確定申告書は郵送をすることもできます。郵送にすれば、わざわざ税務署に並ぶ必要もなくなり、確定申告にかける余計な時間も削減できるでしょう。, 特に2020年提出の確定申告では、新型コロナウイルスの流行により、なるべく人が集まる場所(確定申告会場や税務署)には出向きたくないと思った方も多いでしょう。著者もそう思い、確定申告を郵送で行うことを決めました。, 今回は、確定申告を郵送する場合の必要書類や注意点についてご説明します。確定申告の郵送をお考えの方は参考にしてみてください。, クラウド会計ソフトを使えば確定申告がかなりラクに早く終わります。口座と連携させて自動仕訳をしたり、スマホを使った領収書撮影、帳簿の自動作成、確定申告書作成ツールなど、確定申告を控えている個人事業主に便利な機能が盛りだくさん!無料で使えるフリープランや1ヵ月無料キャンペーンなどがあり、会計ソフトを始めて使うという方もお試しで使ってみやすいです。登録は無料で簡単ですので、ぜひ一度お試しで使ってみてください。, まずは、確定申告を郵送で行う際に必要になる書類からまとめてご説明します。先にお伝えすると、通常の確定申告でも提出する以下の書類がメインとなり、大きな違いはありません。, これらに併せて、控えにも税務署から印鑑を押して送り返してもらう必要があるので、控えと返信用封筒も一緒に郵送します。, 各必要書類は、国税庁の以下のリンクからダウンロードできます。必要に応じて印刷して使ってください。, 確定申告の総まとめでもある確定申告書は郵送での提出でも当然必要になります。申告書には2種類ありますので、申告する方の立場に応じて選んでください。, 確定申告書Aは、主に給与所得者や一時的な確定申告をする場合の申告書で、『第一表』と『第二表』の2枚です。以下に該当する方は、確定申告書Aを使いましょう。, 個人事業主として毎年確定申告をしている方は申告書Bを使います。申告書Bも基本的には『第一表』と『第二表』の2枚で結構ですが、所得の種類や赤字の有無によって『第三表』や『第四表』が必要になります。, 確定申告書だけではなく、収支内訳書や決算書などの1年分の収支等をまとめた書類も郵送する必要があります。こちらも、直接提出する確定申告と同じですね。確定申告の種類によって提出書類が変わります。, 白色申告書の方は、収支内訳書を提出します。収支内訳書とは、簡単に言うと1年間でいくら売上があって、いくら経費などに使ったかをまとめておく表で、2枚構成となっています。, 青色申告の方は、青色申告決算書を提出します。青色申告決算書も収支内訳書と同じく、収支の詳細を記載することが主ですが、それに併せて減価償却や貸借対照表も記入して提出し、合計4枚になります。, 確定申告では本人確認が必要になるので、郵送の場合にも身分証明書の写しを同封します。また、控除を受ける際の各控除証明書も添付して提出する必要があります。, 確定申告の郵送では、身分証明が必要です。確定申告書にはマイナンバーを書く欄がありますので、マイナンバーが分かるものと身分証明書を『添付書類台紙』に貼り付けて郵送します。, マイナンバーカードだと1枚でマイナンバーと本人確認ができますので、なるべくマイナンバーカードのコピーが良いですね。, 国民年金などの社会保険料を払っている場合は、控除証明書を添付しましょう。控除証明書は前年の11月頭に送られてきますので、保管しておきましょう。失くした方は再発行が可能性ですので、日本年金機構に問い合わせてみてください。, ちなみに、社会保険料と言えば『国民健康保険』もありますが、国民健康保険は控除証明書は不要です。しかし、確定申告で控除は受けられますので、年間で支払った保険料はしっかり申告書に記入しましょう(通常は納付額の通知が届きますのでそちらで確認しましょう)。, ご自身で民間の生命保険に加入している方は、生命保険料控除証明書の添付も忘れずに行いましょう。