【合わせて読みたい】 ・家庭を最優先とした転職では、キャリアがストップまたはダウンする可能性も高くなる 結婚などに伴う生活のスタイルや環境の変化から、家庭と仕事の両立バランスを考えて、結婚前後のタイミングで転職に踏み切る女性も多いことでしょう。 結婚すると、自分以外にもパートナーやお互いの両親・親族の体調不良、そして子供のお迎えや急病によって、早退や休暇の必要が生じるケースも増えてきます。 「御社では、また私が今回応募させていただいた部署・職種では、どのくらいの割合を女性社員の方が占めているのでしょうか。これからキャリアを積み、将来的にはワーキングマザーとしても御社に貢献していきたいので、ロールモデルとなるような女性の方がどのくらいいらっしゃるのか、教えていただけるとうれしいです」 独身時代は「家は帰って寝るだけの場所」であった人も、結婚することで家が「パートナーや子供と共通の時間を過ごす大切な場所」に変わりますよね。 納得できる条件・働き方・雇用形態への転職を成功させ、継続してキャリアを積んでいくためにも、事前準備として自己分析と企業分析は怠らないでください。 結婚前後の転職では、家族に何かあったときでも仕事を続けられるかどうかの目安として、時短勤務に切り替えられる体制があるかを確認しておきましょう。 本人に長く働く意思があることに加え、もしもの事態を解決できる根拠を示すことができれば、企業のあなたへの不安は払拭されるでしょう。, 結婚に伴う転職は、結婚後にあなたが想定する働き方や人生設計、結婚による転職に求める目的を理解していないと、うまくいきません。 まだまだ男性が子供のために早退・休暇をとることに社会的理解が少ないため、子供の事情による仕事調整の負担は、女性の方が担う割合が圧倒的に多いでしょう。 結婚を機に退職・転職をする女性に対し、企業がすぐの退職や休暇に入ることを懸念して採用を控える傾向があるは、残念ながら事実です。 《残業や出張・転勤の有無について》 ・具体的に子供を産む予定がないなら、結婚生活に慣れてから転職を 40代既婚女性の転職はできる?乗り越えるべき3つの壁と対策とは また、キャリアプランが明確になっていないと転職先に求める条件や求人探しもスムーズにいかなくなり、転職活動が難航する原因にもなります。 いずれの目的で転職するにしても、結婚を機にした20~30代での転職は、その後のキャリアに大きく影響することになります。 《メリット》 結婚後に転職すべき?それとも結婚前?そう悩む女性は多いですよね。多くの女性が最初から正社員を目指そうとしますが、あなたが20代後半の場合正社員採用は難しいと思ってください。結婚前に転職するにも、リスクがあります。正社員になる方法は、他にもあります。 転職活動を速やかに進めるためにも、転職先に求める条件は「絶対にゆずれない3つ」までに厳選して、求人を探すようにしてください。 《その3》結婚・子育て世代である20代・30代・40代女性社員の比率 ◆結婚「する前」転職のメリット・デメリット アラフォー女性は転職できる!状況別、おすすめの転職先12選 実際に勤務している人や転職エージェントからの聞き取りの他、転職会議やVorkersなどの企業口コミサイトを閲覧するのも有効です。 女性の場合、結婚を機に転職を考えることもあるでしょう。結婚前と結婚後では会社からの評価は大きく異なりますし、企業選びも慎重に行わなくてはいけません。出産や育児を考えているなら、なおさら慎重に考えてください。ここでは、結婚に伴う転職について解説をしていきます。 2.3.1 出産前の転職:会社の制度を利用しづらい あなたの希望するすべての条件を完璧に満たす企業・求人は、まず存在しません。 結婚のタイミングを逃したと後悔した人 . ・転職後すぐは休暇を取りづらいので、結婚後すぐの妊娠・出産が難しくなる 40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説! 採用担当者から家庭との両立を懸念する質問がきたら、利用する保育園やサポート体制、パートナーの勤務体制など具体的な根拠を挙げて回答してください。 【求職者と企業にとっての結婚前転職の利点】, 企業にとって、人材の採用は多額の費用がかかる一大プロジェクトです。 そこで今回は「女性の結婚と転職」について、結婚を理由にした女性の転職を成功させるためのアプローチのコツなど、結婚前後の転職成功のポイントを解説。 ◆相手企業が望む人材像と、自分との合致点をみつけておく □ パートナーと経済状況が許すなら、結婚を機に家庭に入っても良いと思う □ 体力的に無理のない範囲で、適度な収入が得られるくらいの働き方が理想, □ 仕事が好きで続けたかったが、パートナーが転勤族である 企業との窓口役だけでなく、応募書類の添削や面接のアドバイス、あなたに合う求人の紹介を受けられるので便利ですよ。, 【合わせて読みたい】 企業は既婚、または結婚を控えた女性を採用するにあたり、両立できずに退職したり、すぐに妊娠・出産のために休職することを懸念しています。 ・転職先には、将来的なキャリアの武器となる業界・職種を選ぶこと この現実を踏まえたうえで、結婚に伴う女性の転職成功確率を高くするには、やはり結婚前に転職を済ませてしまうことを強くおすすめします。 