半沢直樹シリーズの第3作目『ロスジェネの逆襲』が原作だ。ドラマでは高層ビルで電脳雑伎集団のお偉方と相対する半沢の姿が印象的だったが、あの暗い一室はずばり六本木ヒルズじゃないだろうか。 先日、妻が長男(5歳)を連れて、映画「ドラえもん のび太の新恐竜」を観に行きました。私も観たかったのですが、残念ながら乳幼児とお留守番です。 帰ってくると、長男は大変ご満悦であった。 妻も久 … 新シリーズの原作『ロスジェネの逆襲 ... 半沢直樹の出向理由は?大和田常務のその後と原作との違いについて . 私は当時中2で、一家そろって第1話からリアタイしてるくらい好きな作品です。. 黎の軌跡はどうなる?エレインがいない!キャラクター・ストーリー・システム等が気になる!. 『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』を原作とする続編のテレビドラマが2020年7月19日から9月27日まで放送された。 コミカライズ. tsutomu 2020年12月28日 半沢直樹:やっぱりすごかった!令和一のヒット作を振り返る “半沢”堺雅人&“大和田”香川照之の名言&名シーン “胸アツ”少年マンガ展開も 2020-12-28T16:59:33+09:00 半沢直樹 主人公半沢直樹を演じる、堺雅人さんの出演作 『南極大陸』(2011)『塚原卜伝』(2011) を見ていたので前 … 大和田だけ処分するのは不公平であるとの意見が彼の派閥からあがったからでした。 しかしあまりにも理不尽です。 大和田がやったことは、自分の奥さんの経営する赤字企業に、自� 原作は池井戸潤氏の「半沢直樹」シリーズの『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』。東京中央銀行から子会社へ出向を命じられ、東京セン� 「半沢直樹」第一部“ロスジェネの逆襲“/みんな、大和田 2. 半沢直樹2第一話 原作(ロスジェネの逆襲)との違い 1.元常務大和田の不在 半沢直樹2の原作である「ロスジェネの逆襲」では大和田元常務(香川照之)は登場しませんがドラマ第1話では中野渡頭取(北大路欣也)から大和田が「帝国航空」の再建計画を任されていました。 半沢直樹2の前半のストーリーの原作はロスジェネの逆襲です。この原作の最後の結末がどうなるか気になりますよね。ドラマの前にネタバレしてもいいという方だけ、この先をお読みください。原作、ロスジェネの逆襲を簡単にまとめました。電脳のスパイラル買収 半沢直樹2「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」で、登場するはずのなかった大和田取締役社長が再登場しています。 これは原作にはなかった部分ですが、なぜ再登場となったのかその真相と合わせ、大和田の名言・セリフを見ていきましょう。 大和田の再登場. 『ロスジェネの逆襲』は半沢直樹のシリーズ3作目。前作の『オレたち花のバブル組』で銀行の役員である大和田常務を打ち取ったあとに、喧嘩両成敗的(半沢は悪いことしてませんが…)に子会社である東京セントラル証券に出向になった半沢の逆襲を描いています。 | 全田十五 2020/08/14 20:07. 新シリーズ第3話に出演し、その演技が好評です。 原作では帝国航空編からの登場なのですが、大和田常務同様、人気が高かったからでしょう。 前シリーズのオネエキャラがウケたというのは納得です。 ... ラグビーワールドカップが開催中です。優勝候補であるアイルランド戦での日本の勝利で、非常に盛り上がっています。 この大金星に、山下真司がスポーツ紙でコメントを寄せていました。 「まさか勝つ ... 半沢直樹の追加キャストと人物相関図が発表されました。 原作小説の『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』いずれも読了しています。 確かに『銀翼』は登場人物が少なかったはずですが、人物相関図にある通り、新 ... 半沢直樹のラジオドラマをご存じでしょうか。 「半沢直樹 敗れし者の物語」 敗れし者とは、以下の4人です。 浅野匡(元・東京中央銀行大阪西支店長) 小木曽忠生(元・東京中央銀行人事部次長) ... 相棒はシーズン1から見ています。 いつの間にか多くのキャストが離れてしまいました。 少し寂しいです。 新顔さんは慣れるのに時間がかかるので、これから長く続けて欲しいです。 今でも頑張っている昔なじみの ... Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 大和田暁(半沢直樹) ... 