迫られる構造転換 グリーン戦略、スピード決着―脱炭素、産業界に不安 (12/25 20:32) 英、EUとの関係切れず 背景に米大統領選離脱後の貿易合意 0000124768 00000 n 0000234020 00000 n 髙橋 青天 増山 幸一. (注)グラフは、米国企業のマークアップ率の密度関数を示す。 - 1980. 0000131426 00000 n 0000144054 00000 n 0000009312 00000 n 全文紹介pdfダウンロード. 0000010525 00000 n 0000011705 00000 n 0000130646 00000 n 0000148494 00000 n 0000144608 00000 n 資本主義と農村~戦前日本の経済構造. 0000143775 00000 n 大きい画像はこちら 「データ4 日本の産業別実質gdpの推移」のexcelはこちら / csvはこちら. サービス産業と日本の構造変化~産業構造の長期予測~ 季刊 国際貿易と投資 Spring 2012/No.87 71 長率は1.1%減を見込む。2012 年は 復興需要を背景に3.1%成長、2013 年も1.5%の成長が続くとみる。しか し、それ以降は復興需要を見込んで 第Ⅰ章 日本の宇宙産業 我が国の宇宙産業は官需主導の下で発展してきた中、その根幹をなす宇宙機器産業は約3千億 円、衛星を活用した宇宙利用産業は約8千億円規模と他産業に比べれば相対的に寡少ながら … 1964年に開催された東京オリンピックから半世紀。2回目のオリンピックが東京で開催されますが、この間、日本経済の産業構造はどのように変化したのでしょうか? 0000146459 00000 n 0000135182 00000 n 0000143915 00000 n 総務省統計局、統計研究研修所の共同運営によるサイトです。国勢の基本に関する統計の企画・作成・提供、国及び地方公共団体の統計職員に専門的な研修を行っています。 0000144962 00000 n 0000003979 00000 n 古代の日本には無文銀銭や富本銭といった貨幣が存在していたが、いずれも実用性を持ったものだったかは議論されている。 日本においてある程度広範囲に流通した最古の鋳造貨幣は708年(和銅元年)に鋳造された和同開珎である。 第四次産業革命の進展 今後、IoT、ビッグデータ、人工知能をはじめとした新たな技術(※)により、グローバル に「第4次産業革命」とも呼ぶべきインパクトが見込まれている。 (出所)経済産業省 新産業構造部会第一回事務局資料(平成 経済産業省のホームページ。通商白書2015 ... その後、2010年に一度黒字幅を拡大したものの、2011年の東日本 ... 次に、我が国の経常収支構造を念頭に、主要国と比較してみる。 0000010948 00000 n 0000010553 00000 n 0000135752 00000 n 女工たちはどのように働いていたのか。 六割が未成年の女子労働者; 昼夜二交代、14~18時間労働 資本主義と農村~戦前日本の経済構造. 0000144082 00000 n 0000131148 00000 n 0000011219 00000 n 0000242976 00000 n 0000143483 00000 n 0000248082 00000 n 日本初上陸!ステンレスボトルブランド「Hydro Flask」日本オフィシャルサイトです。ステンレスボトルやタンブラー、ビールボトル、スープジャーなどすべてのボトル製品に二重壁真空断熱技術を採用。驚きの保温力で、保温は6時間、保冷は24時間保つことができる高機能ボトルです。 ここから本文です。 統計表一覧(Excel集) の項目は、政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。 人口・世帯に関する統計 国勢調査. 0000664051 00000 n 日本経済ウォッチ・今月のグラフ; わが国の産業構造の変化~高まるサービス業の存在感 ; わが国の産業構造の変化~高まるサービス業の存在感 . 0000135104 00000 n %PDF-1.6 %���� 294 0 obj <> endobj xref 294 97 0000000016 00000 n 0000666035 00000 n 0000130819 00000 n 0000136038 00000 n 一般労働者 賃金の推移 [187kb] 性別 [161kb] 学歴別 [249kb] 企業規模別 [253kb] 産業別 [297kb] 雇用形態別 [258kb] 賃金の分布 [377kb] 都道府県別 [377kb] 製造業における労 … データ4 日本の産業別実質gdpの推移 . 0000010109 00000 n サービス産業と日本の構造変化~産業構造の長期予測~ 季刊 国際貿易と投資 Spring 2012/No.87 71 長率は1.1%減を見込む。