こちらも、各保険会社から毎年10月以降に控除証明書が送られてくるので、保管しておいてください。, 小規模企業共済や地震保険なども控除の対象です。それらの控除を受ける場合にも、対象の控除証明書を添付しましょう。, 給与所得者が確定申告をする場合には、源泉徴収票の添付が必要となります。源泉徴収票も12月頃に会社から配られますので、確定申告する場合には特に大事に取っておきましょう。, また、退職後に確定申告をする方は、退職時に源泉徴収票を貰えるはずなので、しっかり貰っておきましょう。貰えなかった場合は請求してみてください。特に退職後の確定申告は還付金として払い過ぎた税金が返ってくる可能性もありますので、しっかり確定申告しておきたいですね。, 【関連記事】 確定申告は年に一度の大仕事。今回は令和元年(2019年)分の確定申告に必要な提出書類について解説します。確定申告書や源泉徴収票、各種控除関係の書類、白色申告での収支内訳書と青色申告の青色申告決算書の違いまで、確定申告で必要な書類を解説します。 いよいよ確定申告シーズンの到来です。現在では、国税庁ホームページの「確定申告等作成コーナー」で、確定申告書を作ったり、電子申告ができたりします。2019年はスマホからの申告も可能になるので、今年から利用する方も多いのではないでしょうか。 確定申告の提出っていつからできて、どの書類が必要なの?確定申告の提出前に知っておきたい情報をご紹介!確定申告が初めての方必見!確定申告って税務署まで行かなくちゃいけない?ネットでできる?忙しい皆さんにフィットした方法、必要書類をご紹介! 申告内容に応じて次の書類の添付又は提示が必要です。 ※ 経過措置により平成29年分から平成31年分までの確定申告については、明細書を添付せずに医療費等の領収書の添付又は提示によることもできま … 確定申告の医療費控除で必要な書類と申請方法。提出や郵送方法とは? 皆さん、確定申告したことありますか?お勤めの方は、年末調整として会社がしてくれることがほとんどですし、旦那さんの扶養に入っている方は、旦那さんがお勤めの会社にまかせているという方が多いですよね。 確定申告の郵送は混み合う申告会場へ行く必要がなく、都合が合わない人にもメリットのある提出方法です。確定申告書に必要書類を添付して封筒で指定送付先へ郵送しますが、不備があった場合にはどうなるのでしょうか?郵送先や郵送の際の注意点についてご紹介します。 2020年。住宅ローンを組んで初めての確定申告について猿でもわかるように開設しました。初めての確定申告で不安な方や面倒臭がってる方が多いと思いますが簡単なのでちゃちゃっと終わらせましょう! 2020年の確定申告は2月17日から3月16日です。確定申告で書類の提出に迷わないよう、ここでは、確定申告に必要な書類について解説します。確定申告で準備する書類は大きく分けて4種類 税務署に直接出向かない場合、税務署宛に必要書類を郵送する方法と、電子申告(e-Tax)を利用して申告する方法の2つがあります。 まずは確定申告の概要をおさえておきましょう。基本的には、居住地を管轄する税務署へ提出することになります。所轄の税務署は、国税庁の該当ページから確認することができます。 2020年(令和2年)については、新型コロナの影響によって申告期限が延長されました。2020年の確定申告期間は、2月17日〜4月16日でした。外出が難しい方は、申告期限に間に合わなくても、柔軟に対応してくれるようです。 ‚é‚Æ‚«‚܂łɤuŠñ•‹àiÅŠzjTœ‚Ì‚½‚߂̏‘—ށv‚ÌŒð•t‚ªŠÔ‚ɍ‡‚í‚È‚¢ê‡‚́A‚»‚̏‘—ނɑウ‚āAŠñ•‹à‚ÌŽó—̏؂̎ʂµ‚ð“Y•t‚µ‚ÄŠm’è\‚µAŒã“úA‚»‚̏‘—Þ‚ªŒð•t‚³‚ꎟ‘æA‘¬‚â‚©‚ɐŖ±‚É’ño‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B, ‹‹—^Š“¾A‘ސEŠ“¾AŒö“I”N‹à“™‚ÌŒ¹ò’¥Žû•[, ƒI[ƒvƒ“Œ^ØŒ”“ŠŽ‘M‘õ‚ÌŽû‰v‚Ì•ª”z‚ÌŽx•¥’Ê’m‘, u‘Š‘±àŽY‚ÉŒW‚é÷“nŠ“¾‚̉ېł̓Á—áv‚Ì“K—p‚ðŽó‚¯‚éê‡‚Ì‘Š‘±ÅŠz‹y‚Ñ‚»‚Ì‘Š‘±ÅŠz‚ÉŒW‚é‰ÛÅ‰¿Ši‚ÌŽ‘ŽY‚²‚Æ‚Ì–¾×‚ð‹LÚ‚µ‚½‘—ށi‘Š‘±Å\‘‚ÌŽÊ‚µj. 確定申告をするには、必要な書類がいくつかあり、郵送で届くもの、自分で取得するものがあります。1つでも漏れがあると書類作成が二度手間になりますので、事前に必要な書類をチェックして、準備しておくようにしましょう。 確定申告で提出する書類には、メインの書類(決算書と確定申告書)と、サブにあたる添付書類(控除証明書など)があります。この「添付書類」が、本ページのメインテーマです。 書面で確定申告をする場合、添付書類は「添付書類台紙」に用紙に貼り付けて提出します。 電子申告をする場合でも、白色申告なら「収支内訳書」を、青色申告なら「青色申告決算書」のデータを提出します。また、どちらの場合も「確定申告書B」のデータも提出します。 添付書類とは、各種控除を受けるために求められる … 還付申告とは?還付申告が必要なのはどんな場合か、期限、必要書類などの申告方法について詳しく解説。ふるさと納税、高額医療費がある人は還付申告をすると支払った税金が払い戻されるます。還付申告はe-tax、郵送、税務署窓口で申請することが可能です。 「退職後の確定申告は税金が戻ってくる可能性大!必要書類と書き方まとめ」, 個人事業主の方でも、取引先から源泉徴収を引かれた後の報酬を受け取っている方もいるでしょうが、個人事業主では源泉徴収票は必要ありません。しかし、年間で払った源泉所得税は申告する所得税から差し引くことができます。支払調書などで1年間でいくらの源泉所得税が引かれていたのかを確認して確定申告書にも記載しておきましょう。, 医療費控除を受ける方は、医療費控除の明細書も提出します。年間で使った医療費については、各自治体から『医療費のお知らせ』としての郵便物が届きますので、お知らせを参考に明細書を記入していってください。, ここまでの内容は、税務署で直接確定申告をする場合にも必要だった書類ですので、すでに確定申告をしたことがある方にとってはおさらいになりましたね。, しかし、郵送の場合には提出書類の控えを送り返してもらう必要があります。税務署が自発的に控えを送り返してくれるわけではなく、申告者がきちんと控えも同封して返送用封筒と一緒に送る必要があります。, 個人事業主の方は特に確定申告書の控えは重要になります。個人事業主には給与明細や源泉徴収票のような収入を証明する書類がないので、確定申告書の控えが収入を証明する書類の1つとなります。, 引っ越しで新たに賃貸契約を結ぶ時や金融機関からお金を借りる時など、収入証明書を求められることがありますが、確定申告書の控えがないことで契約できないことも起こり得ます。, また、申告書や決算書そのものが1年間のご自身の事業の総まとめでもありますので、後から振り返る時にも役に立つ情報となります。, 確定申告書を郵送する場合には返送用封筒を同封する必要がありますが、返信用封筒の切手代も申告者が負担します。切手代などについては後述しますが、返信用封筒にも切手を貼っておくということは忘れないようにしておきましょう。, 確定申告を郵送する場合に気になることが封筒サイズや切手代などについてですね。こちらでは、封筒サイズ/切手代/宛名の書き方についてご説明します。, 確定申告書の郵送に封筒サイズの決まりはありません。ただ、提出書類を全部まとめるとA4用紙が10枚程度になりますので、ある程度大きな封筒が良いでしょう。