原作「ロスジェネの逆襲 」には登場すらしていないのに ドラマでは普通に登場 。 土下座による精神的ダメージはよほど激しかったらしく、最終回のあの場面以降、大和田は 土下座した体勢のまま固まってしばらく動けなかった らしい 。 が、それから立ち直り、2013 ロスジェネの逆襲編では、宿敵・大和田(香川照之)と共闘して難局を乗り切り、銀行に舞い戻ってきた半沢(堺雅人)だったが、銀翼のイカロス編では、海千山千の曲者たちが半沢の前に立ちはだかるものの、視聴者はやはり大和田との一挙手一投足に注目しているようだ。 ブログを報告する, この世は舞台、人はみな役者――半沢直樹シリーズ最新作「アルルカンと道化師」ネタバレ感想, 半沢・ヒプマイ・ツイステ・とうらぶ・アイドル・同人etc――雑食家庭持ちオタクの一週間, エンドロールには早すぎる――IZ*ONE(アイズワン)カムバックソング「Panorama(パノラマ)」感想・妄想・考察, 絶対振り向かない―カムバック前夜、MAMAの夜に最近のIZ*ONE(アイズワン)について。, 明日(とおいみらい)であなたとまた出会う―初代からフィットボクシング2を引継いでのファーストインプレッション. サイトマップから全ての記事へ飛べます。軌跡シリーズ、格闘ゲーム、将棋など、ゲームをメインにきままに書きます, 新シリーズの原作『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』は前シリーズが放映されていた頃に読んだのですが、その原作『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』を読了したのはたった今です。, ドラマは原作をなぞるだけにとどまらず、より面白くなるよう様々なアイデアが加えられていたことが分かりました。, そしてあの大ブームは、役者の頑張りによるところがかなり大きいことは間違いありません。, 仮に堺雅人以外の役者が半沢直樹を演じていたとしたら、それはもう別の作品といっても過言ではないでしょう。, ドラマでは新シリーズを含め全編を通じて登場しているのですが、原作小説においては第2作目『オレたち花のバブル組』のみとなっています。, 『ロスジェネ』以降ではまったく言及がなかったので、原作小説の設定では大和田は出向になったのでしょう。, ただ出向待ちとはいわれてなかったはず…昔のことなので自信はないのですが、総集編で確認してみます。, というより、新シリーズに出演するのですからそれで間違いありません。公式サイトでも降格されたということは確認しています。, 半沢が出向になったのはドラマも原作も変わらないので、大和田だけが残れたというドラマの設定はよりムゴいといえます。, 大和田がやったことは、自分の奥さんの経営する赤字企業に、自分の立場を利用して取引先に融資して転貸させたのですよ。その額、実に三千万!, 中野渡もしっかりしろよな~ 新シリーズの原作では彼も報いを受けるのですが、ドラマではより溜飲が下がるようなアイデアが加わることを期待しています。, それほどの仕打ちをしながら、ドラマでは中野渡は半沢に心情的には肩入れしたいように見えます。なお原作小説ではそのように感じられる描写はありません。. 半沢直樹シーズン2は、半沢直樹シリーズの『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』をベースにしていますが、 本来この2作品に大和田の出番はありません 。おそらく、あまりの大和田の人気っぷりに大和田を出さざるを得なかったのでしょう。 前作で半沢直樹の最大の敵として立ちはだかった大和田常務。 本来は半沢直樹2の原作であるロスジェネの逆襲と銀翼のイカロスには登場していませんが、あまりに人気のあるキャラクターのために、今作も重要人物として出演しています。 さてさて7年前(2013)に超ヒットした半沢直樹の3作目 『ロスジェネの逆襲』 が始まりましたね!. 「ロスジェネの逆襲」はドラマでも話題となった大和田常務との戦いの後の作品で、最終回で半沢の境遇に対して不服に思った人も気になる内容ではないでしょうか。今回の作品はドラマを見ていた人も原作を読んでいた方もスッキリする様な「完全勝利」を半沢が収める作品となっています。 半沢直樹の原作「ロスジェネの逆襲」で大和田は登場していますか? 因みに「銀翼のイカロス」では大和田は登場せず、彼の現状のくだりで「今では中野渡頭取に頭が上がらない・・・」という説明があるのみです。 してません。ストーリーの繋がり上でも必要と思わないし。 