そして、2018年の時点でついに日本人の4人に1人以上が65歳以上である状況にいたっているわけです。, こうした高齢化率の上昇の原因は、少子高齢化による若年層の減少といった社会的な問題に加えて、いわゆる「団塊の世代」が65歳以上となった2015年(平成27年)に一挙に高齢者の割合が増えたことも影響しています。 40位 千葉県 27.5%(36.4% 8.9) 38位 宮城県 27.8%(40.3% 12.5) 7位 ブルガリア 21.02% çœŒåŠã³å³¶æ ¹çœŒã¯ç¤¾ä¼šå¢—加から社会減少に転じています。(結果の概要 8~9ページ), 15歳未満人口の割合が最も高いのは,沖縄県(16.9%)となっています。, 15~64歳人口の割合が最も高いのは,東京都(65.8%)となっています。, 65歳以上人口及び75歳以上人口の割合が最も高いのは,いずれも秋田県(37.2%,20.0%)となっています。, 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回ったのは前年と同様,44都道府県となっています。75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を下回ったのは,愛知県,滋賀県及び沖縄県のみとなっています。(結果の概要 12~13ページ). 47位 沖縄県 21.6%(31.4% 9.8), 高齢化率ランキングの順位をもとに、都道府県別にどんな特徴があるのかをみておくっポ。, さきほどのデータによると、2018年の時点で65歳以上の高齢者が人口に占める割合が多い都道府県は、1位が秋田県(36.4%)、2位が高知県(34.8%)、島根県(34.0%)の順でした。 24位 山梨県 30.3%(43.0% 12.7) 高齢化率50 %「横浜の ... 2019/12/14 5:40. ※神奈川県年齢別人口統計調査は、平成27年国勢調査の年齢別人口を基礎数値とし、住民基本台帳法、戸籍法等に定める出生、死亡、転入、転出の年齢別異動人口を加減して推計しているものです。 28位 佐賀県 29.7%(37.0% 7.3) 26位 岡山県 30.1%(36.0% 5.9) 2019年度には神奈川県などの4つの自治体で義務化され、2020年4月には東京都など3つの自治体での義務化が予定されています。 2018年度に各県ごとの自転車保険の加入状況を調査したところ、多くの反響をいただきましたので、本年度も調査結果を公表します。 4位 フィンランド 21.72% Copyright (C) PROTO MEDICAL CARE ALL RIGHT RESERVED. 16位 鳥取県 31.6%(38.7% 7.1) 25位 福井県 30.2%(38.5% 8.3) 福岡県の高齢者人口及び高齢化率の推移(令和元年10月1日現在) 令和元年10月1日現在の住民基本台帳等に基づく65歳以上の高齢者は、1,393,256人(前年同日現在1,376,768人)に達し、総人口の27.2%(前年同日現在26.8%)を占めています。 経済規模の大きな中国の「超高齢化問題」は、日本のみならず、世界的な経済問題、社会保障問題として、深刻な課題として立ちはだかることでしょう。, 日本でたびたび深刻な問題として取り上げられる「高齢化問題」は、データ上からもその深刻さを読み取ることができます。 ランキングかながわ(地域編)[統計指標でみる神奈川]平成31年3月発行. 43位 滋賀県 25.7%(34.3% 8.6) 2位 高知県 34.8%(42.7% 7.9) こういった状況にあると、もはや社会保障や介護行政といった社会福祉分野の限定的な問題というわけにはいきません。国そのものの運営をどうしていくのか、という国家レベルの課題といえますし、将来的にますますその深刻度が増していくことは火を見るよりも明らかです。, 次に、都道府県別の高齢化率ランキングを発表するっポ! 高齢化率が一番高いのはどこかな?, 総務省の資料をもとに都道府県ランキングを作成しました。カッコ内の数値は2045年の予測値(左側)と高齢化率の伸び(右側)となっています。, 1位 秋田県 36.4%(50.1% 13.7) 10位 スウェーデン 20.1%, もともと日本の高齢化率は1980年代まで世界でも下位の方で、90年代もそれほど高い方ではありませんでした。