菊谷匡祐『開高健のいる風景』(集英社, 2002) 僕は、開高 健の「河は眠らない」を30年ほど前にレーザディスク(ld)で観ました。開高がアラスカ・キーナイ川でキングサーモンを釣るという60分程度のビデオです。プログラムの中で、森と川、アラスカの大自然を背景に開高は釣りや酒、環境、人生...様々なことを語ります。 ちなみに私がアラスカ鉄道について最初に目にしたのは作家の阿川弘之氏の『南蛮阿房第2列車』にある「マッキンレー阿房列車」であり、このフラッグストップに関する説明は、開高健氏とのやり取りと共に印象深く覚えている記述であった。 開高健(かいこうたけし) 1930年12月30日〜1989年12月9日 ベトナム、アラスカ、モンゴル・・・ 世界を股にかけた行動する作家、開高健のあれやこれやを紹介するサイトです。 アラスカ篇 カリフォルニア・カナダ篇 (集英社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。開高 健, 高橋 昇作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またオーパ、オーパ!! !〈アラスカ至上篇 コスタリカ篇〉 (集英社文庫) 集英社 : 文庫: 1990/12: 1000: もっと笑いを!―開高健、対談集 潮出版社: 単行本: 1990/12: 1529: オーパ、オーパ! そこで今回は開高健の作品に登場する楽曲およびミュージシャンについてふたつほど挙げてみたいと思います。しかも、それに触れた「作家」 ―開高健の呼び方です ファンの方はご存知ですよね― が 涙した という、おそらく特別であろうものを選んでみました。 * まずはトマーゾ・アルビ� 健 開高 、集英社 、1987年11月1日(発売年月日の記載となります、 刷等について気になる際には別途お問い合わせください) 、175 、大型本 全体的に多少の使用感・経年感、キズ・ヤケ・汚れ・シミ等の傷み ノースブックセンター. Amazonで開高 健, 高橋 昇のオーパ、オーパ!! Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 文学論』中公文庫 1991、『開高健の文学論』中公文庫 2010, 『開高健 眼を見開け、耳を立てろ、そして、もっと言葉に…』「人生のエッセイ3」日本図書センター 2000, 『言葉の落葉』冨山房(全4巻) 1979-82、「All my tomorrows」角川文庫(全4巻)1990, 『オールウェイズ 単行本未収録全エッセイ』角川書店(上・下)1990、角川文庫(全4巻)1993。谷沢永一・, 『一言半句の戦場-もっと、書いた! 今年は、作家・開高健の生誕90年。開高は1989年12月9日に58歳で逝去したから、生きていれば今年90歳になるのだ。 Amazonで開高 健, 高橋 昇のオーパ、オーパ!! 以前に”Green, Green Glass Of Home”の訳詞をご紹介した際に、ヴェトナム戦争の従軍記者としてアメリカ軍に同行していた頃の開高健がこの曲に触れた際のエピソードについて触れましたが、旅と釣りと美食と美酒をつづった作品は多いものの、音楽が登場する箇所はかなり少ない印象があります。, そこで今回は開高健の作品に登場する楽曲およびミュージシャンについてふたつほど挙げてみたいと思います。しかも、それに触れた「作家」―開高健の呼び方です ファンの方はご存知ですよね―が涙したという、おそらく特別であろうものを選んでみました。, まずはトマーゾ・アルビノーニのアダージョ・ト長調。カラヤン指揮のイ・ムジチでどうぞ。, 「音」の記憶をもとに半生をつづった”耳の物語”は計3冊書かれましたが、その中の『夜と陽炎』の中にこの曲は登場します。