正社員をめざす女性が利用すべき15の転職サイトと、利用のコツ 《女性社員の年代・比率について》 《長期にわたって続けられる正社員をめざす人の特徴》, □ 将来的に子供が欲しいと考えているが、仕事はずっと続けていきたい 一方で結婚後すぐの妊娠・出産を強く望んでいて、経済状況的に転職後の雇用形態がパートや派遣でも問題ないという方は、必ずしも結婚前に転職する必要はありません。 応募・面接に臨む前に、確認しておきましょう。 ・結婚後しばらくは、仕事と家庭の両方で慣れない生活を続けなければならない たくさんのお金をかけて採用した人には、自社で長く働き貢献し続けてもらいたいと考えるのが企業の本音ですから、すぐに休暇に入られては損失になってしまいますよね。 このような「結婚に伴う従業員の働き方の変更」は、新人を採用してイチから教育するよりも、企業にとってもコスト的に見てメリットがあります。 私も新卒で社会人になって2年目の24歳の頃に結婚して、当時勤めていた職場を寿退社したんですが、結婚や仕事を辞めるタイミングは迷っていました。 そこで転職以外の選択肢として知っておいて欲しいのが「現職場にのこったまま、結婚後の生活に合うよう働き方を変える」という方法です。 最終的な「成功した自分」の様子をできるだけ具体的に想像し、そのために必要な要素を今後10年で集めていくイメージで、キャリアプランを立てていきましょう。 ◆キャリアプランは逆算方式で具体的に立てる 具体的には、別部署への配置転換や時短勤務への切り替え、一時的なパートへの雇用形態変更や、産休・育休制度の取得がこれにあたります。 結婚を機に転職を考えていませんか?この記事では、女性が結婚を機に転職すべきタイミング、仕事の選び方、面接での注意点などを解説しています。 結婚も転職もうまく行かせたいあなたの参考になれば、うれしいです。 ・転職前は、時間をかけた自己分析や求人探しできっちり準備すること 結婚を機に転職という、私の考えは甘いでしょうか?結婚の予定がある29歳女、正社員で働いています。宜しくお願いします。新居の位置はまだ決まってないのではっきり言えませんが、結婚し彼と一緒に住むと、現在勤めている職場への通勤距 特に子供は、感染症にかかりやすいため体調不良に陥りやすいものです。 生活環境の変化や将来的な妊娠・出産への懸念から、結婚前後に転職する女性は多いです。今回は、結婚のための転職が有利になるタイミングや、目的別成功のコツなどを解説。結婚する女性の転職成功に役立つ情報だけをまとめて紹介します。 「結婚には、縁とタイミングが大切」だと言われるものですが、そのタイミングとは、どういう時なのでしょうか?今回は、4つの結婚のタイミングについて紹介します。 パートナーや家族との生活時間・家で過ごす時間の不一致は、すれ違い生活の原因となり最悪の場合には離婚自由にもなり得る重大な事項です。 ◆転職ではなく、現職場で働き方を変えるのも1つの選択肢 ・将来的な産休・育休の取得を考えているなら、結婚よりも先に転職を □ 結婚に際し、今の職場に産休・育休制度利用の前例がないことがネックだ, □ 結婚したのなら、何よりもパートナーや子供など家庭のことを優先させたい 自分の婚活の日々を綴っていきます。 宜しくお願いします。 20代のころ 「素敵な男性と幸せな結婚がしたい」 制度として産前産後休暇や育児休暇が存在していても、実際に取得実績がないという企業も、残念ながら多いと言われています。 企業の需要とあなたが供給できるスキルが一致した場合、そのスキルは強力な武器です。 ・自らのスキルや即戦力性をアピールしてから、質問を行うこと 結婚前後で転職をするなら、転職先候補の業務にどの程度の残業や出張、転勤の可能性が含まれているのか、しっかりチェックする必要があるでしょう。 また、過去にはたしかに産休・育休の取得実績があるものの、現状では経営や人材状況の悪化から制度の活用が難しい、という中小企業もあります。 あなたの結婚に伴う転職への不安を軽減し、転職成功に役立つ内容になっていますので、ぜひ最後まで記事に目を通してくださいね。, まずは結婚に伴う女性の転職を、結婚する前後どちらのタイミングで行うべきかを、結婚前後それぞれの転職のメリット・デメリットから考えていきましょう。 ・結婚生活をある程度経験してから、現実に即した転職先を探せる □ 正社員という雇用形態や、今の給与・待遇に大きなこだわりはない ・勤続できる期間(次の転勤までの期間)の目安は、パートナーに確認しておくこと ・転職は、結婚や妊娠・出産後に生活が落ち着いたタイミングで 結婚を機に転職を考える方も多いと思いますが、結婚前の転職と、結婚後の転職では大きな差があることはご存知でしょうか?この記事では、結婚を機にどのような理由で転職を考えるのか、また転職をする男女別のベストなタイミングについてご紹介しています。 ・結婚してから半年程度は、働き方の希望を見極めるため現職を続けること ・まずは、即戦力となれる現職場の支社や子会社への転職が可能か上司に相談を ◆長く働きたいという意思を具体的に示し、相手企業の不安を払拭する 家庭での時間も大切にしたかったのに、転職先から毎日の残業や頻回の出張を命じられては、せっかく転職しても意味がありません。 ・育児中や妊娠・出産を控えている場合は、正社員として採用される可能性は低くなる ◆転職は基本的に「結婚前」のタイミングがおすすめ! あわせて、結婚に伴う転職は結婚前と結婚後のどちらが有利なのか、また結婚を理由にした転職時にチェックしておくべき項目についてもご紹介していきます。 以下からは、3つの転職目的と結婚後の働き方の希望別に、転職を成功させるためのアプローチ方法やコツをご紹介していきます。 