!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 324642 総閲覧数: 13 今日の閲覧数: 109 昨日の閲覧数: PR. ベースの奏法 ベースの奏法(弾き方・テクニック)について。 右利きを前提に書いてあるから、左利きの人は適宜読み替えてね。 右手編 右手って書いたけど利き手のことね。 左利きだったら左手。 大きく … ピックと言われる道具を弦に当て、音を出す弾き方をピック奏法やピック弾きと言います。ピックには大きさ・形・材質などの種類があり、それにより音や持ち方なども変わってくるでしょう。ピックを弦に当てる角度にも、基本とされる角度がありますが、角度を変えて弾いてみることも覚えておいてください。, ピックの素材はプラスティック製が、最も多く一般的です。加工を施した木製ピックもあり、これはプラスティック製ピックと、同じように使えるピックだと思います。変わったところでは、鉄製ピックやガラス製ピックもありますが、それらはあまり実用的だとは思えません。上記の画像にもあるよう、ピックを3種類に分けて見ていきましょう。, エレキベースの教則本などには、初心者向けのピックと紹介されていることが多いです。僕も最初はこういうピックを使ってましたが、大きすぎて使いやすいとは思えませんでした。しかし、今はよく使います。, 大きさも手頃で、形は丸みを帯びた三角形、厚さは1ミリ程度のノーマルなピックです。このタイプのピックを使っているベーシストが、最も多いかと思います。一枚は持っておきたいピックです。, ミディアムより少し小さめで、薄さが0.5ミリ程度のピックです。弦に当たる感触がソフトなので抜けが良く、弾きやすいと感じる人も多いです。厚いピックに比べると、音は少し薄い印象を受けるかもしれません。, 言うまでもなく、使い易いピックを選べばいいのですが、それまでが凄く大変で、多ければ100枚以上は試すことになるでしょう。やっと合うピックを見つけても、販売中止になったりする場合もあるので、予備のピックも数枚あると安心でしょう。ピックに強い拘りがなければ、その日の気分や曲調に合わせて、ピックを使い分けるのもいいでしょう。ピック1枚で、音や弾き心地はかなり違ってくるものです。ピックは1枚150円程度で売られています。, ピックは弦との摩擦により、先端が徐々に削れてしまいます。上記写真のピックの先端は、それほど削れておらずマシな方ですが、そのうち音や弾き心地も変わるので、交換の必要があります。ツルツルのピックの場合、滑り止めの為にカッターで、わざと傷をつけることもあります。, 次はピックの持ち方について見ていきましょう。しかし、難しく考える必要はなく、先ずは自然に持って弾いてみるのも良いでしょう。力まずにリラックスして、鉛筆やシャーペンを握っているのと、同じ位での力が良いと思います。, エレキベースの教則本には「親指と人差し指でピックの中心をつまむ」というように説明されていることが多く、上記の写真が丁度そんな感じです。ピックの大きさ次第では、親指と人差し指だけでなく、中指も加え3本指でピックをつまむ、というベーシストも多く見られます。ピックをつまむ強さは「弦を弾いた時にピックが飛ばされない程度の力で持つ」とする説明が多いでしょうか。前述したように、ピックの持ち方は自由ですが、これらを参考に始めてみるのもいいでしょう。, ピックをつまんでいる指から、ピックの先をどのくらい出して弦に当てるかですが、これにも個人差があります。ピックの先を長めに出すと、弦に当て易く音もしっかりとしたものになります。ピックの先を短めにすれば、速弾きに適していますが、弦に当て難く音も薄くなるでしょう。長い短いと言っても、ミリ単位の違いですが、弾き心地は大きく変わってくるでしょう。先ずは確実に弦に当てられるよう、ピックの先を長めに設定して、練習していくことをお勧めします。, このページの最後では、ピックを弦に当てる角度について見ていきましょう。ピックと弦の標準的な角度があるので、先ずはそれを覚えておきましょう。逆に、あまり良くないピックと弦の角度もあるので、気をつけてください。, 写真は弦に対しピックが平行に当たっており、これがピック奏法の基本的な弦への当て方、だと思ってください。弦に対してピックが平行ではない、ピックを倒し過ぎている画像、ピックを起こし過ぎている画像、を確認してみましょう。この両方が絶対に悪いとは言い切れませんが、単純に弾きづらいピックの当て方だと思います。前述したピックの先の長さにもよりますが、ピックと弦を平行に当て弾く時が、一番力強い音が得られるでしょう。, 上記の画像は弦とピックが平行な状態から、少し角度をつけ斜めに当てています。ピックが弦に当たる面積を少なくしているので、音は小さくソフトになりますが、ピックが抜け易くなるため、弾き易く感じる人もいます。上記の画像はピックを持つ人差し指を、ブリッジ側に向けていますが、逆にピックを持つ人差し指をネック側に向け、ピックの側面で弾くベーシストもいます。初心者のうちから、ピックに角度をつけ練習するのは避けるべきですが、こういった弾き方も間違いではないでしょう。, これからエレキベースを始めようと思う人には、エレキベース初心者入門セットをお勧めします。初心者入門セットというと、安っぽくて不安なイメージを抱く人も・・・, 楽器を演奏するための運指や、簡単な音楽理論などが説明されている本を、教則本(きょうそくぼん)と言います。