人口の増減に最も大きく影響するのが、出生率です。 出生率は一定人口に対する年間の出生数で測られる指標。そのなかでも、ニュースなどでよく取り上げられるのが、合計特殊出生率です。この指標は、一人の女性が生涯に何人の子供を持つか、を計測しています。計測方法として、一人の女性が出産可能である期間とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示しています。 合計特殊出生率を算出することで、異なる母 … 少子化は日本で大きな問題となっており、今後も進行していくことが予測されている。少 子化に悩まされている国は日本だけではなく、アジア諸国の合計特殊出生率のデータを見る と、日本と同様に少子化が進行している国が多く見られる。 Key words: グローバルな高齢化, 社会老年学の課題, 東アジアの高齢化, 高齢者と児童 (日老医誌 2004; 41: 263-265) グローバルな高齢化 2000年 の世界の総人口は60億7,000万 人, 2050年 に p���1}�=| 6�Y2��M}81. 0000002424 00000 n N�1:��I��GN�'���^~�Rso�p�2�3A1�\�V�tP:j��X�� 少子化社会対策基本法に基づき毎年国会に提出(法定白書)。今回で17回目。 <少子化社会対策基本法>(平成15年法律第133号) 第9条 政府は、毎年、国会に、少子化の状況及び少子化に対処するために講じた施策の概況に関する 韓国議会予算局【経済懸案分析 94 号】「韓国の少子化の原因と経済的影響」 大韓民国政府「 2016-2020 第 3 次少子高齢化社会基本計画」 日本経済新聞 2019 年 2 月 27 日「韓国 18 年出生率、初めて 1.0 割れ 世界最低水準に」 〈 注〉 1 . 340 0 obj << /Linearized 1 /O 343 /H [ 1218 1229 ] /L 1475111 /E 97687 /N 18 /T 1468192 >> endobj xref 340 30 0000000016 00000 n ��ފ�D���H����p*�0�%�k!-�[B@�{���F6���0� 9wt�ޓ��$�*8Ԫ��^����j7t�}�>Ҟ:��u����9�Ň�$��[�0a�GQ�w�� �f1| endstream endobj 115 0 obj 260 endobj 26 0 obj << /Type /Page /MediaBox [ 0 0 515.90552 728.50394 ] /Parent 21 0 R /BleedBox [ 0 0 515.90552 728.50394 ] /TrimBox [ 0 0 515.90552 728.50394 ] /CropBox [ 0 0 515.90552 728.50394 ] /ArtBox [ 0 0 515.90552 728.50394 ] /Contents [ 39 0 R 45 0 R 47 0 R 51 0 R 53 0 R 58 0 R 60 0 R 109 0 R ] /Resources << /Font << /C0_0 29 0 R /C0_1 31 0 R /C0_2 35 0 R /C0_3 37 0 R /C0_4 33 0 R /C0_5 44 0 R /C0_6 41 0 R /C0_7 49 0 R /C0_8 56 0 R >> /ExtGState << /GS0 110 0 R /GS1 111 0 R /GS2 112 0 R /GS3 113 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Thumb 12 0 R /Rotate 0 >> endobj 27 0 obj [ 66 0 R ] endobj 28 0 obj [ 71 0 R ] endobj 29 0 obj << /Type /Font /BaseFont /EMWBUY+Ryumin-Medium /Subtype /Type0 /Encoding /Identity-H /DescendantFonts 28 0 R >> endobj 30 0 obj [ 96 0 R ] endobj 31 0 obj << /Type /Font /BaseFont /UFATKS+Times-BoldItalic /Subtype /Type0 /Encoding /Identity-H /DescendantFonts 34 0 R /ToUnicode 32 0 R >> endobj 32 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 69 0 R >> stream 東アジア福祉システムの展望 115 的福祉国家」では国家が中心的で、市場と家族が周辺的と定式化した(Esping-Andersen, 1999: 85; 邦訳、2000: 129)3)。 一方、エスピン nアンデルセンの国際比較は、日本や東アジア諸国を対象外としていた。 東アジアにおける高齢化の進展と 政策的対応の課題 [要 旨] 1. 