妊娠高血圧症候群は40歳、妊娠糖尿病は35歳以上になると発症のリスクが高まります(※1)。 これらの他にも、全身が疲れる甲状腺疾患、流産の原因になりえる子宮筋腫や、卵巣に腫瘍ができる卵巣腫瘍などが発症する確率もあがるとされています。 30歳、31歳、32歳、33歳、34歳の女性はいろいろと考えることがあります。その中でも30歳を過ぎると急に結婚や妊娠、出産について真剣に考えるようになります。これは、一般的に30歳を過ぎると妊娠しにくくなるというイメージがあるからでしょう。 妊娠しても、ある一定の確率で流産が起こります。第1回目の投稿でもお話ししたように、男性の加齢でも多少の影響がありますが、女性の加齢による影響は、より大きいと言われています。 図10を見てください。妊娠された女性の各年齢グループでの流産率を示しています。 25〜34歳のグループで流産率がもっとも低くなっています。35歳以上のグループで、有意な差を持って高くなっています。有意な差ではないのですが、24 … 私は38歳で妊娠、現在39歳になりましたが、今月中に出産予定です。 一人目が9歳なので、かなり離れてしまったのですが、40歳までにもう一人って考えて。 さらに、40歳では5パーセントにまで下がるので、 38歳では10パーセント前後 の確率が自然妊娠の確率と言えるのです。 妊娠は条件次第 このように数字にしてみると、38歳で自然に妊娠する事がとても難しい事だと思ってしまいます。 こそだてハック, 2018年3月20日 宗教上の理由などで避妊をしない妻たち1000人を調べた海外の調査もあります。. あと2歳で40代、そろそろ本格的に妊娠に対して不安を抱えるころでは無いでしょうか。高齢になればなるほど出産に対するリスクも高くなっていきますし、実際に高齢出産に対する悩みを持っている方はたくさんいらっしゃいます。 本日は、30代後半で妊娠・ご出産されたママからご自身の体 … 46歳でも妊娠したい!妊娠と出産の確率について女性の社会進出や晩婚化などの影響により、若いうちに結婚よりも仕事や自分のやりたいことをする女性も増えてきていて、初婚の年齢、出産の年齢も年々上がってきています。そんな時代ですから45歳以降になっ こそだてハック©ever sense, Inc. All Rights Reserved. 38歳の高齢にて「妊活」を開始! ... 高 齢での妊娠 は、何かとリスク ... どのような妊活を行ってきたかは、以下の記事でもご紹介していますが・・・>>38歳からの妊活やいかに?!妊娠したすぎて不思議な体験?!なかなかうまくいっていませんでした。 48歳で妊娠したい!妊娠しやすい身体づくり. 31歳女性です。今から子供を産むのは、やはり遅いでしょうか?これ以上遅くなると問題が大きいですか?リスクなど、おしえてください。これから結婚をして、子どもをうむ。。。と考えると、この年齢ではどうなのだろうと不安に感じていま 37~38歳は妊娠しにくいですか?妊娠率はどれくらいですか? 現在、37才。今年、38才になります。今年に入り、私を含めて同級生が3人妊娠しました。私自身かなりビックリですが、本当の話です。た … 31歳女性です。今から子供を産むのは、やはり遅いでしょうか?これ以上遅くなると問題が大きいですか?リスクなど、おしえてください。これから結婚をして、子どもをうむ。。。と考えると、この年齢ではどうなのだろうと不安に感じていま ダウン症の出生確率について解説していきます。初産婦と経産婦で、ダウン症を妊娠する確率が異なるのか、年齢別にダウン症を妊娠する確率はどう変わるのかについて説明しています。 何人目の妊娠・出産にせよ、35歳以上になると胎児の先天性異常や流産、母体の病気リスクが高まるため、健康管理に気をつけて出産に臨むことが大切です(※2)。 関連記事. 36歳で妊娠、37歳で出産。現在11ヶ月の娘をを育てている新米母さんです。33歳で結婚ししばらくは2人で、とゆったりかまえていてぼちぼち、というときに妊娠、なんの予備知識もなく産婦人科へ行くととんでもない言葉が待っていました・・・・。 