僕が学生の頃はまだDVDが普及していなかったですが・・・, 世界には素晴らしいベーシストがたくさん居られ、そのベーシストたちに影響を受け、プロベーシストになっている人も多いでしょう。もちろん僕も影響を受け、演奏・・・, 主に有名なバンドの曲を、同じように自分たちのバンドで演奏することをコピバン(コピーバンド)と言ったりします。バンドを組まなくても、コピーしたいバンドの・・・, エレキベースの音色をガラリと変えてしまったり、都合の良い音に変化させてくれるのがエフェクターです。エレキベースではエレキギターほど、頻繁にエフェクターを・・・. ピックの持ち方、なんとなく今の持ち方になってしまっていませんか?ピックは持ち方によっては滑りやすかったり、演奏中にズレたり、また弾く度に音量が変わったりします。安定してピッキングするコツを、ピックの持ち方そして、角度から考えてみましょう! はい、というワケでベーシストのワサダ(@wasadama)です。 シリーズでお送りしている【ベースのピック弾きを語る】。 第4回の今回は、ピック弾きのコツを徹底解説!でございます。 一般に、指弾きに比べると音が細くなりがちな傾向のあるピック弾き。 /* ]]> */ 「ベースをピックで弾きたい」と考える人は多いです。ただ、「どのようにピックを選べがいいかわからない」「どう弾けば正解なの」と迷う方は少なくないと思います。, そこでこの記事では、ベースのピックの選び方・持ち方・弾き方を、ポイント押さえながら解説していきます。また、簡単な練習事例も紹介していきます。, 例えば、私の好きなthe band apartの「Eric.W」という曲があります。, ベーシストは、原昌和さんです。音色は少し歪ませていますが、スピード感とキレが融合した好例です。, 例えば、ジャズベースプレイヤーで「スティーヴ・スワロー」というアーティストがいます。独特な甘い、輪郭のある音色を奏でています。, 次に、ベースピックの種類を解説します。これは、以下の3つの要素によって分類されます。, 1つ¥100~¥150ぐらいなので、数多く試して最良の一つを見つけてください。ただし、あまりにも種類が多すぎて迷ってしまう方は多いです。, なぜなら、店頭に必ず置いてあり、握りやすいからです。また、ティアドロップ型もどこでも取り扱っていますが、サイズ感が小さいので初心者には、少し扱いづらいです。, 私も、最初はこのおにぎり型から入りました。そこから試行錯誤を繰り返して、ティアドロップ型に落ち着きました。, 基準にする硬さが中くらいであれば、次は「もっと柔らかめにしよう」「もっと硬めにしよう」と選びやすくなるためです。, ちなみにピックには、硬さが表示されていないものもあります。その場合は、ミディアム表示のピックと、触って比べてみてください。以下の画像の赤枠で「〇〇mm」と書いてある場合があります。, ピックの素材には、セルロイド、ポリアセタール、ナイロン、金属などがあります。あまりよくわかりませんね。これに関しては、滑り止めがあるピックをおすすめします。, なぜなら、最初は握り方の力加減がわからないからです。すると、弾いている内にピックがずれてくることがよくあります。, 私は、ピックがずれて仕方なかったです。こうなると、弾くどころではなくなってしまうので、滑り止めのあるものを使いましょう。, これは、親指の第一関節辺りと、人差し指を折込んだ側面で押さえます。以下の画像で確認してください。, また、ピックの先端を出す長さは、5mm~10mm程度で持ちます。以下の画像ぐらいです。, もちろん簡単ではないですが、意識することによって、最後は必ずできるようになります。, この理由は、斜めに当たってしまうと、「ジャリッジャリッ」というピッキングノイズが入ってしまうからです。また、弦に対して力がうまく伝わらないので、音がしっかり鳴りません。, このピッキングノイズに対して、「しょうがない」と雑に考える人も多いです。しかし、これは聴く側からすると、非常に気になるものです。, また、速弾きする場合はさらに浅めに入れることがあります。これは、弦の抵抗があると速く弾けないためです。しかし、逆にしっかり当てるのが難しくなります。, 赤で囲ったあたりは、硬い音になります。黄色で囲ったあたりは、中くらいの音になります。緑で囲ったあたりは、柔らかい音になります。, 以下の音声は、赤・黄色・緑と順番に弾いています。多少の変化なのでヘッドフォンやイヤホンで聴くことを推奨します。, この音色の変化を利用して、曲のフレーズよって使い分けるアーティストもいます。しかし、はじめは黄色で囲った位置で弾きましょう。, このように、弾く位置によって音が変わります。しかし、慣れるまで弾く位置を固定し、コツをつかんでいきましょう。, 手に付いた水を飛ばす時にやる動作をイメージしてください。または、うちわを仰ぐ時の手の動きを意識します。まさにこれらは、ピック弾きのものと同じです。, このように、手についた水を飛ばす・うちわを仰ぐ動作をピック弾きに落とし込んでいきましょう。, しかし、全体のフォームが正しくなければ、うまくできません。そこでここからは、正しい姿勢を解説します。, まず、ベースのくびれを太ももに乗せます。そして、ヘッド部分を前方に押し出します。以下の画像の赤い部分です。, こうすると、立って演奏する際でも、弾きやすい位置にベースをコントロールできるようになります。, ダウンピッキングは、上から下にピックを振り下ろす方法です。これは、最も弾きやすいです。, その特徴は、非常に力強く、音にムラが出にくいです。その反面、速いスピードには対応できません。