= IF ( C5 <> "", "何か入っている", "何もなし") このIF関数を解説すると、 『C5 <> “”』 が判定式となり、『<>』は否定、『””』は空(未入力)をあらわします。. ある文字列が含まれているかを調べるのに文字列操作系InStr関数を使います。 InStr関数は、指定した文字列の中に探したい文字列がある場合は、探したい文字列の先頭の文字が最初からの何文字目かを返します。 探したい文字列がない場合は0を返します。 VBAあるあるです。 「a Not Like b」だっけ? 「a Like Not b」だっけ? 「a Like Is Not b」だっけ? 正解は「Not a Like b」です。 それを踏まえて、以下では通常のLike検索と、Like否定検索について説明します。 指定文字列が含まれるか検索(Like) Excelを使うときに多い操作は、罫線で表を作る、文字やセルの背景に色をつける、ではないでしょうか? VBAで文字や背景に色をつけることができると、とても便利ですよね。本記事では、 セルに色を設定する方法 セルの色を取得する方法 といった基本的な内容から、 セルの色をクリアする方法 Sub CheckVoidCell () Dim s s = Range ("A1").Value If (IsEmpty (s) = True) Then '// If (s = "") Then Debug.Print "入力なし" Else Debug.Print "入力あり" End If End Sub 1 2 3 D5には次の数式が入力されています。. vbaで文字列を比較する方法を紹介します。 比較演算子 = と <> 文字列を単純に比較するには、比較演算子= 、<>を使用します。=は「等しい」(完全一致)、<>… 複数条件をスッキリ書くにはSelect Case文が最適。条件には特定の範囲を指定でき、Isと比較演算子を組み合わせて値の大小も比較可能。本記事では、Select Case文の書き方はもちろん、If文との使い分けも解説します。 Excel VBAで文字列を切り出す方法とその実用例についてご紹介します。文字列を左から、右から、中間を切り出すには、Left、Right、Midでできます。 vbaでaaaとcccとbbbの文字だけ赤字にすることは可能でしょうか? aaa、bbb、ccc共に一つのセル内に重複していますが、全て赤字にしたいです。 ちなみに実際に使う文字は3文字というわけではないので、文字数汎用で使えるような 仕様を教えてほしいです。 文字列操作は、マクロVBAでプログラミングする上で必須です、データ整形、データクレンジング、データクリーニング、これらを行うVBAにおいて不可欠なものが、文字列操作関数です。ここでは、文字列操作に関するVBA関数の一覧と Replace関数、InStr関数、StrConv関数について解説します。 ・文字列を特定の位置から切り出したい・ファイル名の一部を抽出したいといった悩みを解決していきます。セルのデータだったりファイル名から文字を一部抜き出したい時がありますよね。例えばファイル名が枝番になっており、その番号を元に別のファイルを開き 文字列の中の特定の文字をsubstitute関数や置換機能で削除する方法; エクセルで関数や関数以外で数値を文字列に変換できる4つの方法; 検索した特定の文字の前までの文字列を先頭から抽出する数式の紹介 文字列比較において部分一致やパターンマッチングでの文字列比較を行う時に使うのがLike演算子です。Like演算子は、2つの文字列のパターンマッチングを行い、規則に一致しているかどうかの結果をTrue(一致)またはFalse(不一致)で返します。 IsNumeric IsNumeric関数は引数データが数値かどうかを判定します。 引数は数値型である必要はなく、”1.5″のように文字列でも数値として判定されます。 数値であれ … Excel VBA でA列の中に、1か10以外の数字があった場合にB1のセルに×と表示させるにはどうすればよろしいでしょうか?よろしくおねがいします。こんにちは!一例です。Sub test() Dim i As Long For i = 1 To Cells(Rows.Count, 1) この「”」自身を文字列として表示したい場合はエスケープシーケンスで対応するわけですが、vbaではまさかのエスケープ文字も「”」です。 つまり「”」を文字列として出力したければ「” ” ” ”」というコードになります。両端が文字列括り、2つめがエスケープ文字、3つ目が実際の表示文字です。 InStr関数とは、 戻り値はVariant型になります。 InStr関数は以下のように記述して使用します。 ここで一例を紹介します。 例えば、以下のように記述したとします。 この場合の返り値はどのようになるでしょうか。 このプログラムでは、文字列”ABCDEFG”の中から文字列”C”を検索し、”C”が見つかった位置の番号を返しています。 