42歳で妊娠と出産の確率を教えて 42歳での妊娠の確率は1%弱で、妊娠した人を100としてそこから出産する人の確率は50~60 でも、確率的には 33歳からの妊娠でダウン症の子を妊娠する可能性というのは高い 、ということなのでしょう…。 私の周りでも、このくらいの年齢になってから子供を作りたい、と望んでいる人がいますが、こういうリスクがありますので、どうなのでしょうかね。 38歳で妊娠や出産はもう遅いのではないか、そう考える人も多いのではないでしょうか。現実的なデータを参考に、ご自身の人生設計について考える必要もあります。38歳での妊娠出産に関してのデータや、不妊治療のステップを詳しく見ていきましょう。 38歳で妊娠したい方へ 38歳で妊娠したい! ある調査では25~29歳で1.88%、35~39歳では2.02%、40歳以上では2.38%の確率となっています。 加齢が影響しやすいのは、先天異常の中でも染色体異常(ダウン症など)です。これに関しては、35歳以上のリスクが少々高いと言わざるを得ません。 ②妊娠経過にともなった適正な体重増加をしていく 37歳、38歳の妊娠率だけを調査したデータは検索できませんでした。 日本産科婦人科学会 生殖医療「年別 治療周期数」に掲載されています。 「年別 治療周期数」によると、 妊娠率は37歳で21.2%、38歳で19.7% です。このデータは妊娠した確率で出産まで至った確率ではありません。 母親の年齢が上がると、ダウン症の発症率が上がることはよく知られていますが、実際には ダウン症だけではなく、その他の染色体異常の確率 も軒並み上がります。. 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.10 産科 第3版』pp.74-75,98,196, ※2 ③無理をしない、オーバーワークにならないようにする 「私は45歳でおなかに宿って自然分娩で46歳で産みました! 15年ぶりの出産だったので一応NICUがある病院にしましたが、終始なんの問題もなく、産まれましたよ。最初や、二度目の方が切迫やらで、入院したりで大変でした。もちろん、産む前に流産も2回経験しています。産科の先生も46歳の出産は久しぶりっていってましたが、こちらが心配するわりには、いつも順調!と勇気づけてくださいました。元気いっぱいでお母さん思いの優しい子どもに育っています。20代は20代の40代は40代の子育てがありますよね。子どもは勝手に育つしなんとかなるものだなぁ♪と思います。」. 日本産科婦人科学会「4)高齢不妊婦人の問題点 ③流産」, 2020年3月1日 「肉体的なことは全部デメリットです。まず授かりにくい、妊娠中通じてトラブルが多い、子どもにも影響が出る可能性もあり、産後も回復が遅い、幼児期も体力いっぱいいっぱい、容姿的にも自慢のママでいられるかどうか…。逆を言うとそれ以外はすべてメリットになるかと。経済的余裕、精神的ゆとり、言葉にすればそんなものですが、20歳そこらで社会人になったかならないかのうちにママになった人と比べると、育児は随分とラクだと思います。自分の社会的な能力を知って、その先の人生設計みたいな部分も見えながら子ども育てられるって強いと思います。でも自分は肉体的なデメリットの方が取り返しがつかなくて怖いです。精神的な成長は子どもと一緒でもできる。妊娠出産は早い方がいいよと知人には言ってます。自分は40歳の妊婦ですが(苦笑) 」 こそだてハック. ⑤妊婦健診は必ず受ける 2019年11月14日 高年出産は、母体にもおなかの赤ちゃんにもリスクはありますが、年齢を重ねて得たさまざまな体験が、妊娠中も、ママになってからもプラスに働くことがたくさんあります。妊娠中の生活に気を配り、身心を健康に保つことでリスクも軽減できるでしょう。ママになれることは人生において、とてもすばらしいことです。赤ちゃんのためにも、誇りを持って、前向きに楽しく妊娠生活を送ってください。また、これから結婚や妊娠を考えている人たちは、高年出産のリスクだけでなく、年齢が上がるほど妊娠できにくくなることも頭に入れて、人生設計を考えてみましょう。若くても落ち着いて子育てをし、経験の少ないところはさまざまな方法で補い、立派に子育てしている人はたくさんいます。