子持ち女性は必見!転職してキャリアアップするための3つの知識 ・転職のタイミングは、結婚とそれに伴う新居への引っ越しが済んでからにする 彼氏の転職で結婚を先延ばしにする? 彼氏の転職したいタイミングが、結婚が既に決まった後だったというカップルもいらっしゃるでしょう。 結婚前の転職は不安な気持ちとなりますよね。 入社後の待遇について、どうしても自分で直接聞きにくい、聞けないという人は、エージェントが企業との窓口役を担ってくれる「転職エージェント」を活用しましょう。 「〇月に結婚が決まっており、あと数年はビジネスパーソンとしてのスキルを積むことに専念したいと考えていますが、将来的には子供が欲しいと考えています。また、もし子供を授かったとしても、御社にのこり長く貢献していきたいと希望しています。御社の産休・育休の取得実績について、現状や具体例とともに教えいただけないでしょうか」, 【転職エージェントの手を借りるのもおすすめ!】 ・子供について聞かれた場合は、すぐではなく「将来的な予定」として伝えること 転職希望者にとって、どのタイミングで転職活動を始めるかは大きな悩みどころ。どうせなら人材価値が高く評価される時期に移りたいもの。各分野のプロにインタビューし、あらゆる角度から転職のベストタイミングを考えました。 ・出産までの期間に、新しい職場で信頼関係を築ける期間が長くなる 結婚前後に、女性が将来的な妊娠・出産を前提とした転職を行うなら、転職先候補に産休・育休の取得と復職の実績があるかどうかは、非常に重要な事項になります。 □ 派遣やパートではなく、結婚後も正社員として責任ある仕事に挑戦したい 選考では、企業が求めているスキルを自分が保有していること、自分の採用が企業にとって有用であることを具体的にアピールしてくださいね。 □ そもそも結婚自体を、パートナーの転勤をきっかけに決断した ◆パートナーの転勤を前提として結婚する人の転職成功のコツ 《2》結婚後、自分が望む働き方が可能な女性に理解ある企業・求人をみつける, 以下に、結婚前後に転職する女性それぞれが自分がめざすキャリアプランを叶え、転職を希望する企業に採用してもらうためのポイントをご紹介します。 自分と同世代で、結婚や出産・子育てを経験した可能性の高い世代である20~30代の女性がどのくらい働いているかは、その企業の風土をはかる目安となります。 ◆結婚後は仕事をトーンダウンさせたい人の転職成功のコツ 女性が結婚や出産のタイミングで転職を考えるとき、気になるのはタイミングによって転職の成否に関係するかどうか。結婚や出産と転職のタイミングについて、転職が不利になるのか、結婚前・結婚後など時期による転職のメリット・デメリット、知っておきたいポイントをご紹介。 「転職と結婚のどちらを先にすべきか悩む」「結婚を機に転職する場合、転職理由をどう説明すべきかわからない」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。, また結婚が転職のきっかけだとしても、面接では退職・転職理由に結婚の話を入れるのは避けるべき。, この記事では結婚を機に転職する場合のベストなタイミングや注意点を、男女別に体験談を交え紹介しています。, 履歴書や面接で伝えるべき志望動機・退職理由も解説しているので、参考にしてください。, 「結婚を控えているから」「結婚の予定はないけれど、将来は結婚・育児と仕事を両立したいから」このような理由で転職を希望する女性もいます。, ・結婚直後に転職活動をしたが、正社員の面接で「結婚しているけど出産の予定は?」「今後子どもが生まれても仕事を続けていけますか?」など育児に関する質問をされ、結果不採用になることが多かった。(26歳), 企業にとっては、せっかくお金と時間をかけて採用した人材が入社後すぐ産休・育休に入ってしまうのは大きな痛手。復帰したとしてもその後数年間、時短勤務になる可能性もあります。, そのため結婚前に転職活動を行ない、内定をもらっておくのがベター。志望動機や転職の理由は、結婚と関係のない「長く働きたい」というアピールを盛り込んだものにしましょう。, 「結婚したら、ゆくゆくは出産も視野に入れたい」と考える女性の場合、気になるのが育休制度。, 育児休業については、労使協定※により「入社後1年以上であること」などの条件がある企業が多いんですよ。, 使用者と労働者の過半数による労働組合(組合がない場合、労働者の過半数代表者)との間で結ばれる、書面による協定のことです。, また雇用保険法により育児休業中は「育児休業給付金」が支払われますが、「育児休業開始日前2年間に、通算して12カ月以上の被保険者期間が必要」など、さまざまな給付条件も。, 育児休業給付金をもらえる条件や金額について「育児休業給付金とは?もらえる条件や申請方法をチェックしておこう」で詳しく紹介しています。, 結婚式の準備は、おおむね半年前頃から本格化します。休みがすべて結婚式の準備で終わることも珍しくありません。, 実際忙しくなると、婚約者も自分もピリピリしてしまうもの。そのうえ結婚式までに多くのことを決める必要があるため、意見がぶつかり喧嘩をしてしまうカップルもいます。, 転職と結婚の準備が重なってストレスとなり、楽しいはずの時期に険悪なムードになるのは避けたいもの。, 入社前に結婚式を挙げたり、親族挙式にしたり、入籍・転職後しばらく時間を置いてから挙式したりと、解決策は多くありますよ。