ブルドッグの選び方のポイントは、動き、皮膚、体毛、性格をチェックする。 寿命が長い・短いブルドッグの決定的な違いは、怪我、病気、食事、運動、環境。 ブルドッグの性格は、善良で勇敢、優しく温和、穏やかで冷静沈着です。しかし訓練に対する反応はいささか他の犬種に劣ります。 身体は、低い体高、広い肩幅、大きな頭、突き出た下顎が特徴です。 性格や特徴 とても人懐っこくお風呂に入っていてもドアを開けて入って来るぐらい寂しがり屋です。 全然無駄吠えもせずトイレも8割覚えて... 更新9月8日 作成5月28日 受付終了 ... フレンチブルドッグ二歳オス. ただし太ってくると30kgを超えることもあります。, 元々は牛と戦うための闘犬だったため、「ブル(雄牛)」「ドッグ(犬)」と名前がついています。, 13世紀から19世紀ごろのイギリスで雄牛と闘わせる「ブル・ベイティング」で活躍した「オールド・イングリッシュ・ブルドッグ」が原種です。 オスはメスと比べて、 より甘えん坊で寂しがり屋な一面があります。 かまってもらうのが大好きなので、お気に入りのオモチャを持ち出してきて遊んでとせがむことも多いでしょう。 1ブルドッグの健康寿命を延ばす為にできる生活習慣は、散歩、体重管理、清潔、体温調整をする。, KOKAこのサイトの管理人。犬や猫、ウサギやハムスターを飼ってきた生粋の動物好き。愛猫のためにペット栄養管理士の資格をとり、さらにペット保険のプロ(小規模短期募集人の資格)。, YOSHI編集ライター兼デザイン担当。元カメラマンで写真に厳しい。メダカを飼育中。, おすすめドッグフード:ピッコロ 犬心 me&mommy ヨラドッグフード 馬肉自然づくり 膝蓋骨脱臼ドッグフード, サプリ:サミーフィッシュ ロコミナ 毎日美肌 毎日良肝 毎日爽快 毎日散歩 FUREAi ラブリービー あいこな ここな. Copyright ©フレンチブルドック【フレブルパーク】 All rights reserved. フレンチブルドッグのオスは、成犬になってもとても子供っぽく、甘えん坊で飼い主にべったりのさみしがり屋な子が多いです。そのため、独りになってしまう留守番 … ブルドッグについていかがだったでしょうか? 意外と、過去の歴史を振り返ると攻撃性の高い犬種でしたが、愛好者たちの手によって人との調和を保てるような犬種になりました。 ブルドッグのしつけの3つのコツは、根気強く、メリハリ、噛み癖。 オスとメスでの性格の違いは、オスはよりおとなしくのんびり、メスはやや活発な傾向にある。 ブルドッグ(イングリッシュブルドッグ)は、いつもしかめっ面で風貌にも威厳すら感じるそのいで立ちからは想像できませんが、とても気さくで甘え上手な犬種なのです。そんな愛らしいブルドッグの性格に魅力を感じているファンが、世界中にたくさんいます。 フレンチブルドッグは温和な子が多いので、お子様や高齢者いるご自宅でも気掛かりなくお招きできるというわけです。 フレンチブルドッグのオスは甘えん坊で寂しがり屋な性格が多いようです。しかし、オス犬の本能として縄張り意識が強く、マーキングを行うことが多いようです。 成犬になれば、ちょっと散歩したり食事をすれば満足して、のんびりと家や近所で過ごすことが好きです。, ブルドッグのメスは、オスより活発で他のペットにちょっかいを出したりします。また子供など小さいものに愛情を持ったり、興味を示す傾向が強く、飼育するなら子供のいる家庭に向いています。, ブルドッグは基本的には従順でしつけしやすい犬種ですが、頑固な面があるため、一貫した態度で根気強く行うことが必要です。, ブルドッグを褒めるときは、オヤツやオモチャなどの何かご褒美をあげると効果的です。また、叱るときはトーンを低くするだけで、決して叩いたり怒鳴ったりはしないでください。, ブルドッグは元々闘犬のこともあり、顎の力が強いので、小さい頃に噛み癖を矯正するよう訓練する必要があります。 フレンチブルドッグオスの性格. 【ブルドッグと暮らす】一見気難しそうな外見と逞しい体から、なかなか近寄りがたい犬種です ... 犬や猫の種類や性格、飼いやすさなどがわかる図鑑! ... オス:22~25kg / メス:18~22kg: 単色かブラックのマスクとマズル、またはホワイトと以下の色のブチが入ったパイドと呼ばれるものが良いとされています。