フランス語では、形容詞は通常に同意する必要が名詞彼らは性別や数に変更します。彼らは名詞の性別や数を反映するように変更しない単一のフォームを持っている-ただし、同意しない、多くの形容詞があります。これらは不変形容詞と呼ばれています。 フランス語の形容詞の男性形と女性形、つづりも発音も変わるからなかなか覚えられない・・ポイントは同じように変化するパターンで覚えることです。この記事では混乱しがちな形容詞の変化をわかりやすくまとめました。あやふやを解消したい方はぜひご覧ください。 フランス語で色を表す単語は大きく分けて2種類。「色を表すためだけの単語 rouge, bleu, vert, blond...」と「物(名詞)が元で、そこから色を表す単語 orange, or, marron...」前者は性数一致し、後者は性数一致しません。 日本語でも和名の「色の名前」は素敵なのが多いですが、フランス語の色名もなかなか面白いです。, 下の表の色名は前者です。これらの単語を「形容詞」として使用する場合は、性数一致に関して注意が必要です。, 上記表のような色名を表す形容詞を「単独の形容詞」として使うと、性数一致します。しかし、単独でなく他にも形容詞をつけたりすると、一致しなくなります。, une robe noire    1着の黒ドレス 今日、フランス語教室で習ったことの確認していて、 色の形容詞の性数一致で、混乱中。 色の形容詞には、性数一致しない場合があるらしい。 色にさらに形容する言葉がくっついた時と、物の名前で形容詞として使われている時。 des yeux bleu clair フランス語で色を言えたら、ちょっと嬉しいですよね。 好きな色を、フランス語で書けばおしゃれ感アップ! フランスで買い物する時にも、色の単語を知っていると、とても便利です。 でも、フランス語でなんて言うのかわからない! 色の綴りもしりたい! FBN のフランス語講座、第3弾です!今回も歌を使ってフランス語を憶えましょう。今回のテーマは色の形容詞と様々な動詞です。まずはこの歌で色の形容詞を憶えます。フランス語と英語の字幕がついているので、比較するとわかりやすい … フランス語で、きれいな響きのある単語、かわいい感じのする言葉を集めています。きょうは形容詞の2回め。ポジティブな意味を持つ形容詞をご紹介します。 フランス語で緑はどう言う? フランス語で緑はどう言うかご存じですか? フランス語で、色の緑は「vert」、男性名詞です。 また、「vert」は「緑の」を意味する形容詞としても使われます。 発音は、名詞で使われる場合と、男性形の形容詞として使われる場合は「ヴェール」。 フランス語の形容詞について、付加形容詞・属詞形容詞・同格形容詞の違いを教えてください。 [投稿後、一部加筆しました。]形容詞の「使われ方」を分類するために使用される呼称と考えてください。同じ形容詞 … 緑色のワンピースたち, *f.= féminin (女性形), m.=masculin (男性形), sing.=singulier (単数形), pl.=pluriel (複数形)。日本語として少々変でも、この記事では分かりやすさを重視し、名詞の複数形の日本語訳には「たち」を付けました。, 例外① 色の形容詞が名詞からきている場合 → 不変 (修飾している語と性数一致しない), ・un chapeau marron 茶色の帽子 ・des chapeaux marron 茶色の帽子たち ・une robe marron 茶色のワンピース ・des robes marron 茶色のワンピースたち, *他にも:orange (オレンジ色の), café (コーヒー色の), olive (オリーブ色の), abricot (アプリコット色の), argent (銀色の), citron (レモン色の), chocolat (チョコレート色の), brique (煉瓦色の), crème (クリーム色の), cerise (サクランボ色の)………など多数あり。, *例外①の例外:rose (バラ色の、ピンクの), mauve (モーヴ色の、薄紫色の), fauve (黄褐色の)…も元は名詞からきている形容詞ですが修飾している語と性数一致します。, *例外①の「半」例外:châtain (栗色の)→ 名詞からきている形容詞。数は修飾している語と一致しまが、性は普通一致させません。, 例: ・des cheveux châtains (栗色の髪) ・une jupe châtain (châtaineと書かれることはほぼない), 例外② 色の形容詞が外来語 (外国語からきた語) の場合 → 不変 (性数一致しない), 例:auburn (赤茶色、髪の色に使用), fuchsia (フクシア-濃いピンク-色の), kaki (カーキ色の), ・des cheveux auburn 赤茶色の髪の毛 ・des sacs fuchsia フクシア色のカバンたち ・des chemises kaki カーキ色のシャツたち, ・des voitures bleu clair 水色の車たち ・une fleur rouge sang 血のような赤色の花 ・des cahiers bleu-vert 青緑色のノートたち ・une robe jaune et vert 黄色と緑のワンピース, *例外③の注意点:2つ以上の色の形容詞が “et” で繋がっている場合、それらの形容詞が全て1つの名詞にかかる場合は不変ですが、修飾している語がいくつもある場合には性数一致します。