所得の増大 次の図1にはasean4の、図2にclmv諸国の一人当たりgdp(一人当たり所得)の推 移を示した。 東南アジアなど新興国において「M&Aを検討する上で重要な6つの要素」とは? 2013年の一人当たりの購買力平価gdpデータ(アセアン)は以下となります。 【1人当たり購買力平価(こうばいりょくへいかせつ)とは】 購買力平価を人口で割った値。 タイプラスワンとして、生産拠点として注目を集め、その労働力が魅力的なカンボジア。東南アジア諸国の中で見た場合の、その経済的な規模、成熟度はどの程度でしょうか。 各国のGDPをみてみると、カンボジアは、タイやマレーシアはもちろん、ベトナムやミャンマーと比べてもGDPが小さいことがわかります。 カンボジアの経済成長はアセアンにおける経済の底上げにおいても非常に重要だといえます。 制約から一人当たり所得の代わりに一人当たりgdpを用いて分析を行った。 2. 物価水準と所得格差を考慮した一人当たりgdp まずアジア新興国の消費市場を名目為替レートで換算した一人当たりGDPと人口に分けてみ てみる(図表3の )。 一人当たりのGDP:2,578ドル セネガル共和国は、西アフリカの西南端に位置する国家の一つで、一人当たりのGDPが年間2578ドルと世界で30番目に貧しい国。 での教育の変化や現在の一人当たりGDP と教育水準の関係に着目し、本稿では、 ... 東南アジア諸国連合、いわゆるASEAN(Association of South ‐East Asian Nations) という組織が発足したのはベトナム戦争が終結し間もない、1967 年である。1967 年8 そこで、gdpを人口で割った一人当たりのgdpを比較すると、 2030年のgdpトップ5の国民一人当たりのgdpは、 1位 中国 41,000ドル. 何気なく東南アジアをこれまで見てきましたが、ちょっと数字でこれらの国を眺めてみましょう。 ベトナム:人口:9,073万人(2014年)、gdp(国内総生産・名目):1,862億ドル、一人当たりgdp:2,052ドルとなっています。 2位 アメリカ 99,000ドル. 出典:IMF World Economic Outlook Database, April 2017 . 出典:IMF World Economic Outlook Database, April 2017 . Excel形式のファイルはこちら 図表4 中国の一人当たり名目gdp (主要先進国対比) 図表5 東南・南アジアの一人当たり名目gdp (中国対比) (資料)imf (資料)imf (中国の一人当たり名目gdp÷相手国の一人当たり名目gdp) (年) 0.00 0.05 0.10 0.15 0.20 0.25. 東南アジアはここ10 年ほどで大きな経済発展を遂げてきた。また、東南アジア全体で 見れば医療水準も向上してきている。図表1-1 はasean 諸国における一人当たりgdp の推移と一人当たりの医療支出を示したグラフである。これを見ると、一人当たりgdp の 東南アジアはここ10 年ほどで大きな経済発展を遂げてきた。また、東南アジア全体で 見れば医療水準も向上してきている。図表1-1 はasean 諸国における一人当たりgdp の推移と一人当たりの医療支出を示したグラフである。これを見ると、一人当たりgdp の 2019年の世界の1人当たり名目gdp 国際比較統計・ランキングです。各国の1人当たり名目gdpと国別順位を掲載しています。imf統計に基づく名目ベースの人口1人当たり当たりgdp(国内総生産)。時系列データは1990-2019年まで収録。 一般的に、「 一人あたりの名目gdpが1000ドルを超えると、バイクによるモータリゼーションがはじまり、3000ドルを超えると、マイカーブームが来る 」といわれています。 長い間、中国は、インドと同様に、人口が多いが、一人当たりgdpが低いゆえに、gdp規模はそれほど大きくなかった。1980年に中国の一人当たりgdp(306.9ドル)は、インド(276.3ドル)とほぼ同水準だったが、2015年にはインド(1,617.3ドル)の4.9倍となった。 人、GDPが3.2兆ドルに達している。これに東アジア諸国を加えると、25兆ドルを超える超巨 大なマーケットが存在する。世界最大のアジア市場が世界経済を牽引し続ける訳である。 アジア諸国の主要経済指標比較 人 口 人口増加率 GDP 一人当たりGDP 東南アジア諸国の一人当たりGDP. タイプラスワンとして、生産拠点として注目を集め、その労働力が魅力的なカンボジア。東南アジア諸国の中で見た場合の、その経済的な規模、成熟度はどの程度でしょうか。 各国のGDPをみてみると、カンボジアは、タイやマレーシアはもちろん、ベトナムやミャンマーと比べてもGDPが小さいことがわかります。 カンボジアの経済成長はアセアンにおける経済の底上げにおいても非常に重要だといえます。 