, ブルドッグの購入価格は20~50万円になっています。 計算式では下記の形になります。, ブルドッグは運動が苦手で食欲旺盛なため、肥満になりやすい犬種です。 Copyright © 2016-2021 ドッグナビ All Rights Reserved. ブルドッグにとっての適切な体重は、オスで25kg程、メスで22kg程度といわれています。 ブルドッグは太りやすい傾向があるので、ドッグフードやおやつの与え過ぎには充分注意してくださいね。 ブルドッグはどれくらい散歩に連れて行けば … 現在闘犬は動物愛護の観点などから禁止されています。, 日本で飼育されているブルドッグの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると926頭です。, 犬全体の登録数が292,906頭なので、ブルドッグの割合は約0.3%と知名度の割にあまり多くはありません。ただ世界的には愛好家の多い犬種です。, ブルドッグは別名「イングリッシュ・ブルドッグ」とも呼ばれます。 病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。, ブルドッグの年齢計算式 ブルドッグの性別ごと性格が違うことについて教えましょう。 オスの性格. ※犬の平均寿命は約14歳です。 健康寿命を延ばす食事のポイントは、バランスの良い食事、エサを与え過ぎない。 フレンチブルドックの性格や特徴についてメスやオスで性格ちがうのまとめ . ブルドッグの性格の3大特徴は、おとなしい、頑固、フレンドリー。 ブルドッグの体長はオス、メスともに約31cm〜36cmとされています。標準体重は、日本で血統書を発行する機関であるジャパンケネルクラブ(JKC)ではオスが25kgで、メスが23kgとしています。体形は肩幅が広く、がっしりとした足と四肢と筋肉質な体が … 6歳を過ぎた老犬になったら、ローカロリーの食事に切り替えることをおすすめします。, ブルドッグは遺伝的な病気をかかえていることがあるかもしれません。 メスとオスの性格の違い 飼い主さんにべったり甘えん坊な男の子. ブルドッグの毛色は数種類あります。 似たような犬種だとイギリスからアメリカへと渡り改良された「アメリカン・ブルドッグ」や、原種をイメージして20世紀以降にアメリカのブリーダーによって作られた「オールディ・イングリッシュ・ブルドッグ」という犬種もあり、一般的なブルドッグに比べて足が長く機敏で気性が荒いです。 ブルドッグは、2歳の時点で人間に換算すると23歳になり、3年目以降は1年に5歳分の歳を取ります。 子犬選びのポイント >>. 性格 温和でやさしく、落ち着いた性格をしたブルドッグ。飼い主に対しては服従心が強く、何事にも動じない強い精神力と頑固さも持っています。その一方で、陽気でフレンドリーなところもあるので、子どもやほかの動物とも仲良くすることができます。 ブルドッグを徹底解説―イギリス生まれの元闘犬! ブルドッグ特徴・性格・飼い方について; 子どもと一緒に犬を飼いたい! 子どもと相性がいい犬は? 注意点はあるの? コワモテだけど、実はとっても甘えん坊! ブルドッグの性格とは? 今回はそんなブルドッグの性格やしつけ方、健康のためのコツ、病気の予防法や飼育のポイントをお伝えします。, ブルドッグの体高は31〜41cmくらいで、平均体重は25kg前後です。 ボストンテリアは優しく活発で甘えん坊な性格で、見た目はフレンチブルドックやパグと似ています。本記事ではボストンテリアの歴史や特徴、オス・メスの性格の違い、価格、飼い方のコツ、注意点等を紹介しています。また、寿命やかかりやすい病気、保険等も紹介しています。 ブルドッグはオスのほうがややおとなしい傾向にあり、子供がいないリタイヤした人などが飼うのに向 … このように愛されるフレンチブルドッグですが、オスとメスでは性格に違いがあるのでしょうか? これについては個体差や育った環境によるものが大きいようです。 1.オス 基本的にブルドッグのオスはメスよりも子供っぽい性格をしています。甘えん坊なところがあるのです。そのため、落ち着いた性格になるまでは時間がかかってしまうでしょう。 