警察庁は24日、高齢ドライバーによる交通事故などを防ぐため設けた専用ダイヤル「#8080(ハレバレ)」で、運用開始の昨年11月22日~今年11月末、1万2851件の相談を受理したと発表した。同庁幹部は「本人だけでなく、不安を感じている周… 第1回(2017年1月16日) 2.1. žçµŒæ¸ˆå§”員会の自動車基準調和世界フォーラムの場において国際基準の策定に向けた検討を行うとともに,基準の策定に先立ち,国による性能認定制度を創設した。また,ペダル踏み間違い時加速抑制装置について,自動車アセスメントにおける30年度中の評価開始に向けて検討を行った。, ○平成30å¹´1月から,ASV割引(衝突被害軽減ブレーキ搭載車の保険料を9%割引)を導入した。また,損害保険会社各社から顧客への適切な周知の促進を図った。, ○民間企業等から提案のあった27の新技術を活用した逆走対策技術の効果等について,平成29å¹´7月より実道での検証を開始し,30年度からその実用化を目指す。, 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1, 平成30年交通安全白書(概要). そもそも、高齢者ドライバーの話をする中で、高齢者とは何歳からを意味するのかというと、警視庁によると、高齢運転者は70歳以上を意味します。 下記の図は、平成29年3月12日に施行された運転免許更新手続きのフローです。 高齢者に関する交通安全情報 交通安全に関するわかりやすい情報の発信に取り組んでいます。 高齢者交通安全サポーターとは; 愛知県の高齢者の交通安全対策グランドデザイン; 高齢者交通安全サポーター; 自治体の運転免許自主返納支援事業 ホーム > 運転寿命延伸プロジェクト・コンソーシアム top > 高齢ドライバーを取り巻く現状 高齢者の運転に対する現在の対策は? 高齢化率の上昇に伴い、高齢ドライバー数は近年著しく増加し、75歳以上の高齢者に限っても約425万人が免許を保有しています。 警察庁では、高齢ドライバーの交通事故対策として、これまでに運転免許の自主返納を積極的に呼びかけてきた。 2019 年には、返納件数が 60 万件を超え、 2010 年の約 9 倍以上にまで伸びた。この件数だけを見れば、自主返納が浸透してきたといえるだろう。 第4回(2017年5月12日) 5.1. 1. 第3回(2017年3月17日) 4.1. いよいよ絶滅秒読み…最後の国産ハイパワー2Lターボ WRX S4の真価と究極の理由, 【スクープ】この一冊で2021年の新車がすべてわかる!! 日系メーカーにも大問題となる! 米バイデン政権になったら自動車産業はどうなるのか!? なのに…日本では古いクルマに乗り続けるのは罪なのか!! 議事次第(22.5KB) 4.2. 高齢運転者とは、原付以上(特殊車を含む。)を運転している65歳以上の者をいいます。 高齢運転者の交通事故発生件数は、第1当事者となった件数です。 構成比の数値は四捨五入しているため、内訳の合計が100パーセントにならないことがあります。 ドイツは30年超保有で減税!! 議事概要(233KB) 3. 高齢運転者による交通死亡事故が相次いで発生したことを踏まえ,平成28年11月15日に関係閣僚会議が開催され,総理から以下3点について,取り得る対策を早急に講じるとともに,政府一丸となって対策に取り組むよう指示があった。 つまり、認知機能検査に加えて、高齢ドライバーの事故対策が必要になってきました。 警察庁では、有識者で構成する会議を設置し、高齢者が運転できる地域や時間帯、車種を絞った「限定運転」の導入の … 平成27年度警察庁委託事業「刻々と変化する交通情勢に即応するための交通安全対策 (高齢者講習に係る新たな制度及びその運用の在り方について)に関する調査研究」報告書より 2( q>2 配布資料 3.3. 第3節 超高齢化社会への対応 第1節でも触れたように、社会の高齢化の進展に伴い高齢者がかかわる交通事故死者数が増加するなど、現在、高齢者の交通安全対策が重要な課題となっている。 そこで、本節では、高齢者の交通安全対策の今後の方向性について取り上げることとする。 議事次第(23.7KB) 2.2. 高齢ドライバーによる交通死亡事故の人的要因は、通行区分(道路のはみ出し、逆走など)と操作不適(ブレーキとアクセルの踏み間違え、ハンドル操作の誤り)の2種類で半数以上。 対策として以下のことを教わりました。 ①補償運転の実践 高齢ドライバーの方へ 体調不良の時は運転を控えましょう! 体調不良が影響していると思われる重大事故が発生しています。 ドライバーの皆さんへお願いです! 運転前には体調を確認しましょう 体調が悪いと感じたときは、運転を控えることも大事です。 高齢者ドライバーの事故が相次いているのを受けて、2019年12月19日、75歳以上の高齢ドライバーの免許制度改正案について、警察庁による有識者会議が開かれた。, その結果、2022年度をめどにサポカーに限定した運転免許の創設することなどが発表された。, これを受けて警察庁は、2020年1月20日から始まる通常国会で、高齢ドライバーの免許制度改正案を提出し、可決される見込みとなっている。, さて、どんな免許制度になるのか? その免許制度によって高齢者ドライバーによる事故は減るのか?, そして、地方でなかなか進まない高齢者の免許返納について打開策はあるのか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。