, 一般的には角型2号の封筒が確定申告の郵送に使われています。角型2号であれば、A4サイズの書類をそのまま入れることができます。, 確定申告書の郵送は定形外郵便物として送ります。定形外郵便物は重さによって切手代が変わりますが、提出書類全てを合わせるとだいたい、140円~250円になるでしょう。また、返信用封筒にも切手を貼る必要がありますが、書類の枚数が減って軽くなるので120円切手で済むことが多いです。, 書留を利用される方もいますが、あくまでもオプションですので心配な方は書留も検討してください。追加料金は320円~かかります。, 確定申告を郵便で送る際にも、普段の郵便物を送る時と変わりません。送り先の郵便番号/住所/名称を封筒の表に記入し、裏面には申告者の郵便番号/住所/氏名を記入します。, 宛名に関しては、特に提出する担当者や部署はありませんので、『○○税務署 御中』もしくは『○○税務署 行』で良いです。また、表面に『所得税確定申告書在中』と書いておくと税務署の方も分かりやすいでしょう(特に提出する人に効果はありませんが…)。, 毎年確定申告をしている方であれば問題ないでしょうが、初めて確定申告をする方はどこの税務署に郵送すれば良いのか分からないこともありますね。確定申告書の提出は、納税地を管轄する税務署に提出します。以下のリンクから該当する税務署を探して、そちらの住所宛てに送りましょう。, 繰り返しますが、郵送で確定申告をする場合には返信用封筒も一緒に送る必要があります。返信用封筒の同封も忘れずに、表面に送り返してもらう自分の宛名を書いて切手を貼った状態で同封しておきましょう。, 確定申告での郵送方法については以上ですが、通常の提出よりも気を付ける部分についてもう少しご説明します。不備があって再提出にならないように気を付けておきましょう。, 度々繰り返しますが、郵送で確定申告をする際には控えを送り返してもらう必要があります。「提出すればそれで良い」と、忘れてしまいがちですが、控えを受け取っていないと後々困ることもありますので、入れ忘れがないように再チェックしましょう。, 確定申告書は信書となりますので、荷物としては扱えず郵便物扱いになります。つまり、宅配便などの荷物として送ることはできません。, 確定申告書を郵送する場合、『通信日付印』の日付が提出日扱いになります。通信日付印とは、簡単に言うと郵便局が郵便物を受け取った日付を押した印鑑です。, 郵便局に直接受け付けてもらった場合には、その場で印鑑が押されるので問題ありませんが、ポスト投函では回収されるまでにタイムラグが生じます。期限ギリギリの場合はポスト投函ではなく、税務署か郵便局に直接持って行った方が良いです。, 確定申告は郵送で提出することが可能です。直接提出する場合には、ちょっとした修正なら指摘してくれるメリットもありますが、わざわざ税務署に足を運んだり並ぶ手間を大幅に減らすことができます。, 切手代や封筒代を全て合計しても500円程度で郵送することができるので、確定申告に慣れてきた方はぜひ郵送での提出も前向きに考えてみましょう。, 個人事業主3年目。当サイトでは、開業するにあたって必要な手続きや確定申告に関する記事を主に書いています。税務署などへの手続きって、説明が難しくて分かりにくいですよね…。『なるべく分かりやすく』を心掛けています。, 青色申告承認申請書の提出期限はかなり早い!状況ごとの提出期限を知って遅れず提出を。. 窓口や郵送で確定申告を行う場合、確定申告書などの書類とともに、医療控除の明細書などを提出しなければなりません。 しかし、e-Taxであれば、数字さえ入力すればこれらの証明書の提出を省略できる場 … 確定申告書を郵送する場合は必ず「郵便物」として送る必要があります。確定申告書は「信書」にあたるので、「郵便物」(第一種郵便物)または「信書便物」として郵送しなければなりません。