ところが、「人口減」と「高齢者の死亡率低下」という2つの要素の影響が大きくなった2000年代以降は急速な伸びを示し、それ以降は世界でも群を抜いた高齢化率となっています。 今後も日本は世界トップの水準で推移していくため、これを社会的にどう乗り越えていくのかは国家としても喫緊の課題です。世界的にも高齢化の進行は避けられず、高齢化問題の「先進国」ともいえる日本は、世界的な「ロールモデル」となっているかもしれません。, <参考資料> さらに、75歳以上の人口はというと、総人口の14.2%に当たる1,798万人。これは65歳から74歳までの人の数(1,760万人)を上回る数字です。, さらに、過去からの高齢化率の推移状況をみていくと、1950年、つまり昭和25年の戦後復興期では、65歳以上の人は全人口の5%に満たない割合でした。それが高度経済成長期にあたる1970年頃にはその割合は7%に、バブル崩壊後の1994年には14%と、徐々にその割合は上がっていきました。 11位 大分県 32.4%(39.3% 6.9) 今後も日本の高齢化率は世界でもトップをキープする見込みで、総務省の予測によれば少なくとも2060年代まで日本は高齢化率35%を超える数値で推移するとのことです。, しかし、それ以降はトップの座を譲ることになるかもしれません。その要因はアジア諸国の急激な高齢化率の上昇です。 41位 大阪府 27.5%(36.2% 8.7) 18位 香川県 31.5%(38.3% 6.8) 神奈川県の65才以上割合ランキングです。年金受給開始年齢となる65才以上の人口割合が多い街をランキング。高齢化という津波は、この国の年金システムを地方から徐々に浸食し、崩壊させようとしてい … 高齢化に関するニュースでよく耳にするのは「高齢化率」です。これは、全体の人口の何%が高齢者かを表す数字です。例えば、現在最も高齢化が進んでいる秋田県の65歳以上の高齢化率は35.6%(2017年)です。 ただ、高齢化率の推移をもう少し細かく分析すると、ある重大な問題が浮かび上がります。それが都心部、大都市での高齢化の進行です。, たとえば、首都圏にある千葉県での高齢化率の推移予測をみてみると、2018年では27.5%だった高齢化率は2045年には36.4%に、高齢化率の低い神奈川県でも2045年には35.2%に達すると予測されています。 全国都道府県の高齢化率(65歳以上の比率)の高い順のランキングです。国勢調査をもとに集計した全国都道府県の高齢化率が高い順ランキングをご参照いただけます。 埼玉県の市町村別将来人口推計ツール【リニューアル版】(2019年3月22日更新 エクセル:8,784kb) 埼玉県の市町村別将来人口推計ツール【リニューアル版】・説明書(pdf:512kb) 【茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、東京都、神奈川県】データ ダウンロード 先ほども上げた通り、日本の高齢化率は28.1%(総務省統計 国際統計・国別統計専門サイトによると27.58%)ですから、これは世界2位のイタリア(22.75%)と比べてもダントツの数字といえるでしょう。, 1位 日本 27.58% 統計により親しんでいただくため、さまざまな分野の統計指標をもとに、県内市町村の順位をまとめた「ランキングかながわ(地域編)[統計指標でみる神奈川]」を発行しました。 元旦付けの神奈川新聞に“県内市町村の高齢化率と財政力指数のランキング”が掲載されておりました。同紙は今年、新企画“データで見る神奈川”を開始、「データを基に県内33の市町村それぞれの地域課題を明らかにしていく」とのことです。高齢化率と財政力 6位 山形県 32.9%(43.0% 10.1) 39位 福岡県 27.6%(35.2% 7.6) あなたが暮らす都道府県の高齢化率は?日本の高齢化率は約28%と深刻ですが、都道府県別にみると高齢化率1位と47位の差は14.8%!同じ日本でも大きく違います。世界での日本の高齢化率ランキングも。 5位 徳島県 33.1%(41.5% 8.4) このことからわかるのは、大都市圏でも高齢化が今後本格化するという点です。地方都市はゆるやかに人口が減っていくために高齢化率のピークは過ぎると予想されていますが、大都市圏ではこれからが高齢化社会の本番であるといえます。, 世界でもっとも高齢化率の高い国は、ズバリ日本です。 (8)神奈川県秦野市上大槻 1,883㎡ 高齢化率 26.30% 高齢者人口(65歳以上) 49,116人 要介護(要支援)認定者数 6,682人. 神奈川県 横浜市 横浜市 ... 年齢3区分別人口・割合~年少人口・生産年齢人口・老年人口・高齢化率 ... 【2019年】令和最初の人口推計報。日本の総人口、人口ピラミッド、年齢区分別人口。+人口推移【令和 … 高齢化率は人口減少と同時に各都道府県で進行する。2025年には、40道府県で30%超えとなり、2040年には全都道府県で30%を超えると予測されている。 2040年、最も高齢化率が高いのは秋田県で43.8%、最も低いのは沖縄県の30.3%となる。 3位 島根県 34.0%(39.5% 5.5) さらに65歳以上の高齢者だけの単身世帯は増加傾向にあり、2015年には男性が192万世帯、女性が400万世帯にもなっています。 高齢化の状況を、地域別にみていきましょう。 47都道府県で最も高齢化率が高いのは「秋田県」で37.2%。 15位 宮崎県 31.7%(40.0% 8.3) 20位 北海道 31.3%(42.8% 11.5) 15歳未満人口は1521万人で,前年に比べ20万4千人の減少となり,割合は12.1%で過去最低となっています。 15歳~64歳人口は7507万2千人で,前年に比べ37万9千人の減少となり,割合は59.5%で,過去最低となっています。 34位 茨城県 28.9%(40.0% 11.1) 世界的に先進国、途上国を問わず高齢化は加速すると予想されているのですが、とくに人口統制政策や日本を上回るペースの少子化などによって、かつての日本よりも急速に高齢化が進んでいる国があります。それが中国、韓国、シンガポールといったアジアの国々です。, 韓国は特にそのペースが顕著で、2000年からの18年間で高齢化率が7%から14%に上昇しています。日本は同じ割合での増加に24年費やしているところからも、韓国の急速な高齢化の深刻度が読み取れるでしょう。, さらに、人口規模からいっても将来の深刻な問題を予測できるのが中国です。中国は2017年ごろから急激に高齢化率が伸びてきています。2018年の時点では中国の高齢化率は10.92%と世界65位にあるものの、この数値は今後10年間で25%前後まで上昇する見込みです。2060年ごろには37%台までに達し、ゆくゆくは日本を抜くのではないかと予測されています。 日本の高齢化問題は2000年代以降急激に増加し、暮らしのなかでの実感としてもその深刻さが感じられる社会問題です。そこで、具体的に日本の高齢化率のデータはどうなっているのかを中心に、多角的な角度からみていきましょう。 31位 三重県 29.4%(38.3% 8.9) 神奈川県では、心身の状態は、健康と病気の間を連続的に変化するものとして捉え、この全ての変化の過程を表す概念を「未病」としています。未病の概念や、その背景についての説明です。 2018年10月時点の日本における高齢化率は28.1%。1人の高齢者を約2人の現役世代で支え、15歳未満の人口も非常に少ないのが現状です。少子高齢化の現在と将来とは?都道府県別の高齢化率一覧も掲載。 Tweets by 特に、周辺4県の中 山間地帯における高齢化率の上昇が顕著である。高齢化率が50%を超え、住民の半数以上が 高齢者である地区も生じる。 図表1-1-6 首都圏の高齢化率の変化(平成17年→平成27年) 【h17】 【h27】 10年後 37位 栃木県 28.03%(7.3% 9.3) 神奈川県横浜市栄区に「上郷ネオポリス」というニュータウンがある。 42位 埼玉県 26.4%(35.8% 9.4) 未婚率の上昇、高度成長期に転入した世代の高齢化などから、急速に高齢化が進む神奈川県。では超高齢社会は実際に私たちの生活に、どのような影響を及ぼすのでしょうか。人口データを元に、2050年の神奈川県について考えてみます。 内閣府「令和元年版高齢社会白書」 45位 愛知県 24.9%(33.1% 8.2) 12位 長崎県 32.0%(40.6% 8.6) 46位 東京都 23.1%(30.7% 7.6) もっとも低い県は沖縄県(21.6%)で、その次に東京都(23.1%)、愛知県(24.9%)といった都心部や大都市をかかえた都県が続いています。, このランキングからわかる通り、地方都市ほど高齢化が進み、大都市は比較的高齢者の割合が少ないという傾向は、都道府県ごとの人口分布を見たときの大きな特徴といえます。 