沖縄県の人口ピラミット <平成27年(2015年)> <平成37年(2025年)> 資料:平成27年については、国勢調査(平成27年)より作成。平成37年については、国立社会保障・人口問題研究所「日本 の地域別将来推計人口」(平成25年3月推計値)より作成 キレイな海に囲まれ、日本の観光スポットとしても、移住地としてもとても人気がある「沖縄」は日本の中でも有数の「車社会」として知られています。1度は訪れたことがある人なら、沖縄の那覇市の渋滞を目にしたことがあるのではないでしょうか。「バスレーン」と呼ばれる交通規制がかかり、時間帯や場所によって道路が非常に混み合います。, それもそのはず、「沖縄」では1人1台は車を持つのが当たり前とされ、移動のほとんどを車で行います。その理由とはどのようなものでしょうか。, 沖縄では交通手段と言われるものが「車」「バス」や「自転車」などを始め、那覇空港~首里城まで繋いでいる「ゆいレール」のみとなり鉄道と呼べるものがありません。, 「ゆいレール」は限られた場所しか走っていないこと、「バス」は時刻や路線表を調べるのが不便であること、主要道路から離れてしまうとバスが通っていないことで、年々利用者が減少しています。, その為、車は交通手段として通勤や通学で利用することが多いのです。免許を取ることが出来る18歳になると教習所に通い免許を取得します。最初は新車の車なんて手が出ませんから、中古の乗用車や軽自動車をよく見かけます。沖縄に移住を考えている人は燃費がいい軽自動車をおすすめします。毎月の支払いが少なくなる「カーリースシステム」などもあります。, なぜここまで沖縄では車社会になったのかというと、沖縄は皆さんがご存知の通りGWの時期から10月頃まで1年間のうちのほとんどの季節が暑いので、歩いて移動することは簡単なことではありません。照りつけるような日差しの中歩くことは大変ですので、5分程度の移動でも車を使うことが当たり前になっています。, これは大人だけでなく子どもにも言えることで、沖縄は日本の中でも1週間運動をしない子どもの割合が日本でも高いことがわかっています。子どもでも運動をしないのですから、大人になってから運動をするようになるはずがありませんよね。, 沖縄では国道58号線や国道330号線などで、朝の通勤通学の時間帯と夕方の時間で渋滞がおこります。これは「バスレーン」と呼ばれるものでバス専用道路を1車線作り車の規制を掛けることで、正常な運行を確保する為、交通の安全を図る為に行われているものです。, その為、どうしても渋滞が起きてしまうのですが沖縄に住んでいる人はそれが当たり前の光景です。観光客の場合は慌ててしまうのでレンタカー会社などで「バスレーン」の規制について説明がありますので確認をしておくようにしましょう。基本的には1~3月、土日祝にはこの規制は行われていません。, 沖縄は車社会であることはお伝えしましたが、だからといって駐車場はタダではありません。コンビニやスーパーなどは無料で停めることが出来ますが、那覇市の国際通りなどを観光やご飯を食べに寄る場合、有料のパーキングエリアに停める必要があります。, また観光の場合も那覇市内のように繁華街にあるリゾートホテルは、駐車場を利用するだけでも別途料金がかかります。金額に差はありますが1日1000円~2000円が一般的です。, そして、沖縄市内を走っていると「Yナンバー」の車に出くわすことがあります。これは、米軍関係者の車になりますので、何かトラブルがあると大変です。車を運転する際はくれぐれも注意しておきましょう。, 沖縄では一家に一台は車を持っていることが当たり前になっています。沖縄に観光に来る時はレンタカーを利用し、移住を考えている人は中古でも十分素敵な車を購入することが出来ます。10万円程度から購入も可能ですので、夢の沖縄生活の為には車は必要不可欠だと言えるでしょう。. 沖縄の貧困に関連する諸問題は、数々のデータが示しているとおりだ。約3割に達する子どもの貧困(1位、全国平均の約2倍)、給食費未納率(1位)、1人当たり県民所得(最下位)、非正規雇用率(1位)、失業率(1位)。その背景として、若年結婚率(1位)、デキ婚=できちゃった結婚=率(1位)、離婚率(1位)、転職率(1位)、シングルマザー世帯出現率(1位、全国平均の約2倍)、一人親世帯の子どもの貧困率(1位、約60%)、高校・大学進学率(ワースト1位)・・・。 