地を踏んだのはディープ・パープルのメンバーとしてであった。パープルの初来日公演が1972年。既にグランドファンクやツェッペリンが来日公演を行なっており、現在では歴史の一部となって こちらでは、ディープ・パープルのアルバムの感想記事など一覧と来日公演をまとめてみた。ベストアルバム「ディーペスト・パープル」を聞いて以来、ディープ・パープルの虜になった筆者のここまで書いたディープ・パープルの記事をひとまとめに整理! SIDE-2. deep purple ディープ・パープル / 1972年3月1日コペンハーゲン公演 カラー化! 商品番号:SICD-225 DEEP PURPLE / MACHINE HEAD LIVE COPENHAGEN 1972 in COLOR (DVD) 1.ストレンジ・ウーマン Strange Kind Of Woman 2.レイジー Lazy まずはディープパープル 歴史的な作品でもある1972年の名盤「マシン・ヘッド」の大ヒット!その名盤を引っ提げて、ディープ・パープルは初来日。 ディープ・パープル 1972年初来日パンフレット リッチー・ブラックモア、イアン・ギラン、ジョン・ロード、イアン・ペイス、ロジャー. 1972年8月に初来日して8月15日,16日と大阪厚生年金会館での公演,17日には日本武道館での公演を行ったディープパープル。この時の公演を収録したライブ・アルバム 『Live In Japan (ライブ・イン・ジャパン)』 は,同年12月に日本限定でリリースされた。 10月に来日も決定しているディープ・パープルの歴史を徹底総括する特集ムックです。 リッチー・ブラックモア在籍時を主軸にバンドの歴史を追った文献は従来に数多くありますが、本書は第1期から現在の第10期までのキャリアに満 ディープパープル第2期の4枚目のアルバムとして1972年の3月にリリースされた『Machine Head』の魅力を再発見 デビュー以来約半世紀に渡って、メンバー チェンジを繰り返しながらも第一線の ヘビーロックバンドとして活動している ディープパープル。 日本のあるスタジオの倉庫から初来日したディープ・パープルの3公演(1972年8月15~17日)を完全収録したレコーディング用オープン・リール・テープ(マスター・テープ)が偶然発見された。 DEEP PURPLE LIVE IN JAPAN 1972〜未公開写真も交えて振り返る伝説の1972 年“初来日”公演(全32頁) 最新独占 イアン・ペイス・インタビュー 唯一のオリジナル・メンバーが振り返るディープ・パープル50年の軌跡 “The Long Goodbye”〜欧州ツアー・レポート そして1972年になると、ディープ・パープルの来日公演が発表された。 1970年にハードロックへと路線変更したディープ・パープルはイギリス国内で人気を伸ばし、日本でも「ブラック・ナイト」が大ヒットしたことで注目を集めていた。 ディープ・パープル Deep Purple 1972年 Purple/WEA: SIDE-1. 即決 110,000円 今日、ウドー事務所から正式にディープ・パープルの来日が発表されました。僕は、今回見に行くかどうか迷ったのですが、やはりこの偉大なバンドを再生したスティーブ・モーズがどういうギタリストなのか、見てみたいと思って、今回チケットをゲットしました。 ディープ・パープルの1972年のライブ盤『Live In Japan』はコンサートアルバムのハードルを高くしたが、4年後にオーストリア、ドイツ、フランスで行われたライヴを収録した次作『Made In Europe』は難しい状況下でレコーディングされた。アルバムはバンドが解散した後の1976年10月に発売された。 ディープ・パープルのライブ映像について。ここ最近、1972年の東京公演でのハイウエイ・スターの映像が出回っていますが(軌跡的!)、1972年来日公演時の他のライブ映像をご存じの方いますか? ないと思いますよ発見されて話題になったのはHighwayStarだけですから 日本で『ライヴ・イン・ジャパン (Live in Japan)』としてリリースされた、アルバム『Made in Japan』は、イギリスのハードロック バンド、ディープ・パープルが初来日した、1972年8月の公演の模様を実況録音したライブ・アルバムである。