0000007561 00000 n 0000043763 00000 n 0000002447 00000 n 資料1:日本の出生数と合計特殊出生率の推移 wikipediaより引用 資料2:先進国の合計特殊出生率(2003) 社会実情データ図録より引用 - はじめに 5月5日、6日のエントリー「少子高齢化社会を考える。その1、その2」で書ききれなかった少子化について考察します。 すなわち、東南アジア地域の少子高齢化を巡る問題は進行速度の速さゆえによ り一層の深刻さがあるといえる。まず、急速な少子高齢化のため、対策を講じる 時間的余裕が限られていることだ。つぎに、社会保障制度などの構築が十分でな ���c ش���ޚ� 日本や欧米のみならず、アジア各国では現在少子高齢化が進んでいます。その中でもタイは、aseanの中で最も少子高齢化が進んでいる国であるといわれています。以下にそのことを示すデータを2つ紹介します。 149 0000003388 00000 n 少子化(しょうしか)とは、. 0000001066 00000 n 0000042789 00000 n 24 0 obj << /Linearized 1 /O 26 /H [ 2303 375 ] /L 301042 /E 281630 /N 3 /T 300444 >> endobj xref 24 92 0000000016 00000 n 0000002188 00000 n 0000002678 00000 n 0000003263 00000 n 0000003292 00000 n 0000003321 00000 n 0000003456 00000 n 0000003485 00000 n 0000003642 00000 n 0000003967 00000 n 0000004112 00000 n 0000004141 00000 n 0000004289 00000 n 0000004318 00000 n 0000004468 00000 n 0000004490 00000 n 0000005641 00000 n 0000005662 00000 n 0000005798 00000 n 0000005827 00000 n 0000005857 00000 n 0000005994 00000 n 0000007044 00000 n 0000007066 00000 n 0000008516 00000 n 0000008538 00000 n 0000008676 00000 n 0000008705 00000 n 0000009966 00000 n 0000009988 00000 n 0000011087 00000 n 0000011108 00000 n 0000011513 00000 n 0000011676 00000 n 0000011705 00000 n 0000012512 00000 n 0000012533 00000 n 0000013168 00000 n 0000013189 00000 n 0000013211 00000 n 0000013451 00000 n 0000017980 00000 n 0000018056 00000 n 0000018220 00000 n 0000018463 00000 n 0000019597 00000 n 0000019618 00000 n 0000019845 00000 n 0000020025 00000 n 0000021025 00000 n 0000021101 00000 n 0000021122 00000 n 0000021200 00000 n 0000021222 00000 n 0000021298 00000 n 0000021494 00000 n 0000021516 00000 n 0000022745 00000 n 0000022979 00000 n 0000023219 00000 n 0000037968 00000 n 0000038199 00000 n 0000038222 00000 n 0000038641 00000 n 0000038717 00000 n 0000038924 00000 n 0000039283 00000 n 0000039304 00000 n 0000039544 00000 n 0000039622 00000 n 0000039644 00000 n 0000042275 00000 n 0000042504 00000 n 0000042665 00000 n 0000042741 00000 n 0000042907 00000 n 0000042983 00000 n 0000043006 00000 n 0000046639 00000 n 0000046663 00000 n 0000046688 00000 n 0000260636 00000 n 0000260713 00000 n 0000279555 00000 n 0000279788 00000 n 0000280028 00000 n 0000280881 00000 n 0000280962 00000 n 0000281046 