, 1969年に初めてアラスカを訪れた際、旅行社が手配した迎えのジープのカーラジオから流れてきたこの曲を聴くともなしに聴いているうちに心を奪われた作家は帰国後に雑誌『新潮』の坂本忠雄氏に電話でこの曲について調べてもらうよう頼みます。, 英語の「アダージョ・イン・ジー・マイナー」をかろうじて聞き取っていたこともあり、それを伝えると坂本氏はすぐにアルビノーニの作品と察知、3日後に銀座のレコード店でイ・ムジチのレコードとカセットテープを探し出してくれました。, アンカレッジの放送局が流したものと思われるが、その低い、柔らかい、おだやかな呻唸は悲愴を含みつつも隠忍でよくおさえ、詠嘆しながらどこか晴朗であった。(中略)茫然と心身をゆだねて氷雨にけむる原生林を見ることもなく見やるうちに、涙がつぎからつぎへとこみ上げ、嗚咽をこらえるのに苦しんだ。, 1966年に先述のヴェトナム取材に出向いた作家はそこで、200人中17人しか生き残れなかったという大規模な戦闘に巻き込まれながらも命からがら生還します。, その後はベトナムに平和を!市民連合に参加して反戦広告の掲載や募金といった活動に身を投じますが、やがて団体内の意見の食い違いから脱退します。, 過酷な戦闘経験の影響で文筆活動も滞りがちになり、やがて現実逃避の衝動から釣りにのめり込むようになります。, このアラスカを含む4か月間の釣り旅行をまとめたのが後の『フィッシュ・オン』なのですが、その中にこのアルビノーニのアダージョのエピソードは含まれていないのです。, 同じ『夜と陽炎』の中に、坂本氏からの執筆の約束を迫られた際の言い訳としてではありますが、, という成句が出てきますし、経験の果実を絞っただけのジュースではなく酒でなければならない、という表現も他の作品で出てきます。, 釣り紀行の『フィッシュ・オン』ではなく『夜と陽炎』にこのアダージョを登場させたところに、作家の意図が汲み取れるのではないでしょうか。, 南北のアメリカ大陸を半年以上かけて自動車で移動しながら釣りをするという長期旅行に出たとき、作家は49歳でした。, その途中のニューオーリンズの名物ジャズクラブ、プリザヴェーション・ホールに出演する「キッド・トーマス」と「スウィート・エマ」の二人をぜひ観ておくよう同行の朝日新聞社の編集員に勧められ、初日にキッド・トーマスを、翌日にスウィート・エマの演奏にふれることができました。, この二人について調べてみると、作家が呼ぶところの「トーマスじいさん」とはKid Thomas Valentine、ルイジアナ州生まれで長くニューオーリンズを拠点に活動をつづけたトランぺッターにしてバンドリーダーでした。, そして、その老いた姿から「ビター・エマ」の方がふさわしい、と作家が記したスウィート・エマ、, "Sweet Emma" Barrettも同様にニューオーリンズでの演奏がキャリアの大半を占めていたようですが、 実はジョン・ウェイン主演の映画『シンシナティ・キッド』に、短いながらも出演していたのです;, 昨夜のトーマスじいさん、今夜のエマばあさん、二人とも正面から正々堂々と”生”にたちむかい、最後の一滴までしゃぶりつづけてやるぞ、ド、ドのドンづまりの絶息のその瞬間まで吹きつづけてやるぞ、弾きつづけてやるわよの気魄、ありありとうかがえた。それでいて従容とし、淡々としていて、妄せず、執していない。たかがジャズとバカにしてはいけない。ここにアーティストとしての生きざまがある。みごとな生きざまがある。来たるべきものがすでに到着している私ではあるけれど、この二人の風貌と姿勢を見ていると、うたれる。いじらしさに眼があやしくうるんでしまった。この旅行で私が泣いたのはあとにもさきにもこのときだけであった。(以下略), なお、Kid Thomas Valentineは1987年に、"Sweet Emma" Barrettは1983年に世を去っています。作家は彼らよりもう少し後の1989年に58年の生涯を閉じました。