若いときに産むか、年齢を重ねてから産むか、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、この機会にじっくりと考えてみるのもいいでしょう。 《年齢別》妊娠確率・受精確率・着床確率・流産確率・不妊治療成功確率 自然妊娠での妊娠率や受精する確率、着床する確率、流産の確率、妊娠週数別の胎嚢の大きさ、胎嚢の大きさと流産確率、ダウン症児の確率、染色体異常の確率、人工授精の成功率、体外受精 日本生殖医学会「一般のみなさまへ:不妊症Q&A 」, ※4 植村絵里、38歳、独身、現在妊娠7カ月です。30歳で離婚を経験するまでも、ずっと子どもが欲しかった。その後独身に戻ってから30代後半を迎え、高齢出産や不妊などの話題が自分ゴトになってきた頃、考え方を変えました。再婚してから妊娠するのではなく、まず妊娠しよう――と。 特に、35歳以上の妊婦さんは「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」のリスクが高くなります(※2)。これらの病気がママと赤ちゃんの両方の命に関わる恐れもあるため、体重の管理などに十分注意が必要です。 健康な男女が性行為をして妊娠する確率は、35歳未満で約20%~25%、35歳~40歳では10%~15%といわれてます。 また、流産の確率が上がることも大きなリスクです。30歳~34歳までの流産率は10%程度ですが、35歳以上になると20%程度に跳ね上がります。 こそだてハック, 2018年7月5日 ⑥適度な運動をして体力をつける, 私が1人目を妊娠したのは37歳、さらに43歳で2人目の妊娠…。実は、1人目と2人目の間に一度妊娠をして残念ながら出産まで至らなかったという経験があり、この妊娠はさまざまなリスクやそれに対する不安との闘いでした。, 身体的には、若いうちに出産する人にはかなわないかもしれません。産後も、若いと体力があるので、子育てもラクな部分が多いでしょう。しかし、年齢を重ねたことでいいこともたくさんあります。仕事ではキャリアを積み、プライベートでもさまざまな体験をし、好きなことも存分に楽しみ、そして妊娠! ママという新しい役割を持つ喜びもひとしおでしょうし、精神的にも経済的にも、若いころより安定している人が多いのではないでしょうか。体力だって、日々の積み重ねや努力によって、若い人に負けない体を持つ人もたくさんいます。これらはきっと、妊娠中も、子育てが始まったときもプラスになっていくでしょう。若いころに産まなかったことを後悔するのではなく、今、妊娠できたことを大いに喜び、すてきなお母さんになってください。, 子どもを授かったとわかったときは、「今後どうやって生きていけばよいのだろうか、自分に子育てができるのだろうか」と悩みました。そんな私をおかまいなしに、おなかの子は着実に成長。出産までの日々は母親未満の曖昧な私の心を、母親へと育ててくれた大事な日々でもありました。, 昭和50年度の初婚は、厚生労働省の発表(※)によると、「男性が26.9歳、女性が24.4歳」でしたが、平成27年度の初婚年齢の平均は、「男性が30.7歳、女性は29.0歳」に。この発表を見ると、初婚年齢が上がっていく傾向にあり、晩婚化はさらに進む可能性もありそうです。日本の現状では、未婚で出産する人が少ないため、一般的に考えると、初婚年齢の30歳以上での出産になります。結婚して夫婦の時間を楽しみ、それから妊娠を考える夫婦も多いでしょうから、35歳以上で産む人は、おのずと増えてくるのではないでしょうか? 高年出産は、今ではまれなことではありません。特別な女性が高年出産になるのではなく、ごく一般的な女性に関わることなのだと思います。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/. 妊娠しにくい人は25才では3.5%ですが30代から少しずつ増え、35才では11%、40才では33%になります。. 2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.10 産科 第3版』pp.74-75,98,196. 