今回はベースを始めるという方に向けて、大雑把ではありますが必要なものを紹介してみました。 練習をしていくにしたがって、他にも必要になったりするものは出てくると思います(例えば教則本、楽譜、あるいは交換用の弦など)。 ベースを始めませんか? ベースを始めるのに年齢って関係ある?始めるにあたっての初期費用は? そんな疑問にお答えします。 実際に使用したおススメ品も載せてあります。 これを機にベースを始めてみませんか? ぜひご覧ください。 その他、最低限必要なものとして、「ギター・スタンド、チューナー、ピックx2」とします。 1,900円 になりました。アコースティック・ギターは付属のものがあまり必要ないので、ギター本体の値段だけで始める事ができそうですね。 ベースの演奏に必要なもの. また、アコースティックギターの保管方法や弦のチューニングなど、演奏する以外にも 必要なものは意外とたくさんある のです。 ここでは、ギターを始めるために 必要なもの と 予算 について紹介します。 チューナー / 1,000円~2,000円 ベースのオンラインレッスンの受講に必要なもの. ベース本体. 無断複写・転載・公衆送信等を禁じます, 意外と知られていませんがベースはバンドのリズム・サウンドをコントロールする役割を持つバンドの要のような楽器です。今回はそんなベースの基礎知識、必要なものから弾き方などをまとめてご紹介させていただきます!迷った時の定番ベースについても取り上げてますので是非チェックしてみましょう!. 一般的に「ベース」と認知されている楽器のほとんどが“エレキベース”です。1950年代初頭、エレキギターでお馴染みの「Fender」社の創設者、「レオ・フェンダー」氏によって私達が見慣れているエレキベースが作り出されました。 逆に、エレキベースが誕生する以前までは、「ウッドベース(コントラバス)」しか存在しませんでした。当時はエレキギターのようにアンプを通して大音量を鳴らすことができなかったため、生 … なのでそういうものを使用しても、品質は怪しいですが、不可能なわけではないですね。 ベース [ベースパートの必要品と費用] ベース新品 ¥10,000~ シールド(ケーブル) ¥1,000~ 弦 ¥1,500~ ピック ¥100~ ギター、ベースとアンプをつなげるケーブルです! 無理に引っ張ったり、踏んづけたりすると断線して音が出なくなってしまいますので、ギュッと縛ったりしないように気を付けましょう。 担当者おすすめシールド 国産ハンドメイドのシールド! 音抜けもよく、ギターの持つそのままの音が出てくれます … ベースを始めるにあたり、音を出したり、ベースのコンディションを保ったりするために必要なものがあります。 それぞれの価格やどのような役割があるのかを理解しながら、 自分に合ったものを選んで購入 してくださいね。 ギターにすべきかベースにすべきか。これから趣味で楽器を始めようとしている方にとって悩ましい問題ですよね。 どっちが難しい?どっちが楽しい?人気があるのは?費用的には? あーもうどっちがいいか決められない~!というあなたに、ボクなりのアドバイスを送りたいと思います。 メリットと少しばかりのデメリットをご紹介しましたが、実際手元に何が必要なのかをご紹介していきましょう。楽器はお手元にあって音が出るという前提でお願いします。 zoomとは 初心者がベースを始めるときの最低限必要なものと値段は? 音楽を知らない人でもベースという楽器の存在が人気ベーシストのメディア露出で注目を集めた昨今ですが、ベースに憧れをもつ人も多くなりま … ベースを始めるのに必要なものをまとめてみました♪ おすすめのアイテムも一緒に紹介してるので、少しでも参考になれば幸いです(*´∀`)♪ 『好き』を大切にして、 モチベーションをあげながら楽しいベーシストライフを送りましょう♪ 「ベースを始めるには何が必要?」「ベースの機材を一式そろえるといくらかかる?」というベース初心者の方のために、ベースを始めるのに必要なもの・機材機材の値段・相場について解説します。ベースを始めるのに必要なものベース相場: 15,000~10 ベースを始めるために必要なものとは? 【購入予算もあわせて解説】 この記事の内容が、少しでもこれからベースを始めようと思っている方の背中を押してあげられていたら幸いです。 