地名由来の苗字が多い⇒沖縄の地名には琉球語が残っているものも多い⇒そのため風変りに聞こえる苗字が多い; 薩摩藩に支配されていた時代に日本風の苗字を禁止され改名させられるケースもあった 沖縄の珍しい苗字を100個集めてみました! だいたいが、沖縄の地名由来の苗字。 沖縄の地名は、当て字を使う場所も多くあり、読み方が難しい。 そういう理由で、難読な珍しい苗字が多い地域。 いられたのだそうです。理由はもとより、まずはご覧あれ。 喜屋武: 沖縄県。①沖縄県糸満市喜屋武発祥。琉球王国時代に記録のある地名。琉球音はチャン。②沖縄県うるま市喜屋武発祥。琉球王国時代に記録のある地名。琉球音はチャン。同地に分布あり。※沖縄県島尻郡南風原町喜屋武は琉球王国時代に記録のある地名。 沖縄には「玉城(たまぐすく)」「中城(なかぐすく)」「豊見城(とみぐすく)」など沢山の「~城(~ぐすく)」と言う地名があり、それにちなんだ苗字が残っています。 åœ°é ­ã¨ãªã£ãŸã®ã«ç”±æ¥ã™ã‚‹ã€‚. 沖縄の人の苗字は、本土出身者にとっては難読なものばかり!しかも、初対面でいきなり「なんて読むんですか?」とはさすがに聞けません。沖縄で恥をかかないためにも、ぜひ知っておきたい苗字があり … 沖縄に限らず、苗字は 住んでいる地名や地形から由来 している事が多いです。 沖縄では琉球語が残っている地名が多く、その読み方も特殊なため、そこから派生した苗字も変わった苗字と言われることがよく見受けられます。 町 (約10人) 7 沖縄県 国頭郡金武町 (約10人) 9 沖縄県 中頭郡北中城村 (約10人) 泉(いずみ): 沖縄県の泉家 糸数(いとかず): 沖縄県の糸数家: 堺(大阪府)の出で、糸数村(沖縄県南城市)の地頭となった。 体的にはうになったのは明治維新の後となる1872年の 「琉球処分」 からです。 ちなみに琉球処分とは 「キンジョウ」の由来 . 今回は、沖縄の珍しい苗字や地名、そして由来をご紹介していきたいと思います! これであなたも沖縄ツウになれるかも!? まずは沖縄に多い苗字ベスト3をご紹介! 比嘉 (ひが) 金城 (きんじょう) 大城 (おおしろ) クラスの中に絶対2~3人いる名字ですね。 占有率60%未満の苗字は沖縄独特とは言えない。 ... なお、大半の苗字が県内の地名に由来し、他県の人には聞きなれない苗字が多いため、苗字の種類が多いように思われがちだが、人口比での苗字の種類の数は全国的に見ても最も少ないほうである。 何故沖縄には珍しい苗字が多いのか?まとめ .