しか … よく「沖縄は車社会だから…」「沖縄は車がないと生活できないからから…」と言われますが、実は乗用車普及率は全国で27番目で沖縄より車社会の地域はたくさんあるので、これが主な理由にはなり得ません。 沖縄の観光地に関する記事をまとめています。ローカルではよく知られている場所だけど県外ではまだ知名度の無い場所や、人気急上昇スポットなどをお知らせしています。, 沖縄では年中様々なイベントが開催されています。毎年開催されているイベントから期間限定イベントなどをご紹介!, 沖縄には沖縄の特産品を使った料理を扱う飲食店やメディアで話題のステーキ店などが沢山!そんな沖縄のグルメを紹介するカテゴリです。, 沖縄では多くの伝統や文化が昔から暮らしの中に深く根付いています。ここでは文化・伝統・芸能をご紹介。. 那覇市内沖縄移住の現実沖縄に移住した人の多くが「移住失敗」している。例え数年間でも沖縄に住んだことは、何らかの経験になるので、否定的になる必要はない。しかし、本人的には沖縄に永住するつもりだったのに、それが数年間になったというのは誤算だと思 車の故障や、エンジンオイルの交換なら24時間365日レッカーロード車輛救援サービスまでお任せください!国産全メーカー新車・未使用車から中古車が勢揃い!車のことなら=Lucky 行こうよラッキー 沖縄は車社会と言われ、那覇市内は駐車場確保も厳しい状態から続々とカーシェアが増えている。話題のシェアレンタルビジネスを、沖縄で使うメリットがあるのかどうか、お得なキャンペーンもあるのか調べてみました。 沖縄は車社会だとよく耳にするかと思います。実際車が無いと生活できないのかを那覇市を中心に考えてみました。子育てママにも役立つ情報となっています! そして、自動車通行にとって邪魔な路面電車も、次々と廃止の憂き目に遭いました。モータリゼーションの進展と、その結果としての「クルマ社会」の到来が軌道を駆逐し、道路を自動車の専有物に変えてしまったのです。 クルマ社会によって失うもの 毎年、成人式の時期になると、派手な格好で問題行動を起こす若者たちの姿がテレビに映し出される。全国でも沖縄が突出しているような印象を受けていたが、本書『夜を彷徨う 貧困と暴力 沖縄の少年・少女たちのいま』(朝日新聞出版)を読み、その理由が少しわかったような気がする。 沖縄では、老若男女みんなが車を運転!どこに行くのも車で移動。その為、渋滞に巻き込まれる事も日常茶飯事。今回は、沖縄の車事情についてご紹介します!沖縄は車社会? 沖縄で一番多い移動手段は車!ほとんどの移動を車で行います。一家に一台ではなく、一 アメリカ合衆国による沖縄統治(アメリカがっしゅうこくによるおきなわとうち)は、1945年(昭和20年)のアメリカ軍による沖縄占領から、1972年(昭和47年)5月15日の沖縄本土復帰に至るまでの、27年間に及ぶアメリカ合衆国による占領統治時代のことである。 沖縄旅の交通手段はレンタカーが主流ですが、公共交通機関等での移動方法を知っておけば、もっと便利に移動ができる場合があります。レンタカー以外の移動手段として、ゆいレール、路線バス、空港リムジンバスのお得で便利な情報をご紹介します。 沖縄の労働者の所得が低いのは、沖縄の経営者が給料を十分に支払わないからだ。しかしながら、経営者だけが悪者かといえば、ことはそれほど単純ではない。沖縄の労働者はまるで自分から貧困を選択するかのような行動をとりがちなのだ(*注1)。沖縄で人材登用を進めようとしても、そもそも有能な人材が管理職になりたがらないし、パートも正社員になりたがらないという傾向がある。 以前私が沖縄でホテルを取得して経営を始めたとき、非正規雇用者の多さに驚き、約100名の非正規雇用者の … ©Copyright2020 沖縄MAGAZINE.All Rights Reserved. それもそのはず、「沖縄」では1人1台は車を持つのが当たり前とされ、移動のほとんどを車で行います。その理由とはどのようなものでしょうか。 沖縄で車社会が当たり前になっている訳. 沖縄には電車が無いので車社会ですが、本土でも田舎に行けば同じような状況の地域はいっぱいあるでしょう。 このように、先に述べた理由では、沖縄だけが保険料が安い理由とは言えないわけです。 