ベースを始める前に、ベースの練習や演奏に必要なものを一緒に準備しましょう。 自宅での基礎練習に最低限必要なものや、スタジオ練習やライブで必要なものを確認していきましょう。 ベース練習に必要な4つのもの 「ベースを始めたいけど最初は何を揃えたらいいの?」という話をよく聞きます。これからベースを始める方は右も左も分からないと思いますので、今回はそんな方のために「ベースを始める前に揃えるべきもの」を伝授していきます!ベース本体を購入する前に早速 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの 「ベースを始めるために必要なものを教えてください」ベース初心者向けに、必須なもの・あると便利なもの優先順に並べてみました。周辺機材を揃えるときは、まずはこのページを見てみてください! ネットショップ作成が30秒で。しかも無料。ネットショップをつくるのに、もう「勉強」と「お金」は必要ありません。今までecサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消するサービスです。 ベースを始めようと思った時、さまざまな道具が必要ですが、ここでは最小限なアイテムや、あると便利なグッズ、メンテナンスに必要な道具などをご紹介します。, 弦を正しい音程が出るように合わせる事を、チューニングといいます。チューナーは正確なチューニングを行う為に必要な道具です。よい演奏をするためには、まずはチューニングから!, ベースからの信号を増幅させて、鳴らすためのものです。家での練習に最適な10W~30W程度の小型アンプから、ライブでも活躍する大型アンプ等様々な種類があります。用途に合った出力のものを選びましょう。, ケーブルはベースをチューナー、アンプ、エフェクター等の機材へ接続する際に必要です。シールドいう呼び名も一般的です。, 弦をはじく道具です。一般的に指弾きよりも、均一な音を出しやすく、速いフレーズも弾きやすくなります。材質や形状で演奏性やサウンドが変化するので、様々なタイプを試して自分にあったものを見つけましょう。, 立って演奏するためには楽器を肩にかけるストラップが必要です。長さや材質もさまざま。ベースは重量があるので幅広のストラップが疲れにくくてお勧めです!, ベーシストはリズム感が命!メトロノームは一定のリズムを刻んでくれる頼もしい機械です。メトロノームを聞きながら練習してリズム感を養いましょう。, ベースを壁に立て掛けたり、床に置いたりすると、ネックに負担が掛かったり転倒する危険があります。スタンドの使用をお奨めします。, 持ち運び時や長期間弾かない時は、ケースに入れて保管しましょう。一般的には、ソフトケース、ギグバッグ、セミハードケース、ハードケースの順で強度が増しますが、重量も重くなる傾向にあります。ファッション性も重視して好みのものを選びましょう。, 音を変化させる為の道具です。音を歪ませる「オーバードライブ」「ディストーション」、音量を均一化する「コンプレッサー」「リミッター」、高域から低域までのバランスを調整する「イコライザー」、残響音を再現する「リヴァーブ」「ディレイ」、その他にも様々な効果が得られるエフェクターが存在します。一台に複数のエフェクトが内蔵されている「マルチエフェクター」と呼ばれるものもあります。, 主にボディを磨く際に使用します。※塗装によって使用するポリッシュが異なる場合がありますのでご注意ください。, 弦交換作業の際にあると便利なのが、弦を切るためのニッパーや、ペグを回すためのペグワインダー。ピックアップ交換などの配線作業を行う際は、はんだ、はんだごて、ラジオペンチ等が必要です。ネック調整、弦高調整ではレンチ等が必要になります。, まずはお手元のベースの弦長(スケール)を確認しましょう。通常ジャズベースやプレベシジョンベースはロングスケールですが、それよりも短いミディアムスケールやショートスケール、ロングスケールよりも長いスーパーロングスケール等のスケールも存在します。間違ったスケールを選択すると弦が張れない場合もありますので注意が必要です。. でもベースを始めるのに、色々買わないといけないんじゃないかと考える方もいらっしゃると思いますが、エレキベースを始めるのに必要なものは ・エレキベース本体(約1万円~) ベースを始めるにあたって必要になるものを全て!詳しく解説・紹介していきます!