Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ を開きます。 指定した言語で書かれたウェブページにアクセスします。ページの翻訳が自動的に始まります。 その他アイコン をタップ [この言語を常に翻訳する] チェックボックスをオフにします。 最近、Google Chromeでサイトを閲覧していると、日本語サイトなのにも関わらず、「このページを翻訳しますか?」と下記のようなポップアップが表示されることがあります。 外国語サイト等の場合で、概 Chromeブラウザには、最初から搭載されている基本機能で「翻訳機能」が存在します。これを活用すると海外の文献やブログ記事などを日本語に変換して読むことができます。(変換精度は、高くない)ここでは、Chromeの翻訳機能を使う方法をご紹介します。 いくつかの文章をまとめて翻訳するのは気が遠くなる! そんな人におすすめなのが「Google Chrome翻訳」です。 設定しておけば、ワンクリックで1ページまるごと外国語のサイトを日本語に翻訳してくれますよ。 ※この記事の内容は2019年11月20日現在の情報です。 この記事では、ウェブページ全体をある言語から別の言語に翻訳する方法を解説します。 Webページに移動します。任意のウェブブラウザで、翻訳するWebページを開きます。 この中国語を翻訳しますか?と出てしまう時の解決方法 . chrome - 定義, chrome の発音音声とその他: a hard, shiny metal that is an alloy of chromium and other metals: Cambridge 英語-中国語(繁字体)辞典をもっと見る - Cambridge Dictionary Chrome で、外国語のWebサイトを訪問すると、このように「翻訳ツール」が表示されます。 よくアクセスするサイトで翻訳しなくても使い方を知っている、あるいは英語が堪能で翻訳は不要という方は、この機能を無効にしておきたほうがいいのかもしれません。 [言語] の下の [ 言語] をクリックします。. Chromeで翻訳できる外国語は英語だけではありません。スペイン語やフランス語、中国語などの翻訳にも対応しているのです。その追加方法を紹介していきましょう。 詳細設定の言語ウィンドウで外国語を追加する やり方は、Window10でもmacでも変わりません。 Webページを翻訳する方法. 使用する言語の横にあるその他アイコン をクリックします。. Get more done with the new Google Chrome. Chromeで英語のサイトを開いたら、勝手に翻訳され、日本語になってしまった。 言語のままで良かったのに、なんとおせっかいなことを。 どうやって自動翻訳をオフにすればよいのでしょうか。 Chromeの設定を確認. ワタシ ニホンジン デス! 下部の [ 詳細設定] をクリックします。. | , の後ろに「lang="ja"」を追加します。langはlangageの略で、jaはjapaneaseの略です。この記述は全ページに追記します。面倒臭い感じがしますがコピー&ペーストしていけば済むのでなんてことはないです。これでどんなブラウザでも翻訳しますか?と言ったダイヤログは出なくなります。. 中国語に「翻訳しますか?」と聞かれることがあります。 ページ内に漢字の割合が多く、Chromeが忖度して中国語のサイトと判定してくれているんでしょう。 ぜんぜん嬉しくないですね。 この不要な自動翻訳をhtmlの記述で回避する方法をご紹介します。 Webページ翻訳とは、翻訳サービスにURLを入力するだけで、Webページをまるごと翻訳することができる機能です。 単語だけでなく、ページ全体を翻訳することができるため、英語や中国語、韓国語などのサイトを読みたい時に活用することができます。 パソコンやスマートフォンでホームページを開いた時に、「この中国語のページを翻訳しますか?」とダイヤログが出てしまうことがあると思います。ページの中には日本語しか書いていないのに…なぜ? これは主にGoogle Chrome 少し前の記事でも紹介したGoogle翻訳。じつはGoogleスプレッドシートからも簡単に使えるそう&英作文がとても捗るらしい!と聞いたので早速試してみました。(GOTCHA! 編集部 イズミ) 目次 Google翻訳の使い方は簡単。関数を入れるだけ ここからが面白い! パソコンで Chrome を開きます。. このボタンをクリックすると、日本語に翻訳したり、翻訳を元の言語に戻したりできるメニューが表示されます。 ページの先頭へ. Chromeで「この中国語を翻訳しますか?」と表示されてしまうときの解決方法; Google Chrome の翻訳機能を Web ページ上で制御する - メモ用紙; Google がサポートしているメタタグ - Search Console ヘルプ; html lang="ja"は何のために書くのか - Qiita , 特定の言語ばかり使っていると、Chromeが気を利かせて「翻訳しますか?」と言って来てしまうのでそれを避けるための話, 上記を設定した場合でもダメなパターンがあるようで、その場合は下記を指定するとよい様子, 検証にこのページをおいてみたが、lang="ja" をしたらでなくなったので判定基準はそんなに単純ではない様子, shinkufencerさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 言語がリストにない場合は、 [ 言語を追加] をクリックして追加します。. Chromeで翻訳したいWebページを表示しておき、画面右上のメニューボタン(縦に3つの点が並んだボタン)をタップして[翻訳]をタップします。 2言語を切り替える. 右上のその他アイコン [ 設定] をクリックします。. A more simple, secure, and faster web browser than ever, with Google’s smarts built-in. ブログを報告する, Google Chrome の翻訳機能を Web ページ上で制御する - メモ用紙, Google がサポートしているメタタグ - Search Console ヘルプ, Google、「notranslate」タグ(属性)を導入 | 海外SEO情報ブログ, GoogleのSEOを鑑みたときにJavaScriptをどう使うべきかはガイドラインがある, HTMLのaタグで別ウィンドウまたは別タブを開くtarget=“_blank”の記述をする際は合わせ…, 劇場版SHIROBAKOの瀬川さんから正論を言ってしまう人との付き合いかたを考える, Railsのbefore_actionで通常のインスタンス変数をセットするのは、本当にそれが最適解か考えてからやってほしい, 早期returnにおける使い方のパターン(防御的プログラミング、あるいは分岐処理)をざっくりまとめる. とある日本人向けの普通の日本のよくあるサービスのホームページを作っていて、英語の表記も全くないのにどうしても「このページを翻訳…」が表示されることがあります。 体的な記述方法はこんな感じです。, AndroidのChromeで現象確認。 (2017年9月) 「中国語(繁体字)のページです。 日本語に翻訳しますか?」 と突然、Chromeが翻訳を提案してきました。 いやいやいやいや。 これ日本語のページですから!. Chromeで翻訳する外国語を追加する. Google Chromeで色んなサイトを見ていると、最近よく「このページを翻訳しますか?」と聞かれるようになった気がします。明らかに日本語のページなのに聞かれることも多いので、これについての原因と対処方法を調べてみようと思います。サイト側 . ChromeでWebページを翻訳する 1翻訳を開始する. Google翻訳がChrome拡張機能に追加されました。 同じGoogleアカウントをスマホやタブレットでも使用していて、さらに今回追加した拡張機能も使いたい場合は同期を有効にするを押します。今回は特に使用しない場合はそのまま×印を押してください。 翻訳方法. 漢字が多いと中国語かな?と思われるときがある. 解決方法は、以下の通りでした。 一番右上の縦に点が3つ並んでいるボタンを押して、一番したの設定を押す. これは、Chromeが勝手に中国語に翻訳して表示している訳ではなく、 「中国語ページにリダイレクトされている」と言うのが正しい言い方みたいです。 . Chromeで英語などの外国語サイトを開くと読むのに苦労してしまいます。しかし、Chromeの機能でサイトの内容全てを自動でページ翻訳することができます。Chromeのページ翻訳機能をPCとスマホで設定する方法をご紹介します。 Download now.