5位 ブラジル 40,000ドル 図-1 東南アジア新興国gdp成長率の長期的推移 2 図-2 東南アジア新興国に対するoda(承諾)の推移 3 ... 図-9 フィリピンの一人当たりgdp(ppp)とoda ローン(承諾・移動平均)の相関図 長い間、中国は、インドと同様に、人口が多いが、一人当たりgdpが低いゆえに、gdp規模はそれほど大きくなかった。1980年に中国の一人当たりgdp(306.9ドル)は、インド(276.3ドル)とほぼ同水準だったが、2015年にはインド(1,617.3ドル)の4.9倍となった。 ここでは、インド、フィリピン、ベトナムを取り上げる。この3国は、近年高い成長率を示している117(第Ⅰ-4-1-1-1図)が、各国の成長要因を調べると、内需の強さ、サービス業の堅調さ、資源依存度の相対的な低さ、対米国の貿易黒字と対中国の貿易赤字の拡大、海外労働者送金の大きな役割等、共通点を抽出することができる。 第Ⅰ-4-1-1-1図 インドとASEAN主要国の実質GDP成長率の推移 1. 図表2-71 co東・東南アジア諸国における一人当たり 2 排出量と実質所得の関係の推移 (CO 2 /cap) vs (GDP/cap) (1971 - 1996) 0.0 3 一人当たりGDP(10か国平均)(出典: World Bank , World Development Indicators database ) 4,540米ドル(2018年)(日本の約11%) 4 実質GDP成長率(10か国)(出典:ASEANstats) 日本と東南アジアの人口、GDP、平均賃金の推移 -gdp編ー この3つの指標は非常に大事だと思います。 人口とGDPはマーケットの大きさ、GDP成長率と平均賃金の上昇率は企業にとっては労務リスクがどの程度あるのかを見る指標でもあり、ローカル中間層マーケットの購買力を示す指標でもあります。 そしてシンガポールや日本、そしてブルネイの一人当たりgdpと比較すると、やはり他国はまだまだ低いと言わざるを得ません。 「東南アジアの優等生」と言われたマレーシアでも一人当たりGDPはまだ1万USDちょっとです。 (注2)一人当たりGDPは名目 (出所)IMF "World Economic Outlook April 2012"、Euromonitor International(2011年11月閲覧) 東南アジアを含むアジア大洋州における耐久消費財の普及率 所得(一人当たりGDP)が低い地域では、耐久消費財の普及率が低い傾向。 東南アジアなど新興国において「M&Aを検討する上で重要な6つの要素」とは? 一人当たりの国内総生産(gdp)の測定による、世界で最も豊かな15の国のリストです。これらの国のgdp(国民総生産)、1人当たり所得によって、決められたものです。さて、どんな国がトップを争っているんでしょうか? <世界300都市経済圏ランクマップ> 総合・一人当たりgdp・雇用 東南アジアの大都市圏 中国同様、東南アジア及びインドの諸都市圏も青色グループとなっており、中国ほどではありませんが、高い伸び率となっています。 図-1 東南アジア新興国gdp成長率の長期的推移 2 図-2 東南アジア新興国に対するoda(承諾)の推移 3 ... 図-9 フィリピンの一人当たりgdp(ppp)とoda ローン(承諾・移動平均)の相関図 東南アジア諸国の一人当たりGDP. れることである。つまり、中国や東南アジア諸国 は、所得レベルが比較的低くかつ国家による社会 保障が未整備な段階で高齢化社会に突入するので ある。もう少し詳しくみると、東アジア(広義の) の中には、一人当たりのgdpがそれほど高くない り中国・東南アジアは農村中心の社会から都市中心の社会への過渡期にあるとい える。 3.一般的に都市化率と経済発展の水準は相関関係にある。上海市、深圳市(広東省)、 バンコク(タイ)など大都市の一人当たりgdpは8,000 ~10,000ドルの水準にある。 ASEAN・東南アジア諸国連合【ブルネイ・カンボジア・インドネシア・ラオス・マレーシア・ビルマ・フィリピン・シンガポール・タイ・ベトナム】の人口とGDP 2017年. 本節の次項以下で、こうしたasean諸国の一人当たり所得の推移と、経済発展に伴う産 業構造の変化について確認する。 2. 東南アジアの国の一覧やちょっとした解説までをまとめていきます。各国の位置関係を地図で確認したり、その人口規模などをチェックしていきましょう。日本や中国よりも南に位置し、インドよりも東に位置する東南アジア地域は近年、著しい経済成長を誇ってきま 2013年の一人当たりの購買力平価gdpデータ(アセアン)は以下となります。 【1人当たり購買力平価(こうばいりょくへいかせつ)とは】 購買力平価を人口で割った値。 