2012 年は 復興需要を背景に3.1%成長、2013 年も1.5%の成長が続くとみる。しか し、それ以降は復興需要を見込んで 0000247569 00000 n 0000130791 00000 n 0000124338 00000 n 0000233722 00000 n 日本の経済(にほんのけいざい、英語:Economy of Japan)では、日本の国民経済について述べる。 日本の経済は2010年において名目GDP換算でアメリカ合衆国、中華人民共和国に次いで3番目に大きく 、購買力平価説(PPP)換算でもアメリカ合衆国、中華人民共和国、インドに次いで4番目に大きい 。 第2章 産業構造の変化とその要因 第2章 産業構造の変化とその要因 -日本・韓国・台湾の経験- 甲南大学 教授 藤川 清史 1.はじめに 一国経済の発展は産業構造の変化を伴う。クズネッツ (1957)は,各国の長期時系列統計データを用い,経済発 展を特徴づけた。クラーク(1957 0000148951 00000 n 0000666146 00000 n 青が1990年基準で、赤が2000年基準によるグラフとなっている。 青が1990年基準で、赤が2000年基準によるグラフとなっている。 戦後復興期. 0000144423 00000 n 「人口推計」は、国勢調査による人口を基準として、その後の人口の動向を他の人口関連資料から得て、毎月1日現在の人口(全国・総人口及び日本人人口)、毎年10月1日現在の都道府県別人口を算出し、提供しています。この結果は、各種白書や国際機関の人口分析、経済分析等の基礎資料として利用 … 0000011582 00000 n 復習:戦前日本の産業の三本柱; 日本の製糸業と綿紡績業を支えたもの. 0000135860 00000 n 産業分類が変更されており、厳密な比較はできないが、第1次産業 は1970年の1,015万人(就業者全体の19.3%)から2010年の238万人(同4.2%)へ、第2次産業が1970 年の1,790万人(同34.1%)から2010年の1,412万人(同25.2%)へ減少する一方、第3次産業は1970年 の2,451万人(同46.6%)から2010年の3,965万人(同70.6%)へ増加している。. 0000143343 00000 n 経済の複雑性ランキングNo.1の常連・日本 人口増やデジタルテクノロジーの普及によって人間の経済活動の規模とスピードは急速に高まっている。これにともない「経済の複雑性」もかつて無いほどに増大している。 どの国がどのような製品・サービスをつくり、どこに輸出しているのか。 0000134358 00000 n 事業所数及び従業者数は、事業所に関する最も基本的な属性の一つです。 産業分類や経営組織の情報と組み合わせることで、我が国の産業構造の実態やその変化を知ることができ、経済対策、地域の経済計画、雇用対策などに必要な資料が得られます。 ●我が国の総事業所数は635万6千事業所 うち事業内容等が不詳の事業所を除いた事業所数は604万3千事業所 うち事業内容等が不詳の事業所を除いた従業者数は6286万1千人 15歳以上就業者数(6151万人)を産業3部門(注)別にみると,第1次産業は315万人(15歳以上就業者数の5.1%),第2次産業は1592万人(同25.9%),第3次産業は4138万人(同67.3%)となっている。 産業3部門別に15歳以上就業者数の推移をみると,第3次産業は調査開始以来増加が続いている。一方,第1次産業は昭和30年以降,第2次産業は平成7年以降,それぞれ減少が続いている。 (表3-1,図3-1) (注) 産業3部門に含まれる産業大分類は次のとおり(第1次産業:「農業」,「林業」,「漁業 … 0000124226 00000 n 0000144676 00000 n 戦後日本経済の構造変化 (1) ̶産業別全要素生産性の計測̶. 0000135972 00000 n 0000232932 00000 n 平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況 . 0000134903 00000 n 第Ⅰ章 日本の宇宙産業 我が国の宇宙産業は官需主導の下で発展してきた中、その根幹をなす宇宙機器産業は約3千億 円、衛星を活用した宇宙利用産業は約8千億円規模と他産業に比べれば相対的に寡少ながら … 0000002399 00000 n 2.景気概況 ~景気は横ばい圏で推移している. 0000232904 00000 n 日本の経済(にほんのけいざい、英語:Economy of Japan)では、日本の国民経済について述べる。 日本の経済は2010年において名目GDP換算でアメリカ合衆国、中華人民共和国に次いで3番目に大きく 、購買力平価説(PPP)換算でもアメリカ合衆国、中華人民共和国、インドに次いで4番目に大きい 。 