, 昨夜のトーマスじいさん、今夜のエマばあさん、二人とも正面から正々堂々と”生”にたちむかい、最後の一滴までしゃぶりつづけてやるぞ、ド、ドのドンづまりの絶息のその瞬間まで吹きつづけてやるぞ、弾きつづけてやるわよの気魄、ありありとうかがえた。それでいて従容とし、淡々としていて、妄せず、執していない。たかがジャズとバカにしてはいけない。ここにアーティストとしての生きざまがある。みごとな生きざまがある。来たるべきものがすでに到着している私ではあるけれど、この二人の風貌と姿勢を見ていると、うたれる。いじらしさに眼があやしくうるんでしまった。この旅行で私が泣いたのはあとにもさきにもこのときだけであった。. 『旅と鉄道』『sinra』(天夢人)の元発行人、編集人、統括編集長。近著に『ラストカムイ 砂澤ビッキの木彫』(白水社)、『へるん先生の汽車旅行~小泉八雲と不思議の国・日本』(集英社文庫)(第10回開高健ノンフィクション賞・最終候補作品)、『被災鉄道~復興への道』(講談 … 開高健の深い思考の糸をたどり、何百枚もの写真を目にするうちに、実際に旅をした気分に浸れる。そして、旅や釣りがしたくなってくる。 これほどまでに読者を冒険へと誘ってくる作品は読んだことがない。 『オーパ!』の冒頭で開高健は書いている。 !モンゴル・中国篇』高橋昇写真 集英社 1989 のち文庫, 『ゴルバン・ゴル 三つの河 開高健のモンゴル大紀行』高橋昇写真 角川書店 1992 のち朝日文庫, 『街に顔があった頃 浅草・銀座・新宿 吉行淳之介VS.開高健』TBSブリタニカ 1985 のち新潮文庫, 『反戦の論理 全国縦断日米反戦講演記録』鶴見俊輔・小田実共編 河出書房新社 1967, 『大阪で生まれた開高健』(たる出版, 2011)。大阪での友人らによる人物エッセイ集, 谷口博之『開高健先生と、オーパ!旅の特別料理』(集英社, 1991、集英社文庫, 1995), 仲間秀典『開高健の憂鬱』(文芸社, 2004)。医師の目から見た開高健、病跡学アプローチ. アラスカ至上篇 コスタリカ篇 (集英社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。開高 健, 高橋 昇作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またオーパ、オーパ!! オーパ、オーパ!!(アラスカ至上篇 コスタリカ篇) - 開高健 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 『旅と鉄道』『sinra』(天夢人)の元発行人、編集人、統括編集長。近著に『ラストカムイ 砂澤ビッキの木彫』(白水社)、『へるん先生の汽車旅行~小泉八雲と不思議の国・日本』(集英社文庫)(第10回開高健ノンフィクション賞・最終候補作品)、『被災鉄道~復興への道』(講談 … 開高 健『オーパ、オーパ!! アラスカ州への行き方・アクセス. 開高 健(かいこう たけし/かいこう けん[2]、1930年12月30日 - 1989年12月9日)は、日本の小説家。, 大阪市天王寺区で父・正義、母・文子との間に長男として生まれる。7歳の時に住吉区北田辺(現・東住吉区)へ転居。1943年4月に旧制天王寺中学校(現・大阪府立天王寺高等学校)へ入学、5月に国民学校教頭であった父が死去する。, 第二次世界大戦後に旧制大阪高等学校文科甲類(英語)に入学するが、学制改革により1年で旧制高校を修了し、大阪市立大学法文学部法学科(現・法学部)に入学した。当時の文学論の仲間に高原慶一朗がいた。大学在学中、谷沢永一主宰の同人誌『えんぴつ』に参加。1952年1月、同人仲間だった詩人牧羊子(壽屋勤務)と結婚。同年7月13日に、長女開高道子が誕生。1953年2月、大学在学中に洋書輸入商の北尾書店に入社。1953年12月1日に大阪市立大学卒業。, 1954年2月22日、すでに壽屋社員であった羊子が育児のため退社するのに伴い、後任者として壽屋宣伝部に中途採用され、PR誌『洋酒天国』の編集やウイスキーのキャッチコピー(トリスウイスキーの「人間らしくやりたいナ」が有名)を手がける。