さらにショータイプの子犬になると100万を超えることも珍しくないようです。, またブルドッグは頑固な性格で、しつけのときには一貫性を持って根気強くしつけてあげる必要があります。, 人が好きで甘えん坊、あまり人見知りしません。子供との相性も良く、他のペットとも仲良くなることができます。, ブルドッグはオスのほうがややおとなしい傾向にあり、子供がいないリタイヤした人などが飼うのに向いています。 オスとメスとの性格の違いはあるの? フレンチブルドッグの全般的な性格の他にも、オスとメスの違いは多少ありますので、どちらを選べば良いのか、どちらが飼いやすいかの参考にすると良いですね。 定期健診を受けるなどして病気の兆候を見逃さないようにすることが長生きの秘訣です。, ブルドッグの目はやや飛び出ている形をしているため、散歩中や家の中でも転んで怪我をしてしまうことがあります。散歩中はゆっくり歩いたり、室内の環境を整えてあげましょう。, ブルドッグがかかりやすい呼吸器系の病気、皮膚炎、目の病気に注意しましょう。定期的な検診をおすすめします。, ストレス発散のためにも毎日適度な運動が必要です。毎日散歩を行い、室内でも遊びを取り入れた運動が効果的です。, もともと股関節に異常がある場合があるので、動いている様子を見て足を引きずっていないかなどを確認しましょう。, ブルドッグは肥満になりやすい犬種のため、バランスの良い食事を与え健康管理をしましょう。また人間が食べるものは塩分が高いため与えないようにしてください。, ブルドッグは食欲が旺盛なため、食べるだけ与えてしまうと肥満になりがちです。食事の量には十分に気をつける必要があります。, 毎日散歩をすることで、ストレスを発散させたり、肥満を防止したりすることができます。散歩の時にはあまり激しい運動は避けゆっくり歩きましょう。, バランスの良い食事を与え、定期的に体重を量ることをおすすめします。肥満になると、生活習慣病のリスクが高まり寿命に影響します。, しわの部分は摩擦が起こったり汚れがたまりやすいので、こまめにしわを拭いてあげて皮膚を清潔に保ってあげてください。皮膚炎の予防になります。ブラッシングと定期的なシャンプーも必要です。, ブルドッグは、暑さと湿度に弱いため夏はエアコンが必須です。呼吸が苦手で熱中症にもかかりやすいので注意しましょう。, ブルドッグの原産地はイギリスで、体高31センチから41センチ、体重25キロ前後。 ブルドッグの寿命が短い場合の原因は、食事と病気。 ブルドッグは実はオスとメスで性格が異なっています。そのため、これからブルドッグの性別を選ぶ際には、それぞれの性格のことを念頭に置くべきでしょう。ブルドッグの性別ごと性格が違うことについて教えましょう。 オスの性格 ブルドッグの毛色は、ブリンドル、ファロー、ホワイト、レッド、フォーン。 子犬が噛みついてきた場合には甘やかさずに「ダメ」としっかりと教えましょう。大人になってからしつけしようとしても混乱してしまい、うまくいかないことがあります。, ブルドッグの平均寿命は、8~10歳といわれており、一般的な犬の平均寿命よりかなり短いです。 フレンチ・ブルドッグの魅力. また、オスよりメスの方がマイペースで気分屋の傾向があります。 フレンチブルドッグが人気の理由は、このような、マイペースで飼い主に媚びないという所もあるのかもしれません。 フレンチブルドッグの性格② 穏やか 「ブサかわ」の愛称で親しまれているフレンチブルドッグ。性格の良い子が多いといわれていますが、本当なのでしょうか。こで本記事では、フレンチブルドッグの“性格”について詳しくご紹介します。お迎えを検討している方は、良ければ参考にしてみてください。 ブルドッグの性格や特徴について!オスやメスで性格は違うの!?のまとめ . ブルドッグの平均寿命は、8~10歳。 パグという犬種をご存じですか。顔にも性格にも愛嬌のある犬種です。性格が明るく温厚で、育てやすいので、ペットとしても大変があります。パグは、表情う豊かで、写真でその顔を見ているだけでも癒されますので、ぜひ読んで下さい。 フレンチブルドッグ(フレブル)の性格 オスは甘えん坊で、さみしがり屋. うちの子の探し方・購入方法 >> フレンチブルドッグの子犬販売を行っていると、初めて子犬を迎える方や多頭飼いをご検討中の方々から『フレンチブルドッグは男の子と女の子、どちらがオススメですか?』