日本の未来をつくる 「統計」‐統計局等業務 ... 19 サービス産業動向調査; 20 経済構造 実態調査 工業統計調査; 他の機関の統計を含めて探す. 3.今月のトピック:わが国の産業構造の変化~高まるサービス業の存在感 (1)産業構造の変化 (2)サービス業が伸長してきた背景 0000148859 00000 n 0000664311 00000 n 1964東京オリンピックから50年を隔てて変化した産業構造の分析. 0000248956 00000 n まず、ここ10年の日本の就業構造の変化を概観する。2005~15年度の職種別の就業者数の変化率をみると、製造業では就業者数が減少する一方、第3次産業では就業者数がともに増加しており、就業構造のサービス化の流れが指摘できる(第2-2-1図)。 調査部 . 女工たちはどのように働いていたのか。 六割が未成年の女子労働者; 昼夜二交代 … 0000002333 00000 n 0000148242 00000 n 復習:戦前日本の産業の三本柱; 日本の製糸業と綿紡績業を支えたもの. 0000010380 00000 n 0000123902 00000 n 製造業は第1節で分析をした経常収支黒字への貢献などのみに留まらず、サービス業など他産業への波及効果、サプライチェーンの集積メリット、地方の雇用確保の意義を有するとともに、技術革新をリードしイノベーションを生み続ける場として我が国において重要な役割を担っている。 0000666393 00000 n 0000136402 00000 n まず、ここ10年の日本の就業構造の変化を概観する。2005~15年度の職種別の就業者数の変化率をみると、製造業では就業者数が減少する一方、第3次産業では就業者数がともに増加しており、就業構造のサービス化の流れが指摘できる(第2-2-1図)。 0000124404 00000 n 0000131398 00000 n /一部のみ限定メニュー) 産業構造マップ (データ出所:総務省「経済センサスー基礎調査」再編加工、総務省・経済産業省「経済センサス-活動調査」再編加工、株式会社帝国データバンク「企業間取引情報」) 都道府県・市区町村単位で、 企業数 (企業単位)、従業者数(企業単位・事業 0000664683 00000 n 0000248150 00000 n 0000143629 00000 n 0000135210 00000 n 0000243004 00000 n 序. Takahashi, Mashiyama and Sakagami (2004) では,日本経済を消費財部門と資本財部門の二部. 0000234161 00000 n 1.産業構造の変化を分析することの意義 一国の経済成長/景気循環のプロセスでは、産業構造の変化が重要な役割を果たす。古くか ら経済学者は産業構造の変化に注目してきた。Clark(1957)による1次、2次、3次産業の区別は その典型といえる。 0000136480 00000 n 0000135559 00000 n 0000135504 00000 n 0000145046 00000 n 0000663703 00000 n trailer<]>> startxref 0 %%EOF 295 0 obj <> endobj 390 0 obj <. 0000663675 00000 n 小林 真一郎、 藤田 隼平 . 古代日本 最初の貨幣経済. 0000011287 00000 n 日本の経済統計と転換点 中小企業の付加価値経営 「中小企業経営者」や「労働者」「消費者」として日本経済に危機感を持っている方と 統計データに基づく事実「ファクト」を共有して解決策を考えていくブログです 0000248437 00000 n 0000131330 00000 n 0000124432 00000 n 第2章 産業構造の変化とその要因 第2章 産業構造の変化とその要因 -日本・韓国・台湾の経験- 甲南大学 教授 藤川 清史 1.はじめに 一国経済の発展は産業構造の変化を伴う。クズネッツ (1957)は,各国の長期時系列統計データを用い,経済発 0000666485 00000 n 0000664596 00000 n データ( pdfファイル(519 kb)) 日本の産業別実質市場規模(国内生産額)の推移 に戻る. 産業構造が統計上で大きく変化したのは1960年(昭和35年)から1980年(昭和55年)の第1次産業の激減と、第2次・第3次産業の急増による逆転です。 同時期は、1954年(昭和29年)に「神武景気」と呼ばれた好景気を皮切りに、日本の戦後高度経済成長が始まります。 経済のサービス化の進展など産業構造が変化経済のサービス化の進展など産業構造が変化 資料3(データ編) 資料総務省統計局「国勢調査」 産業別就業者数及び構成割合の推移 第1次産業は大幅に減少。第2次産業は増加傾向から減少に転じている。 