追加するプレイリストを選択; となりますね。 なれていないとメニューボタンがどこなのか探すことも多い思います笑 . iPhoneのショートカットがいまいち使いこなせない人 「ショートカットって何?」 「iPhoneのショートカットってどうも便利なのが無いんだよなぁ。 リストから選択. ショートカットでメニューを表示する 概要. iPhoneのショートカットアプリを使うことで、よく使うアプリやすぐに使いたい機能をワンタップで起動できるようになるので、今まで以上にiPhoneを快適に使えるようになります。ここではショートカットアプリの作成方法や使い方を紹介していきます。 「メニューから選択」アクションでは、ショートカット実行時の処理内容を決定することができます。あらかじめ定義されたリストからオプションを選択して、オプションごとに異なる一連のアクションを実行させることができます。 iPhoneではアプリによってよく使う機能があります。そんな時にはショートカットアプリの機能を使って簡単に操作できるようにすると便利でおすすめです。この記事ではiPhoneのショートカットのレシピ集ということで、おすすめのショートカットレシピをご紹介します。 複数を選択 はメニューから選択との大きな違いです そこで「ショートカット」を使い、iPhone内に散らばっている Payアプリをまとめて呼び出し、リストアップされたものから選択して手軽に起動できるようにしたいと思います。 「ショートカット」アプリのアイコンです。まずはこれを探してくださいね。 ショートカットの実行時にオプションをリストしたメニューを表示したいときは、「リストから選択」アクションを使用します。 例えば、「もうすぐ行われるイベントを取得」アクションを使用して直近15件のカレンダーイベントを取り込んだ後、「リストから選択」アクションを使用で … iOS13からのiPhoneアプリである「ショートカット」について、作り方や使い方などを簡単に分かりやすく解説します。ショートカットのレシピもいくつか載せているので、おすすめのレシピを知りたい方にも参考になるはずです。 メニューから選択. プロンプトはメニュー表示した時のメッセージ的なもの iPhoneのショートカットアプリで共有シートから実行する場合は、「受け入れ」を制限しておくといいですよ。 予期しない誤動作もそうですし、共有時のリストに表示されません。 ショートカットで複数の項目を操作するときには、リストアクションを使用して、ショートカットの次のアクションに渡されるデータの順序付きリストを作成できます。リストを手動または自動で絞り込んで次のアクションに渡されるコンテンツを制限するリストアクションを使用することもできます。3つのリストアクションがあります:「リスト」アクション、「リストから選択」アクション、「リストから項目を取得」アクションです。, 「リスト」アクションを使用してコンテンツの順序付きリストを作成するには、テキストを入力するか変数を挿入します。ショートカットを実行すると、「リスト」アクションのコンテンツが次のアクションに渡されます。リストを「クイックルック」アクションに渡すと、リストの各項目を一度に1つずつプレビューできます。, 例えば、テキストフィールドに設定する選択肢の簡単なメニューや(「拝啓」など)、選択元になる一連のアルバムタイトルに「リスト」アクションを使用できます。, 「リスト」アクションは変数を保持することもできます。例えば、「リスト」アクションを使用して、複数の種類のコンテンツをまとめてグループ化できます(ファイル、写真、位置情報など)。その後、そのリストを別のアクションに渡したり、あとでそのリストの項目を使用したりすることができます。, 「リスト」アクションでテキスト文字列内に変数が追加されると、その変数は強制的にテキストになってリスト項目に挿入されます。, 「リスト」アクション内の変数を並べ替えることは、「変数に追加」アクションを使用して変数を一度に1つずつ手動で追加することに似ています。, ショートカットの実行時にオプションをリストしたメニューを表示したいときは、「リストから選択」アクションを使用します。例えば、「もうすぐ行われるイベントを取得」アクションを使用して直近15件のカレンダーイベントを取り込んだ後、「リストから選択」アクションを使用できます。このショートカットを実行すると、15件のカレンダーイベントを含むメニューが表示され、いずれかを選択するように求められます。, 「リストから選択」アクションでは、ショートカットの実行時に、オプションをリストしたメニューで高度なプレビュー(イメージや地図の場所など)を表示できます。例えば、「最新の写真を取得」アクションを使用してフォトアルバムから最新5枚のイメージを取り込んだ後、「リストから選択」アクションを使用できます。このショートカットを実行すると、5枚のイメージを含むメニューが表示され、いずれかを選択するように求められます。, ヒント: 「最新の写真を取得」アクションのイメージなど、アクションが出力する項目に独自の名前を設定したい場合は、「最新の写真を取得」アクションと「リストから選択」アクションの間に「名前を設定」アクションを配置します。ショートカットを実行すると、「最新の写真を取得」アクションで出力されたイメージに、「IMG_0365」のようなデフォルト名ではなく、設定した独自の名前が適用されます。