名目gdp 10億ドル 2,154 846 279 213 260 346 16 13 8 52 123 gdp(ppp) 10億ドル 3,334 1,125 447 390 315 602 21 33 17 83 300 世界に占めるgdpシェア(ppp) 78,897.4 4.23% 1.43% 0.57% 0.49% 0.40% 0.76% 0.03% 0.04% 0.02% 0.10% 0.38% 一人当たりgdp ドル 3,547 3,509 9,700 2,223 49,271 5,394 36,584 852 1,204 832 1,374 名目gdp; 1人当たり名目gdp; 1人当たりgni(ppp) 名目gdp. 所得の増大 次の図1にはasean4の、図2にclmv諸国の一人当たりgdp(一人当たり所得)の推 移を示した。 3位 インド 16,000ドル. 日本・全都道府県市区町村・政令指定都市・人口推移・変化・変遷・増減率・人口ピラミッド(年齢別・男女別人口)・高齢化率等各種人口統計・ランキング, Copyright © 人口・面積・人口密度・ All Rights Reserved.Powered by FC2ブログ, ASEAN・東南アジア諸国連合【ブルネイ・カンボジア・インドネシア・ラオス・マレーシア・ビルマ・フィリピン・シンガポール・タイ・ベトナム】の人口とGDP 2017年, http://demography.blog.fc2.com/blog-entry-10423.html, EAC・東アフリカ共同体6ヵ国【ブルンジ・ケニア・ルワンダ・南スーダン・タンザニア・ウガンダ】の国別人口・GDP・一人当たりGDP推移, ECCAS・中部アフリカ諸国経済共同体10ヵ国【アンゴラ・ブルンジ・カメルーン・中央アフリカ・チャド・コンゴ民主共和国・コンゴ共和国・赤道ギニア・ガボン・サントメ・プリンシペ】の人口とGDP 2017年, アンデス共同体【ボリビア・コロンビア・エクアドル・ペルー】の国別人口・GDP・一人当たりGDP推移, MERCOSUR・メルコスール5ヵ国【アルゼンチン・ブラジル・パラグアイ・ウルグアイ・ベネズエラ】の人口・GDP・一人当たりGDPの推移・比率, 中華人民共和国・地域・直轄市・省・自治区別人口分布・人口比率 出典:中国統計年鑑2019 (08/22), グレートブリテン及び北アイルランド連合王国4ヵ国の人口推移 1971~2018年【イギリス】 (04/13), イギリス・グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の人口推移一覧 (04/13), イギリス[グレートブリテン及び北アイルランド連合王国]の人口推移 1871年~2018年 (04/12), 【2020年】令和2年最初の人口推計報。日本の総人口、人口ピラミッド、年齢区分別人口。+人口推移 (01/31), 【2019年】令和最初の人口推計報。日本の総人口、人口ピラミッド、年齢区分別人口。+人口推移【令和元年】 (06/03), 旧一志郡美杉村【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (06/03), 旧一志郡白山町【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (06/02), 旧一志郡一志町【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (06/01), 旧一志郡香良洲町【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (05/31), 旧安芸郡安濃町【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (05/30), 旧安芸郡美里村【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (05/29). インドネシアに住んでいて体感することはないですが、インドネシアの景気も徐々によくなってきました。本当に緩やかに緩やかにGDPは伸びてます。年間だと5%前後の上昇率となります。, 特にインドネシア人の購入するものも変わってないですし、ユーザーの消費はほとんど変わってないと思います。海外からの投資によって補われるのが現実です。, 今回は東南アジアの主要6カ国の首都別GDPをまとめてみました。各国のデータはGoogle Public Dataのサイトを参考にしています。, グラフは分かり易いように日本とバブってる中国の一人あたりのGDPをグラフに追加しています。, 事前に2016年日本の1人あたりGDPは38,895ドルなので日本円で約428万円くらいになります。まぁこんなもんかなって実感できる数値です。, 2010年あたりから日本のGDPよりも高くなっています。シンガポールが東南アジアのハブといわれるのがよくわかります。, 日本からシンガポールに出張や旅行で行った人もシンガポールは物価高いな。ってよく言ってますよね。