endobj 3 0 obj 31 Q�T�4IBX�d�l���.46w��~��F�]��lߪ��o�}�[��My��;�y��QH��9Ie� 0000009504 00000 n ʛ C�uje�B���?�KU �r&�t^��5�*V7��h xC�l?�y��S �4)�ɈT�F�@��TV���paҝ��RO`���o�ah7�:�Zן$zR�L|�2�\��%��n���?M�|���B�����j;3՝��J%���9�e��i�!�۱�y���uԩ0��oM쐖������j��6���kO��̼�T�R��R&�P�^�ii�0&�h���+�}X)K���z�GB��!y�TAnSu��pVo�Ŗ��OCML6�_�#D��1�~�"�C���S������� D��(����g~sk-@\J�Q&�Pvm���X=�X��=�es�dT{�k[�;O0dG�0���˃w��՗|�MYo�������2��Kɐ��m��L�b���*�$ی�Qm�=�~2���)R�4����� ��6P endstream endobj 177 0 obj 478 endobj 128 0 obj << /Contents 167 0 R /Type /Page /Parent 119 0 R /Rotate 0 /MediaBox [ 0 0 596 842 ] /CropBox [ 0 0 596 842 ] /Resources << /Font << /F0 166 0 R /F1 168 0 R /F2 171 0 R >> /ProcSet 175 0 R >> >> endobj 129 0 obj << /Count 8 /Type /Outlines /First 130 0 R /Last 131 0 R >> endobj 130 0 obj << /Title (&%ʆ|m~����) /Parent 129 0 R /A 165 0 R /Next 150 0 R >> endobj 131 0 obj << /Title (����=��) /Parent 129 0 R /Prev 132 0 R /A 133 0 R >> endobj 132 0 obj << /Title (�e��h,) /Parent 129 0 R /Prev 134 0 R /Next 131 0 R /A 135 0 R >> endobj 133 0 obj << /S /GoTo /D [ 88 0 R /FitH 846 ] >> endobj 134 0 obj << /Title (�"#��"*�4��AtΥ��:.E�Q&) /Parent 129 0 R /First 136 0 R /Last 137 0 R /Prev 138 0 R /Next 132 0 R /A 139 0 R /Count -2 >> endobj 135 0 obj << /S /GoTo /D [ 79 0 R /FitH 846 ] >> endobj 136 0 obj << /Title (���Cjb���G+�'lz��\(2A��ȡ2�) /A 164 0 R /Parent 134 0 R /Next 137 0 R >> endobj 137 0 obj << /Title ("��. 2012-07-03T10:47:27+09:00 28 0 obj uuid:e0523675-5fc2-45b2-b387-bcd42eafa4b4 関連記事. << /K 73 0 R /P 6 0 R /S /Document >> endobj << /Contents 67 0 R /CropBox [ 0 0 595.22 842 ] /MediaBox [ 0 0 595.22 842 ] /Parent 5 0 R /Resources << /ExtGState << /GS0 40 0 R >> /Font << /C2_0 42 0 R /C2_1 45 0 R /TT0 43 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Rotate 0 /StructParents 10 /Type /Page >> '��o��:��^}7@�q�������Խ����;����E��$:j��g��. << /Contents 66 0 R /CropBox [ 0 0 595.22 842 ] /MediaBox [ 0 0 595.22 842 ] /Parent 5 0 R /Resources << /ExtGState << /GS0 40 0 R >> /Font << /C2_0 42 0 R /TT0 43 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Rotate 0 /StructParents 9 /Type /Page >> 東アジアとaseanにおける人口構成とマクロ経済. 0000003710 00000 n 0000009836 00000 n 「東アジア発」の輸出金額の推移の概要は、図1 のとおりである。 1990 å¹´6,960 億 ドルから2008 å¹´ 3 兆9,410 億ドルと5.7 倍に拡大した後、2009 年には約2 割落ち込 endobj 第1節 世界と東アジア人口の推移 (1)世界人口の推移 世界人口は1950 年の25 億3,223 万人から1980 年に44 億5,301 万人、2010 年には 68 億9,589 万人に増加した。2011 å¹´10 月末に世界人口は70 億人に達し、世界中で多 くの式典が開催されたことは記憶に新しい。 