, なぜなら、上から下に降ろしたら、もう一度戻ってやり直すという動作を繰り返すためです。つまり、2つの動作があるにもかかわらず、1度しか弾かないという理由です。, しかし、アーティストによっては、ダウンでひたすら弾くといった強者(つわもの)もいます。, これ単体で弾くことはあまりないです。しかし、これをキレイに弾けると、次のオルタネイトピッキングにものすごく役立ちます。, まず、ダウンピッキングを行います。その後に、戻る動作を利用して、アップピッキングを行う形です。なので、動作に無駄がないです。, しかし、ダウンとアップのピッキングの音量差が出ると、聴いていて心地よくないので注意が必要です。, まず、開放弦(左手で何も押さえない状態)を作ります。そして、ダウンピッキング・アップピッキング・オルタネイトピッキングを一つずつ弾いていきます。, 次に、同じ要領で、アップピッキング・オルタネイトピッキングもそれぞれやっていきましょう。, このように、ダウンピッキング・アップピッキング・オルタネイトピッキングを1つずつ行うことで、安定した”良いピッキング”ができるようになります。, ここまで、ベースピックの選び方から弾き方までを解説してきました。まとめると以下の通りです。, このように、様々なポイントがありましたが、それぞれを意識することで、上達は早くなります。, Copyright © 2020 初心者のためのエレキベースの知識 All rights Reserved. こんにちは! ベース講師のそうじゅです! 今回のテーマは 「ピック弾き」についてです。 この奏法は、ピックを使って音を出す弾き方です。 ピックには様々な形、厚さ・硬さがあります。 あなたにあったピックを見つけるためには いろんなピックを試すことをお勧めします。 /* */, 斜めに当たってしまうと、「ジャリッジャリッ」というピッキングノイズが入ってしまうからです。, https://bassist-bar.com/wp-content/uploads/2019/07/ベースピックノイズ-20201203-8.46.mp3, https://bassist-bar.com/wp-content/uploads/2019/07/ベース音の違い-20201203-9.06.mp3, 4弦→3弦→2弦→1弦の順で、それぞれ「ボーンボーンボーンボーン」とゆっくり4回ずつ弾きます。. 以上が、ベースのピック弾きの特徴です。 ベースピックの種類. ピックの素材はプラスティック製が、最も多く一般的です。加工を施した木製ピックもあり、これはプラスティック製ピックと、同じように使えるピックだと思います。変わったところでは、鉄製ピックやガラス製ピックもありますが、それらはあまり実用的だとは思えません。上記の画像にもあるよう … var mejsL10n = {"language":"ja","strings":{"mejs.download-file":"\u30d5\u30a1\u30a4\u30eb\u3092\u30c0\u30a6\u30f3\u30ed\u30fc\u30c9","mejs.install-flash":"\u3054\u5229\u7528\u306e\u30d6\u30e9\u30a6\u30b6\u30fc\u306f Flash Player \u304c\u7121\u52b9\u306b\u306a\u3063\u3066\u3044\u308b\u304b\u3001\u30a4\u30f3\u30b9\u30c8\u30fc\u30eb\u3055\u308c\u3066\u3044\u307e\u305b\u3093\u3002Flash Player \u30d7\u30e9\u30b0\u30a4\u30f3\u3092\u6709\u52b9\u306b\u3059\u308b\u304b\u3001\u6700\u65b0\u30d0\u30fc\u30b8\u30e7\u30f3\u3092 https:\/\/get.adobe.com\/jp\/flashplayer\/ \u304b\u3089\u30a4\u30f3\u30b9\u30c8\u30fc\u30eb\u3057\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.fullscreen":"\u30d5\u30eb\u30b9\u30af\u30ea\u30fc\u30f3","mejs.play":"\u518d\u751f","mejs.pause":"\u505c\u6b62","mejs.time-slider":"\u30bf\u30a4\u30e0\u30b9\u30e9\u30a4\u30c0\u30fc","mejs.time-help-text":"1\u79d2\u9032\u3080\u306b\u306f\u5de6\u53f3\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u300110\u79d2\u9032\u3080\u306b\u306f\u4e0a\u4e0b\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u4f7f\u3063\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.live-broadcast":"\u751f\u653e\u9001","mejs.volume-help