文字列”ABCDEFG”において”C”は3番目にありますね。そのため、InStr(“ABCDEFG”, “C”) … ・コピ作業を自動化したい・vbaでのコピペの方法を知りたいといった悩みを解決していきます。別ファイルからデータをコピーして指定の列に貼り付けるような作業はめんどくさいですよね。今回はそのコピペ作業を自動化する方法について解説します。 VBAの標準機能では、正規表現によるマッチングができません。しかし、正規表現に似た働きをする演算子があります。それはLike演算子です。 なお「"のような"では困る。正規表現を使いたいんだ!」という方は「正規表現によるマッチング」をご覧ください。 VBA IF文 何かしらの文字列がある場合の表記 VBA IF文についてご教授ください。 A1に文字列が"ない"場合の表記は If Range("A1") = "" Then で表記することができますが、 反対に、何かしらの文字列が"ある"場合はどう表記すれば良いのでしょうか? こんにちは!フリーランスの長野です。 文字列の結合って使っていますか?「&」記号を使って結合するのが一般的ですが、文字列の数が多くなると処理に時間がかかります。 そこで高速に処理するために、MidステートメントやJoin関数を使う方法があります。 表の中である条件をクリアしたら文字色を変えて目立たせたいことありますよね。もし、特定の範囲の列の値が だったら赤文字、そうでなかったら黒文字にするってvbaコード意外と見つけられないですよね VBAである文字列を数値に変換できるかどうか調べるには、IsNumeric関数を使用します。 IsNumeric関数の使用法 構文は下記です。 [crayon-5fe673ea0159c1457393… 想定外な文字列を作ってしまう原因は「文字列内の””は”1文字」ということへの理解がまだ希薄なことが原因です。 まとめ あなたはLike演算子を使っていますか? 正規表現が使えない場合に、Like演算子で代替することができて便利です。 この記事では、Like演算子について基本的な使い方から、 ワイルドカードのエスケープ Likeの否定(Not) 複数条件を指定するには 大文字小文字の区別なしで使用するには まずは、一番単純なパターンです。 たとえば、A2セルに「新宿」と入力されていれば「○」、それ以外の場合には「×」と表示させるには、次のような数式を入力します。 「新宿」のような「文字列の条件」を入力するときには、周りをダブルクォーテーション(「"」 Shift + 2)で囲います。 しかし、文字列[“”]、と思ったのであれば、もう1つ覚えておきましょう。 “””と書くと、続く文字も文字列に含まれる. Excel VBAで文字列を削除する方法についてご紹介します。文字列を削除する方法は2パターンあって、文字列を置換して削除する方法と、文字列の範囲を置換して削除する方法です。Replace、Substitute、Right、Leftを使った方法をご紹介します。 01.文字数を調べる 【書式】 Len(文字列式) Len関数は指定した文字列式に含まれる文字数を返します。 【サンプルコード】 そして、IF関数の内容を解説用としてE列に表示させています。. つまり、『C5 <> “”』は 『C5のセルが空(未入力)でないか?. 特定の範囲内から条件に当てはまるセルを検索するにはFindメソッドが便利です。本記事では全文一致・部分一致での検索はもちろん、複数セルを検索するFindNext, FindPreviousメソッドも解説します。 今回説明するのは、WorksheetFunction.Substitute メソッドの利用方法を説明いたします。指定した文字列に対して文字を置換えを行う時に使用します。Replaceメゾットでも文字列を置換する事は出来ますが、今回は、Substitute メソッドを利用した置換・一括変換・置換リストの説明をいたします。 vbaの文字列関数は使いこなすとすごく便利最近vbaだけでなく、rpaだったり他のプログラミング言語だったりをちょこちょこと使う機会があったのですが、今さらながらvbaの文字列関数の便利さに気づきました。(他の言語でも似たような関数はあるの 空文字列と書きましたが、空文字列という表現がかなり曖昧な表現になっています。ここでいう空文字列とは、文字列が入るべき場所に、何も入っていない(ように見える)状態を指しています。vbaにおいては、空文字列の状態が2つあります。 ・文字列の中に特定の文字があるか判別したい・特定の文字を含むセルだけ処理を行いたいといった悩みを解決していきます。vbaを使っていると特定の文字が含まれているか判別したくなりますよね。例えばこんな時です。・ファイル名に特定の日付やサンプ … 』 という … Excel VBAで複数条件と複数の文字列で検索して判定する方法についてご紹介します。複数条件で文字列を判定するには、InStrを組み合わせてVBAコードを組むことでできます。複数文字列の検索は、InStrとDo Whileを組み合わせるとできます。