0000002943 00000 n 人口ピラミッド: アジア - 2020. endobj 0000004045 00000 n 0000004903 00000 n 27 0 obj 韓国の生産年齢人口(15~64歳)が2017年から減少に転じると発表されました。東アジア諸国では日本が1995年にピーク、次いで中国が2011年、台湾が2015年に最高を記録して減り始めており、4カ国そろって下り坂に入りました。 %���� 0000001429 00000 n 日本は2007 年に65 歳以上の人口が21%を超えた超高齢社会に入った。一方、周 4 0 obj 0000002779 00000 n endobj 0000004700 00000 n << /CreationDate (D:20120703104727+09'00') /ModDate (D:20120703104738+09'00') >> << /BaseFont /Helvetica /Encoding 7 0 R /Name /Helv /Subtype /Type1 /Type /Font >> 0000007690 00000 n 人口統計データベース; 北マリアナ諸島自治連邦区(アメリカ合衆国自治連邦区(コモンウェルス))の人口推移 1950å¹´~2010å¹´, 人口推移予測 2011å¹´~2100å¹´ Source: 国連 World Population Prospects: The 2012 Revision uuid:9a9132d8-25e9-45e7-8d60-f606c7001a5c endobj 17 0 obj 0000001548 00000 n はじめに. äººå£ã®2020年の予測人口数の85268人をピークとするなど日々変動があり、年少人口の1980年、生産年齢人口の1995年など、年代ごとのピークや増減推移も違っていますので、それら東京都東大和市地域の特徴を確認しておきましょう。 5 0 obj 23 0 obj 0000002295 00000 n 2.1950年以降、中国・東南アジアを含めて東アジア諸国では、都市化が急速に進展 してきた。都市人口の比率(都市化率)は、1950年の16.1%から2005年には44.7% へ上昇しており、2025年に59.6%、2050年には74.3%になる見込みである。つま 16 0 obj endobj 0000005742 00000 n 0000004962 00000 n trailer << /Size 178 /Info 117 0 R /Encrypt 127 0 R /Root 126 0 R /Prev 93373 /ID[] >> startxref 0 %%EOF 126 0 obj << /Pages 118 0 R /Type /Catalog /Outlines 129 0 R /Metadata 124 0 R /PageMode /UseOutlines >> endobj 127 0 obj << /Filter /Standard /R 2 /O (H1�Bd��������Nr��0�{`b�ב�) /U (c�e����D�imv�2`���j`\(ٛ�C��n�) /P -44 /V 1 /Length 40 >> endobj 176 0 obj << /S 496 /O 631 /Filter /FlateDecode /Length 177 0 R >> stream 0000005622 00000 n 0000002690 00000 n endobj << /Contents 29 0 R /MediaBox 30 0 R /Parent 5 0 R /Resources 31 0 R /Type /Page >> 26 0 obj application/pdf 10 0 obj ©ã‚„かに減少していく予想です.人口は2015 … << /Contents 71 0 R /CropBox [ 0 0 595.22 842 ] /MediaBox [ 0 0 595.22 842 ] /Parent 5 0 R /Resources << /ExtGState << /GS0 40 0 R >> /Font << /C2_0 42 0 R /C2_1 45 0 R /TT0 43 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Rotate 0 /StructParents 14 /Type /Page >> endobj 0000001701 00000 n endobj 0000006459 00000 n 7 0 obj 0000005332 00000 n 20 0 obj endobj 0000004429 00000 n 6 0 obj 0000007985 00000 n endobj 0000004593 00000 n 0000003393 00000 n 1.アジアの都市と都市化 (1)東アジアで加速する都市化 世界人口は1950年の25億人から2000年には 60億人へ急増した。わずか50年のうちに人口 が2倍以上に増加したことから、20世紀は 「人口爆発の世紀」と呼ばれた。この人口増 0000005562 00000 n 19 0 obj 0000004489 00000 n endobj << /Subtype /XML /Type /Metadata /Length 3109 >> 15 0 obj 2- 5 å¹´é½¢5歳階級別人口(エクセル:16kb). 