【ホンシェルジュ】 世界の名作ほど、かえって知らない事実に満ちているもの。悲劇的な結末で有名な、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』が四大悲劇に加えられないのはなぜなのでしょう。実は本作には、まだあなたの知らないであろう一面があるのです! かの有名なシェークスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」の舞台、イタリアのベローナ。そこには現在でも中世の町並みが残っており、その中にジュリエットの家も存在しています。 『ロミオとジュリエット』(フランス語:Roméo et Juliette: de la Haine à l'Amour)は、シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を基にしたフランス発のロック・ミュージカルである。 ただ、この毎年6月下旬~9月の野外オペラシーズンにはホテルの料金が高騰し、人気の演目の日などは非常に確保しづらくなる傾向にありますので早めの手配が必要です。, アレーナのあるブラ広場から北東にあるエルベ広場 近くに、ジュリエッタの家 Casa di Giuliettaがあります。14世紀のヴェローナを舞台 に、ロミオとジュリエットの若き2人の愛を名家同士の抗争が悲劇に変えてしまう、あのシェイクスピアの名作が再現できそうな場所です。, ここにはジュリエットが外を見つめていたあのバルコニーがあり、銅像が建っています。この像の右胸を触ると、幸福が訪れるという言い伝えがあり、多くの人が像に触れていきます。, ヴェローナで最も人が集まるエルベ広場。この一角には、フレスコ画で飾られた建物(マッツァンティ家)などがあり、屋台が軒を連ねた華やかな雰囲気が味わえます。, このエルベ広場に隣接するシニョーリ広場は、「ダンテが神曲を書いた」といわれている(真偽はあきらかではありませんが)階段があり、ダンテの像が見守っています。, 町の中心部から少し行くと、アディジェ川があります。町の喧騒に疲れたら、川沿いの道を散策してみるのもいいかもしれませんよ。, デザートにはヴェローナ発祥のパンドーロをどうぞ。ミラノのパネットーネと共にイタリアを代表するクリスマスケーキです。, イタリア・ヨーロッパ方面の手配歴40年。個人旅行で欧州へ行くならトゥッタイタリアで。, 月~金 10:00-19:00・土 10:00-18:00(予約制)日曜・祝日・年末年始休業, 当ホームページ掲載の全データ(html,css,js,jpeg,png,gif,flv,mp4)は、一切の転写・複製・模倣を禁じます。違反は法的措置の対象とさせていただきます。写真・画像は弊社販売の旅行商品との一致を保障するものではありません。© 2001 TUTTA ITALIA, 煮込み料理のバリエーションが多いので、食という意味では冬のヴェローナもおすすめです。, メインには仔牛や馬肉の煮込み料理にポレンタを添えて。ワインは何と言ってもこの土地名産の赤ワイン「アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ」。. ロミオはジュリエットの冷たい手や足に触れ、ほおや唇にキスを降らせました。 「応えてくれ、ジュリエット!」 ロミオの叫び声が、闇の中に吸い込まれていきます。 「あなたがいる国に、僕も行こう。 薬を手に入れておいてよかった…」 恋を叶える少女像、イタリアのジュリエット像. エルベの村で暮らし始めたロミオとジュリエットや移住して来た鉱山労働者たちに食べ物や作物の種を与えた老人。 代々エスカラスを祭ってきた泉の番人の末裔であり、エスカラスの寿命やジュリエットの運命をロミオに伝える。 アニメ、ロミオ×ジュリエットの動画配信状況は以下のようになっています。FODプレミアム、U-NEXT、Huluで見放題で配信中です。Amazonプライム、dTVでは見放題で見る事ができません。VODサービスの配信状況 見放題 無料期間FOD 写真は、舞台『ロミオとジュリエット』のロミオ役を演じた際の佐藤健さんのお顔です。 『龍馬伝』以降、少年から青年時代に突入し、あどけない雰囲気が消え、以前に比べても、佐藤健さんの雰囲気が自信に満ちたように見えました。 ヴェローナといえば、「ロミオとジュリエット」(イタリア語では”Romeo e Giulietta”)のモデルとなった町。 「ジュリエットの家」には世界中からカップルが訪れますが、その近くにある「ロミオの家」はあまり知られておらず、 一般の住宅として使われています。, もう1つ、ヴェローナで有名なのが、野外オペラ。古代ローマ時代の 競技場、「アレーナ・ディ・ヴェローナ 」は、夏の風物詩となっています。, ヴェローナの中心部に入ってすぐ目につくのがアレーナ。規模はローマのコロッセオに次ぐ大きさで、外から見るだけもその存在感に驚かされます。夏になると野外オペラが上演され、世界中から多くの人が訪れて夏の夜の贅沢なひとときを過ごします。