, 「リストから選択」アクションを「辞書」アクションと組み合わせた場合は、「新しい項目を追加」をタップすると、辞書内のすべてのキーが表示されます。「数字」、「ブール値」、「配列」など、選択するキーごとに、対応する値が出力として渡されます。, ショートカットを実行すると、「辞書」アクションで定義したキーが「リストから選択」アクションによって表示されます。, 「リストから選択」のデフォルトの設定では、実行時に単一の項目を選択するように求められます。「複数を選択」をオンにすると、アクションの実行時に複数の項目を選択できるようになります。「複数を選択」をオンにすると、「最初にすべてを選択」オプションが使用可能になります。「最初にすべてを選択」をオンにすると、リストのすべての項目がデフォルトで選択状態になります。そのため、ショートカットの実行時には、追加したくない項目の選択を手動で解除することになります。, 注記: 「リストから選択」アクションの出力はマジック変数として使用できるため、選択するコンテンツは後からショートカットのさまざまな位置で複数回使用できます。, ショートカットの実行時に項目のリストを自動的に絞り込みたいときは、「リストから項目を取得」アクションを使用します。ショートカットエディタで、オプションのリストを含むアクションの後に「リストから項目を取得」アクションを配置して、リストから単一の項目(最初の項目、最後の項目、ランダムに選んだ項目など)を取得するように「リストから項目を取得」アクションを設定します。リスト内での項目の順番を表すインデックスを使ってリストの項目を選択するように設定することもできます。, また、インデックスの範囲を指定して、リストから複数の項目を取得することもできます。例えば、6項目からなるリストを「リストから項目を取得」アクションに渡し、インデックスを3に設定すると、実行時にリストで3番目の項目が取得されます。6項目からなるリストを「リストから項目を取得」アクションに渡し、インデックスを3〜6の範囲に設定すると、実行時にリストで3番目、4番目、5番目、および6番目の項目が取得されます。. メニューから選択: 選択肢をユーザーに提示できる。「リストから選択」と違い、1アクションで実行できるうえ結果の分岐もくっついてくる(switch や match のような分岐) 制御構文系. リスト の部分に、リストを選択しておきます. iPhoneの使い方を革新する便利なショートカットアプリ. リストから選択する処理が必要な組み方と、メニューから選択で十分な組み方はそれぞれ自分で試してみましょう. これを便利にするショートカットが、 なんと、分岐も作れるんですね! これをミュージックから曲が流れている最中に実行すると. 予定管理もスムーズに【TODOリスト】 iPhoneのリマインダーに今日のやるべきことをリスト化している人も多いことでしょう。 このリマインダーもショートカットに追加できるため、Siriから簡単にやるべきことを確認することができます。 「メニューから選択」アクションでは、ショートカット実行時の処理内容を決定することができます。あらかじめ定義されたリストからオプションを選択して、オプションごとに異なる一連のアクションを実行させることができます。これにより、ショートカットの厳密な構造を保ちながら柔軟性を維持できます(実行時のコンテキストによって異なります)。, 「リストから選択」アクションでは、ショートカットの実行時に選択する項目(イメージや曲名など)のリストを作成するのに対して、「メニューから選択」アクションでは、ショートカットの実行時にこれから行う操作を選択するためのオプションのリストを作成します。「メニューから選択」アクションはショートカットの分岐を作成するものであるとみなせます。ショートカットは選択したオプションに応じて異なる方向に送られて、固有の動作をします。, 「メニューから選択」アクションの各メニューオプションには、対応するマーカーが割り当てられます。マーカーは、ショートカットエディタで「メニューから選択」アクションの下にタグとして表示されます。各マーカーはその時点でショートカットが実行するさまざまな操作を表します。マーカーの下には、メニューでそのオプションが選択されたときに実行するアクションを配置します。例えば、「メニューから選択」アクションを追加し、「初対面の挨拶」と「再訪の挨拶」という2つのオプションを作成した場合、「初対面の挨拶」マーカーの下に「テキスト」アクションを追加して、「本日はお会いできて大変光栄です。」という文字列を入力します。ショートカットを実行して「初対面の挨拶」を選択すると、「メニューから選択」アクションから、ショートカット内の次のアクションに、「本日はお会いできて大変光栄です。」の文字列が渡されます。, 注記: 画面の中央に各アクションを接続する線が表示されますが、実際には選択しなかったオプションに対応するアクションはスキップされます。「メニューから選択」で選択できるオプションは1つだけであり、その選択によって使用されるアクションが決まります。, ヒント: 各メニューオプションでは名前内に変数を使用して動的にすることもできます。例えば、上記の「再訪の挨拶」オプションに「現在の日付」変数を追加すれば、ショートカットを実行して「再訪の挨拶」を選択したときに当日の日付が自動的に追加されます。. 