, ・転職前は残業や休日出勤が多かった。結婚を機に職種を変えて転職したことで、残業も減り休日勤務もなくなった。(28歳), ・サービス残業で終電まで働かされる環境が1年以上続き、そこから抜け出したくて結婚を機に転職した。(26歳), また当サイトのアンケートでは、多くの20代後半の女性から「結婚や出産を考えたときに転職を決めた」という声が寄せられました。, ・友人の結婚や出産が増え、私自身「将来この仕事を続けられるのか」と疑問に思い転職した。(28歳), ・毎日4時間程残業していたため、ほとんど家事もできなかった。結婚を前提に交際を始めたが「今のままでは結婚しても育児ができない」と感じ転職した。(25歳), ・前職は未婚または既婚でも子どものいない年上の女性のみだったので、産休・育休を取得できる自信がなかった。結婚後も働きたかったので、ワーク・ライク・バランスの取れている会社への転職に踏み切った。(29歳), 結婚を見据えた、または結婚前後で転職する際の注意点は「こちらの章」で解説しているので、ぜひ読んでみてください。, 国土交通省「平成28年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」によると、金融機関の97.2%が「住宅ローンの審査項目に勤続年数を含む」と回答しました。, このように結婚・転職・マイホーム購入を同時に行なおうとしても、すぐには難しいのが現実です。転職する前の勤続年数が長い場合は、退職前に住宅ローンを組んでおきましょう。, 転勤が多い場合、子どもがその都度転校したり妻も仕事になかなか就けなかったりと、負担も大きいのは事実。家の購入も「転勤があるから」と二の足を踏んでしまいます。, また残業・休日出勤でプライベートな時間が確保できない場合、妻や子どもにも負担のしわ寄せがくるもの。, また家庭を持つと、独身時に比べなにかとお金がかかります。金銭的なゆとりを持つため転職に踏み切る男性もいるのです。, ・前職は休日もなく、家族と過ごす時間が取れないと思ったので、結婚前に転職した。(26歳), ・前職は残業や休日出勤が多かったので、家族と過ごす時間を確保するため結婚を機に転職した。(26歳), ・金銭的に少しでもゆとりを持った家庭にしたかったので、結婚を機に待遇のよい会社に転職した。(33歳), また仕事内容や給料の額によっては、相手の親に結婚を反対される人もいます。なかには結婚のために夢を諦めて、転職する人もいるんですよ。実際の声を紹介します。, ・前職が自営業だったため、相手の親から「生活が不安定だから」と結婚を反対された。結婚するために会社員に転職した。(37歳), ・失業保険は3カ月後でなければ手続きができないうえ、早くに転職先を見つけないと給料が出ないことが辛かった。家族がいたため、なおさら焦ってしまった。(27歳), ・転職をすることに妻から反対された。説得する材料を退職前から考えておくべきだった。(25歳), 転職に対して妻から反対されることは、「嫁ブロック」と呼ばれます。嫁ブロックの突破法については次の記事で紹介しているので、参考にしてください。, 結婚を機に、または結婚を見据えて転職をする場合は、まず結婚後の生活で重視する点を絞りましょう。, エージェントによって得意分野が異なるので、利用する際は複数のエージェントを併用するのがオススメです。, 転職エージェントを複数利用することのメリットなどについて詳しく紹介している記事もあります。, 男女問わず働くうえで給与の額は大切なポイント。ワーク・ライフ・バランスだけを重視して収入をダウンさせてしまうと、生涯賃金に大きな差が出ます。, 女性の場合は結婚・出産をきっかけに、専業主婦やパートタイマーにキャリアダウンする人もいます。, 国税庁による「平成27年分 民間給与実態統計調査」によると、日本における平均給与は正規雇用の場合367万円です。, パートタイマーとして扶養控除適用の範囲内で働く場合、年収103万円以下に調整する人も多くいます。, 65歳まで正社員で働いた場合と、29歳で結婚を機に退職しパート主婦になった場合の生涯年収を比較しました。, またお子さんがいる女性の転職については「ママの転職・再就職!できるワーキングマザーになるための下準備」で詳しく解説しています。, 「育休制度が充実しているから」など、福利厚生の面ばかりを志望動機に入れるのは避けましょう。, 「残業や休日出勤が多く、結婚生活に支障をきたすと思ったため」「育休制度が整っていなかったため」など、退職理由をマイナスの方向から話すのもNG。, あくまで「キャリアアップのため」「より仕事の幅を広げたい」など、仕事への意欲をポジティブにアピールしましょう。, 結婚を理由に転職後すぐに退職する場合は、きちんと上司にお詫びをすることが大切です。, 女性と男性では、結婚を機に転職する場合の理由やきっかけが異なります。転職前に将来設計を立て、結婚後に重視すべき点を明確にしておきましょう。, 育休制度やワーク・ライフ・バランスも大切ですが、それだけを重視して給与面をおろそかにすると、生涯賃金に差が出てしまいます。将来設計に合った条件の会社を探しましょう。, また志望動機や前職の退職理由は、仕事内容に焦点を当てたポジティブなものにするのがオススメ。, 育休制度など福利厚生面ばかりを強調すると、面接官によっては心象が悪くなる場合があります。