30歳、31歳、32歳、33歳、34歳の女性はいろいろと考えることがあります。その中でも30歳を過ぎると急に結婚や妊娠、出産について真剣に考えるようになります。これは、一般的に30歳を過ぎると妊娠しにくくなるというイメージがあるからでしょう。 高齢妊娠のリスク(3)母体と胎児の障害発生率が高い. 38歳で出産!二人目を産んだ方の例. 厚生労働省「平成27年(2015)人口動態統計」, ※3 私は38歳で妊娠、現在39歳になりましたが、今月中に出産予定です。 一人目が9歳なので、かなり離れてしまったのですが、40歳までにもう一人って考えて。 《年齢別》妊娠確率・受精確率・着床確率・流産確率・不妊治療成功確率 自然妊娠での妊娠率や受精する確率、着床する確率、流産の確率、妊娠週数別の胎嚢の大きさ、胎嚢の大きさと流産確率、ダウン症児の確率、染色体異常の確率、人工授精の成功率、体外受精 37~38歳から妊娠しづらい傾向にさらに拍車がかかる. 36歳で妊娠、37歳で出産。現在11ヶ月の娘をを育てている新米母さんです。33歳で結婚ししばらくは2人で、とゆったりかまえていてぼちぼち、というときに妊娠、なんの予備知識もなく産婦人科へ行くととんでもない言葉が待っていました・・・・。 内閣府男女共同参画局「母の年齢別周産期死亡率(平成23年)」, ※6 ※ 出典(平成 28 年度 人口動態統計特殊報告 「婚姻に関する統計」の概況 平均婚姻年齢及び年齢差/厚生労働省), 36歳で長男を授かりました。高齢のため早く産みたいと願うもなかなか授からず、夫婦で検査を受けても原因が分かりませんでした。タイミング法でもダメだったら、来月から不妊治療を受けようと、夫と話した矢先の妊娠でした。小さい心臓が動いているのを確認したとき、嬉しくて診察台で泣きました。出産までの日々は全てが新鮮でした。, 「私は45歳でおなかに宿って自然分娩で46歳で産みました! 15年ぶりの出産だったので一応NICUがある病院にしましたが、終始なんの問題もなく、産まれましたよ。最初や、二度目の方が切迫やらで、入院したりで大変でした。もちろん、産む前に流産も2回経験しています。産科の先生も46歳の出産は久しぶりっていってましたが、こちらが心配するわりには、いつも順調!と勇気づけてくださいました。元気いっぱいでお母さん思いの優しい子どもに育っています。20代は20代の40代は40代の子育てがありますよね。子どもは勝手に育つしなんとかなるものだなぁ♪と思います。」 ダウン症の出生確率について解説していきます。初産婦と経産婦で、ダウン症を妊娠する確率が異なるのか、年齢別にダウン症を妊娠する確率はどう変わるのかについて説明しています。 ④ストレスをためない メジカルビュー社『不妊症・不育症治療』pp.136-141, ※5 女性が社会でイキイキと活躍し、女性管理職も増えてきた現代、ある程度の年齢まで、仕事に没頭したり自分の時間を楽しむ人が多くなってきています。35歳以上の初産が珍しくない時代。年齢ならではのリスクを知って、これからの妊娠生活に備えたり、今後、高年出産になりそうな人たちは、リスクをしっかりと受け止めて、人生設計について考える機会にしてみませんか?, 一般的にいわれる高齢出産は、35歳以上です。社会に出て働き、仕事を頑張っていたら、「いつのまにか35歳を過ぎていた」という人は少なくはないでしょう。また、「35歳以上で出産する人はまわりにたくさんいるのに!」と驚く人も多いはずです。35歳といえば、まだまだ若いと思われる年齢なのに、妊娠や出産においては、高齢とか高年という枕言葉がついてしまうのですが、そこにはやはり理由があるからなのです。, 雑誌『たまごクラブ』が創刊したのが1993年。23年前と現在、妊娠・出産や妊婦さんはどんなふうに変化したのでしょうか。育良クリニック院長・浦野先生にうかがいました。帝王切開が増加。おなかの赤ちゃんの情報が増えて、妊婦さんの安心感もUP, 一般的にいわれる高齢出産は、実は、医学用語ではありません。医学的には、35歳以上で初めて出産する人を「高年初産婦」といいます。35歳を過ぎた途端にリスクが高くなるわけではなく、25~34歳以下の人たちに比べて、リスクが高くなりがちなので注意が必要とされているのです。