>>ベトナム タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶. 日本企業の進出も進む、it先進国エストニアの生活事情の記事詳細ページです。アリババジャパンプレスはアリババ株式会社が運営するメディアです。売上を拡大したいと考える経営者や事業責任者のヒントとなる情報をお伝えしています。 日本製品は海外で高い評価を得ています。しかし、評価と売上は必ずしも比例しません。事実、一部の日本製品は海外での売上が伸び悩んでいます。 そこで今回は、日本製品が海外で売れない理由と、海外で売れやすい日本製品と販売戦略を徹底解説します。 今回は公表されていた「日本企業の海外進出が加速している国トップ20」の20カ国を対象としてデータを見てみます。正直、数字のマジックがたくさんあったので、実際のところを見ていただきたいです! 1. 日本の一部の企業においてはこういった意識の改善が必要になりますね。 女性の社会進出における日本の現状. (function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. >>資料ダウンロード 海外に進出するときには多額のお金が必要です。大企業なら問題なく資金を出すことができますが、中小企業は自社で資金を確保できないときもあります。そんなときは国が用意している補助金をうまく利用してみましょう。日本は中小企業のための補助金がいくつか用意されています。 アパレル業界世界売上高ランキングで第3位は、日本のファーストリテイリングです。上記でも書かれているとおり、日本国内ではもちろん売上高第1位となっています。グローバル企業としてこれからの発展が期待できる企業です。 4位:Gap(アメリカ) >>タイ >>フィリピン (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d>カンボジア 1)日本企業の海外進出が加速している国ランキング 2. 小さくても特定の商品やサービスで世界的なシェアを持ち、グローバルに活動する企業は少なく このことから、日本企業で採用された外国人の多くは日本国内ではなく海外で働いているということがわかります。 外国人の管理職の数はどの企業でも1%未満ですが、外国人管理職を増やすことを今後の課題としている企業もあるため、今後はさらなる増加が期待できそうです。 1; 2 >> 2015年に発表された外務省の資料によると、海外における日本食レストランの店舗数は約8万9000店。2006年の約2万4000店から、10年間で3倍以上に増えている。2016 ("naturalWidth"in a&&"naturalHeight"in a))return{};for(var d=0;a=c[d];++d){var e=a.getAttribute("data-pagespeed-url-hash");e&&(! ");b!=Array.prototype&&b!=Object.prototype&&(b[c]=a.value)},h="undefined"!=typeof window&&window===this?this:"undefined"!=typeof global&&null!=global?global:this,k=["String","prototype","repeat"],l=0;lb||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". 【ヤバイ】これからタイに移住すると老後を迎える前にいきなり不幸になる可能性が高まる理由(安心の老後生活に向けて). 中小企業で74.0%となる。また、「海外拠点がある」企業は45.1%で、大企業では83.1%、中小企業で は36.7%だった。 海外ビジネス(輸出・海外進出)の課題としては、「海外ビジネスを担う人材」(54.5%)を挙げた企 飛び立て、世界へ! 中小企業の海外進出奮闘記 . 国内企業の海外進出活発化はさまざまなデータから読み取れます。本稿では、JETRO(Japan External Trade Organization:日本貿易振興機構)や外務省などが公表しているデータをもとに、海外進出先国のランキングから見る海外ビジネスに傾向についてご紹介します。 4,000社超の日本企業の海外進出動向を徹底分析『海外進出白書(2019-2020年版)』をリリース|今、最もチャンスの国・業種は?新型コロナの影響は? !b.a.length)for(a+="&ci="+encodeURIComponent(b.a[0]),d=1;d=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? ":"&")+"url="+encodeURIComponent(b)),f.setRequestHeader("Content-Type","application/x-www-form-urlencoded"),f.send(a))}}}function B(){var b={},c;c=document.getElementsByTagName("IMG");if(!c.length)return{};var a=c[0];if(! 