, ・結婚のために転職したが「女性は結婚したら、出産・育児のためすぐにいなくなる」という固定概念を持っている経営者が多かった。そのため「本当に採用してもらえる会社があるのか」と不安だった。(31歳), 転職してきてすぐに結婚した同僚がいましたが、よく知らないのに招待されて困りました。, ・年齢が30歳に近くなり結婚の予定もあったので、「正社員として転職するなら早いほうがいい」と考え転職した。(30歳), ・周りの友人が将来のライフプランに結婚や子供のことだけでなく、きちんと仕事も盛り込んでいたことが転職のきっかけになった。(27歳), そうなの・・・。妊娠前に転職しておけば、仕事を辞めなくて済んだかもしれないのに・・・。, 実際に結婚や出産によって、働き続けるのが難しくなる会社もあります。ライフプランを早めに立てて転職しておくのが大切ですよ。, 女性が結婚を機に退職する「寿退社」はよく聞きますけど、男性でも結婚が仕事に関係するんですか?, もちろん関係します。男性にとっても、結婚は生活環境やライフプランの変化点ですからね。男性が結婚を機に転職する理由は、主に次の4つです。, ・前職は転勤が必須だったが、子どもの学校のことなど家族が心配だった。また一軒家を購入したかったので、転勤のない仕事に転職した。(29歳), まあ確かに給料が少ないのは困りますけど、もう大人なのにいちいち親に干渉されるなんて面倒です。, 結婚前がベターです。住宅ローンのことは先ほど説明しましたが、結婚後は家族の生活もかかってきます。なかなか転職に踏み切るのが難しくなってしまいますよ。, ・自分は転職に対して楽観的に考えていたが、離職中は無給となるので妻からの理解を得られず苦労した。(27歳), ・給与より社会保険と休日、子育てのバックアップ制度を最重要事項にして転職した。(女性/25歳), 求人情報では好条件ばかり並んでいますが、実際はどうなんでしょうか。前職が求人情報とまるで違う待遇だったので不安です。, その場合は、転職エージェントを利用するのがオススメですよ!エージェントなら多くの場合、求人を出している企業の実情を把握しているので、希望に合った企業を紹介してもらえます。, この間友達が、「早く結婚して仕事を辞めたい」 って言っていたわ。「仕事を辞めるために結婚したい」って子もいてちょっと驚いたの。, 確かに毎日残業やノルマに追われていると「結婚して専業主婦になったり、パート主婦でのんびりお小遣い稼ぎしたりしている友達が羨ましいな」ってたまに思うわ。, でもやっぱりいざ辞めてみると、夫婦で正社員共働きしているのと、奥さんが専業主婦やパート主婦で働いているのでは、収入が全然違うのよ。, そうですね。結婚や出産を機にパート主婦になってしまうと、生涯賃金に2倍以上の差がついてしまいます。, でもやっぱり、子どもが小さいときは側で成長を見守りたいです。それはお金には代えられませんから。, その場合はキャリアを中断しても復帰できるよう、経験を積んだり資格を取ったりしておくことをオススメします。実際にこんな声も寄せられていますよ。, ・環境が変わってもすぐに仕事を見つけることができる職を経験できたので、結婚、出産後の転職に役立った。(女性/25歳), 課長すみません、先月中途入社してきたばかりの社員が「結婚するので退職します」って言ってます。, 社員1人雇うのに、どれだけのコストがかかってると思ってるんだ!ミネーヤ、お前どう責任取るんだ?, 社員を雇って教育するために、企業はコストと人員、時間を割いています。そのためプライベートな理由ですぐに辞めてしまうと、会社から「非常識だ」と思われても仕方ありません。, 結婚を機に転職する場合、女性は結婚1年前、男性は家のローンを組んだ後がベストなタイミングだと解説しました。, 違法です。用が済み次第すぐに業務に戻るのであれば、会社の指揮監督下にある時間に該当し、労働時間として認められます。, 違法ではありません。繁忙期など多数の労働者が休暇を取得することで事業の正常な運営が妨げられる場合など、使用者は時季変更権を行使できます。, 予め定めた休日を事前に他の労働日と交換するのが「振替休日」、休日労働させた後に代償措置として代わりの休日を与えるものが「代休」です。, できません。労基法第24条で、本人に直接支払わなければならないと規定されています。, 産後8週間は原則復帰できません。ただし産後6週間経過後は本人の請求、医師により支障なしと認めた業務につくことは差し支えありません。, 労基法では入社6カ月後に有給付与とされています。ただし会社によって違う場合があるので、就業規則等で確認してください。, 失業保険の他、雇用継続(高齢者、育児、介護)、職業に関する教育訓練を受けた場合に給付があります。, 健康保険は二重に加入することはできません。役所で国保の資格喪失手続きをしてください。, DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集, リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!, マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中. 結婚のタイミングで転職を検討する場合、企業の福利厚生とその実績を必ず確認するようにしましょう。妊娠を考えている女性にとっては、今までどのくらいの女性社員が産休・育休制度を利用し、スムーズに復職できているかはとても重要です。 