, ヴェローナの野外オペラは1913年にジュゼッペ・ヴェルディ生誕100周年を記念して行われたイベントで上演された「アイーダ」が発端で、戦乱期を除いて、以降毎年開催されています。 ティボルトの悩みの歌が・・・・ … 時代を超えて愛される「ロミオとジュリエット」。 その魅力の一つに美しいセリフの数々が挙げられます。 また最近では、人に言えない恋愛で盛り上がることを「ロミオとジュリエット効果」とも言うようです。 そんなロミオとジュリエットにまつわることについて今回はご紹介します。 宝塚『ロミオとジュリエット』妄想キャスティングしてみた! それは…妄想キャスティング!! 第一弾は超★人気作『ロミオとジュリエット』!! ※これは、宝塚の組という枠を超え、完全に自らの趣味嗜好で理想の配役を行うドリーミー企画です※ (ヴェローナ。蛇行するアディジェ河に掛かるとびきり美しい橋の上から水面(みなも)を見詰めるロレンス神父。やがて手に持った薬籠から薬を川に投げ入れる。小さい粒を手にとって、種を撒くように何度も何度も放り込む。その時アディジェの水面(すいめん)は不思議に青白く輝きを放って、呼吸のように光を点滅させ、やがて静かにもとの流れに消えていった。) ロレンス:この橋の上で 2人は初めて会った 青年は不思議な思いで水面を見詰め 少女は友達を連れて夢を膨らませ あどけない鈴のようにほほえん … 『ロミオとジュリエットは、どこまで行くのか?』 女が机で何か書いている。 男が入ってくる。 男「何してんの?」 女「私さ、今度お芝居するの。だから台本書いてるの」 男「マジで? オリジナル?」 女「シェイクスピア。 ミュージカル ロミオ&ジュリエット を知っていますか。今年は東京 から三都市を巡り公演し、先日千秋楽を迎えたミュージカルです。 様々な国で上演されており、日本では今回のミュージカルの他に宝塚でも公演していました。 レオナルド・ディカプリオとクレア・デーンズ主演。 シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」、この有名な古典劇を現代によみがえらせた異色の作品です。 脚本はシェイクスピアのまま、難解で美しく詩的なセリフです。 でもそれを喋る登場人物たちは現代風のファッションに身を包んでいます。 例えばロミオはアロハシャツを着ているし、ジュリエットはTシャツにジーンズ。 そして剣による決闘シーンの代わりに銃が … ヴェネツィアからユーロスターで1時間少々。イタリア北東部ヴェネト州に位置する街・ヴェローナ。 かの有名な、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」は、ヴェローナが舞台です。 中世の北・中部イタリアは、皇帝派(ギベリン)と教皇派(グエルフィ)の派閥闘争に明け暮れていました。その派閥が違う家どうしの男女が恋に落ちる、というのが「ロミオとジュリエット」のあらすじです。 世界中に知られている、この悲恋物語にちなんだ観光地がヴェローナにはいくつかあり、新婚旅行やカップルでイタリアを訪れる観光客に人気です。 舞台は空中浮遊都市ネオ・ヴェローナ。 キャピュレット家統治の下、神秘の力の恩恵に恵まれ栄華を誇ったこの場所は、14年前、モンタギュー家の反乱により、その平和は過去のものとなる。 ロミオとジュリエット 「ロミオとジュリエット」について|ダウンロード用テキストはこちら。 昔、ヴェロナの2大名家といえば、ともに富豪である、キャピュレット家とモンタギュー家とされていた。両家は昔から争いあい、それが高じて、互いに憎みあうほどになっていた。 駅から約1.5キロのところにある門を抜けると、ヴェローナの中心街へ入ります。, レンガ色の屋根が続き、中世の面影を残す町並みの中には、アレーナ(円形競技場)などローマ時代の遺産も残っており、イタリアの長い歴史を感じさせます。, ヴェローナといえば、「ロミオとジュリエット」(イタリア語では”Romeo e Giulietta”)のモデルとなった町。 そのせいか、どこかロマンチックな雰囲気があります。 音響設備や舞台装置はミラノ・スカラ座やローマ・オペラ座には及びませんが、夏の薄暮とと大理石の闘技場の醸し出す雰囲気には得も知れぬ魅力があります。 〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉 〈声劇用の台本一覧へ〉 概要人数:5人時間:10分程度 ジャンルボイスドラマ、ファンタジー、バトル キャストロミオジュリエット隊長侍女王様 台本 ジュリエット「おお、ロミオ! どうしてあなたはロミオなの? ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』を観劇するにあたって人物像がわからない事があり先日観劇のあとに近くの本屋に寄って原作本を買いました色んな出版社、翻訳家によ… ロミオ「ジュリエット」 ジュリエット「たしかに聞こえる!誰かお庭にいて私を呼んでいるのだわ!」 