宅急便はngです。 郵送okの形式 確定申告書を郵送する封筒のサイズは、「角形2号」です。レターパックも使えます。開業届を出している人などは、税務署から送られてくる確定申告書類一式に付いている封筒を使うことが … 申告書を郵送又は信書便により税務署に送付する場合、通信日付印により表示された日を提出日とみなします(それ以外の場合には税務署に到達した日が提出日となります。. 確定申告は郵送でも可能ですが、住宅ローン減税を受ける初年度は提出書類が多いので、 できるだけ持参してください。 窓口で必要書類がそろっているか、記載内容に不備がないかといった点を確認してもらうと安心です。 医療費控除でお金を取り戻したいなら、まずは「医療費控除の明細書」などの申請書類を手に入れます。手書き用のダウンロード方法、提出する時の書き方のポイントも確認しておきましょう。確定申告する時の提出書類に変更があり、レシートは提出する必要がなくなりました。 確定申告書は郵送をすることもできます。 郵送にすれば、わざわざ税務署に並ぶ必要もなくなり、確定申告にかける余計な時間も削減できる でしょう。. 確定申告を行うにあたって、みなさんはどうやって税務署に書類を提出しますか?今回は、確定申告書を郵送で行う際の手順や注意点などをご紹介します。 「準確定申告の書類は何が必要なの?」「書類の準備に手間がかかりそう…」このようにお考えではありませんか? 準確定申告の必要書類の準備は早めに着手することをおすすめしています。 なぜなら、申告期限は被相続人が死亡してから「4カ月以内」と定められているからです。 住宅ローン控除は2年目以降も確定申告が必要なの? ※ e-Taxで確定申告書類を送信つまり電子申告された方でも、必要書類は郵送する必要があります。 「控え」と返信用封筒も忘れずに! 確定申告書を郵送する場合は、控え用の返信用封筒と切手を忘れずに … ただ、確定申告の書類への記入の仕方が分からないという場合は、自分で調べる必要がありますので、職員に相談しながら申告書類の作成を進めたいという人には郵送は不向きです。 毎年2月16日〜3月15日が、確定申告の提出期限であり納税期限。郵送で確定申告を行った場合、どのように税金を納めればよいか知っていますか?確定申告を郵送で提出しても、納付書が送られてくることはありません。自分から税金を納めるために動かないといけないのです。 不動産売却にともなう確定申告では下記のような書類が必要です。 確定申告書b様式; 申告書第三表(分離課税用) 譲渡所得の内訳書(所得額や税額を記入する書類。全て税務署か国税庁のホームページで入手可能) 確定申告は郵送でもok! その方法と注意すべきポイントとは? 確定申告しないと受けられない3つの「所得控除」とは 【初心者必見】2019年版「確定申告」の対象者、必要書類、申告方法まとめ. 税務署に白色申告の確定申告書を郵送する場合、必要なものは何があるのでしょうか? ここでおさらいしてみましょう。 税務署に送る書類 確定申告書b 2枚 収支内訳書 2枚 添付書類台紙(控除申請の証明書類を貼って提出する紙) 1枚 確定申告で必要な書類とは. 確定申告を行うときには寄付金受領証明書が必要 となりますが、それだけでは当然足りません。 確定申告書はもちろんですが、それ以外にも以下の書類が必要になります。 仕事によって得た収入とは別に、臨時収入が入ることがあります。競馬や競輪で買ったお金、宝くじや保険金によって入ってきたお金などです。こうした出てきたお金にも税金がかかるのでしょうか?税制上の区分である「一時所得」の確定申告に必要な書類などについて解説します。 税務上の申告書や申請書・届出書は「信書」に当たることから、税務署に送付する場合には、「郵便物」(第一種郵便物)又は「信書便物」として送付する必要があります。. 不動産売却で確定申告をする際の必要書類 .