ベース初心者、バンド初心者、これから始めたい人、必見です。このサイトだけでベースが始められます。 ベース歴10年、趣味で講師まがいのこともやっている私が初心者向けに予算3万円で必要なものを 揃えてみました。 必要十分な内容になっているので、とりあえず始めるならばこのセットで不自由ないはず。 必要なものが意外と少ない!?エレキベースの魅力. ベースアンプを購入する際に、何を基準にして決めればよいのか悩んでしまう人は多いです。アンプはただ音が出ればいいわけではなく、音がきれいに響くこと、機能が充実していることが大切です。おすすめを参考に納得のいくベースアン... シールドは、ベースをアンプに繋ぐときに誰もが使っていると思います。普段何気なく使っているベースのシールドですが、実はシールドでベースの音が変わるというのはご存知でしたか?本記事では、ベースシールドで音が変わる理由や、... ベースを持ち運ぶ際に必ず必要になるのが、ベースのケースです。周りから見られる上にずっと使う物なので、気に入ったベースケースを使いたいですよね。本記事では、ベースケースの種類や選び方、おすすめのベースケースを厳選してご... ベースを購入してまず悩むのが、どのようなストラップを付ければいいかということではないでしょうか。どれも同じように見えますが、よく見ると素材や長さ等、ストラップごとの違いがあるようです。ベースはギターと比べても重い楽器... 楽器のサウンドに様々な変化をつけたり、高音や低音などのバランスを自分の好きに調整することが出来るエフェクター。ギターに比べるとベースはエフェクターを使用するシーンが少なめです。表現の幅が広がるなら使ってみたいものです... ベースを弾くことに慣れてくると、次のステップとして音作りのための機材が欲しくなるものです。エフェクターやアンプ等様々な音作り用の機材がありますが、まずは何を揃えればいいのでしょうか?本記事では、ベースの音作りにプリア... ベースの練習を始める前に必要な準備の一つがチューニングです。ベースには4本の弦それぞれに決められた音程があり、4本とも正しい音程に調律することをチューニングと呼び、チューニングをすることで正しい音程でベースを演奏するこ... ピックとはギターの弦を一本一本しっかりと鳴らすために大切なアイテムです。 ギターを始めたてのころは難しいコードを頑張って押さえるため左手にばかり意識がいきがちですが、ピックを持っている右手の動き、また突き詰めればそのピ... ベースは、体に響く独特な低音が魅力的な楽器です。ベースの音やリズムがしっかりしていると、ドラムやボーカル、ギターも演奏しやすくなりますよね。バンドの土台といえるベースですが、みなさんはベースの正しい弾き方をご存知でし... 好きなバンドのベーシストに憧れたり、何か楽器を始めてみたくて手にしたり、ベースを始める理由は人それぞれだと思います。しかし、いざベースを練習しようと思っても、何から練習したらいいのかわからないという方も多いのではない... 今やベースの練習に欠かせないものとなってきているのが、ベースTAB譜です。TAB譜は見たまま弾くだけでベースの演奏ができるので、楽器初心者でも簡単に練習できるのが魅力です。本記事では、TAB譜の読み方から無料でベースTAB譜が見... 曲のバランスを低音で支えているベース。ベースの低音は曲に深みと重みを与えるためバンドにとって欠かせない存在です。様々な曲がある中で、初心者でも弾ける練習曲を選定するのはなかなか難しいですよね。今回はベース初心者の方に... ベースのメーカーには様々な種類があります。同じような見た目のベースがあると、メーカーによって何か違いがあるのか、あまり変わらないのかわかりませんよね。本記事では、ベースのメーカー毎に違いや特徴はあるのか、ベースメーカ... ベースを購入しようと楽器店やインターネットで調べてみると、実に様々な種類のベースが出てきます。あまりにも多くのベースがあるので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。見た目だけで選ぶのもいいですが、ベースの種類や形の違... ベースを購入する際の選択肢の1つとして、ベースの初心者セットがあります。ベースやアンプがセットで安く手に入る初心者セットですが、ネットでは悪い評判もあるようです。