ちなみに、2人目以降の妊娠なら、35歳以上でもリスクがないのかというと、そうではありません。2人目以降は、初産に比べればリスクは低くなりますが、染色体の異常や流産の確率は、同様に高くなります。それでは、どんなリスクがあるのか見ていきましょう。, 年齢に関係なく、妊娠初期のほとんどの流産は受精卵の染色体異常ですが、年齢が上がると流産率も上昇します。それは、母体の加齢にともなって卵子も老化していくため、卵子のクオリティーも下がっていくからです。, 年齢を重ねると、子宮筋腫や卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)などが発見されることが多くなります。妊娠したことで産科を受診して、初めて気づく人も少なくありません。子宮筋腫は大きさや場所によりますが、おなかが張りやすくなったりしますし、これから妊娠を考えている人たちには、妊娠しづらいという不妊症にもつながります。卵巣嚢腫は、経過観察だけで、妊娠生活に影響することはあまりないのですが、卵巣嚢腫のつけ根部分がねじれてしまったりすると緊急手術が必要な場合もあります。また、卵巣嚢腫の種類によっては、不妊症につながる病気もあります(例.子宮内膜症など)。, 妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病などは、年齢が上がるとリスクが高まります。歳を重ねることで血管の弾力性が落ち、いわゆる生活習慣病のリスクも高まるのですが、妊娠中は、血液量の増加や子宮が大きくなったことで腎臓への負担が増すため、高血圧や糖尿病を発症しやすくなるのです。, 高年出産では、赤ちゃんに染色体異常が現れる確率が高くなるのですが、卵子の老化が原因です。中でもダウン症候群は、35歳でおよそ300~400人に1人、40歳でおよそ100人に1人ともいわれており、年齢を重ねるごとに確率が高くなっていきます。, 加齢によって子宮口の弾力性が失われていくため、お産のときに陣痛が弱くなり、お産が長引いてしまうことがあります。お産は体力勝負! お産が長引けば母体の体力も低下し、医療処置でサポートしたり、帝王切開になることもあります。また、産後の体の回復も、若いころと比べると時間がかかりがちです。, 妊娠22週未満で「出血しているけど赤ちゃんは元気」な状態は、「切迫流産」と診断されますが、その多くが心配のない出血です。治療はせず様子をみることが多く、安静を指示されることもあります。医師の指示に従って心配しすぎないようにしましょう。, 加齢による卵子の低下を防ぐことは難しいのですが、そのほかのトラブルは、リスクを減らすこともできます。妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などは、生活習慣を見直すことが大事ですし、出産時のリスクを減らすには体力づくりが必要です。以下のようなことに気をつけていきましょう。 46歳でも妊娠したい!妊娠と出産の確率について女性の社会進出や晩婚化などの影響により、若いうちに結婚よりも仕事や自分のやりたいことをする女性も増えてきていて、初婚の年齢、出産の年齢も年々上がってきています。そんな時代ですから45歳以降になっ 高齢出産というと、様々なリスクがあるというイメージがあるもの。ただでさえ妊娠・出産は何が起こるか分からないのですから、年齢的なことを考えると気を引き締めておく必要があります。ですが、リスクを怖がるだけでなく、前向きに捉えて意識を高く持つことが実は大切なのです。 高齢妊娠のリスク(1)そもそも自然妊娠が難しい. 妊娠高血圧症候群というのは、 妊娠20週以降・分娩後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合 のことを言います。妊娠高血圧症候群になる原因ははっきりと分かっていませんが、35歳以上で発症率が高くなり、40歳以上になるとさらに発症率が上がります。 ■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。, 42歳で長女を授かると、喜びとともに不安が押し寄せてきました。