『フレンチブルドッグは男の子と女の子、どちらが飼いやすいですか?』などのご相談を受けることが多くあります。性別というより個体差により異なるので必ずここが違うとは当然言い切れません。ただ、性格や見た目の違いは育った環境、血統により異なることが多いのですが、性別による性格の違いも少なからず『傾向』があるように思います。また『どちらがオススメか?』との質問に対しては、フレンチブルドッグを迎えるご家族のお好みがありますので、参考程度に男の子と女の子の違いの傾向を見て、ご家族にあった性別の子犬を迎えて欲しいと思います。あくまでも個人的な主観ですが、同じ両親から産まれ、同じ状況で育った男の子と女の子…を前提に考えてみました。, 体格の違い体格はどちらかと言うと男の子の方が大きい傾向があります。胸の幅も広く、手足も太く、体重も平均的に男の子の方が重い場合が多いです。また、頭部、お顔も男の子の方が大きい傾向があります。 女の子は男の子に比べると小柄でやさしいお顔の子が多いようです。フレンチブルドッグらしいずっしりとした体格…が、お好みでしたら男の子の方が理想的なスタイルに育つ傾向があると言えます。人と同じく迫力のあるBODYはやはり男の子の方が期待できます。その分、男の子の方がパワーもあります。散歩などでの引っ張る力も当然、男の子の方が強くなります。また、一般的に被毛の量も女の子に比べると男の子の方が多いと言われていますので抜け毛等も男の子の方が多いと言えるでしょう。, 妊娠する、出産するということが、個体差に関係なく性別による大きな違いとなります。愛犬の子供が欲しいとおっしゃるのであれば当然、女の子を選ぶことをオススメします(妊娠・出産についてはここでは省かせていただきます)。女の子の場合、ブリーダーさん所有などの希望の男の子を探して交配をしてもらうことが可能ですが、男の子の場合、希望の女の子を探してその女の子に出産をしてもらう…と言うことはかなり難しくなってきます。なぜなら、精子を提供するのみの男の子に比べ、妊娠・出産をする女の子のリスクが大きいからです。, 女の子はヒート(人で言う生理)があります。1回のヒートは約10日から1ヶ月ほどです。その間、出血が起こるので部屋を汚したり、汚さないためにはオムツを当てたり、また臭いもきつくなり、男の子が発情してしまうので、近づけないよう、気遣いが必要となります。またヒートの間は普段大人しい子でも情緒不安定になったり神経質になったりし、他の犬などに過敏に反応し攻撃的になる子がいますので、そこも気遣いが必要です。男の子を選んだ場合、出産はできませんがヒートがありませんのでそのわずらわしさはありません。ヒート・避妊と去勢 >>出産・交配について >>, 男の子は、性成熟になる1歳前後になると男の子ならではの権勢本能が芽生え始め、縄張り意識からのマーキングが増えます。トイレトレーニングで女の子に比べ、男の子はしつけが大変だと言われます。トイレを覚えても、トイレ以外のところにマーキングのためにおしっこをする習性があるからだと考えられます。また子犬の頃は女の子同様、腰を落としておしっこをしますが、マーキングを始めるころから、片足を上げておしっこをするようになります。その為、狙いが定まらず、室内にトイレマット等でトイレを設置していても自然とトイレ以外におしっこが飛んでしまい、周りを汚してしまう可能性が高くなります。, 男の子の性格は飼い主に対して甘えん坊で子供っぽいところがあります。女の子に比べると落ち着くまでに少し期間がかかる傾向にありますが、甘えてくる姿がとてもかわいいものです。お留守番が大嫌いだったりと寂しがりやな男の子も多いようです。また、女の子より活発な子が多く、訓練性や従順性も高い子が多いようです。男の子に比べると女の子はおっとりマイペースな子が多く、やさしい傾向があるようです。また、さっぱりと大人びている子が多く、落ち着きが出てくるのも早いようです。男の子は本能的にマーキングをしたがるのでお散歩も大好きで様々なところに行きたがり、ある程度の距離の散歩を好む子が多いようです。それに比べ女の子は短めの距離でも満足する子が多いようです。ただ、途中で歩くのを拒否したり、抱っこをしてほしがったりする行動も女の子に多い傾向があります。