実際のところ、ベースの初心者セットはどうなのでしょうか?... バンドの芯と言っても過言ではないベースですが、その奏法はさまざまで、表現できる音色も異なります。この記事では、奏法別による違いと特徴をご紹介しています。自分に合った奏法を知り、より楽しくベースを弾きましょう。ドラムと... KORG クリップ式チューナー pitchclip ピッチクリップ ギター/ベース用 PC-1, クッション付き エレキ ベース用 ギグバッグ ギグ ケース ソフト バッグ クッション 20mm厚 HGM by MUSENT HGMB100, FENDER Economy Strap RED 2″ Black Polyester Logo Straps ギターストラップ, Fender フェンダー クロス SUPER SOFT MICROFIBER CLOTH. ベースを始めるために必要な物. ベース初心者です。わけあってベースを始める事になりました。ベース本体はあるのですが、その他ベースを始めるにあたって何が必要かよくわかりません。あまりお金をかけたくないこともあり、ネットで初心者セットがあったので購入しよう ベースを最近購入した私ですが、買うまでに色々と総額金額を決めておかないとオーバーしてしまうこともある。ベース・ギターの他に周辺アイテムをプラス2万円は予定しないといけない!アンプからシールドまで色々な ベースを始める為に必要なもの、ベースの種類などを解説させていただきます! ではいくぅ~! 目次. ベースの種類; 初心者にオススメなのは? 値段ってどれくらい? できるかな・・・という不安がある方へ; ベースの種類一般的に使われるのは. 今回はギターを始めるときに必要なアイテムをご紹介していきます! ギターを始めたい!ギター本体は買ったけど他に何がいるのかわからない! そんな初心者さんの悩みを解決するために、エレキギターとアコースティックギターそれぞれの必要なものをご紹介します! 2020年5月13日 カードサプライ, ポケモンカード, 初心者向け. ベースがアルミで出来ているものが、軽くて使いやすいです。 電動ではなく手動の「手ノコ」を使う場合は、替え刃式のものが便利です。 補助道具であるソーガイドを使うと、ノコギリの軌道を固定してくれるので、綺麗にカットできます。 オンライン授業や遠隔会議をZoomで始める学校や企業がどんどん増えてきています。しかし、いざ「Zoomを使ってみよう!」となっても蓋を開けてみると「どうやって使うの?」こう思っちゃいますよね。極論、Zoomに必要なものは「PC(パソコン)」 まずはこれがないと始まりません。ベースそのもの。次のページで紹介しますが、ベースには、エレキ、アコースティックなど、いくつか種類がありますので、自分の演奏したい音楽に合ったベースを選びましょう。 こんにちは。 今回は「ポケモンカードゲーム」を始めるにあたって必要なものを紹介していこうと思います。 「ポケモンカードゲーム」で使うものは意外と多く、いつまでも借り続けるのもあんまり…ってなりますよね。 しかし、バンドのサウンドとリズムを支えているのは他でもないベースであり、バンドサウンドの要のような存在です。, 最近ではベーシストにスポットが当てられ、ベースの魅力とバンドにおける重要性は、一般的にも認知されるようになってきました。, 本記事では、ベースに興味を持っている方に向けて、初心者がベースを始めるために必要なものや上達する練習法をご紹介します。, イントロでギターだけで演奏が始まり、そこからギター・ドラム→ギター・ドラム・ベースというように楽器が増えていく構成になってます。, ギター・ドラムだけの状態と比べてベースが入ることで音に厚みが出るのはもちろんですが、一気にサウンドの躍動感が出ているように感じます。, このように、ベースにはバンド全体のサウンド・リズムに一体感を生み出すグルーブを司る楽器だといえます。, ベースを始めるにあたって知っておきたいのが、ベースの各部名称とそれぞれの役割です。, 4本の弦の音程を調整する箇所です。ペグを回すことで、それぞれの弦の音程を上げたり下げたりしてチューニングを行います。, 4本の弦が正しい位置でフィットするように、弦がはまるような溝が掘ってあります。弦を張り替えるときは、ナットの溝に弦を合わせながら張っていきましょう。, ネックの表面のフィンガーボード(指板)に打ち付けられている、半楕円型の金属の仕切りです。