, [amazonjs asin=”4569827551″ locale=”JP” title=”「名目GDPって何?」という人のための経済指標の教科書 (PHPビジネス新書)”], インドネシア在住。インドネシアでアフィリエイトのサービスの立ち上げしてます。メディア複数運営中。東南アジアのデジタル周り専門にブログ書いたりしてます。. 2.東・東南アジア経済社会の変化 まず、マクロ的経済社会指標から近年の東・東南アジアの急速な変化を見て おこう。表1は代表的な経済指標である一人当たり実質gdpが1980年以降どう 変わったかを大まかに見たものである。 これからは東南アジアのモータリゼーションが活発化する. 本節の次項以下で、こうしたasean諸国の一人当たり所得の推移と、経済発展に伴う産 業構造の変化について確認する。 2. 言わずとしれた東南アジア最強の都市国家。 一人当たりGDPは50,000USDを超え(ちなみに日本は35,000USD前後)、先日発表された電子国家レベルでは世界第三位。 東南アジア諸国の中ではかなり高い数値です。 一人当たりのgdpは東南アジアでシンガポールに次ぎ第2位で、日本とも6位しか順位が変わりません。 こうした所得水準の高さも治安の良さに関連しているのかもしれません。 3位マレーシア ASEAN諸国は、欧米や日本といった先進国の企業の生産拠点を提供するといった役割を担ってきました。その結果、雇用が生まれ、個人の所得が増え(安定)ました。また、そうした企業の設備投資も相まって、東南アジア新興国の経済を支えてきたと言われています。 昨今では、かつての東南アジア新興国の経済水準が上昇し、従業員の賃金が増加したため、別の東南アジアの後進国に外資企業(日本や欧米企業)が生産拠点を … 一人当たりgdp ドル 8,221 46,736 6,076 23,113 6,236 1,492 67,723 38,22249,922 32,999 32,492 1人当たりGDP(PPP) ドル 10,363 36,266 9,162 32,272 8,253 3,830 42,640 29,73049,922 32,021 32,875 アジア: 2位 (32位) ブルネイ: 29,314.11 - アジア: 3位 (65位) マレーシア: 11,193.02 - アジア: … ここでは、インド、フィリピン、ベトナムを取り上げる。この3国は、近年高い成長率を示している117(第Ⅰ-4-1-1-1図)が、各国の成長要因を調べると、内需の強さ、サービス業の堅調さ、資源依存度の相対的な低さ、対米国の貿易黒字と対中国の貿易赤字の拡大、海外労働者送金の大きな役割等、共通点を抽出することができる。 第Ⅰ-4-1-1-1図 インドとASEAN主要国の実質GDP成長率の推移 1. 言わずとしれた東南アジア最強の都市国家。 一人当たりgdpは50,000usdを超え(ちなみに日本は35,000usd前後)、先日発表された電子国家レベルでは世界第三位。 東南アジアの一人当たりのgdp 狙うべき国はどこ? 実際、現地に行ってみると、その成長は数字だけではなく、肌でも感じられます。 もし「東京は都会」「日本はすごい」と、いつまでも「井の中の蛙」になっている人は、実際に足を運んだほうが良いです。 制約から一人当たり所得の代わりに一人当たりgdpを用いて分析を行った。 2. 物価水準と所得格差を考慮した一人当たりgdp まずアジア新興国の消費市場を名目為替レートで換算した一人当たりGDPと人口に分けてみ てみる(図表3の )。 2.東・東南アジア経済社会の変化 まず、マクロ的経済社会指標から近年の東・東南アジアの急速な変化を見て おこう。表1は代表的な経済指標である一人当たり実質gdpが1980年以降どう 変わったかを大まかに見たものである。 タイの欄では、人口は約6 千4 百万人、一人当たりgdp は5 千7百ドル弱と、 中所得国と位置付けられると思います。 一方、下段のカンボジア・ミャンマーの表を見ると、一人当たりgdp は1 千ドルを 切る水準であり、まだまだ発展途上の国であります。 もちろん、上り調子ではない日本は、その後さらに順位を落とすだろう。2100年を待たずとも、現在の東南アジアの一国ほどの影響力しかもたなくなっていくと予想する。 一人当たりのgdpはどうなっているのか. 東南アジアの主要6カ国別1人あたりgdp 事前に2016年日本の1人あたりGDPは38,895ドルなので日本円で 約428万円 くらいになります。 まぁこんなもんかなって実感できる数値です。 