現在の価格はApp Storeから確認ください. メニューでショートカットを選択して実行できるようにします。 これで何が良いかというと、ウィジェットからメニューに表示されたショートカットを選択することで、アプリを起動するのが簡単になります。 準備 「ショートカット」アプリのライブラリアイコンをタップ 「ショートカット」アプリの各ショートカット編集画面の再生ボタンをタップ(後述) ホーム画面に追加したアイコンをタップ; シェアエクステンションから選択; ウィジェットから選択 と幅広いです. iOS 13から標準アプリとなった「ショートカット」。本記事では、概要から使い方、ショートカットの作成やカスタマイズ方法、オートメーションの作成方法、iOS 14で搭載された機能など実際に使えるショートカットを例に解説する。 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「ショートカット」→「共有セキュリティ」の「信頼されていないショートカットを許可」をオンにしてください iOSのショートカットには、多くのアクションが用意され、iPhone、iPadで利用できます。iOS14対応のショートカットで利用できる全アクションと全オートメーションを一覧にまとめました。アクションの使い方は、各アクションの(i)アイコンをタップすると確認できます。 iOS13から常設アプリとなったiPhoneの「ショートカット」アプリについて、新機能である「オートメーション」を使った便利でおすすめなレシピを紹介しています。自分の行動がトリガーになり、ショートカットが自動実行します。 アクションを追加すると、中々大きなアクションが入ります. そのために、iPhoneの「リマインダー」を買いものリストとして利用しているのですが、iOS 12から新登場したアプリ「ショートカット」と掛け合わせることで、とてもスマートに買い物リストへの追加ができるようになりました。 Copyright © 2021 Apple Inc. All rights reserved. 共通ショートカット. iPhoneのショートカットアプリの使い方③ミュージックで指定のプレイリストを流す 通勤中に音楽を聴くときに便利なショートカット。 ミュージックアプリを起動→プレイリストを選択の流れを1タップ で実行します。 このショートカットはほとんどのアプリで有効です。 * Ctrl+Shift+左/右矢印: 選択開始位置から、その行末or行頭までのテキストを選択 (「Mac:Ctrl +Alt/Option」と元記事にありましたが、Windowsと同じキーでもOKの場合も) ショートカット Apple 仕事効率化 無料 ※価格は記事執筆時のものです. 入力済みのデータをリストとする方法はExcelでの入力の仕方 で[Alt]+[↓]キーを押して、リストを表示する方法を説明しました。 このページでは入力規則という機能を使ってドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成する方法を説明します。 iPhoneでの一連の操作を自動化する「ショートカット」は、自宅へのルート検索にも応用できます。Apple純正の「マップ」だけでなく、「Googleマップ」にも対応しているので実用的です。 今回は「リストから項目を取得」と「それぞれで繰り返す」のアクションについてです. iPhoneに入っている曲数が多い人の場合プレイリスト作成のために曲一覧をスクロールするだけでも大変な作業ですから、効率化と操作性を高めるためにも賢くショートカットを活用して … iOSの「ショートカット」は、複数の操作やアプリを必要とする一連の作業を予め登録しておくことで、いつでも最短ワンタップで作業を自動化できる時短アプリです。いつもやっているルーテイン操作・作業をまとめて実行することができます。 「ショートカット」は「アクション」という特定の機能を実行する単一ステップから構成されています。 その単一ステップである「アクション」を追加・組み合わせることで、一連の一つの「ショートカット」を作成すること … iPhoneで使える「ショートカット」アプリの使い方を詳細な図入りで完全解説しています。どういうものか。設定から追加や削除、並べ替え、共有の方法など、必要な知識を網羅。使いこなして一歩先を行くiPhoneユーザーをめざしましょう! リストから選択して入力する Topへ. ショートカットアプリを活用してiPhoneを便利に利用したい人やおすすめのショートカットレシピを知りたい人に向けてショートカットの作成や設定方法、削除方法を詳しく紹介しています。ショートカットをホーム画面やウィジェットに追加する方法も解説しているのでぜひ参考にして … 「ショートカット」アプリを開き、topページに出てくる「+ショートカットを作成」をタップします。 アクション・リストから「メニューから選択」を探して指定、「プロンプト」に以下の3つのアクション名を設定します。 Appleがコミュニティやら公開手段を設けていないからか、はたまた私の探し方が悪いのか、ショートカットは無類の便利さを誇るはずなのにイマイチどこで公開されてるのかわかりません。 リストと組み合わせて使うのはこっちがメインです. プロンプト とは、リスト展開時のメッセージみたいなものです 詳しくは以下で. Copyright © 2021 Apple Inc. All rights reserved.