32位 石川県 29.2%(37.2% 8.0) 9位 愛媛県 32.6%(41.5% 8.9) 7位 和歌山県 32.7%(39.8% 7.1) 地方で深刻な高齢化率の上昇. 13位 富山県 32.0%(40.3% 8.3) まず、日本の人口は2018年10月時点で1億2,644万人ですが、そのうち65歳以上の人口は3,558万人となっていて、これは日本の全人口のおよそ28.1%にあたります。 14位 新潟県 31.9%(40.9% 9.0) 30位 群馬県 29.4%(39.4% 10.0) 23位 熊本県 30.6%(37.1% 6.5) 万人へと増加が見込まれます。高齢化 率も2019年から8.5ポイント増加し、 33.3%になると推計され、急速に高齢 化が進展すると予想されます。 ・患者の高齢化 横浜市の将来人口推計に神奈川県の年齢階層別受療率(平成26年患者調査)を乗 ... 超高齢化で街の維持が困難に. 年代ごとの推移、都道府県での比較、それから世界ランキングでみた日本の高齢化率の位置づけなどを通じて、この問題はもはや世界的な課題であることが理解できるはずです。, 日本の少子高齢化問題は深刻だっポ。これから先もさらに高齢者の割合が増えるんだよ。今回は、ちょっとまじめに分析してみるっポ。, 日本が超高齢社会を本格的に迎えているという事実は、日本に住む人なら誰しも実感をともなって感じられます。その実態についての具体的なデータをみていくと、日本は世界的にみても非常に高い高齢化率となっていることが明らかです。, 総務省が毎年発表している「人口推計」をもとに少しみていきます。 男性 80.36 70.90 9.46 女性 86.74 74.36 12.38 男性 79.55 70.42 9.13 女性 86.30 73.62 12.68 神奈川県 全国 10位 岩手県 32.5%(43.2% 10.7) 5位 ギリシャ 21.66% 高知・神奈川の足場工事なら高湘(こうしょう)にお任せください。安心・丁寧・確実でスピーディかつ柔軟な対応をお約束します。改修・新築足場・解体足場工事を主体とし事業に取り組んでおります。高知・神奈川で足場工事の発注をお考えの方は是非お問い合わせください。 35位 京都府 28.9%(37.8% 8.9) 29位 静岡県 29.5%(38.9% 9.4) heartpagenavi. 全体的な人口減に反して高齢者は増加し続ける、という問題は解消されないため、今後も日本の高齢化率が上昇し続けていくことは確実な情勢です。, 総務省の推計では2036年に高齢者の割合は、ついに33.3%を超えるとされています。これは日本人の実に3人に1人は65歳以上となることを意味しています。 4位 山口県 33.9%(39.7% 5.8) グローバル・ノート「世界の高齢化率(高齢者人口比率) 国際比較」, 厚労省、介護へ転職する未経験者に最大20万円を支給 2年勤務で返済免除 来年度から, 介護・看護業界の転職エージェントをお探しの方必見!<登録無料>【メディカルキュービック】. 6位 ドイツ 21.46% 22位 奈良県 30.9%(41.1% 10.2) 8位 青森県 32.6%(46.8% 14.2) 27位 岐阜県 29.8%(38.7% 8.9) 【ヘルスケアビジネスニュース】都道府県別の高齢化率ランキングと、2040年までの高齢化率の伸びランキングを掲載。高齢化率1位は秋田県で33.8%。内閣府「平成29年版高齢社会白書」より。 9位 マルタ 20.35% 36位 兵庫県 28.8%(38.9% 10.1) 8位 クロアチア 20.45% 44位 神奈川県 25.1%(35.2% 10.1) 3位 ポルトガル 21.95% 第1章 高齢化の状況 第1節 高齢化の状況 1 高齢化の現状と推移 65歳以上の高齢者人口は、平成15(2003)年10月1日現在、2,431万人であり、このうち、男性は1,026万人と初めて1,000万人を超えた。 総人口に占める高齢者の割合(高齢化率)は19.0%となっている。 2位 イタリア 22.75% 19位 鹿児島県 31.4%(40.8% 9.4) 17位 長野県 31.5%(41.7% 10.2) 21位 福島県 30.9%(44.2% 13.3) 33位 広島県 29.0%(35.2% 6.2)