この時代に『裸の王様』で芥川賞を受賞する。 日本からアラスカ州への行き方を掲載。飛行機の直行便・乗り継ぎ・飛行時間、近隣国からの鉄道・バスなどでのアクセス・所要時間を分かりやすく紹介。 [最終更新 … 開高健の最晩年埋める講演原稿を初公開 2020/12/04 20:45 男子大学生が「手作りごはん」を半年間投稿…その成長ぶりがすさまじい! 小玉武『開高健 生きた、書いた、ぶつかった!』(筑摩書房, 2017、ちくま文庫, 2020) 吉岡栄一 『開高健の文学世界 交錯するオーウェルの影』(アルファベータブックス, 2017) 以下は仕事仲間の回想、書誌ほか. かねてから、その名称だけは聞いたことがあったが、実際にどんなものであるか詳細を知ったのは、いまから3年前のことだ。教えてくれた地元出身の知人が、故郷に帰って毎年必ず食べに行くという「開高丼」。そう、もちろん作家の開高健にちなんだ、この季節に オーパ! もっと、しゃべった!』 集英社 2008。「単行本未収録作品集成」編集委員会編, 『オーパ!』高橋昇写真 集英社、1978 のち文庫。集英社(直筆原稿版) 2010, 『もっと遠く!南北両アメリカ大陸縦断記・北米篇』水村孝写真 朝日新聞社 1981 のち文春文庫(上下), 『もっと広く! 南北両アメリカ大陸縦断記・南米篇』水村孝写真 朝日新聞社 1981 のち文春文庫(上下), 『扁舟にて オーパ、オーパ! (2ページ目)著者「開高健」のおすすめランキングです。開高健のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:開高 健(かいこう たけし、かいこう けん)1930… オーパ、オーパ!! - アラスカ篇 - 開高健 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 『旅と鉄道』『sinra』(天夢人)の元発行人、編集人、統括編集長。 近著に『ラストカムイ 砂澤ビッキの木彫』(白水社)、『へるん先生の汽車旅行~小泉八雲と不思議の国・日本』(集英社文庫)(第10回開高健ノンフィクション賞・最終候補作品)、『被災鉄道~復興への道』(講談 … !アラスカ至上篇』高橋昇写真 集英社 1987 のち文庫, 『宝石の歌 オーパ、オーパ! あの開高健さんが亡くなったのも、アラスカでキングを釣り上げた後だったとか、なかったとか。 ちなみに最高のキング・サーモンというのはユーコン川で獲れるらしいんですが、それらはほとんど日本へ輸出されているそうです。 !カリフォルニア・カナダ篇』高橋昇写真 集英社 1985 のち文庫, 『王様と私 オーパ、オーパ! 開高 健! 「開高 健」 ある時は、時代を演出するコピーライター、またある時は、芥川賞作家、片や戦場のルポライター、そしてある時は、美食家の釣師、大阪弁の饒舌で男のロマンを語り、周囲を煙に巻いたそんな男・・・。 アラスカ篇 カリフォルニア・カナダ篇』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約28件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 遅筆で知られ、受賞後第一作となる「文學界」から依頼された原稿を、締め切り間近になっても上げることができなかった。開高は先に「群像(講談社)」に提出していた原稿を持ち帰り「文學界」に提出してその場を凌いだ。しかし、講談社の怒りを買って絶縁状を叩き付けられ、16年もの間講談社から干されてしまう[3]。これを機に壽屋を退職し、執筆業に専念する。, 1960年、中国訪問日本文学代表団(野間宏団長)の一員として大江健三郎らとともに中国を訪れ、毛沢東、周恩来らと会見。随筆『地球はグラスのふちを回る』では当時の大江とのエピソードが記されている。