この記事を参考に、自己分析とキャリアプランの設定、そして求人応募前には応募先企業について入念に下調べしたうえで、転職活動をすすめてくださいね。, 40代・50代 東京 営業 |40代・50代 大阪 営業 |40代・50代 東京 事務 |40代・50代 東京 飲食 |40代・50代 東京 エンジニア |40代・50代 神奈川 エンジニア |40代・50代 東京 経理 |40代・50代 東京 施工管理 |40代・50代 大阪 飲食 |40代・50代 大阪 エンジニア, 結婚などに伴う生活のスタイルや環境の変化から、家庭と仕事の両立バランスを考えて、結婚前後のタイミングで転職に踏み切る女性も多いことでしょう。, 今回は「女性の結婚と転職」について、結婚を理由にした女性の転職を成功させるためのアプローチのコツなど、結婚前後の転職成功のポイントを解説。, 結婚に伴う転職は結婚前と結婚後のどちらが有利なのか、また結婚を理由にした転職時にチェックしておくべき項目についてもご紹介, 結婚を機に退職・転職をする女性に対し、企業がすぐの退職や休暇に入ることを懸念して採用を控える傾向があるは、残念ながら事実です。, この現実を踏まえたうえで、結婚に伴う女性の転職成功確率を高くするには、やはり結婚前に転職を済ませてしまうことを強くおすすめします。, 転職は、あなたの望む働き方や雇用形態が叶ってこそ成功と呼べるものですので、あなたにとってどちらのタイミングが適しているのか、よく考えてみてください。, 転職以外の選択肢として知っておいて欲しいのが「現職場にのこったまま、結婚後の生活に合うよう働き方を変える」という方法, 別部署への配置転換や時短勤務への切り替え、一時的なパートへの雇用形態変更や、産休・育休制度の取得がこれにあたります。, 成功すれば、転職のように大きなリスクをはらわなくても結婚後の働き方を変えられますので、興味があるなら信頼できる上司に相談してみてくださいね。, 結婚に伴う転職を成功させたいなら、一時的な感情ではなく将来40代以降になったときのキャリアプランまでイメージして、転職先を選ぶのが鉄則, 結婚に伴って転職するにあたり、女性が転職先候補の企業にあらかじめ確認しておくべき4つの事柄, 結婚前後で転職をするなら、転職先候補の業務にどの程度の残業や出張、転勤の可能性が含まれているのか、しっかりチェックする必要があるでしょう。, そうなると、急な休みで仕事がスケジュール通りに進められなくなったり、早退ばかりで首位に迷惑をかけていると心苦しくなるかもしれません。, 結婚前後の転職では、家族に何かあったときでも仕事を続けられるかどうかの目安として、時短勤務に切り替えられる体制があるかを確認しておきましょう。, 自分と同世代で、結婚や出産・子育てを経験した可能性の高い世代である20~30代の女性がどのくらい働いているかは、その企業の風土をはかる目安となります。, 規模の大小や、老舗かベンチャーかという企業の印象にかかわらず、確実に過去の実績や現状について確認しておくべきでしょう。, 最終的な「成功した自分」の様子をできるだけ具体的に想像し、そのために必要な要素を今後10年で集めていくイメージで、キャリアプランを立てていきましょう。, 本人に長く働く意思があることに加え、もしもの事態を解決できる根拠を示すことができれば、企業のあなたへの不安は払拭されるでしょう。, 結婚に伴う転職は、結婚後にあなたが想定する働き方や人生設計、結婚による転職に求める目的を理解していないと、うまくいきません。. ・転職後は、最低でも2年くらいは信頼を勝ち得るつもりで仕事に打ち込むこと 【合わせて読みたい】 ・ブランクが短い方が有利なので、生活が落ち着いたらすぐに転職活動を始める 結婚に伴う転職を成功させたいなら、一時的な感情ではなく将来40代以降になったときのキャリアプランまでイメージして、転職先を選ぶのが鉄則です。 「私は結婚しており、将来的に子供を持つことも考えています。しかし同時に、1つの会社で長くキャリアを積み、やりがいを持って働くことにも重きを置いております。そこで質問なのですが、もし仮に数年後、私が御社の産休・育休制度を利用して復職した場合、子供の送り迎えが必要なくなるまで一時的に時短勤務に対応いただける可能性はあるでしょうか」 ◆転職成功の第一歩は、結婚後の働き方ビジョンを明確にすること! 結婚前後に立てるキャリアプランは10年後、30代~40代・50代になったときにどのような女性やビジネスパーソンになっていたいか、を基準に考えてください。 《産休と育休制度の取得・復帰の実績について》 だまされて悔しい思いをしないように、募集を出している企業の社風や求人に関する情報は、求人に応募する前にあらゆる方面から入念に集めてください。 女性が結婚に伴って転職する目的としては、以下の3パターンが多いと考えられます。, 《1》将来的な育児のため、正社員のまま産休・育休がとれる会社に移っておきたい 面接中に聞きにくいことを、スムーズに質問するためのポイントは以下の通りです。 企業がイメージする「求める人物像」や「こんな人は歓迎」の内容と、あなたの持つ経歴・スキルの合致点が多いほど、あなたが採用される可能性は高くなります。 結婚を機に転職を考える女性は少なくありません。家庭を維持するためには、家事や子育てなど多くの負担を女性が担わなければならないことが多く、独身時代と全く同じキャリアプランを目指して働くことは難しいからです。