初めての妊娠、出産というだけでも不安なのに、私は高齢…。里帰り出産を選んだのは、高齢初産の不安からでした。しかし母親も高齢、実際助けてくれると思われた姉は夜中に帰るようなハードワーカーでした。, つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「今すること」と「注意すること」を徹底解説!陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんのお世話も写真&イラストでわかりやすく紹介します。, 最新! これに関しては、35歳以上のリスクが少々高いと言わざるを得ません。出生前診断を受けるか否かで悩む妊婦さんは多いと思いますが、まずは担当医に相談してみましょう。 妊娠高血圧症候群. ①栄養バランスのよい食生活をする (たまごクラブ) 自然妊娠の確率ってご存知でしょうか? ほとんどの人は、妊娠の確率について、避妊を止めれば妊娠する、妊娠できないのはその人が不妊症だからだ、と、漠然としたイメージしかないのではと思います。 こそだてハック, 2020年4月6日 植村絵里、38歳、独身、現在妊娠7カ月です。30歳で離婚を経験するまでも、ずっと子どもが欲しかった。その後独身に戻ってから30代後半を迎え、高齢出産や不妊などの話題が自分ゴトになってきた頃、考え方を変えました。再婚してから妊娠するのではなく、まず妊娠しよう――と。 このように30代後半、とくに40歳以上での妊娠となると、さまざまな面で、20代での妊娠に比べ、リスクが高いことがおわかりいただけると思います。 40代で妊娠を目指す女性が心がけたいこと 40歳で赤ちゃんを出産しようと思うなら、さまざまなリスクを覚悟しておく必要があります。 流産しやすい40代. 日本産科婦人科学会により、35歳以上での初産が高齢出産と定義づけられています。高齢出産になる理由は人それぞれ。ライフスタイルによるものであれば、ほしいのになかなかできなかった、というケースもあります。リスクを伴う高齢出産ですが、決して悪いことばかりではありません! 37歳、38歳の妊娠率だけを調査したデータは検索できませんでした。 日本産科婦人科学会 生殖医療「年別 治療周期数」に掲載されています。 「年別 治療周期数」によると、 妊娠率は37歳で21.2%、38歳で19.7% です。このデータは妊娠した確率で出産まで至った確率ではありません。 自然妊娠が可能な年齢は?高齢妊娠の3つの注意点とは. この記事では、女性の38歳という年齢が人生の分かれ道になることを説明しています。まず、38歳の女性を取り巻く現状を解説しました。そして、38歳の女性の特徴を5つ、38歳の女性が結婚できない理由を5つ、38歳女性の魅力や婚活のポイントまでご紹介します。 妊娠・出産にリスクがある ; 容姿が劣化している; 婚活に必死になりすぎる 「自分はモテた」と過去の栄光にすがっている; それでは、1つずつ解説していきます。 3-1.妊娠しづらい. こそだてハック, 女性の社会進出が進むにつれ、晩婚化などの影響で高齢出産になる夫婦も増えてきました。「高齢出産にはリスクがある」と耳にしたことがある人もあると思いますが、一体どんなリスクが潜んでいるのでしょうか。今回は、高齢出産がよりよいものになるように、高齢出産の年齢は何歳からかや、母体と胎児へのリスクなどについてご紹介します。, 日本産科婦人科学会の定義では、35歳を過ぎてからの初めての妊娠のことを「高齢妊娠」といいます。経産婦については特に定義がありませんが、おおむね35歳以上になると妊娠・出産時のリスクが高まるといわれています(※1)。そのため、35歳以上の出産を広く「高齢出産」ということが多いようです。, 2009年の調査によると、全分娩に対して、35歳以上の分娩が22.5%以上、40歳以上の分娩は2.9%以上であったということがわかっており、出産年齢の高齢化が進んでいます(※2)。, 高齢妊娠や高齢出産の場合、母体と胎児に様々なリスクを伴います。ここでは、代表的な4つのリスクをご紹介します。, 年齢を重ねると精子や卵子の働きが弱くなり、受精や着床が難しくなってしまいます。