即ち「ロスジェネの逆襲」編では「敵の敵は味方」理論で味方するものの、その手柄によって常務に復帰したのちは「紀本常務」の役割を吸収して半沢直樹の前に再び壁として立ちはだかるのではないだろうか? 色々と書きかけの記事があるのだが書ききる勢い、いわば日々の「余力」がない。そもそも相変わらずずっと体調が悪い――というか、うん、そうですね、受け入れます。これは…単純に「老い」ですね……。, あとは無事引っ越したものの今までのせんべい布団からベッドに寝具が変わって慣れていないのと、なんだかんだ組み立て家具を組み立てたり荷解きしたりで週末休めていないこともあるだろう。, そうこうしているうちにまだいくらか若かりし頃にインプットしておいたことが役立ちそうなことがあったので、いつもながらの深夜(十時半を深夜という感覚がもう老いなのか…?)の勢いで書いておきたいと思う。, 前作はリアルタイム視聴を始めたのは第二部から。滝藤賢一演じる近藤直弼が鬼気迫りすぎていて目が離せなくなったことを覚えている。当時は筆者は会計事務所に勤務しており、中小企業の悲哀やしたたかさに大いに共感し、途中で原作を一気読み、今回のドラマの前半部分原作「ロスジェネの逆襲」も電子書籍で発売されるやいなや一気に読んだ。, そこから七年の月日が経った。くしくも同じく2013年流行語大賞を争った「お・も・て・な・し」が用意されるはずだった東京五輪は延期となった中、「半沢直樹」が再び戻ってきた。, 今のところ明らかになっている原作との相違点、逆に未だ明らかになっていないキャスティング。, 香川照之の凄味のある演技で話題となり、前作である意味陰の主役と言ってもよかった大和田常務(当時)。前作最終話にて土下座をさせられ、常務の座は降ろされたものの取締役としては留め置かれた。これは原作通り。, しかし、その後の展開が大きく異なり、既に七年前の時点で議論を呼んでいた。原作ではそれは「出向待ち」状態となっていることを意味し、事実原作ではその後フェードアウトする。, が、ドラマでは中野渡頭取の判断により銀行に留め置かれるのである。原作では半沢直樹のセントラル証券への出向は役員の大和田も出向したのだからといういわば「喧嘩両成敗」的な側面もあったが、ドラマではあまりに半沢が一方的に割を食っていたのでドラマだけ見ていた方々は大いに戸惑ったのではないかと思う。, 原作ロスジェネで頭取が半沢を評する言葉で筆者はとても好きなものがある。それは今の展開でもそのまま使える言葉でもあると思うので、ぜひ使ってほしい。ドラマ派の諸賢もきっとその一連の言葉で大いに留飲を下げるはずである。, 話題が少しそれてしまったが、繰り返すが今回ドラマ化される部分の原作に大和田(元)常務は存在しない。あんなに堂々と出てるのに!, なのになぜ今回再びキャスティングされたのか? もちろん前作で残したインパクトがあまりに大きかったこともあるだろう。放送終了後に視聴者の心の中の「半沢直樹」の構成要素は「倍返し」「大和田常務の土下座」「金融庁の嫌な奴」がほとんどを占めていたのではなかろうか。, しかしただそれだけではなく、この「原作では退場した大和田」の扱いをうまくすれば原作の登場人物を圧縮した上で大和田常務が返り咲けそうだ……とスタッフ諸賢が考えたのではないか……と筆者は妄想するのである。, サラリーマンドラマは大体服装がスーツの上、年齢層も似たり寄ったりなので人物が覚えにくい。当たり前だがキャスティングの労もあるし、尺も限られている。できれば人物は圧縮したいというのが本音ではないだろうか。, 事実、半沢の実家を危機に追い込んだ(原作では父は健在、ドラマでは自殺というのも原作と大きく異なるところである)銀行の担当者も原作では別の人物が担当していたのを大和田が担当していた、という改変が既に前作時点で行われているのである。, 「銀翼のイカロス」において「紀本平八」という人物が登場する。彼は東京中央銀行において半沢直樹と対立する勢力の首魁である。, この人物を吸収し、大和田常務として返り咲いて再び半沢直樹と対決するのではないかと筆者は考える。(ちなみに前述したように「ロスジェネの逆襲」において「大和田」という単語は一度たりとも出てこないが、「銀翼のイカロス」 においては紀本の前任者という説明のために同じ文脈の中で三回だけ登場する。こういうのをすぐ調べることができるのがkindleのいいところである), 即ち「ロスジェネの逆襲」編では「敵の敵は味方」理論で味方するものの、その手柄によって常務に復帰したのちは「紀本常務」の役割を吸収して半沢直樹の前に再び壁として立ちはだかるのではないだろうか?, 東京中央銀行は合併公。