0000135282 00000 n 0000233434 00000 n 0000124846 00000 n 0000148562 00000 n 化学工業の“すがた”をデータとグラフで紹介していきます。 ※化学工業は裾野が広いため分類方法によってその内容が変わってきます。 本書では「日本標準産業分類」(中分類 化学工業)に準拠。 その内容については5ページに詳細を記載しています。 0000233654 00000 n èŒ§‚ª12.8“‚ÆÅ‚à‚‚­‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB‚Ü‚½Cuî•ñ’ʐM‹Æv‚Í“Œ‹ž“s‚ª6.8“‚ÆÅ‚à‚‚­CŽŸ‚¢‚Ő_“ސ쌧‚ª5.9“Cç—tŒ§‚ª4.3“Cé‹ÊŒ§‚ª4.0“‚ÆŽñ“sŒ—‚̈ê“sŽOŒ§‚Ì‚Ý‚ª‘S‘•½‹Ïi2.7“j‚ðã‰ñ‚Á‚Ä‚¢‚éBi•\3-5j, `‚±‚Ì‚¤‚¿uƒz[ƒ€ƒwƒ‹ƒp[v‚ª2.4”{Cu‰îŒìEˆõv‚ª1.9”{‚É‘‰Á`, @15ÎˆÈãA‹ÆŽÒ”‚ðE‹Æ‘啪—Þ•Ê‚É‚Ý‚é‚ƁCu¶ŽYH’öE˜J–±ì‹ÆŽÒv‚ª1663–œli15ÎˆÈãA‹ÆŽÒ”‚Ì27.0“j‚ÆÅ‚à‘½‚­CŽŸ‚¢‚ŁCuŽ––±]Ž–ŽÒv‚ª1208–œli“¯19.6“jCu”Ì”„]Ž–ŽÒv‚ª881–œli“¯14.3“j‚È‚Ç‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB, @•½¬12”N‚Æ”ä‚ׂé‚ƁCuƒT[ƒrƒXE‹Æ]Ž–ŽÒv‚ª9.8“‘Cu•ÛˆÀE‹Æ]Ž–ŽÒv‚ª4.9“‘Cuê–å“IE‹Zp“IE‹Æ]Ž–ŽÒv‚ª3.3“‘‚È‚Ç‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éBi}3-3j, @i’ju‚»‚Ì‘¼v‚ÉŠÜ‚Ü‚ê‚é‚̂́CuŠÇ—“IE‹Æ]Ž–ŽÒvCu”_—Ñ‹™‹Æì‹ÆŽÒvCu‰^—AE’ʐMŽ–‹ÆŽÒv‹y‚сu•ª—Þ•s”\‚̐E‹Æv‚Å‚ ‚éB, @15ÎˆÈãA‹ÆŽÒ‚Ì•½¬12”N`17”N‚Ì‘‰Á—¦‚ðE‹Æ¬•ª—ށi’jiA‹ÆŽÒ”10–œlˆÈãj•Ê‚É‚Ý‚é‚ƁCuƒz[ƒ€ƒwƒ‹ƒp[v‚ª144.9“‘‚ÆÅ‚à‘‰Á—¦‚ª‘å‚«‚­CŽŸ‚¢‚Łu‰îŒìEˆõiŽ¡—ÃŽ{ÝC•ŸŽƒŽ{Ýjv‚ª94.9“‘CuŽ©“®ŽÔ‘g—§ì‹ÆŽÒv‚ª40.0“‘‚È‚Ç‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éBi•\3-6j, @i’j“ú–{•W€E‹Æ•ª—Þ‚Ì364‚̏¬•ª—Þ‚ð‘¨’²¸WŒv—p‚Æ‚µ‚Ä293‹æ•ª‚ɍĕҐ¬‚µ‚½B, ©1996 ‘–±Èi–@l”ԍ†2000012020001j“Œv‹Ç. 0000146431 00000 n 2016.9. トップページへ戻る 操作方法. 国内マクロ経済 1.今月のグラフ ~弱さが見られる個人消費と所得環境. 0000124038 00000 n 概況全体を見たい場合は、印刷用のpdfファイルをご覧ください。 調査の概要. 0000135642 00000 n 2016/01/14. 0000130500 00000 n 結果の概要. 化学工業の“すがた”をデータとグラフで紹介していきます。 ※化学工業は裾野が広いため分類方法によってその内容が変わってきます。 本書では「日本標準産業分類」(中分類 化学工業)に準拠。 その内容については5ページに詳細を記載しています。 0000008812 00000 n 0000664243 00000 n 0000134629 00000 n 0000124130 00000 n 0000003472 00000 n 0000134981 00000 n 0000666257 00000 n 0000008750 00000 n 第4章 経済産業構造と就業構造のシミュレーション 日本経済は、産業構造や就業構造をダイナミックに転換させながら、経済成長を実現して きた。しかし足元の経済状況をみると、グローバル化の進展やアジア・新興国の台頭によっ 日本の産業別雇用者数の推移 に進む. 1.今月のグラフ ~弱さが見られる個人消費と所得環境. 戦後復興期」、「戦後混乱期」、および「日本のインフレーション#敗戦直後のインフレーション」も参照. 0000136066 00000 n 年-2016年 ... 2010年代の日本における成長産業 (出所) OECD Statistics を基に作成。 2010年代の日本の経済成長は、情報・通信業ではなく、製造業等がけん引。 各産業における経済成長への貢献度( 2010 - 2016.