25~29歳では不妊の確率が8.9%なのに対し、30~34歳では14.6%、35~39歳は21.9%、40~44歳では28.9%と、30歳から自然に妊娠する確率が減っていることがわかります(※3)。, また体外受精などの妊娠率も、20代は41.5%なのに対し、35~39歳では32.0%、40~44歳で18.9%、45歳以上で5.4%というデータがあり、高齢になると不妊治療の成功率も下がることがわかっています(※4)。, 妊娠しにくくはなりますが、全く妊娠ができないわけではありませんし、40歳以上の出産数は年々増加しているというデータもあります(※5)。避妊せずに性行為をしてから1年経っても妊娠しないときには、不妊治療を行っている産婦人科の医師に相談してみましょう。, 高齢出産では、ダウン症など、染色体異常のある子供が生まれるリスクが高まります。例えば、ダウン症の発症率は、25歳の出産では1,351人に1人なのに対し、30歳では909人に1人、40歳では112人に1人と、高年齢になるにつれて高くなります(※1)。, 染色体異常が起こるのには様々な原因がありますが、卵子や精子の老化もその一つです。特に女性は、生み出せる卵子の数が生まれたときにすでに決まっており、年齢を重ねるにつれて卵子の働きが衰えてしまいます。, 高齢妊娠は、胎児だけでなく妊婦さんにも大きな負担がかかり、体調不良や病気になりやすくなります。, 特に、胎児と妊婦さんの命に関わる恐れもある「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」などには注意が必要です。妊娠高血圧症候群は40歳、妊娠糖尿病は35歳以上になると発症のリスクが高まります(※1)。, これらの他にも、全身が疲れる甲状腺疾患、流産の原因になりえる子宮筋腫や、卵巣に腫瘍ができる卵巣腫瘍などが発症する確率もあがるとされています。, 妊娠初期の流産は、胎児側の染色体異常が主な原因です。先に説明したとおり、高齢になると染色体異常が起こりやすくなるため、流産の確率も高くなります。流産の確率は全妊娠の約15%ですが、35~39歳では20%、40歳以上では40%以上と、年齢を重ねるほどに確率が上がります(※6)。, また早産は、妊娠高血圧症候群や常位胎盤早期剥離、前置胎盤などによって引き起こされますが、高齢になるとこれらの早産リスクが発症しやすくなり、結果的に早産につながりやすくなります。, 若い頃は仕事やプライベートで一生懸命になっていて、「妊娠・出産のことはよく考えていなかった」という男性や女性は多くいます。年齢を重ねてから子供が欲しいと思うのも、不思議なことではないですよね。ただ、高齢出産のリスクをよく知らずに妊娠・出産を迎えて、様々なリスクに驚いてしまう人がいるのも事実です。, 高齢出産で後悔しないためには、まずはリスクに関する知識をきちんと身につけることが大切です。起こり得るリスクを事前に知ったうえで、妊娠や出産にどう臨むべきなのか、パートナーとよく相談しましょう。, また、ホルモンバランスを整えるために食生活を改善する、適度な運動を続けて体力をつける、胎児の神経管閉鎖障害を予防するために厚生労働省が推奨する葉酸サプリを摂取するなど、高齢妊娠であるからこそ、生活習慣の改善や体調管理により一層取り組むことが大切です。, 頑張り過ぎは禁物ですが、健康的な生活を心がけることで、リスクをできるだけ減らせるようにしたいですね。, 40歳以上の高齢出産にはリスクが伴うのも事実です。妊娠22週以降の死産と、生後1週未満の新生児死亡をあわせた「周産期死亡率」は30代から高まり、40~44歳で、出産1,000件に対して7.8件、45歳以上では9.4件になります(※5)。, ただし先にも説明したように、40歳以上の女性から生まれる赤ちゃんの人数は年々増加傾向にあります。2015年のデータによると、40歳以上の女性から生まれた赤ちゃんは53,866人です(※5)。40歳以上でも、無事に出産を終える人がたくさんいます。, 高齢出産はリスクばかりに注目をしがちですが、子供を産む年齢が高くなることによって、経済的に余裕ができた状態で子育てができるなど、いい面もたくさんあります。