沖縄には電車がありません。モノレールはありますが、那覇市のごく一部を走っているだけです。バスは路線の数が多いですが、本数が少ないです。乗ろうと思った時にすぐに乗れないもどかしさがあるわけですね。 沖縄の道路はサンゴが混ざっている砂が使われているので、滑りやすいです。歩道がきちんと整備されていないところも多くて、ガードレールがないところもたくさんあります。あとは日差しが強いとか、紫外線がハ … 勘違いしていませんか?(1ページ目)沖縄移住を考えている方必見!沖縄移住をリアルに応援するサイト。沖縄に移住生活をするとは?沖縄移住を成功させるには?東京から沖縄に移り住んだ著者が、沖縄での生活を通じて感じた沖縄と本土の違い。そして沖縄の魅力。 Amazonで樋口 耕太郎の沖縄から貧困がなくならない本当の理由 (光文社新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。樋口 耕太郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また沖縄から貧困がなくならない本当の理由 (光文社新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 我々は沖縄が急激に車依存社会へと発展した最大の理由は、沖縄の不十分な公共交通機関設備にあるのではないかと考える。さらに、沖縄県への観光客が年々増加していることを受け、観光客向けレンタカー台数や業者数も年々増加の傾向にある。 沖縄は車社会です。一世帯あたりの車両保有数をみても、沖縄は1.78台と、東京の0.80や全国の1.55台を超える数字になっています(出典:自動車交通局、総務省 平成16年) ほとんどの場合。沖縄で中古車を購入するよりも、本土から持っていった方が安くあがります。 ウチナータイム(沖縄タイム)って聞いたことありますか? 沖縄の人は、どこかのんびりしていて、 急ぎすぎない県民性と思われています。←正解 そんな、のんびりな人が多いことや、 独特な時間の流れを感じることから、 ウチナータイム(沖縄タイム)という言葉が生まれました。 沖縄は車社会だとよく耳にするかと思います。実際車が無いと生活できないのかを那覇市を中心に考えてみました。子育てママにも役立つ情報となっています!, 那覇空港から那覇市中心部である首里城まではかろうじてモノレールがはしっている沖縄ですが、この例外を除けば、県内のどこに移動をするにも車を利用しなければならないのが、沖縄です。そのため、県内の主要部を結ぶ幹線道路では、朝夕の通勤ラッシュ時の混雑はもちろんのこと、場所によっては終日混雑し続けている場所すらあります。, 中には、厳しい坂に阻まれて買い物に行くこともできない人や、隣の家まで徒歩20分かかる過疎地域などもあるため、「ぜいたく品としての車社会」というよりは、「生活のための車社会」といえます。, でも、そんな沖縄に長く住みながらも、車を持っていないという人も少なく在りません。では、自他ともに認める車社会の沖縄で、一体どうやって車を使わずに生活しているのでしょう?, 実際に、那覇市に住んで10年以上になる私ですが、仕事で車を使うようになった数年前までは、車を持っていませんでした。もちろん、その間に出産も経験しましたから、子どもの病院や保育園の送り迎えなどもありました。でも、車を使わなくても全く不自由は感じませんでした。, それどころか、那覇市内では、住む場所によっては、車を持っている方が不便というケースもあるのです。, 県庁や那覇市役所、国際通りがある那覇市の中心部では、モノレールだけでなく、市内・市外線のバス乗り場もアクセスしやすい場所にあるため、乗用車で移動する必要がありません。しかも、この周辺では交通渋滞が起こりやすいこともあって、違法な路上駐車の取り締まりも厳しく、待ち合わせをするにも、乗用車は非常に不便です。, なにしろ、この周辺にあるコインパークの料金が高い!しかも、役所や病院などの公共施設であっても、お金がかかるのです。, 何しろ、建て替え前までは、施設利用者は無料で利用することが出来た那覇市役所の駐車場も、今ではすべて有料となっているため、ちょっとした手続きで役所を利用しても、料金が発生します。