00000 n 0000281128 00000 n 0000002303 00000 n 0000002656 00000 n trailer << /Size 116 /Info 22 0 R /Root 25 0 R /Prev 300434 /ID[<61be0ae1c9a2bb7e0e6b845c00d44833>] >> startxref 0 %%EOF 25 0 obj << /Type /Catalog /Pages 21 0 R /Metadata 23 0 R /ViewerPreferences << /Direction /L2R >> >> endobj 114 0 obj << /S 55 /T 288 /Filter /FlateDecode /Length 115 0 R >> stream |�R���4����sQq��%��5[�i�ի�c��rҲ¿��{���\l?�H��0TX�̪{�RCC7j{�-�y9H7F����_0rm��"h����;�a�>�ֆ��!u�{�n�� 7�^=~/^�${�����^y�0U¦����a-s!՛-˺�fګ�i\�q�,�yn����x��+5`u����Ôc-ˣ�N0I~�!�U��ĵ�zX.�\�rU���u/�J�箨���"��j��ߒX���K��~��e���Y]u�4� ���#v1Ӫ�&�R�G�y 冷水 豊. アジアの人口問題:少子化とその背景 1.はじめに アジアは1960年代中期に年率3%近い爆発的な人口 増加率を記録したが、その後多くの国で家族規模を制 限するための人口抑制政策を実施した結果、1980年代 以降増加率は著しく低下した。 T��@��e��?�nA�H�U��`l3&޴��Ync&�3��6.I����",(��Vü�I���=���y@?�Y���vD��{�=��k��c:p��V���R})��9�m'�&�&���!���L�K.���py����ro��e@��D�~F����u�y8�>�:�'m�Z�Gh��f�h��}��8no8�d֒p+��L�T$�v64D!�)�S�M����+��������P������f�j�OOy�� �stmb1���x��#���%�o߉�*�z�%rB�V�8��|7�2�� 9i�I��lްfZ@(aľA���%���`n����(���M�w�"o���(3W�X����y3w:�ŗ�և;��-�@QD��T�ݭܭ���ϬJ�(�jѢ���/�ؤ�J�қ���=ς[�|/1}/"�� ͝[I� グローバルな高齢化と日本の課題. 2.1 何が急速な少子化をもたらしたのか 第一節では、実際に実数値と推計値を使って如何ほどの総人口が減っていくかを考察したが、 本節では、少子化社会となった時代背景を捉えて、少子化社会から派生する問題点を提示してい 5 阿藤(2007)、p.1. アジアの少子化の背景要因として4つの仮説を提案する。 1.急速に進行する少子化 (1)アジア諸国の低出生力 少子化とは、合計特殊出生率(以下「出生率」)が、その国の人口が増 加も減少もせずに均衡する出生率の値である人口置換水準 日本の場合 少子化(しょうしか)とは、 . �:W.{XPv�5�O����N\�P�!���AL����e6���|�g۝#��v��9oQ��77�zF˝��h`�e�mAc�%u�#��7mS��&5�k����|��&�r!���� タイの少子高齢化の現状. 0000047276 00000 n %PDF-1.3 %���� 東アジアにおける少子高齢化と持続可能な発展 : 日中韓3国の比較研究 その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: ヒガシアジア ニオケル ショウシ コウレイカ ト ジゾク カノウ ナ ハッテン : ニッチュウカン 3ゴク ノ ヒカク ケンキュウ 0000096636 00000 n :�[&����nq�`wx�飲B:a��)J'mx��҈++��+;�^��o��U���s�kC�q��R��P�s��q�C�.��"�5U #oޛ4g�? trailer << /Size 370 /Info 338 0 R /Encrypt 342 0 R /Root 341 0 R /Prev 1468181 /ID[<5be42ef62a85fe69bbc183fe72cb6876><68eeb479f4bf5f5d555cea6fb89cdcbc>] >> startxref 0 %%EOF 341 0 obj << /Type /Catalog /Pages 336 0 R /Metadata 339 0 R /PageLabels 334 0 R >> endobj 342 0 obj << /Filter /Standard /R 2 /O ( U�V�.�`�����Dz�-���#_m�_�}�g) /U (����7�3���6��u���+��f�A8�Pt�V��) /P -60 /V 1 /Length 40 >> endobj 368 0 obj << /S 779 /L 1469 /Filter /FlateDecode /Length 369 0 R >> stream 0000000969 00000 n @�Ʈ���X^��+��E��0s���W���&. 