, フレットは半音間隔で付けられており、押さえた弦がフレットの山に触れることで、その箇所に応じた音を鳴らすことができます。, コントロールノブが多いベースは、音質が細かく調整できるので音作りがしやすく人気です。, 弦の振動を感知して電機信号に変換することができるパーツで、ピックアップがアンプに電気信号を送ることで大きな音を出しています。, シングルピックアップやハムバック・ピックアップ等いくつか種類があり、搭載されているピックアップによってサウンドも様々です。, 自宅での基礎練習に最低限必要なものや、スタジオ練習やライブで必要なものを確認していきましょう。, ステップアップしていくにつれて必要なものは増えていきますが、まずは自宅での練習に必要な最低限のアイテム4つをご紹介します。, 練習する時の音量が気になるようであれば、ヘッドフォンも用意しておくのがおすすめです。, ベース初心者が自分の音感だけでチューニングするのは難しいですが、チューナーを使えばスムーズに音を合わせることができます。, ベースが出している電気信号を増幅させて音にしてくれるだけでなく、細かな音量・音質調整も可能な機材です。, 自宅用の小型アンプであれば5,000円前後で購入可能ですが、あまりに安いベースアンプは壊れやすいものも多いです。, 長く使えるベースアンプが欲しい方は、アンプの選び方のコツとおすすめモデルをご紹介した、こちらの記事が参考になります。, ベースとアンプを繋げるだけでなく、エフェクターなど他の機材に繋げるときにも使えるので、必ず準備しておきましょう。, また、シールドによってベースの音も変わってしまうので、初心者でもある程度のシールドを揃えておいた方がいいです。, ベースを裸で床に置いたり、壁に立てかけて保管したりすると状態が悪くなってしまいます。, ケースに入れて保管すればベースの劣化を防ぐことができるので、使用しないときはケースに収納しましょう。, また、自宅で保管するためだけでなく、練習スタジオやライブに持って行くときもベースケースは必要です。, 外に持って行くときもテンションが上がるような、軽くてかっこいいおすすめのベースケースはこちらでご紹介しています。, 自宅練習のみで持ち歩かない場合は、ベースケースの代わりにスタンドを使っても大丈夫です。, 一口にストラップといっても、ナイロンやコットン、レザー等様々な素材のものがあります。, 自分のベースに合ったストラップを見つけたい方は、素材ごとの特徴や選び方について解説したこちらの記事を参考にしてください。, ベースには指で弾く奏法とピックで弾く奏法があり、ピックを使って演奏する方が音の輪郭がハッキリします。, ピックにも形・硬さ・厚みなど種類があるので、演奏する曲に合わせて変えられるように、数種類持っておくのがベストです。, 練習しているとどうしても指紋などでベースに汚れが出てきてしまいます。大事な楽器を綺麗な状態に保っておくためにも、お手入れ用品は準備しておきたいものです。, エフェクターを使えば幅広い音を出すことができるので、エフェクターの種類と効果は覚えておいて損はありません。, 音色を変えるのではなく、高音から低音までのバランスを調整する機能を持った、プリアンプという機材もあります。, 自分の出したい音が出ないと感じた場合は、こちらのプリアンプを使って音作りをすると、ベースの音が劇的に変わります。, アンプにはつまみがたくさんついているので、それぞれの効果もあらかじめ覚えておくと練習しやすいでしょう。, まずはベース本体のコントロールノブ付近、またはボディの底部にあるアウトプットジャックにシールドを挿しましょう(画像左)。, このとき、必ずアンプの電源が切ってある状態で挿してください。アンプの電源が入った状態でベースにつなぐと、大きなノイズが出ることがあるからです。, アンプにはシールドの差し込み口がいくつかありますが、INPUTと記載されている差込口にシールドを挿してください(画像右)。, 最初の内はHEADPHONEなどの別の差込口に挿してしまうことがありますが、それだと音が出ません。, 実際に繋いでいじってみてエフェクト効果の違いを感じるのが大事ですが、それぞれのツマミが持つ効果も学んでおきましょう。, 音を歪ませる効果があります。ベース本来のクリーンなサウンドにしたい場合は、GAINを弱く設定した方がいいでしょう。