外で事業をされている方にインタビューした記事はこちら! →【目次】世界で活躍する事業家特集を始めました! 目標100人! %PDF-1.4 %���� �ھO��UM=����-������Ľ�C>�$ ア大陸の東部にあたるアジア地域の一部を指す地理学的な名称である。 北西からモンゴル高原、中国大陸、朝鮮半島、台湾列島、日本列島などを含む 。 北東アジア(東北アジア)、極東、東亜などと呼ぶ場合もある。 0000003613 00000 n žã§ã¯ã€äººå£100万人前後の都市 でも広く日帰り可能圏域を形成 日本で日帰り可能な東アジアの都市 は韓国のみ 東アジアにおける交通利便性の向上と課題 【コンテナ貨物量ランキング】 我が国港湾の国際的地位 は急速に低下 0000003553 00000 n 2 0 obj endobj << /Contents 44 0 R /CropBox [ 0 0 595.22 842 ] /MediaBox [ 0 0 595.22 842 ] /Parent 5 0 R /Resources << /ExtGState << /GS0 40 0 R >> /Font << /C2_0 42 0 R /C2_1 45 0 R /TT0 43 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Rotate 0 /StructParents 1 /Type /Page >> ンガポール - 1960年の人口増加率(%)は 6.36%でした。 3. 0000012011 00000 n << /Contents 65 0 R /CropBox [ 0 0 595.22 842 ] /MediaBox [ 0 0 595.22 842 ] /Parent 5 0 R /Resources << /ExtGState << /GS0 40 0 R >> /Font << /C2_0 42 0 R /TT0 43 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Rotate 0 /StructParents 8 /Type /Page >> 8 0 obj %PDF-1.6 endobj << /Contents 46 0 R /CropBox [ 0 0 595.22 842 ] /MediaBox [ 0 0 595.22 842 ] /Parent 5 0 R /Resources << /ColorSpace << /CS0 47 0 R /CS1 48 0 R /CS2 49 0 R /CS3 50 0 R >> /ExtGState << /GS0 40 0 R >> /Font << /C2_0 42 0 R /C2_1 45 0 R /TT0 43 0 R >> /Pattern << /P0 51 0 R /P1 52 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageC /ImageI ] /XObject << /Im0 53 0 R /Im1 54 0 R >> >> /Rotate 0 /StructParents 2 /Type /Page >> 0000005802 00000 n << /Contents 55 0 R /CropBox [ 0 0 595.22 842 ] /MediaBox [ 0 0 595.22 842 ] /Parent 5 0 R /Resources << /ExtGState << /GS0 40 0 R >> /Font << /C2_0 42 0 R /C2_1 45 0 R /TT0 43 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Rotate 0 /StructParents 3 /Type /Page >> 0000005452 00000 n 12 0 obj endstream endobj << /Nums [ 0 [ 74 0 R ] 1 [ 75 0 R ] 2 [ 76 0 R ] 3 [ 77 0 R ] 4 [ 78 0 R ] 5 [ 79 0 R ] 6 [ 80 0 R ] 7 [ 81 0 R ] 8 [ 82 0 R ] 9 [ 83 0 R ] 10 [ 84 0 R ] 11 [ 85 0 R ] 12 [ 86 0 R ] 13 [ 87 0 R ] 14 [ 88 0 R ] 15 [ 89 0 R ] ] >> (1)人口規模の推移 表1は主として国連人口部の2002年版将来人口推計の結果に基づき、1950年から205 0年における東アジア・東南アジア各国(地域)の人口規模の推移を示したものである。 21 0 obj << /Contents 59 0 R /CropBox [ 0 0 595.22 842 ] /MediaBox [ 0 0 595.22 842 ] /Parent 5 0 R /Resources << /ColorSpace << /CS0 60 0 R /CS1 61 0 R /CS2 62 0 R /CS3 63 0 R >> /ExtGState << /GS0 40 0 R >> /Font << /C2_0 42 0 R /C2_1 45 0 R /TT0 43 0 R >> /Pattern << /P0 64 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Rotate 0 /StructParents 7 /Type /Page >> endobj 0000005392 00000 n