個人年金は、一定期間を運用することで、将来的に年金としてお金がもらえる仕組みです。つまり、長期積立を行って一定期間に達すると、年金としてお金をもらうことができます。60歳から65歳あたりで受給期間の開始が一般的です。ただ、個人年金は受取方法に3タイプあり、それぞれメリットとデメリットが異なります。 まず1つ目が「終身型」です。 終身型は、被保険者が死亡するまで年金が支給されるタイプで、安心感が強い反面、支払う保険料は高めなことがほとんどです。終身型のデメリット … 生命保険を解約により解約返戻金を受け取った場合、その額によっては確定申告をする必要があるケースがあります。今回は、生命保険の保険料を支払った方が解約返戻金を受け取ったケースをメインに、確定申告が必要な場合や確定申告の方法を説明していきます。 受付中. 生命保険の解約返戻金である満額返戻金を受け取った際の税金についての知識はありますか? 仮に知らなかった場合、解約時にトラブルになる可能性も…。 生命保険の解約返戻金や税金の種類、計算の方法について詳しく解説していきます。 解約返戻金にかかる税金とは? 解約返戻金は一時所得として、所得税と住民税の課税対象になりますが、生命保険料控除とは別扱いです。したがって、中途解約するまでに支払った保険料から、戻ってきた解約返戻金を差し引いて控除額を計算する必要はありません。 【関連記事】 生命保険の保険料負担者と満期保険金や解約返戻金の受取人が同じ場合に一時所得として所得税や住民税が課税されます。一時所得で不安がある場合にはわかる方に相談し確定申告を行うことをおすすめします。確定申告をすることで損をすることはありませんからね。 なお、贈与税の対象は、解約返戻金相当額となり、所得税の計算のように払込保険料を差し引くことはできません。 まとめ 満期保険金・解約返戻金は、その保険料負担者と受取人によって、所得税か贈与税の課税対象になります。 現在コメント、トラックバックともに受け付けておりません。, ■ 生命保険の基礎知識| 素朴な疑問についてのQ&A 満期保険金や解約返戻金から支払保険料の合計額と、特別控除額の50万円を差し引いた段階でゼロにならなかったとしても、その後に各種の所得控除を差し引いて課税所得がゼロになれば、所得税や住民税は課税されません。 解約返戻金が払い込んだ保険料の合計を上回る場合、当然ですが所得とみなされます。状況によっては所得税や住民税を払うために確定申告をしないといけない場合も存在します。このあたりの事情について、基本的な考え方を簡単に確認してみましょう。, まず、一口に所得と言っても、さまざまな種類があります。例えば、給与所得や事業所得、配当所得などの分類があります。これらの分類によって、税金の計算方法がぜんぜん違います。, 解約返戻金が何にあたるかというと、一時所得に該当します。このことは、タックスアンサーのサイトでも次のように説明されています。, 一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。, そして、一時所得に該当するものとして列挙されている中に、次のようなものがあります。, (2) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等, 一時所得があるときには、原則として確定申告をする必要があります。ただ、一定の条件を満たすときには、源泉分離課税として処理をされることもあります。源泉分離課税と言うのは、要するに、生保会社が税金の処理を済ましてくれるわけですね。, 具体的には、「一時払養老保険、一時払変額保険(有期型)、一時払変額個人年金保険・個人年金保険(いずれも確定年金の場合)」1 といった保険では、源泉分離課税として処理がされます。, さて、実際には、確定申告が要らないケースも多いようです。ある程度儲からないと確定申告は要らないのです。, なぜかと言うと、一時所得には50万円の特別控除額と言うのがあるからです。ということは、解約返戻金から払い込んだ保険料を引いたものが50万円以下なら、そもそも確定申告は不要なのです。, また給与所得者の場合は、課税の対象となる金額が20万円を下回るケースでは申告が不要なケースが多いです。このことを考慮すると、次のようなケースでは確定申告が不要なケースが多いです。, 細かくはいろいろあるので、この条件を満たしても確定申告が必要なケースもあるのですけどね。細かくてここでは説明し切れません。まあ、一つの目安として、90万円という数字は覚えておくと良いでしょう。, , 生命保険や医療保険についてプロの意見を聞いてみませんか?保険マンモスなら、生命保険の無料相談が出来ます。, 保険のプロが複数の保険会社の商品の中からベストの商品を紹介してもらえます。初めての保険選びと言う人も、保険の見直しと言う人も、試してみてください。, この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 回答数. ■ 子供に医療保険は必要なのだろうか?, 保険マンモスのサイトでは、必要な生命保険をチェックするツールが提供されています。4つの質問に答えるだけですから、1分もかからずに結果が分かります。個人を特定するような情報の入力も不要です。, 当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、 生命保険に加入している方で、加入時期や生命保険の商品によって解約返戻金(満額返戻金)を受け取った時の税金を十分に理解していない方が多いと思います。しかし、解約時にトラブルにならないように、今回は税金の種類や計算方法などを学んでいきましょう。 税率が10%の人だと5000円(所得税)と住民税が取られます。 この一時所得の公式(ルール)は他の一時所得でも使えるので覚えておいて損はないでしょう。 ②、保険料を払う人 ⇒ 解約返戻金を受け取らない. 情報を使用することがあります。この情報には氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません。このプロセスの 今回解約された生命保険には10年間加入していたそうですが、10年間に支払った保険料を計算し、解約返戻金と比べてみるといいのではないでしょうか。 なお、生命保険の契約では、「保険料を負担した人が解約返戻金受け取る」のが一般的です。 解約返戻金が払い込んだ保険料の合計を上回る場合、当然ですが所得とみなされます。状況によっては所得税や住民税を払うために確定申告をしないといけない場合も存在します。このあたりの事情について、基本的な考え方を簡単に確認してみましょう。 google_ad_client = "pub-6350007611317503"; 【税理士が語る!】「欠損金の繰戻しによる還付の請求」時に忘れてはいけない、法人住... 解約払戻金 住民税申告必要ですか? - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム, がん保険の死亡払戻金を受け取りましたが、これは相続税の申告ではどのような扱いに この場合、満期保険金・解約返戻金の受取金額(配当金を含む)と払込保険料との差益に対して、20.315% (所得税15.315% 住民税5%)の税金がかかります。ただし、保険会社が予め税金を差し引いた金額を受取人に支払いますので、改めて確定申告をする必要はありません。 保険解約した一時所得金を義母の連帯保証金の支払いに充てました。住民税の対象になりますか?, 【相続登記トラブル事例】相続した自宅の所有者が違って売却できない!どうすればいいの?. 所得税・住民税の対象である場合、支払った保険料総額よりも受け取った解約返戻金が少ない、または多くてもその差額が特別控除額以内であれば非課税ですが、差額が特別控除額以上となった場合は所得税・住民税が課税される可能性があります。