-text":"\u30dc\u30ea\u30e5\u30fc\u30e0\u8abf\u7bc0\u306b\u306f\u4e0a\u4e0b\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u4f7f\u3063\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.unmute":"\u30df\u30e5\u30fc\u30c8\u89e3\u9664","mejs.mute":"\u30df\u30e5\u30fc\u30c8","mejs.volume-slider":"\u30dc\u30ea\u30e5\u30fc\u30e0\u30b9\u30e9\u30a4\u30c0\u30fc","mejs.video-player":"\u52d5\u753b\u30d7\u30ec\u30fc\u30e4\u30fc","mejs.audio-player":"\u97f3\u58f0\u30d7\u30ec\u30fc\u30e4\u30fc","mejs.captions-subtitles":"\u30ad\u30e3\u30d7\u30b7\u30e7\u30f3\/\u5b57\u5e55","mejs.captions-chapters":"\u30c1\u30e3\u30d7\u30bf\u30fc","mejs.none":"\u306a\u3057","mejs.afrikaans":"\u30a2\u30d5\u30ea\u30ab\u30fc\u30f3\u30b9\u8a9e","mejs.albanian":"\u30a2\u30eb\u30d0\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.arabic":"\u30a2\u30e9\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.belarusian":"\u30d9\u30e9\u30eb\u30fc\u30b7\u8a9e","mejs.bulgarian":"\u30d6\u30eb\u30ac\u30ea\u30a2\u8a9e","mejs.catalan":"\u30ab\u30bf\u30ed\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.chinese":"\u4e2d\u56fd\u8a9e","mejs.chinese-simplified":"\u4e2d\u56fd\u8a9e (\u7c21\u4f53\u5b57)","mejs.chinese-traditional":"\u4e2d\u56fd\u8a9e (\u7e41\u4f53\u5b57)","mejs.croatian":"\u30af\u30ed\u30a2\u30c1\u30a2\u8a9e","mejs.czech":"\u30c1\u30a7\u30b3\u8a9e","mejs.danish":"\u30c7\u30f3\u30de\u30fc\u30af\u8a9e","mejs.dutch":"\u30aa\u30e9\u30f3\u30c0\u8a9e","mejs.english":"\u82f1\u8a9e","mejs.estonian":"\u30a8\u30b9\u30c8\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.filipino":"\u30d5\u30a3\u30ea\u30d4\u30f3\u8a9e","mejs.finnish":"\u30d5\u30a3\u30f3\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.french":"\u30d5\u30e9\u30f3\u30b9\u8a9e","mejs.galician":"\u30ac\u30ea\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.german":"\u30c9\u30a4\u30c4\u8a9e","mejs.greek":"\u30ae\u30ea\u30b7\u30e3\u8a9e","mejs.haitian-creole":"\u30cf\u30a4\u30c1\u8a9e","mejs.hebrew":"\u30d8\u30d6\u30e9\u30a4\u8a9e","mejs.hindi":"\u30d2\u30f3\u30c7\u30a3\u30fc\u8a9e","mejs.hungarian":"\u30cf\u30f3\u30ac\u30ea\u30fc\u8a9e","mejs.icelandic":"\u30a2\u30a4\u30b9\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.indonesian":"\u30a4\u30f3\u30c9\u30cd\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.irish":"\u30a2\u30a4\u30eb\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