近年にみる東アジアの少子高齢化 97 Ⅱ 急速に進む高齢化 東アジアの少子化はこの地域の高齢化をもたらす。一般に65 歳以上の人口が全体の7% に達すると「高齢化社会(aging society)」、14%に達すると「高齢社会(aged society)」と呼 ばれる。 0000043842 00000 n 少子高齢化はもはや先進国特有の問題ではない。「世界の成長センター」として発展 著しい東アジアでも同様に進展している現象である。というよりも、むしろ今後を展 0000004598 00000 n R��.�[������� M�[�b�m��jU@����q"pP�͔����:oꕾS��m�i�8���a�-|��B�#���M��D=���о��JPן���yO���%��r {�8϶{�Gb����V*�K��,a%:���9D6c��闉ths1��~��ҏ�r���F� こうしたことを背景に、韓国政府は、2003年12月に大統領府に委員会(「高齢化と未来社会委員会」)を設置した。同委員会は、2004年1月に「少子・高齢社会対応のための国家戦略」を策定し、同年6月に「育児支援方案」を策定した。 Z>@���:�'!C�&H�>JͿ�7�?<7���8�գ��` 2 M�W�ڦ�,W�T�yAx\{�RM��l��j#����M��ݒ�7Tc�h��}Y�rX��u�� ,aW[� ��F��������y��*��Z�|a�����/'%o!�GzHW�Ӫ�  ���?Є�N�r����E�� B���P[|��a����;����-.�C� endstream endobj 369 0 obj 1111 endobj 343 0 obj << /Type /Page /Parent 335 0 R /Resources 344 0 R /Contents 352 0 R /TrimBox [ 0.047 0.248 515.953 728.752 ] /BleedBox [ 0 0 516 729 ] /MediaBox [ 0 0 516 729 ] /CropBox [ 0 0 516 729 ] /Rotate 0 >> endobj 344 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text ] /Font << /F1 349 0 R /TT2 345 0 R /G1 350 0 R /G2 346 0 R /G3 351 0 R >> /ExtGState << /GS1 358 0 R >> >> endobj 345 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /FirstChar 32 /LastChar 150 /Widths [ 250 0 0 0 0 833 0 0 0 333 0 0 250 333 250 0 500 500 500 500 500 500 500 500 500 500 278 278 0 0 0 0 921 722 667 667 722 611 556 722 722 333 0 0 611 0 722 0 556 0 667 556 611 722 722 944 0 0 0 0 0 0 0 0 0 444 500 444 500 444 333 500 500 278 278 500 278 778 500 500 500 0 333 389 278 500 500 722 0 500 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 500 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /BaseFont /JJFPFI+TimesNewRomanPSMT /FontDescriptor 347 0 R >> endobj 346 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /IwaOMinPro-Md-90msp-RKSJ-H-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 361 0 R ] >> endobj 347 0 obj << /Type /FontDescriptor /Ascent 891 /CapHeight 720 /Descent -216 /Flags 34 /FontBBox [ -568 -307 2000 1007 ] /FontName /JJFPFI+TimesNewRomanPSMT /ItalicAngle 0 /StemV 94 /FontFile2 356 0 R >> endobj 348 0 obj << /Type /FontDescriptor /Ascent 718 /CapHeight 718 /Descent -207 /Flags 262176 /FontBBox [ -170 -228 1003 962 ] /FontName /JJFPIJ+Helvetica-Bold /ItalicAngle 0 /StemV 140 /XHeight 532 /StemH 140 /CharSet (_���cP>��/�rnZ�^��:�p��eq�Cg��2�k�Z") /FontFile3 357 0 R >> endobj 349 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type1 /FirstChar 46 /LastChar 54 /Widths [ 278 0 556 556 556 556 556 556 556 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /BaseFont /JJFPIJ+Helvetica-Bold /FontDescriptor 348 0 R >> endobj 350 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /PGothIWA-HW-Bd-90ms-RKSJ-H-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 365 0 R ] >> endobj 351 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /MS-Mincho-90ms-RKSJ-H-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 353 0 R ] >> endobj 352 0 obj << /Length 2516 /Filter /FlateDecode >> stream %PDF-1.4 %���� 出生数が減少すること; 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる) (高齢化の対義語として)子どもの割合が低下すること; 子どもの数が減少すること 少子高齢化とは出生率(子供が生まれる人数)が減る一方、医療の発達により平均寿命が延びたことが原因で人口全体を占める子供の割合が低下(少子化)し、 65歳以上の高齢者の割合が高くなること(高齢化)をいいます。 ちなみに「少子高齢化」とよく言われていますが、現在日本では世界で例をみないほど少子高齢化が加速していることから“超少子高齢化”とも言われています。 x�"�+z J�S�����K��L~cQ w�� q�¬�̢���@�v�0��������7X>d �?D����h�ro2Q��8����U�X��J���n�Y�����K���t�P�/��%5�9���r �%��BD�)+%�z:T�`�^f�Dc̓Bb��E�Y�M������N1m*�@�h`��LI�q�a]�T�r˿��(A�����ʋ����#���ꏉ2t'n�B�C`�܍����w����{�V^�Q��Z2�F�;���. 子化の動向,少子化の人口学的メカニズム,少子 化の社会経済的・文化的背景,少子化への政策対 応について,国際比較をまじえつつ考えてみたい。 1.少子化の時代:少子化社会から 超少子化社会へ 1992年に政策用語としての「少子化」が登場し 70歳雇用を推進する背景と今後の課題は?の記事ならニッセイ基礎研究所。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。 0000096853 00000 n 0000096367 00000 n 高齢者介護の問題は,急速に進む人口の高齢化および高齢者をめぐる家族形態の著しい変化が もたらす課題の1 つである。日本では,従来(特に2000 年に介護保険制度が導入される以前)高 齢者介護は主に家族によって担われてきた。 0000002829 00000 n 少子化高齢化は先進国の問題と思われてきましたが、その波は広く発展途上国にも広がりつつあります。 韓国、台湾、中国などの東アジア諸国はもとより、シンガポール、タイ、インドネシアなどの東南アジア諸国にも少子化が広まりつつあります。 �00�����~/��z�3D��˸�ŲK'Փ�N��7��&�o�JD����c�}��!=(��w��������ĀH�>� |�>�gs(��װ� m�,a΂�z�.��v=q�5�����znBo��t`3��0��=�m�� Y��17jo�}@՞�M�Q�k����sDt��>�� �}����qK�jZ�馚��`4D�@͕� ��1" �? �O�0��w��{�E3�~��KCzw�0K�59Fa�)8��Z 0000003546 00000 n これは少子化による要因もありますが、1970年以降は急速に高齢化が進んでいるのが現状です。 高齢化社会から高齢社会へ移り変わってきた日本の高齢化の進行はどのように推移してきたのか、その時代の背景や要因とともにこの記事で紹介します。 H�\��j�0E���Y&���}�#/��n? 出生数が減少すること; 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる) (高齢化の対義語として)子どもの割合が低下すること; 子どもの数が減少すること しかし少子化が続くと今度は65歳以上の高齢者層の割合が次第に上がり、老人福祉への支出が増大、人口ボーナス期は終焉を迎える。 