一人当たりgdp (ppp) 人間開発指数 通貨 公用語 リーダー 状態 国家元首 政府の長 東ティモール: ディリ 14,874 1,231,116: 76.2 4,928 0.620 米ドル (usd; $) テトゥン語とポルトガル語 フランシスコ・グテレス大統領 タウル・マタン・ルアク首相 オブザーバー 実質gdp成長率、一人当たりの名目gdp、鉱工業生産指数伸び率、消費者物価上昇率、失業率、輸出入額、貿易収支、外国投資受入額:ベトナム統計総局 名目gdp総額、対外債務残高:世界銀行 対日輸出入額、経常収支、金融収支、外貨準備高、政策金利:imf 名目gdp; 1人当たり名目gdp; 1人当たりgni(ppp) 名目gdp. ASEAN・東南アジア諸国連合の国別人口・GDP・一人当たりGDP推移. り中国・東南アジアは農村中心の社会から都市中心の社会への過渡期にあるとい える。 3.一般的に都市化率と経済発展の水準は相関関係にある。上海市、深圳市(広東省)、 バンコク(タイ)など大都市の一人当たりgdpは8,000 ~10,000ドルの水準にある。 428,697 428,697 263,991,379 263,991,379. 2017年現在、gdp世界1位は依然としてアメリカで、約19兆3900億ドル(約2132兆円)である。 日本円は 1$ = 110円 で換算した(以下同様)。 遠い昔、日本のgdpは世界2位だったが、2010年頃中国に抜かれた。 貧しい国(貧困国)について気になったので、ランキング形式でまとめていこうかなと思います。一人当たりのgdp比較付きで、どんな国が世界の中で最も貧しいのか、2018年4月時点で確認出来る情報やデータを元にまとめておきます! 一般的に、「 一人あたりの名目GDPが1000ドルを超えると、バイクによるモータリゼーションがはじまり、3000ドルを超えると、マイカーブームが来る 」といわれています。 3 一人当たりGDP(10か国平均)(出典: World Bank , World Development Indicators database ) 4,540米ドル(2018年)(日本の約11%) 4 実質GDP成長率(10か国)(出典:ASEANstats) <世界300都市経済圏ランクマップ> 総合・一人当たりgdp・雇用 東南アジアの大都市圏 中国同様、東南アジア及びインドの諸都市圏も青色グループとなっており、中国ほどではありませんが、高い伸び率となっています。 ASEANは、2015年12月、「ASEAN経済共同体(AEC)」を設立し、1990年代から推進してきたASEAN10か国の経済統合に向けた一連の取組において大きな節目を迎えた。これまで、「AECブループリント2015」に基づき、モノ、サービス、資本、人の移動の自由化に向けた様々な取組が行われてきた。現在は、そこで達成した成果を踏まえ、2025年に向けてのASEAN統合のロードマップである「AECブループリント2025」に基づき、一層高度に統合された経済へ向けた制度・政策の構築を推進してい … 4位 日本 79,000ドル. 2017年現在、gdp世界1位は依然としてアメリカで、約19兆3900億ドル(約2132兆円)である。 日本円は 1$ = 110円 で換算した(以下同様)。 遠い昔、日本のgdpは世界2位だったが、2010年頃中国に抜かれた。 アジア: 5位 (29位) 韓国: 31,846.22 - アジア: 6位 (32位) ブルネイ: 29,314.11 - アジア: 7位 (37位) 台湾: 25,873.37 - アジア: 8位 (57位) モルディブ: 15,504.71 - アジア: 9位 (65位) マレーシア: 11,193.02 - アジア: 10位 (67位) 中国: 10,522.34 - アジア: 11位 (80位) タイ: 7,806.96 - アジア: 12位 (115位) モンゴル: 4,201.82 +1: アジア: 13位 (116位) 図表2-71 co東・東南アジア諸国における一人当たり 2 排出量と実質所得の関係の推移 (CO 2 /cap) vs (GDP/cap) (1971 - 1996) 0.0 アジア各国は2015 年の数値 2世界銀行は、下位中所得国を一人当たりGNI が1,026~4,035 ドル、上位中所得国を4,036~12,475 ドル、12,476 ドル以上を 高所得国と定義している。 一人当たりの国内総生産(gdp)の測定による、世界で最も豊かな15の国のリストです。これらの国のgdp(国民総生産)、1人当たり所得によって、決められたものです。さて、どんな国がトップを争っているんでしょうか? 東南アジアの一人当たりのgdp 狙うべき国はどこ? 実際、現地に行ってみると、その成長は数字だけではなく、肌でも感じられます。 もし「東京は都会」「日本はすごい」と、いつまでも「井の中の蛙」になっている人は、実際に足を運んだほうが良いです。 図表4 中国の一人当たり名目gdp (主要先進国対比) 図表5 東南・南アジアの一人当たり名目gdp (中国対比) (資料)imf (資料)imf (中国の一人当たり名目gdp÷相手国の一人当たり名目gdp) (年) 0.00 0.05 0.10 0.15 0.20 0.25. 263,991,379. Excel形式のファイルはこちら