しかし、転職のタイミングは婚前と結婚 □ 結婚や転居をしても、何らかのかたちでずっと仕事は続けていきたい, あなたの転職・結婚後の働き方への希望やビジョンは、見えてきたでしょうか? 《時短勤務への切り替えの可否について》 ・非正規雇用しか狙えなくても、将来の自分のキャリアを加味して求人を探すこと タイミングとしては、「結婚をしてから(妊娠・出産前に)転職した」(37%)という人が最も多い結果となりました。 一方で、「仕事と家庭が両立できる職場に転職をしたいと考えた場合、どのようなタイミングで転職をするのがよいと思いますか? 【合わせて読みたい】 ・結婚後の生活スタイルにあわせて、働き方や労働時間、雇用形態を調整しやすい 女性が結婚を機に転職するなら結婚前が良い理由についてまとめました。転職のタイミング別メリット・デメリット、結婚予定の女性が企業選びに失敗しないためのポイント、転職先の選び方について紹介 … 転職前後の転職のメリット・デメリットを総合すると、求職者と企業双方にとって以下の利点のある「結婚前の転職」の方が、賢明な判断であると考えられます。 《その2》家庭の事情による、時短勤務への切り替えに対応しているか ◆結婚後も正社員をめざす人の転職成功のコツ 現職場に結婚に伴う働き方変更の前例がなかったとしても、近年の時代の流れや経営者の考え方の変化が影響し、あなたが最初の1人として認められる可能性もあるでしょう。 彼氏がいる・いないに関わらず「いつか結婚できるのかな…」とふと不安になってしまう人も多いのでは?30代以上の女性から結婚や仕事の経験談をあつめた「先輩リアルトーク」によると、結婚に踏み切ったきっかけは「自分からアピール」「賃貸の契約更新」「親の後押し」など十人十色。 ・正社員として転職できる可能性が下がるリスクは、よく理解しておくこと 《2》仕事面はトーンダウンし、家庭を優先できる派遣やパートになっておきたい 社会人2年目のタイミングで結婚が決まり、仕事を辞めようかどうしようか悩んでいる 方もいると思います。. 40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?, 結婚を機に転職する女性が、「こんなはずじゃなかった」という後悔なく理想的な転職を成功させるには、以下の2点を厳守する必要があります。, 《1》将来的な出産まで見越したうえで、10年後までのキャリアプランを立てておく 結婚を考えている方の転職のタイミングは結婚後が最も多い結果になりました。 人生のターニングポイントとなる結婚。 結婚後に落ちつたタイミングで転職を考える方も多いでしょう。 婚約中の転職 成功すれば、転職のように大きなリスクをはらわなくても結婚後の働き方を変えられますので、興味があるなら信頼できる上司に相談してみてくださいね。, ここからは、女性が結婚に伴った転職を成功させるためのコツとアプローチ方法の考え方について、ケース別に解説していきます。 結婚を機に転職する人は多く、ライフステージの変化に合わせ、ともに暮らしていく家族が増えるタイミングでかかる責任感の重さ、仕事へのやる気にも変化があらわれることが理由のひとつです。 ただ、結婚を理由にする場合、転職をするタイミングも悩みます。 結婚を機に転職する最適なタイミング|仕事と家庭の両立を目指す 新入社員が考える理想の結婚年齢は? 理想の結婚年齢の方も、現実の平均初婚年齢と同様に高齢化が進んでいます。 ・先に妊娠・出産や退職を経験してから、落ち着いて転職をめざすこともできる ・質問するときにも「基本的には仕事に打ち込む意思がある」ことを強調, 以下に、4つそれぞれの効き方の具体例を提示しますので、ぜひ参考にしてください。 ・少しでも早い方が年齢的にも若く、選べる業界・職種の幅が広くなる 規模の大小や、老舗かベンチャーかという企業の印象にかかわらず、確実に過去の実績や現状について確認しておくべきでしょう。 転職市場で「既婚者」ってどううつるの?転職するなら結婚前?それとも結婚後?これから結婚を考えている人も、結婚が決まった人も。結婚を取りまく転職タイミングのあれこれについて考えてみま … 企業が提供する求人情報に書いてある内容が、すべて性格だとは限りません。 ◆結婚「した後」転職のメリット・デメリット 【合わせて読みたい】 「転職を考えているけど、どのタイミングで転職活動を始めたらいいのだろう?」そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。転職の目的や年齢など、ビジネスパーソン一人ひとりによって状況はさまざま。転職者・採用企業の視点で、ベストタイミングでの転職活動 ここまでにご紹介した4つの事項は、転職活動中の女性にとって非常に気になると同時に、非常に聞きにくい質問でもありますよね。 ◆相手企業に求める条件は、上位3つまでに絞っておく 転職は、あなたの望む働き方や雇用形態が叶ってこそ成功と呼べるものですので、あなたにとってどちらのタイミングが適しているのか、よく考えてみてください。 《結婚「した後」転職のメリットにしっくりきた人は?》 結婚を機に転職をする場合、結婚と転職の順番やタイミングが気になるもの。女性と男性では、そのベストなタイミングが異なります。当記事では結婚を機に転職する場合にオススメのタイミングや退職理由などを紹介します。 結婚をして氏名を変更するときには、さまざまな手続きや届け出が必要となります。