若い頃よりも夫婦ともに生活が安定し、生活環境が落ち着いていることが多いため、妊娠生活で問題が起こりにくいともいえるかもしれません。, 妊娠や出産は、個人差が大きいものです。ママやパパが不安な気持ちでいると、将来会えるはずの赤ちゃんも不安に感じてしまうかもしれません。医師や助産師とよく相談し、不安を和らげながら、落ち着いた気持ちで毎日を過ごせるといいですね。, ※1 妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病などは、年齢が上がるとリスクが高まります。歳を重ねることで血管の弾力性が落ち、いわゆる生活習慣病のリスクも高まるのですが、妊娠中は、血液量の増加や子宮が大きくなったことで腎臓への負担が増すため、高血圧や糖尿病を発症しやすくなるのです。 42歳の妊娠確率と妊活方法!リスクや初産・二人目の場合の注意点も紹介 . 35才以上の高齢妊娠、高齢初産は今や珍しくありませんが 「高齢妊娠・高齢出産はリスクが高い」といわれると、 やはり不安になってしまいます・・・ 無料登録でイイコトいっぱい!, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 38歳で妊娠。リスクは?つわりは大変? 30歳後半妊娠の高齢妊娠体験談. 妊娠高血圧症候群は40歳、妊娠糖尿病は35歳以上になると発症のリスクが高まります(※1)。 これらの他にも、全身が疲れる甲状腺疾患、流産の原因になりえる子宮筋腫や、卵巣に腫瘍ができる卵巣腫瘍などが発症する確率もあがるとされています。 38歳で出産!二人目を産んだ方の例. 妊娠28週以降を妊娠末期群して分類した。 質的変数の独立性を妊娠時期とし、その検定には、χ 2検定を行った。データの集計、解析には統計ソフト SPSS 22.0J for Windowsを使用した。 6.倫理的配慮 倫理的配慮として、調査書に研究の意義、目的、方法 高齢出産というと、様々なリスクがあるというイメージがあるもの。ただでさえ妊娠・出産は何が起こるか分からないのですから、年齢的なことを考えると気を引き締めておく必要があります。ですが、リスクを怖がるだけでなく、前向きに捉えて意識を高く持つことが実は大切なのです。 3人目を産んだのは38歳の時。 経産婦が38歳で出産、医学の発達した今では特に問題はないと思われていますよね。 保健師さんにも「お母さん、3人目でしょ?何言ってんの、経産婦さんならもう産道ができてるから大丈夫よお~!」と笑い飛ばされました。 妊娠・出産新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ), 妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。, 専門家アドバイスメールや豪華プレゼント応募など Copyright ©Benesse Corporation All rights reserved. 次は妊娠しやすい身体づくりの方法です。これまで48歳での妊娠の可能性やそのリスクに関してみてきましたが、実際に妊娠するためには何をしたら良いのか。具体的に気を付けたい点をみていきましょう。 10.30歳を相対リスク1とした場合の年齢別リスク比 妊娠高血圧症候群(2001~2010) 年齢 症例数 rr 95% ci 39 15,106 1.65 1.15-2.15 40 10,847 1.72 1.18-2.26 41 7.212 1.86 1.32-2.38 42 4,281 1.86 1.32-2.49 43 2.381 2.18 1.41-2.97 44 1,158 2.56 1.64-3.52 45 480 2.68 1.72-3.69 日本産科婦人科学会により、35歳以上での初産が高齢出産と定義づけられています。高齢出産になる理由は人それぞれ。ライフスタイルによるものであれば、ほしいのになかなかできなかった、というケースもあります。リスクを伴う高齢出産ですが、決して悪いことばかりではありません! 年齢別 不妊症頻度のグラフ。. 40代妊娠出産のリスク.