頭取(及び半沢)と大和田はそれぞれ別の銀行出身であり、行内の派閥意識は苛烈である。それが物語の中で様々なドラマを生んでいる。だからこそドラマにおいて頭取はその融和を願って敵対派閥の中心人物である大和田を留め置いたのだろう。, そして原作の紀本常務の役割を考えた時、大和田常務は頭取に「恩返し」を出来る要素がある。「行内融和」は新シリーズの一つのテーマではないかと筆者は睨んでいるのである。, 新シリーズ、小料理屋の場面において(小料理屋もドラマオリジナルの要素。ついでにいうと剣道も)半沢、渡真利の間にしれっといる広島弁のような言葉をしゃべる男。苅田光一。半沢、渡真利、近藤の同期で法務部所属。原作では一作目から登場。司法試験受験コース(支店勤務免除)というエリートコースに乗りながら受験失敗、関西支店へ転勤、出世レースから脱落し、それでは関西に骨を埋めようとマイホームを買ったらそれを狙いすましたかのように本部へ連れ戻され、妻子はマイホームのある関西へ残って単身赴任という銀行の不条理を背負った男である。, 既に述べたようにドラマ化において登場人物の圧縮は課題の一つである。その結果、前作ドラマにおいて苅田は登場しなかった。(原作でもそんなに出番があるわけではない)それがなぜ新シリーズにおいて出てきたのか。, まずは単純に原作で役割があるからである。法務部である彼は「ロスジェネの逆襲」において株取引に関する解説を半沢達(と、読者)に行うポジションとなっている。, しかし他にも――上記のように「銀行のやり方」に不満を持っている彼に大和田が近づき、甘言を弄して前シリーズの近藤に相当する「裏切り者」の役割を与えられるのではないか……と筆者は思う。半沢がスーパー超人になっていく(原作では花の出番もなくなり、ますますそうである)今後の展開を考えるに「普通のサラリーマン」が共感できるポジションとして前回の近藤を超えるのは難しいかもしれないがその役割を果たしてほしい。, 今作で三木に東京03の角田さんがキャスティングされたとき、筆者は思考の虚を突かれながらしかし絶賛せざるを得なかった。端的に言えば「わかる~!」である。人力舎の芸人さんのドラマへの相性は異常である。フツーのおっさんの層が厚すぎる。飯塚さんは昼ドラで苦悩する夫の役とかやってほしい。, その最右翼は児嶋一哉さんであろう。実は妻はDVDやネタ本、果ては渡部建さんの書いた小説「エスケープ!」を所持するほどのアンジャッシュファンであり、それ故に最近の落ち込みようは見ていられないのだが、今作に彼がキャスティングされるということでいくらか気持ちを和らげたようである。, 児嶋一哉さん。大河ドラマに二度出演。特撮にも出演。なぜかふなっしーとダブル主演など兼業俳優とは思えない錚々たる出演歴を持つ。池井戸潤先生原作のドラマでは「花咲舞が黙ってない」でゲスト出演したこともある。, そんな彼は現在、「出演する」ことは明かされたが、どんな役で出演するかはわかっていない。発表時に香川照之さんは「僕の了解取らないとダメ」と笑いを取ったという。また、児嶋さんは「ちょこっと撮ってます。あんまりまだ言えないけど」とも明かした。, 以上から、筆者は児嶋さんは原作での紀本常務の部下・曽根崎として出演するのではないか、と考えているのである。既に書いたように紀本常務は銀翼のイカロスで銀行でのいわば「ラスボス」的存在。そのキャスティングは誰もが気になっているところ。でありながら先に部下から発表されてしまっては前半の「仕掛け」の一つである「原作の紀本常務の役割を大和田が担うようになる」ということがよりもろ分かりになってしまうから伏せているのではないだろうか。(余談だが今回のキャスティングの個人的ベストオブベスト「わかる~」は柄本明さんの箕部役), あるいは同じくまだ発表されていない総理大臣役かもしれない。大島さんは大変な時だが頑張ってほしい。夫婦で応援している。, やはり半沢直樹は面白い。予想が当たるにしろ、外れるにしろ、引き続き楽しみに視聴したい。, kimotokanataさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 「半沢直樹はあくまで想像上の人物で、『やられたら、倍返し』をモットーとする銀行員にモデルは存在しません」と、あくまでも池井戸氏が想� ドラマ「半沢直樹2」と原作「ロスジェネの逆襲」の違いをまとめました。 この本は、2020年8月現在放送中の「半沢直樹2」の原作となった作品です。 前作の最後に、半沢直樹は東京中央銀行の子会社である東京セントラル証券に出向を命じられました。