ロミオ「ジュリエット」 ジュリエット「(まねて)ジュリエット…もしや、ひょっとすると…」 ロミオ「ジュリエット…ジュリエット! オーランド・ブルームと言えば『ロード・オブ・ザ・リング』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『トロイ』(04)など、数々の映画に出演している英国の人気俳優だが、これまでどこか現実離れしたキャラクターを演じてきたイメージがある。 ロミオとジュリエットは海賊同様、ビデオで見たこともないし生で観たこともありませんでした しかしロミオとジュリエットが好き! という友達が多く、いつかは絶対に観たい と思っていたのでやっと有言実行となりました 『ロミオ×ジュリエット』(ロミオとジュリエット、英名:Romeo×Juliet)は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を原作とするテレビアニメ作品。2007年4月から同年9月まで中部日本放送 ほかで放送された。, イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』を原案に、ゴンゾが初のアニメ化をした作品。海外古典を原作とするゴンゾ作品としては『巌窟王』(2004年。テレビ朝日)に次いで2作目となる。追崎史敏が初めて監督を務め、原田大基が初のキャラクターデザインに抜擢。音響監修には佐藤順一が迎えられている。『月刊Asuka』にてコミックが連載されるなどメディアミックスも行われている。, 主要キャラ以外ではタイタス(タイタス・アンドロニカス)やシャイロック(ベニスの商人)、オフィーリア(ハムレット)といった他のシェイクスピア作品の役名などを取り入れている。, 舞台は空中浮遊大陸ネオ・ヴェローナ。14年前のモンタギューの反乱によってキャピュレット一族は虐殺された。唯一の生き残りジュリエットはキャピュレット家の親衛隊長のコンラッドの手によって助けられ、ウィリアムの劇場で男として育てられる。, それから14年後。ジュリエットは「赤い旋風(かぜ)」と呼ばれる剣士の姿でモンタギューの圧政に立ち向かうが、憲兵隊に追われている所を親の仇であるモンタギューの息子であるロミオに助けられる。その後2人は、偶然にもネオ・ヴェローナ城で開かれた舞踏会で再会し、恋に落ちる。, 2007年3月24日に発売の『月刊Asuka』(角川書店)の2007年5月号にて、漫画「ロミオ×ジュリエット」の連載が開始され、2008年1月号にて連載終了。『あすかコミックスDX』よりコミックスが全2巻刊行された。, 2007年9月1日に角川ビーンズ文庫より『Romeo×Juliet 赤き運命の出逢い』が発売された。, 2007年4月13日から2007年10月5日まで音泉にて、「ロミジュリ×レイディオ」が配信された(全26回)。パーソナリティは、ジュリエット役の水沢史絵とコーディリア役の松来未祐。, 「赤い旋風、見参!」が2007年4月13日からBEWEにて開始。同日スタンダードサポーターの受付を開始。6月15日からプレミアサポーターの受付が開始された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロミオ×ジュリエット&oldid=77107731, gooアニメでの配信は各話とも上記4局すべてで放送が終わった後、2週間ずつ行われた。. シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』といえば、恋愛悲劇の世界的名作として、多くの人に長く愛されてきました。その理由はさまざまですが、登場人物の台詞もひとつ。まさに「恋愛の教科書」と言えるような名言がたくさんあります。今回は、それらの名言を追ってみましょう。 ロミオとジュリエット 1 2018年9月、東京でスポーツや芸術部門の優れた選手アーティストに贈られる功労賞の受賞パーティが行われた。 その会場に、ひときわ目立つ男がいた。 (幕開く。まさに舞踏会たけなわ。舞踏音楽と踊る人々。) (キャピュレットと、その夫人、パリスが前景に登場。) キャピュレット:さあさあ皆さん踊って下され。ご婦人方は誘いに乗って、紳士諸君は一声かけて、誰も欠けずに踊りの鎖を、次から次へと渡していこう。やがて手に取る互いの脈に、瞳と瞳が触れ合って、同じ鼓動を感じた時は、それがあなたのパートナー、あとのことは責任持てぬ。 キャピュレット夫人:まあ、あなたったら、久しぶりに若返って。 キャピュレット:今宵の宴は特別なのだ。も … このとき、ジュリエットの気持ちを受ける相手はロミオですが、ロミオは目の前にはいません。ちなみに、翻訳のもとになった原典と比べると、原典の「O+Romeo」という部分がそのまま「おお、ロミオ」として訳されていることがわかります。 友情もどこまで本当なんだろうなあ?って感じです。 舞踏会のシーンもわりと唐突で・・・ロミオとジュリエットが出会ってキスしている間、ストップモーションになって. 出生地は ストラトフォード=アポン=エイヴォン で、 1585年 前後に ロンドン に進出し、 1592年 には新進の劇作家として活躍した。