, 1964年11月15日、朝日新聞社臨時特派員として戦時下のベトナムへ。サイゴンのマジェスティック・ホテルを拠点にベトナム共和国軍(南ベトナム軍)に従軍して最前線に出た際、反政府ゲリラの機銃掃射に遭うも生還。総勢200名のうち生き残ったのは17名であった。『輝ける闇』『夏の闇』『花終わる闇(未完)』の3部作はこの戦争での凄烈な体験をもとに書かれている。『週刊朝日』1964年1月1日号-3月5日号に「ベトナム戦記」を連載。3月『ベトナム戦記』刊行。, 帰国(1965年2月24日)後は小田実らのベ平連に加入して反戦運動をおこなったが[4]、ベ平連内の反米左派勢力に強く反発し脱退、過激化する左派とは距離を置くようになる。その後は保守系の立場をとり、後に谷沢永一や向井敏などの右派系文化人を世に出した。, 熱心な釣師としても知られ、日本はもちろんブラジルのアマゾン川など世界中に釣行し、様々な魚を釣り上げ、『オーパ!』、『フィッシュ・オン』など釣りをテーマにした作品も多い。現在では浸透している「キャッチ・アンド・リリース(釣った魚を河に戻す)」という思想を広めたのも開高だと言われている。また食通でもあり、食と酒に関するエッセイも多数ある。, 開高健という名前について「一切名詞が入っていない珍しい名前で気に入っている」と週刊プレイボーイの人気連載「風に訊け」で綴っている。また、同連載で開高健を「かいた、かけん=書いた?書けん!」と変読みした読者からの投稿を非常に気に入り、度々サインの際に引用していた。, 1989年、食道癌の手術後、『珠玉』を脱稿するも東京都済生会中央病院に再入院、食道腫瘍に肺炎を併発し死去[1][5]。58歳没。墓所は鎌倉・円覚寺塔中、松嶺院にある。死後、開高の業績を記念して、1992年から2001年までTBSブリタニカ(現阪急コミュニケーションズ)が開高健賞を、2003年から集英社がノンフィクションを対象に開高健ノンフィクション賞を創設した。また、後半生の16年間を過ごした神奈川県茅ヶ崎市に開高健記念館が開設されている。, 語句集は、他に『危うい世界を生き抜く言葉』青春出版社、『開高健の名言』谷沢永一編・ロングセラーズ、『漂えど沈まず 開高健名言辞典』滝田誠一郎・小学館がある, 谷沢の回想記には、「七つとしうえの女につかまり、しだいに事態の意味するところに気づき」「見る見る不機嫌となった」という、当時存命だった妻の牧羊子にとってショッキングな記述がある。両者は、開高の生前から仲が悪く、当然だが以後完全に決別した。なお一人娘, 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=開高健&oldid=80892544, 『片隅の迷路』毎日新聞社 1962 のち角川文庫、創元推理文庫。徳島ラジオ商殺しがモデル, 『ロマネ・コンティ・一九三五年』文藝春秋 1980 のち文庫・改版。短篇小説全6篇, 『破れた繭 耳の物語1』新潮社 1986 のち文庫、イースト・プレス 文庫、岩波文庫, 『夜と陽炎 耳の物語2』新潮社 1986 のち文庫、イースト・プレス 文庫、岩波文庫, 『眼ある花々』中央公論社、1974 のち中公文庫、「眼ある花々/開口一番」光文社文庫, 『白いページ』潮出版社(1・2)、1975、新版・全1巻 のち角川文庫、角川書店、光文社文庫, 『風に訊け ライフスタイル・アドバイス』 集英社(1・2)1984-85 のち文庫。人生相談集, 『知的経験のすすめ 何でも逆説にして考えよ』青春出版社 1987 のち文庫・新版。人生相談集, 『衣食足りて文学は忘れられた!? !コスタリカ篇スリランカ篇』高橋昇写真 集英社 1987 のち文庫, 『国境の南 オーパ、オーパ! オーパ、オーパ! “nhk bsの あの番組をもう一度見たい!”そんなアナタの思いにこたえて、過去のbsの名番組をゲストと共に楽しむのがプレミアムカフェ。皆さんも、是非リクエストして下さい!