今回は国別の日本企業海外進出ランキングベスト3の国と、海外に進出している企業の主な業種を紹介します。, 2013年からタイに住み、日本と海外で6年以上人材業界に携わっていた私の経験も交えてご紹介いたします。, なお、すぐに海外で働きたい方は、JAC Recruitmentを利用して求人を探すのが1番早いです。, 世界各地に支店をもち、海外求人の専属コンサルタントもいますので、あなたのキャリアにあった求人を紹介してくれますよ。, 近年は日系企業の数も減りつつありますが、なんといっても人口需要がすごいですからね。, 中国は世界第2位の国内総生産(GDP)により支えられておりまさに「世界最大の市場」と言える大国です。, また豊富で安価な労働力を確保できることから、「生産代替先」として魅力的な国でもあります。, 小売サービスの規制緩和を実施したことから卸売・小売業の日系企業の進出が加速しました。, 中国の消費市場はどんどん成長しているため、日本企業の販路拡大のための中国への進出が拡大していくと考えられます。, しかし中国の労働力を必要とする日本企業は未だに多く存在するため、自社商品の生産代替先としての中国のポジションはまだまだ健在なのです。, 卸売・小売業や製造業の割合が多いは世界第3位の約3億2千万人の人口を誇るアメリカアメリカ。, 日本を代表する自動車メーカーや家電メーカーをはじめとして様々な業種業態の日系企業の進出が果たされています。, 日系企業にとっては、成長を続ける世界規模で圧倒的な購買力を持つ巨大市場であるという位置づけなのです。, アメリカに進出している日本企業の業種は、卸売・小売業そして製造業が約2割で並びます。, しかし、TPP離脱や製造業の拠点をアメリカに戻すといったいわゆるアメリカの「保護経済政策」。, 今後のアメリカの動向により日本企業に不利益になる経済政策がなされる可能性は無視できません。, 日系企業のアメリカへ進出の断念や、既存進出企業の撤退や規模縮小も考えられるでしょう。, 第3位のインドは、は日系企業にとって成長が著しい魅力的な国と位置付けられています。, まずインドの人口約13憶人のうち5割近くが30歳以下であるため、潤沢な若年労働者を確保することができます。, また労働力も安価で、自動車関連の日系企業では生産拠点をインドに移すことにより大幅な労働力の節減に繋がっています。, ベトナムにおける日本企業の進出業種の割合は卸売・小売業が約3割とトップですが、続く2位にIT・通信業と製造業が並んで続いています。, 年々日本からの進出企業が増加していますが、その理由はベトナムがエンジニア育成を国策として取り組んでいる点にあります。, ベトナムでは国策としてエンジニア育成に取り組むことで、優秀で安価なエンジニアという労働力を大量に確保できるようになりました。, おかげでベトナム企業は、多くの日本企業のIT開発を海外で請け負うといったいわゆる「オフショア開発」を行っているのです。, IT関連のスキルを持っている方で海外就職を希望している方は1度ベトナムをじかに見ておいてもいいですよね。, 今後IT・通信業の仕事が益々増加するベトナムはまさにおすすめの勤務地になるはずです。, しかしベトナムのIT・通信業のように国によって大幅に需要を伸ばしている業種も多くあります。, これからもし海外で働きたいと希望する方は、業種そして持ち合わせているスキルをまずは棚卸しをしましょう。, 海外の求人を探す場合は、JAC Recruitmentを利用して求人を探すのが1番早いです。, 世界各地に支店をもち、各国の情報を現地で吸い上げてくれる海外求人の専属コンサルタントが多くいます。, あなたの職務経歴の棚卸、書き方、可能性、面談の傾向、などなど、海外就職に必要な情報をすべて無料で提供してくれます。, タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。. ©Copyright2020 アジアマガジン.All Rights Reserved. //>ラオス 日系企業の進出拠点数第1位は13億人を超える世界第1位の人口を誇る中国です。 近年は日系企業の数も減りつつありますが、なんといっても人口需要がすごいですからね。 中国は世界第2位の国内総生産(GDP)により支えられておりまさに「世界最大の市場」と言える大国です。 また豊富で安価な労働力を確保できることから、「生産代替先」として魅力的な国でもあります。 中国に進出している日本企業の業種は、卸売・小売業 … >>マレーシア it企業にもさまざまな種類があります。より年収アップを期待するなら優良企業への転職がおすすめです。it企業は日本だけではなく、世界中に存在します。年収や売り上げ、時価総額などを元にさまざまな視点から見たit企業のランキングを掲載しました。 >>ミャンマー >>出版した電子書籍 The following two tabs change content below. >>インド, >>アジアマガジン運営 3)日本企業の現地法人が最も多いランキング 上記の3つのランキングに並べ替えてみていきましょう! "),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://asia-magazine.com/archives/8083','bfgHp_XldL',true,false,'SMpjrwBS-KM'); >>採用/広告をご検討される企業さまへ. 