, GAINを使いたい場合は、他のバランス調整を終えてからの方が理想のサウンドに近づきやすいです。, 高音域の調整ができるツマミです。強めると角ばった音質になり、弱めると丸く柔らかい音質になります。, GAINとTREBLEを強くすると歪むだけでなく、音の輪郭も立ったロックサウンドになります。, その名の通り中音域です。いわばサウンドの中核なので、強めればその分どっしりとしたサウンドになります。, ただし、MIDDLEを強めすぎると音の輪郭がぼやけるので、基本的には真ん中辺りでセットしておくのが無難です。, 強くした方が重厚なサウンドになりますが、強すぎると全体的にボワッと輪郭の無いサウンドになるので、上げすぎに注意しましょう。, 慣れてくればチューナー無しでもできるようになりますが、最初の内はチューナーを使って上記音程に合わせてください。ペグを回すことで音程の調整ができます。, チューニングには他にも様々な方法があります。演奏したい音楽ジャンルによってチューニング方法が変わるので面白いですよね。, こちらの記事では定番の音階のチューニング方法をご紹介しています。ぜひ合わせて読んでみてください。, 演奏する音楽によって適している奏法が変わるので、どちらも習得しておくと演奏の幅が広がります。, ピック弾きは硬いピックで弦を弾くことで、音の立ち上がりがハッキリしたサウンドにすることができる奏法です。, ピックの持ち方についてわかりやすく解説をしているので、こちらの記事も合わせて読んでみましょう。, ピックの持ち方はギターもベースも同じですが、ベースの方が弦が太いため、最初の内は弾きづらく感じるかもしれません。, 指を動かすのではなく、手首から動かしてピッキングすると、自然に力強いピッキングができます。, ピックで弾くよりも音の立ち上がりが柔らかくなるのが、指弾きの特徴です。人差し指と中指を交互に使って弦を弾く、ツーフィンガー奏法が一般的です。, 指弾きで注意すべきなのは、人差し指と中指どちらの指で弾いても、音量に差が出ないようにすることでしょう。, 右手を安定させるために、始めの内はフロントピックアップ(ネックに近い方)の側面に親指を置くことをおすすめします。, 弾き方は言葉だけだとなかなかイメージしづらいと思うので、画像や動画と共に弾き方を解説した、こちらの記事もぜひ参考にしてください。, 誤ったフォームを身につけてしまうと後々修正が大変なので、初心者の内に正しいフォームを身につけましょう。, ベースの練習は、右手と左手それぞれに分けて強化する練習を行い、最後に右手と左手を同時に強化する練習をすると効果的です。, 右手(ピッキングする手)は、長時間の演奏や速いピッキングでも弾き続けられるよう、基本のルート弾きで練習するのが良いです。, メトロノームを使ってテンポがずれないようにすることと、音の粒を揃えることを意識して演奏しましょう。, 左手(弦を抑える手)は、スムーズに弦を抑えることができるよう、弦移動とフレット移動の練習をすると上達しやすいです。, ゆくゆくスラップもできるようになりたいという方は、スラップ練習法も画像で解説しているので、ぜひ練習してみてください。, 好きな曲をコピーするのも練習の1つです。好きな曲であれば楽しく練習できると思うので、基礎練習の息抜きにやるのもいいでしょう。, バンドスコアでは、楽譜が読めなくてもベースが演奏できる、TAB譜が一般的になってきています。, こちらの記事では、TAB譜の簡単な読み方と、無料でTAB譜を手に入れる方法をご紹介しています。, 既にTAB譜の読み方をマスターしている方は、邦楽・洋楽・アニソンから人気曲を厳選したこちらの記事からTAB譜をゲットしてみてください。, 曲ごとに難易度や演奏ポイントも解説しているので、難易度を見て練習する曲を決めてもいいですね。, ベースを始めるために必要なものや選び方をご紹介しましたが、ベース選びは何よりも大事です。, とはいえ、初心者だと何を基準にベースを選んでいいかわからないですよね。この項では、初心者でも失敗しないベースの選び方を解説します。, メーカーごとにベースの形や音色といった特徴があるので、メーカーで絞ると好みの音作りがしやすくなります。, また、メーカーによって大体の価格帯も決まっているため、予算に応じてメーカーを決めた後にモデルを決めるといいでしょう。, とはいえ、ベースには本当に様々な種類があるので、知らないベースの方が多いかもしれません。