.italian":"\u30a4\u30bf\u30ea\u30a2\u8a9e","mejs.japanese":"\u65e5\u672c\u8a9e","mejs.korean":"\u97d3\u56fd\u8a9e","mejs.latvian":"\u30e9\u30c8\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.lithuanian":"\u30ea\u30c8\u30a2\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.macedonian":"\u30de\u30b1\u30c9\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.malay":"\u30de\u30ec\u30fc\u8a9e","mejs.maltese":"\u30de\u30eb\u30bf\u8a9e","mejs.norwegian":"\u30ce\u30eb\u30a6\u30a7\u30fc\u8a9e","mejs.persian":"\u30da\u30eb\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.polish":"\u30dd\u30fc\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.portuguese":"\u30dd\u30eb\u30c8\u30ac\u30eb\u8a9e","mejs.romanian":"\u30eb\u30fc\u30de\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.russian":"\u30ed\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.serbian":"\u30bb\u30eb\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.slovak":"\u30b9\u30ed\u30d0\u30ad\u30a2\u8a9e","mejs.slovenian":"\u30b9\u30ed\u30d9\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.spanish":"\u30b9\u30da\u30a4\u30f3\u8a9e","mejs.swahili":"\u30b9\u30ef\u30d2\u30ea\u8a9e","mejs.swedish":"\u30b9\u30a6\u30a7\u30fc\u30c7\u30f3\u8a9e","mejs.tagalog":"\u30bf\u30ac\u30ed\u30b0\u8a9e","mejs.thai":"\u30bf\u30a4\u8a9e","mejs.turkish":"\u30c8\u30eb\u30b3\u8a9e","mejs.ukrainian":"\u30a6\u30af\u30e9\u30a4\u30ca\u8a9e","mejs.vietnamese":"\u30d9\u30c8\u30ca\u30e0\u8a9e","mejs.welsh":"\u30a6\u30a7\u30fc\u30eb\u30ba\u8a9e","mejs.yiddish":"\u30a4\u30c7\u30a3\u30c3\u30b7\u30e5\u8a9e"}}; 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); var wpcf7 = {"apiSettings":{"root":"https:\/\/bassist-bar.com\/wp-json\/contact-form-7\/v1","namespace":"contact-form-7\/v1"}}; 少し角度をつけるとエッジの効いた音になりますが低音がなくなります。 なるべく垂直に当てる事を心がけましょう。 ... ベース ピック弾きの基礎(音源、TAB譜付き) Count per Day. 楽器のことなら . var _wpmejsSettings = {"pluginPath":"\/wp-includes\/js\/mediaelement\/","classPrefix":"mejs-","stretching":"responsive"}; ベースの指弾きで爪が当たる?危険な4つの理由と対処法! ベースシールド・ケーブルとは?初心者は無知で損している! ちゃんとわかってる?ベース弦の種類とおすすめの選び方! ベースのピック弾き!持ち方・弾き方・手首のポイントを解説 ピッキングはギターの音を出す重要な約束です。 ピックで弦をはじくわけですが、 弦に当たるピックの角度はどの位がいいのでしょうか? 基本的には自由です。 でも角度によって音色が変わります。 それぞれピック角度によって特徴や弾きやすいフレーズがあります。 [CDATA[ */ 初めてピック弾きに挑戦するベーシストの方は、このようなピックを中心にいろいろ試してみるといいでしょう。 ちなみにベース用を謳って販売されているピックもありますが、そのほとんどが大きめで、厚さも1.0~2.0mmほどとかなり厚めになっています。 ベース用ピック. /*