, 男の子は縄張り意識が強い場合が多く、他人や他の犬に対し攻撃的になることがあります。その為、見知らぬオス犬を見かけるとすごい勢いで吠えたり、喧嘩をする可能性があります。 また、上下関係をはっきりさせるため、マウンティングなどを行うことがあります。これらは男の子に多いのですが、マーキングや喧嘩などは気の強い女の子もを起こすことがあります。フレンチブルドッグはあまり吠えない犬種と言われておりますが、男の子に比べ女の子の方がさらに吠えない傾向にあるようです。ただ、他の犬に対し、基本的に男の子が女の子に吠えたり、女の子に吠えられて吠え返すことはあまりありませんが、女の子の場合、男の子、女の子関係なく吠えたり、吠え返す子が多い傾向にあるようです。 犬社会は実はメス社会と言われているそうです。確かに、個人的には気が強い女の子が多いように思います。, 女の子のヒートの問題、男の子の本能的な問題は去勢手術や避妊手術により、回避できることもあります。去勢手術や避妊手術はそれぞれメリットデメリットもありますのでおすすめするとは言えませんが、飼い主さんの状況に合わせて考えていただきたいと思います。いずれにしても男の子、女の子により多少の傾向の違いがありますのでメリットやリスクなど、相違点を知った上でご家庭、ご自身にあった性別のフレンチブルドッグを選ぶことが大切です。 出産時のリスクが大きいことから、繁殖が難しいので購入価格が高くなっています。 フレンチブルドッグは大きな頭にコウモリのような大きな耳がついており、筋肉質のがっちりした体型に短い尻尾がちょこんとついています。JKCでは8kg~14kgを理想としており、一般的にはメスよりもオスの方が大きいため体重も重い傾向にあります。 毛の色 シワシワの顔がユーモラスで愛らしいブルドッグ。イギリスのナショナル・ドッグとして知られた中型犬で、勇敢で不屈の象徴としてイギリス海軍のマスコットになっています。 性格の違いはあるの?ブルドッグのオスとメスの性格の差は? 1.オス. フレンチ・ブルドッグの体高はオスは27~35cm、メスは24cm~32cmが望ましいとされています。 体重と同じくオスメス共に大きさの差はあまりありませんが、若干メスの方が小柄な体型となっています。 フレンチ・ブルドッグの毛色(カラー) 愛犬の皮膚病で悩む飼い主さんへ!ペット用サプリメント「毎日美肌」で愛犬の皮膚をサポート!「毎日美肌」体験レビューをレポします!, 犬用肝臓サポートサプリ「毎日良肝 肝臓エキス&プラセンタ」で愛犬の元気をサポート!, 【愛犬用サプリ】あいこな(aikona)の口コミ・評判は?愛犬に腸内サプリがおすすめ, アカナドッグフード【アダルト・スモール・ブリード】の口コミ評判は?100円モニターも. 今回はブルドッグの性格や特徴を解説します。その強面フェイスから番犬のイメージが強いブルドッグですが、実は番犬に向かないほど温厚で穏やか、警戒心も薄いです。今回はそんなブルドッグの性格や特徴、飼い方やしつけのコツなどを徹底解説します。 愛嬌のある顔で動き回ったり甘えたり。そのしぐさのひとつひとつが魅力的な犬種です。コウモリのようにピンと立った耳はこの犬種独特のもので、いろいろな方向に傾けるしぐさもチャーミング。性格は社交的で明るく、好奇心 … フレンチブルドッグのオスとメスでの性格の違い. 意外と知らない人も多いフレンチブルドッグとボストン・テリアの違いについて、特徴・飼いやすさ・性格・値段などを比較していきます。 これを読んでフレンチブルドッグとボストン・テリアを間違えないようにしましょう。 原種の「オールド・イングリッシュ・ブルドッグ」から改良され、性格もおとなしく小型化されました。 フレンチブルドッグの一般的な性格の差をまとめました。 フレンチブルドッグは、基本的には穏やかな性格です。 メスでも、とても甘えん坊であったり、オスでもおっとりと優しい子もいます。 性別だけではなく、個体差があるところも魅力ですね。 フレンチブルドッグは男の子と女の子、性別というより個体差により異なるので必ずここが違うとは当然言い切れません。ただ、性格や見た目の違いは育った環境、血統により異なることが多いのですが、性別による性格の違いも少なからず『傾向』があるよう …