海外進出をする場合には、どこの国に進出するかによっても成功できる可能性が大きく異なります。世界にはさまざまな国が存在しますが、ここでは、これから海外進出を考えている事業者におすすめの場所をいくつか紹介するので、興味がある人は、海外に進出する際の参考にしてください。 アジアで活躍する『挑戦者たち』100名に現地でインタビューした電子書籍です。Kindleで読めます!, 英語パーソナルトレーニングの無料体験に行ったら16,000円得した@ENGLISH COMPANY, 【日本企業の進出が加速している国トップ20〜ミャンマー、カンボジアなどASEAN目立つ〜】. //]]>, 2017.05.19    2020.12.12 海外就職 ©Copyright2020 チャイカプ~タイ就職・タイで働く~.All Rights Reserved. asia-magazine, アジアマガジン編集部です。今回は東洋経済オンラインに掲載がされていた【日本企業の進出が加速している国トップ20〜ミャンマー、カンボジアなどASEAN目立つ〜】という記事について、ホント?というデータがあったので検証をします。, 今回は公表されていた「日本企業の海外進出が加速している国トップ20」の20カ国を対象としてデータを見てみます。正直、数字のマジックがたくさんあったので、実際のところを見ていただきたいです!, 下記のランキングが公表されていたランキングデータですね。5年前と比べて、日本企業の現地法人数がどれくらい増加したのか、という社数が出ています。, ただ、注目すべきは赤文字にしたところですね。2011年にミャンマーが11社進出に対して、2016年で105社進出になったので、855%の増加で1位!っていう結果です(笑)いやいや、元々の2011年の数字少なすぎでしょ!と思ったわけです。, それに対して13位のタイは、2011年に1777社進出に対して、2016年で2412社進出になったので、136%の増加で13位という結果です(笑)めっちゃ社数は増えたんですけどね。倍率ってすごいです。, では単純に進出した社数の量のランキングはどうなのでしょうか?データのフィルタにかけて、ランキングを作成してみました。, 5年間でどれくらいの日本企業が進出したかというと、タイが635社の増加、インドネシアが 463社の増加、ベトナムが444社の増加と非常に増えてます!増加率では低くなりますが、多くの日本企業が進出しているということですね。, 増加した社数と、増加率という%は全く違うということですね。次は2016年時点での現地法人数だとどの国が最も多いのでしょうか?, 2016年時点ではタイが2412社、シンガポールが1386社、インドネシアが1218社という結果です。やはりタイが日本企業は強いですね。アジアマガジンからの海外就職支援も、タイ・バンコクが多くなっています。, ランキングは順位付けする項目によって見え方が変わるので、ぜひ正確なデータを把握していただき、海外で働くご参考にしていただければと思います。弊社でも海外就職のご支援を実施中です。, ちなみに今回のデータは『海外進出企業総覧-国別編2017-』を元に作成されたとのこと。23,760円と書籍にしては高いですが、海外進出企業リストとしては安いです。もちろん僕も購入し、営業活動に活用させて頂いております。ご興味ある企業様は営業リストとしてポチっても良いかと思います。, >>【失敗しない海外転職】おすすめのエージェント6選!選び方と活用方法をプロが解説, >>英語パーソナルトレーニングの無料体験に行ったら16,000円得した@ENGLISH COMPANY, >>シンガポール 【食品メーカー】海外勤務が多い企業ランキングについて投稿します!! あなたは海外で働きたいですか!? こう問われると、答えは二極化します。 「海外勤務したい!」って人と「海外勤務 は絶対にしたく ない!」って人です(笑) 「海外勤務したい!」って人は、どの会社に入社したら 居酒屋やラーメンなどの飲食業界で海外進出している企業一覧. [CDATA[ 今回の注目記事は、日本企業の海外企業買収額ランキングトップ10です。日本の企業が、海外企業を買収する動きが盛んになって来ています。「いざなぎ景気」以来の長期好景気が続くとされる我が国日本で、一般庶民の我々には雲の上の話としか思えない買収劇が >>インドネシア 中国・台湾・香港・韓国の東アジアにおける出店数が非常に多い(7割)。; 続いて、タイ・シンガポールなど東南アジアへの出店が多い(2割弱)。; アジア圏以外では、北米(アメリカ、カナダ)やオーストラリアが進出先として人気がある。 ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなど、台湾のビジネス関連情報全般をお届けしています。対台湾ビジネスの情報源としてご活用ください。 外食企業の海外進出まとめ ~ 上場企業はどの国へ進出しているのか(店舗数一覧あり) 2017年10月25日. 外食企業の海外展開 日本の外食企業 . 一昔前から「海外で日本食がブームになっていること」や「年々日本の人口が減少していること」などから、飲食業界では主な出店場所を国内から海外へとシフトチェンジしている企業が年々増加しています。