, そのため、ベースの種類を一覧にしたこちらの記事を参考にすると、選びやすいでしょう。, ベースの初心者セットとは、ベースやアンプ、チューナー、シールド等の初心者に必要なアイテムが揃った、ベースと機材のセットのことです。, ベースの初心者セットであれば、安くベースが購入できる上、すぐに練習を始めることができます。, ベースの初心者セットの口コミや評判、価格やおすすめモデルが知りたい方は、こちらも併せて読んでみましょう。, ベースには非常にたくさんのメーカーやモデルがあり、中古で数千円のものから十万円近くするものまで様々です。, 信頼のFenderのエントリーモデルであり、初心者でも弾きやすいよう配慮された構造で、カラーバリエーションも豊富なので選びやすいのがポイントです。, 地味な楽器だと思われがちですが、奏法次第では派手でかっこいいサウンドを出すこともできる、奥深い楽器ともいえます。, 練習次第で初心者でもベースを弾けるようになるので、ぜひ楽しく練習してベースを弾けるようになりましょう!, また、こちらの記事ではベースの奏法や特徴を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。, 高校時代には吹奏楽部、大学時代にはビッグバンドと軽音楽部に所属。最近では一眼レフを衝動買いしたのでカメラの勉強中。無類の飲み会好き。, ベースTAB譜が無料で見れるサイト・アプリと、ベース初心者でもわかる簡単なTAB譜・楽譜の読み方を紹介します。ベースTAB譜で人気のアニソン・ボカロ曲もまとめました。ベースTAB譜置き場が知りたい方やダウンロードしたい方、白紙からTAB譜作成したい方も必見です。, 初心者でもわかりやすい”ベースアンプ選び”についてご紹介します。ベース本体よりもサウンドに大きく影響を与えているベースアンプ。種類ごとのメリットやデメリットを踏まえたり、サウンドの聞き比べてみたりすることで自分にぴったりの”マイベースアンプ”を見つけてみましょう。, ベースを弾く前の正しいチューニングは重要な準備です。レギュラーチューニング、フラットチューニング、ドロップDチューニングの違いや基本的なベースのチューニング方法、チューニングポイントなどこれさえ読めばベースのチューニングをマスターできます。, かっこいいベースケースおすすめ8選を、ソフト・ハード・セミハードに分けてご紹介します。防水・軽量・背負い方等の選び方のポイントや、MONO、IGIG等のおしゃれで人気のベースケースをまとめました。ベースケースを楽天やAmazonで安く購入したい方も必見です。, 自宅での練習や、スタジオでのリハーサルにおすすめの小型コンボアンプを楽器屋店員が紹介します。機能やW数、サウンドの方向性などから解説。いずれの製品も質が高い、信頼のおけるものばかりです。, ベース用ストラップ・ストラップピンおすすめ11選をご紹介します。チャムスや宇宙柄、猫柄等のおしゃれでかっこいいベースストラップを厳選しました。ギター用と比較したベース用ストラップの違いや、長さの調整方法も解説。Amazonや楽天で手軽に購入したい方も必見です。, ベースをレンタルしているサービスの特徴やサービス内容を徹底比較しています。初心者の方におすすめのモデル、スキルも重視したい中級者用モデル、イベント利用におすすめもモデルも紹介しています。送料無料や補償のサービス等が異なるので、目的に合ったサービス内容で探してみましょう!, ベース初心者の基本の弾き方を、指弾き・ピック弾き・スラップ等の種類に分けて解説します。右手・左手の使い方や、基礎的な弦の押さえ方・弾く位置をまとめました。ベース初心者で弾き方がわからない方、指弾きとピック弾きどちらの弾き方がいいかわからない方も必見です。, ベース初心者の方におすすめするバンドの練習曲10曲を厳選してご紹介します。簡単な曲を定番のアニソン、邦楽、洋楽の3ジャンルから幅広く選びました。★マークで難易度も紹介してるので、練習の際はぜひ参考にしてください。, © MarketEnterprise, Inc. All rights reserved. ベースを始めるのに必要なものは? ベースを始めようと思った時、さまざまな道具が必要ですが、ここでは最小限なアイテムや、あると便利なグッズ、メンテナンスに必要な道具などをご紹介します。