日本は既に1990年代に人口ボーナス期を終えているが、アジア諸国もそう遠くない時期に人口ボーナス期が終わる。 0000047168 00000 n {۹�� 0000046682 00000 n 0000007403 00000 n �3����]E���)_a��N7{�L����kR���s�9����iL(::P5���O6������癑�-���XЎ �׳v�p�|j�C1?���;� ��i���@��ʟ���b���CӺo[b��Z]���C�Z�N�����mmu�t��]&c�b��jK�S&>jA���R��ûw��&�>�ف/[�$:��u�� p{��g�*�|� ?rd;`�{\�� 2K��K���5H�G�����LJ8�9��m������;ȟX�����7�9j=�i�h������"����X���ȿ��-�#�WNU�����T��Rp�+���A�. 4.アジアの高齢化と日本の地域福祉 新田目夏実 4-1 はじめに 少子高齢化がアジア途上国でも急速に進行している。少子高齢化の先進国である欧米および日 本では、退職後の生活を保障するため、医療・年金・福祉の社会保障の各領域で制度改革を進め 0000003768 00000 n アジアの高齢化と日本の地域福祉 新田目夏実 はじめに 少子高齢化がアジア途上国でも急速に進行している。少子高齢化の先進国である欧米お よび日本では、退職後の生活を保障するため、医療 n年金 n福祉の社会保障の各領域で制 度改革を進めてきた。 ղ�QV� �k,E����k�#�W�"H/��-\u���(����:3��"�Z(�j����_�P-׽+oi��=�� ���N��|�M�ڵ*�y��X~�P,��tҧ�ϱGW [�nr�G�S�|�ędž�հh�x����3 ����^%�A�9�{�5�؀(�:��w��2����ᝦ������,e �I�]�]d�kq���R��|�93�F�u�&9�61 T5fq� k�GfFb[�Z��d;�G�����Bb-�d��bP�_t��p� ��pJ��;�[��PMN���Q�8�V��|�"�+�˽��� ���b��xL{�#XJnS���#�0��:P�d�I�f�U���=���q�OM���5����_����_�ɶ_ �$�O����hXD��=�J���:�76�bD�7^�a�XIh�+�_O�3> e����M˴��K��w�\�PY!j���S��l����3^�DVTGtHk�4��H ꥸD����@��X �$�׊R���0��"Л ��b, �>�3(�� QH���F����ZاP���^g5"3���� 1. 少子高齢化は日本で起きている深刻な社会問題です。 少子高齢化は、少子化と高齢化を合わせて作られた言葉ですが、その定義について説明します。 まずは少子化ですが、1992年に発表された国民生活白書によれば、合計特殊出生率が人口を維持するのに必要な水準を相当期間下回っている状況と定義しています。 合計特殊出生率とは15歳から49歳までの女子の年齢別出生率を合計したものです。 続いて高齢化ですが、これは0… 0000007191 00000 n 0000004287 00000 n 0000046954 00000 n 少子化の進行を背景に,日本では1989年の「1.57ショック」以降,「子育て 支援」という言葉が少子化対策の一環として使用されるようになった。児童手 当の給付や地域の子育て支援拠点の設置など,一連の子育て支援策が少子化対 0000002674 00000 n 「東アジアの少子化のゆくえ―要因と政策対応の共通性と異質性を探る」 韓国における少子化とその政策対応 松江暁子* はじめに 韓国では2000年以降に少子化が社会的イシューとして浮かび上がった.遅 … 0000097159 00000 n 0000004445 00000 n 0000004069 00000 n l=0��f��t��C^�1q���3ƕ���� %�dJ�VUջsyT���m���/����P*��xG�d`_���� �K���cHԭ�����t�Y.Ya�aS#@g;t ����Pj�ԍ��gq:��Kr�1F�E@P��q�1�1@� H�T�1KA���ݐ=p�x�XXAHR�VAĀXi)ZZ��Xl 0000007824 00000 n 0000001218 00000 n ��8�h��0- ¤J��o� U!eNuS��K�T��Wa��O�V6��Ź:`�Mk.��g�vOZX=u�^&#��{�E�����#���Z���i�� �E��&za ���h��l;�5�\v��JH�L�n'��=�]�*�S7(��Ť�9�/��k���A��#DM�z\�a�r�A-�� .���E[���RSKN3�������|���_�@/�p$����(F��0��^�Ga-��%\zE^��RdT��\.=�(YJQ~`�zL�nb�P���s6f�!�5B�C�?3cpC'�E���l���o ��. �M�N�ɪ��8+6��IR}U�9�C�A�)