→ 分かりにくいですね〜!何度も読み返すより、下の例をご参照くださいね。, ・des écharpes rouge et noir (赤と黒のマフラーたち=それぞれのマフラーが赤と黒のツートーン) ・des écharpes rouges et noires (赤いマフラーと黒いマフラーたち=赤いマフラーや黒いマフラーがある), メールアドレスを登録いただくと、パリ塾のブログ、【ワンポイントフランス語】が購読できます。. 緑色の帽子たち ・une robe verte (f.sing.) 1. 淡い     pâle   英語では、ほとんど形容詞は名詞の前に置かれるが、フランス語では基本的に後置修飾である。一部の形容詞は英語と同様に名詞の前に置かれ、また名詞の前に置くか後ろに置くかで意味が変わる形容詞もある。英語のmyやyourにあたる所有形容詞、thisにあたる指示形容詞、whatにあたる疑問形容詞や感嘆形容詞、英語のsomeやeachにあたる語に相当する不定形容詞などは名詞の前に置かれる。 蛍光色   couleur fluo 今回の記事はフランス語の「形容詞」の使い方について書いていきたいと思います! 人間 ・フランス語って形容詞も活用するの? ・語順はどんな感じ? ・具体的な例を見て勉強したいな〜 こんな疑問に答えた記事になって [… 緑色のワンピース ・des robes vertes (f.pl.) 今回は規則が細かすぎて頭を抱えたくなるような色の形容詞の性数一致について少し語ってみようと思います。 フランス人は勘で分かるのかもしれませんが、外国人にとってはなかなか面倒な決まりが色々あります。 しかし、一度きちんと覚えてしまえばこっちのもの!フランス人でも間違えることがあるので、「あれ?これ違うんじゃない?」と反対に指摘してあげましょう〜, ・un chapeau vert (m.sing.) bleu clair   水色など薄め明るめの青全般を指せる。, あまり「素敵な色」に入らない地味な色でも、良い名前つけてるなあ、と感じるものがいくつかあります。シナモンやモカはその代表。茜色のギャロンスなんか、音の響きも含めてとても可愛いらしいです。みなさんもぜひ、好きな色の名前を見つけてみてください。, 好きなもの:日本の古いもの。フラ語。 Ella Fitzgerald と Stéphane Grappelli の音楽。ビビりの性分で今まで色々とソンしてきた。在仏10年。, « C’est pas terrible » と « C’est pas mal » の真意. フランス語学校で習う内容も、だんだん濃厚になってきて、わかれば楽しいし、わかんないとモヤモヤする感じです。 日々面白いことはあるんだけど、こないだ習った色の形容詞について、ちょっと踏み込んだまとめをしておこうと思いました。 「複数の形容詞を名詞の前におきたい。形容詞の語順のルールってあるの?」本記事は、2つ以上の形容詞を名詞の前に置く時、その順番のルールや考え方のポイントについて解説します。たくさんの例文でコツを掴むことができます。より自然な英語を話したい方におすすめです。 フランス語の形容詞には「名詞の前に置かれるもの」と「名詞の後に置かれるもの」の二種類が存在する。しかし、何か簡単に見分けるためのルールは存在しないだろうか?この記事では、形容詞の種類や意味合いによって名詞の前か後に位置すべきなのかについて解説していく。 鮮やかな    vif 形容詞の位置について、ちょっぴり。 英語や日本語とちがって(例外もありますが)フランス語では、名詞のうしろに形容詞をおくことがおおいです。 この原則をわかりやすくすると。 わたしが最初に勉強 … 今回は規則が細かすぎて頭を抱えたくなるような色の形容詞の性数一致について少し語ってみようと思います。 フランス人は勘で分かるのかもしれませんが、外国人にとってはなかなか面倒な決まりが色々あります。 des robes noires et blanches  各数着の黒ドレスと白ドレス Copyright © 2015-2020 PARISJUKU All Rights Reserved. パルテル色  couleur pastel, 例 : 例外は「rose/ mauve/ fauve (バラ/葵/野獣)」, 濃い・暗い   foncé 今回は規則が細かすぎて頭を抱えたくなるような色の形容詞の性数一致について少し語ってみようと思います。, フランス人は勘で分かるのかもしれませんが、外国人にとってはなかなか面倒な決まりが色々あります。, しかし、一度きちんと覚えてしまえばこっちのもの!フランス人でも間違えることがあるので、「あれ?これ違うんじゃない?」と反対に指摘してあげましょう〜, 色の形容詞 (adjectifs de couleur) の性数一致…についての細か〜い規則, よりよいエクスペリエンスを提供するため、当ウェブサイトでは Cookie を使用しています。