そこで、事前に準備が必要な書類・もの、手続き当日の効率の良い順序などをまとめてご紹介! 「手続きは1日で終わらせたい」「無駄なく効率よく進めたい」という方必見です! 20代後半~30代にかけて、女性は結婚や出産を経験する割合が高くなります。 以下のチェック項目から、あなたがどの目的で結婚に伴う転職をしようとしているのかを探り、自分の結婚後の仕事観を理解しましょう。 求人検索と選考・面接の両方のタイミングで、しっかり確認するようにしてくださいね。 「私は仕事が大好きですが、同じくらい家族のことも大切に思っています。このためもし仮に御社に入社させていただいた場合も、時間内に効率的に働いてしっかりと御社に貢献したうえで、終業後はできるだけ多く家族の時間が取れればと考えているんです。そこで御社にお尋ねしたいのですが、御社で私が応募した職種の方の平均的な残業時間や出張・転勤の有無や頻度の目安は、どのくらいでしょうか。御社に入社後、長く働き続けるためにもあらかじめ知っておきたいと思っています」 結婚の前後どちらのタイミングで転職すべきかも、あなたが理想とする結婚生活や将来的なキャリアブランによって、大きく変わってくるのです。 結婚を機に転職を考えることってありますよね。独身なら今のハードな仕事をこなせるけれど、結婚したら家事もあるし、旦那さんとの時間ももっとほしい。子供が出来たらなおさら・・・ でも、結婚している女性の転職はちょっと不利なイメージもありませんか? しかし、今後パートナーの仕事都合による転居や妊娠・出産による休暇取得の可能性が高くなる「結婚」を機会とした転職活動には、不安もありますよね。 とらばーゆによると、「結婚前後で実際に転職をしたタイミングはいつでしたか?」という問いでは「結婚をしてから」(37%)という人が「結婚をする前」(28%)を上回っている一方、「どのようなタイミングで転職をするのが良いと思いますか? 女性が活躍できる機会も増え始め、結婚のタイミングが掴めないという方もたくさんいるのではないでしょうか? この記事では、世の働いている女性はどのように結婚のタイミングを見計らっているのかについてご紹介していきます。 ◆入社後の待遇面への疑問、聞き方の具体例 《デメリット》 残念ながら、求人に実際には存在しない嘘の休暇取得実績を書いている可能性もあります。 なお、この考え方は職種や業界だけでなく、雇用形態を決める際にも重視してください。 ◆求人・企業の実態は、事前にできるだけ調べておく ・すでに妊娠・出産をして子育て中の場合、転職活動ための時間を取りにくくなる 【合わせて読みたい】 《3》パートナーの転勤が予想されるため、転勤先で新たに転職先を探したい, 目的が違えば、その達成のために有効な手段やコツも大きく変わってきます。 結婚退職伝えるタイミング(早く言いたい)28歳女です。 来年の秋(9月~11月頃)結婚することが決まりました。 結婚退職について質問です。 もともと1年程前から退職をした そこでここからは、結婚に伴って転職するにあたり、女性が転職先候補の企業にあらかじめ確認しておくべき4つの事柄について、ご説明していきます。 今回は「転職と結婚」について。しまった。転職を考えていたが、彼女との雰囲気で結婚が近づいてきている。果たして、転職前に結婚した方がスムーズだろか?いやいや、転職後に足場を固めてから結婚した方が良いのかな?こんな風に悩んでいる人は意外と多い。 悩み多し!結婚する女性の転職するタイミング. 結婚の前後、どちらのタイミングで転職をするにしても、キャリアダウンのリスクや慣れない環境に身を置くことへのストレスはつきまといます。 今の職場じゃ妊娠出産ができないとわかりきっているなら、転職するべきです。それは結婚する前がいい?それともした後がいい?わたしが転職で100%聞かれた結婚にまつわる質問とは? 《その1》残業や出張・転勤の頻度と可能性について 《デメリット》 □ 子供のことはわからないが、家庭と両立させながら仕事は続けていきたい 40代女性が自分らしく、幸せなキャリアを築くための考え方とは, 結婚に際して転職を決断する女性のほとんどが、結婚後もいまの職場で働き続けることに、何らかの不都合を感じていると推測できます。 【待遇についての質問を印象よくするポイント】, ・質問のタイミングは面接の終盤、または内定後の意思確認の席を狙う 《その4》産休・育休制度と、取得から復帰した実績の有無 入社直後の結婚はアリかナシか?複数の企業へ入社直後の結婚に対する意見を求めたところ、「新卒就職時」と「社会人の転職時」「男性」と「女性」の場合で意見が異なることがわかりました。それぞれどのような意見があったかをご紹介します。 2 女性が転職するのに、最適なタイミングは? 2.1 事務など、バックオフィスの人気職種は20代まで; 2.2 未経験の分野に転職する場合は20代、スキル・経験があるなら30代でもok; 2.3 出産後の転職は難しい. 従業員のうち20~40代女性の比率が高く、かつ女性の平均勤続年数も長い場合は、会社内に女性が家庭を持っても仕事を続けやすい環境・風土がある可能性が高いです。 昔「結婚相談所」略して「KS」で勤めてた私 そのころに学んだ男女の恋愛心理を思い出し. 《メリット》 そうなると、急な休みで仕事がスケジュール通りに進められなくなったり、早退ばかりで首位に迷惑をかけていると心苦しくなるかもしれません。 ・結婚に伴う転職の条件については、事前にパートナーとよく話し合うこと