, さらに、車社会の沖縄にありながら、駐車場の設置がない住宅が多いのが、このエリアの特徴にあります。しかも、周辺の月極駐車場の料金が、やたらと高いのも…。, なにしろ、私がいま利用している月極駐車場は、1か月13,000円!那覇市のほかの地域では、5000円以下で利用できる駐車場も数多くあるにもかかわらず、私が現在住んでいる国際通り周辺の駐車場では、この値段であっても「平均的」なのです。, 車を持たずに沖縄で生活するには、やはり、中・長距離の移動が主にある場合には非常に不便です。とくに、台風シーズンや夏によく起きる「カタブイ」と呼ばれる通り雨など、この地方特有の気象状況に突然巻き込まれた時などは、車を持たずに過ごしていると、家から一歩も外に出ることが出来なくなってしまいます。, でも、冷静になってメリットとデメリットを整理してみると、車を使わないからこそ気が付くこんなことがありました。, 住まいを見つけるまでは気が付かないのですが、実際に住んでみると、移住者が多いエリアと、ほとんど地元人というエリアがあることに気が付きます。どちらのエリアで住んでも、移住組にとってはメリットとデメリットがあるのですが、子どもが大きくなるにつれて大切になるのが、地域とのつながりになります。, そして、これも沖縄の特徴ではあるのですが、小学生だけでなく高校生になっても、親が車で学校まで送迎をするというのが珍しくないのが沖縄社会。集団での登下校は、都市部に限っては全くありませんし、子ども会の活動も、廃校間際の小規模学校となると、ほとんど皆無です。, ですから、登下校で出会う近所の人との接点は、安全に子育てをするには絶対に必要なこと!それには、「親」「こども」「地域」がお互いに声をかけやすい環境を作る必要があり、その準備として「地域を歩く」ということが大切になってくるのです。, ちょっとした体の不調があっても、車で移動する癖がついていると、病院を選ぶ時、まず初めに駐車場の有無を確認してしまいます。さらに、ホームページなどを見て駐車場の確保が厳しそうだと思ったら、あきらめて別の場所を探したり、駐車場の心配をしなくても済む総合病院に出向いたりもします。, でも、病院が大きくなればなるほど、駐車場や診察の待ち時間が長くなるなど、かなり面倒になるものです。, その点、車を使わない生活をしていれば、徒歩ですぐに出かけることが出来る病院を、かかりつけ医にすることが出来ます。病気は、かかり始めにきちんと処置しておけば、ひどくなることもありません。そう考えれば、すぐに病院を受診できる環境を整えておくのも、日々の暮らしでは大切になります。, 車で買い物に出かけると、ついやってしまうのが「買い過ぎ」。気を付けていても、値段を見て安いと感じると、つい手が伸びてしまうという人も多いはずです。, 特に、日中の日差しがきつい沖縄では、買い物で外に出るのも億劫になるほどの暑さが連日続きます。そうなると、スーパーで安売り・特売とみると、予定がなかったトイレットペーパーなどの消耗品でも、つい買ってしまうこともあります。, でも、もしも大量の荷物を歩いて家まで持ち帰らなければならないとしたら、ちょっと考えます。これが、買いすぎストッパーに効果が…!, もしもスーパーでの買い過ぎがやめられないという人がいたら、今すぐ、買い物に車を使うのを辞めてみてください。実際に私が経験してきたので断言できるのですが、車で買い物をした時よりもはるかに節約できます。, 誰がなんといおうと、間違いなく沖縄は車社会です。ですから、車を持っていなければ、不便で生活することもできないような地域も、沖縄本島内にはたくさんあります。, でも、どこに住んで、どのように暮らすのかということを整理しながら考えてみると、車がない暮らしでも全く不便を感じないこともあります。あなたにとっては、「車があるくらし」と「車に乗らないくらし」、どちらに魅力を感じますか?. 日本は自殺者数が8年連続3万人を超え、交通事故による死者数をも上回る、正に「自殺大国」。何がこのような数字をもたらしたのでしょう? 自殺の理由には、心の病気、特に「うつ病」が密接に関連して … 沖縄では車があるということが生活するうえで大事な条件です。でも移住した当初はできるだけ節約したいのも本音です。そこで移住者にとって車の購入とリースのどちらがおすすめなのでしょうか?