引き続き閲覧する場合、Cookie の使用を承諾したものとみなされます。. 不定形容詞(les adjectifs indéfinis)とは、漠然とした状態を表す形容詞です。 日本語では、「いくつかの〜」や「〜ごと」などです。名詞を修飾しますが、具体的な個数などは表しません。 フランス語で覚えるべき不定形容詞は5つです。 フランス語の色リストです。読み方、女性形、形容詞、規則まで詳しくまとめています。基本色、可愛い色、きれいな色、珍しい色、食べ物の色、宝石の色…など現在116色(随時更新)ここを見ればきっと貴方がお探しの色も見つかるはず。 des robes noir et blanc   数着の白黒ドレス, des chaussures rouges/ des chaussures orange, つまりオレンジ色は「果物のオレンジ」が元なので、性数一致していません 。 前にも見ましたが、フランス語の動詞は、第1群、第2群、第3群に分けられ、約90%が第1群規則動詞 (不定形の時の語尾が〜ERの動詞) に占められています。 今回は第2群動詞について... 2018-03-22のレッスンから 今回までの宿題から副詞の位置について質問がありましたので、少し授業でも取り上げてみました。 基本ルール ・動詞が単純形で活用されている場合→動詞のすぐ後ろ ex. 2017-10-02のレッスンから フランス語の不規則動詞は、その名の通り本当に何の規則もなく活用されます。 覚えるのは面倒ですが、何度も何度も繰り返し、お経のようにブツブツと唱えて覚えていくしかありません。 規則動詞よりも数的に... 2017-10-09のレッスンから 語学を学んでゆくには基本的な語彙を増やしていくことがとてもとても大事です。 何度も聞き、何度も読み、毎日少しずつ語彙を増やしていきましょう〜! ・Les jours de la semaine (... Il ne faut pas courir deux lièvres à la fois. もともと語尾が「s」の形容詞は、複数形も同じです。 もともと語尾が「e」の形容詞は、女性形も同じです。 1. 女性形と複数形 1. 形容詞は辞書を引けばすぐに意味が分かると思ってしまいがちですが、実はそうとも限りません。今回は形容詞を翻訳する際に気をつけること、上手な訳し方のコツをご紹介します。 形容詞の位置が名詞の前か後かで意味が異なる grand、vieuxのような音節が短く、日常性の高い形容詞以外は基 … 子音で終わる形容詞は、女性形では子音を 2 つ重ねて「e」をつける場合があります。 その他、女性形・複数形が少し不規則になる形容詞もありますが、辞書に書いてありますので、個別に覚えてください。不規則とはいっても、大まかな傾向はあり、だんだん慣れますので、あまり気にする必要はありません。 1. 二兎を追う者は一兎をも得ず。 <原文の意味は?> 二匹のウサギの後を同時に追いかけてはいけない。(でないと両方逃すぞ) 注:似た意味の違う動詞... 2018-05-07のレッスンから 明るい     clair  「色」はフランス語でcouleur(クルール)と言います。 それぞれの色は、フランス語でどのように言うのでしょうか?下の一覧表で見てみましょう。 複数形にする場合、上記の単語の最後にsをつければOKです。(例:rouge→rouges)sをつけることで発音が変化することはありません。 しかし、例外が3つあります。 1つ目は「灰色」です。gris(グリ)の複数形は同じくgris(グリ)となります。sで終わる単語の複数形は … 疑問形容詞(les adjectifs interrogatifs)はどんな人・物・事を尋ねる際に使います。 英語でいうwhatに相当します。 フランス語の場合、修飾する名詞の性数に合わせて、 疑問形容詞も性数一致します 。 疑問副詞の解説はこちら. その他、形容詞の女性形の例については、「形容詞 + ment」に … フランス語の形容詞の使い方と位置のきほん、色の表し方、男性形が2つある形容詞について、初心者向けにわかりやすく見やすくまとめました。形容詞が苦手な方はぜひ目を通してみてください。形容詞に自信がつきますよ! 「かわいいフランス語」シリーズでは、素敵なひびきや、かわいい感じのするフランス語の単語を集めています。きょうは形容詞の4回め。最終回です。特にポジティブな意味を持つ形容詞をリストアップしています。 une robe noir et blanc 1着の白黒ドレス 副詞のバリエーションを増やして会話力アップ!副詞の中で「〜 mentで終わる、形容詞と結びついた」フランス語の副詞を集めました。 absolument 完全に,banalement 平凡に,bizarrement ,spécialement 特に奇妙に,classiquement 古典的に,finalement ついに bleu foncé   紺色など濃い系の青全般を指せる。 2019-1-21のフランス語レッスンから. 疑問代名詞の解説はこちら 緑色の帽子 ・des chapeaux verts (m.pl.)