, 交通死亡事故は全国で3449件(2018年)と件数としては過去最少となる一方、高齢者ドライバーによる重大な事故が相次いでいる。, 年代別にみると、20~74歳で免許保有人口10万人あたり3~4件であるのに対し、75~79歳で6.2件、80~84歳で9.2件、85歳以上で16.3件と、75歳以上の高年齢で多くなっている。, 75歳以上の死亡事故にはいくつかの特徴がみられる。75歳未満では「安全不確認」要因が最大であるのに対し、75歳以上はハンドル操作やブレーキの踏み間違いなどといった「操作不適」が多いとされている。, また、死亡事故を起こした75歳以上は、認知機能の低下(認知症のおそれがある、または認知機能が低下しているおそれがある)が指摘される割合は半数程度と、75歳以上全体の3分の1程度と比べて高くなっている。, こういったことから、加齢による身体機能や認知機能、判断の速さの衰えによる事故の発生が指摘されている。, 2016年10月には横浜市で87歳のドライバーが運転する軽トラックが集団登校中の小学生の列に突っ込み、6歳の男の子が亡くなり、8人が死傷。2018年5月には、神奈川県茅ヶ崎市の国道で90歳のドライバーのクルマが赤信号を無視して歩行者などを次々とはね、4人を死傷させる事故が起きた。, 2019年4月には東京・池袋で、87歳のドライバーが運転するクルマが暴走して通行人を次々とはね3歳の女の子と母親が死亡するという傷ましい事故が発生した。, 直近のデータでは、75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は2019年11月末までに全国で354件に上っている。, 75歳以上の高齢者ドライバーの免許制度改正案について、警察庁による有識者会議が2019年12月19日に開かれた。その結果、2022年度をめどにサポカーに限定した運転免許の創設することなどが発表された。, 現在の免許制度でも医師により認知症であると診断されると、運転免許の更新ができなくなる。, つまり免許を取り上げられることになるのだが、実際には医師に明確に認知症と診断されて免許の更新を停止されるケースは、よほどの重度な認知症なければ難しいようだ。, なぜなら医師に認知症と診断されても通常の生活を送れるような高齢者は、自分は運転ができると思っているし、免許を取り上げられることに抵抗があるからだ。, しかし運転が危ういほど認知能力が低下していなくても、運転には支障を来すような状況に陥ることは十分に考えられる。, 診断後に認知機能や身体能力が低下していく恐れもあるし、走行中に急病で意識を失うなど体調の急変もあり得るのが高齢者ドライバーであるからだ。, 昨今の電子制御が運転をアシストしていることが、ドライバーの運転能力を判別しにくくしているクルマの運転は、それだけ高度な状況判断や繊細な操作が求められるものなのだ。, そうでなければ、とっくに自動運転も実現できているハズなのである。未だよちよち歩きでたびたび事故を起こすようなレベルなのは、公道での運転は無限ともいえるような様々な状況の組み合せが起こり、それを瞬時に判断して運転操作する必要があるからで、ビッグデータという経験値が頼りの自動運転は、完成度を高めてモノになるまでにはまだまだ時間が必要だ。, 新制度ではサポカーに限定した免許を新設するだけでなく、更新時までに一定の違反歴がある高齢ドライバーには、免許更新の際に講習だけでなく、免許更新の際に実技検査を義務づける方針だ。, また受験期間や回数などには制限はなく、何度でも挑戦して免許更新を目指すことができるようにするようだ。, サポカーに限定した「限定免許」は、すでに普通免許などを持っている高齢者ドライバーなどが切り替えられるほか、運転に不安がある人が免許を取る場合にも選択できることになる見通し。, 検査は自動車教習所などで行い、実際にクルマを運転して一時停止やハンドル操作がスムーズにできるかをチェックし、免許の更新を認めない場合もある。  対象とするドライバーの年齢については、75歳以上もしくは80歳以上にすることで検討が進められている。, 警察庁は、こうした内容を盛り込んだ道路交通法の改正案を2020年1月20日召集される通常国会に提出する見通し。, 今回の免許制度改正では、すでにサポカーでも重大事故を起こしている高齢者ドライバーにとって、十分な対策ではない、と考える人もいることだろう。, また、高齢者の運転技能検査については、池袋の事故では飯塚元院長に事故歴はなかったため、高齢者全員に運転技能検査を導入しなければ効果が期待できないという意見もある。, しかし、一足飛びに免許を定年制にしたり、更新するための条件の難易度を一気に引き上げることは制度全体の環境を整えるための時間が必要となるし、生活に困る人も出てくる。高齢者からの反発を招くことも考えられる。, やはりクルマの安全技術の熟成や道路環境の整備と合わせて段階的に見直していく必要があるものだろう。, 免許の自主返納は浸透してきており、2008年に2.9万人だったのが、2018年には全国で42.1万人と2年連続で40万人を超えた。, 年齢別の返納率をみると、とくに75歳以上で上昇している。2017年の認知機能検査の厳格化の効果もあったと思われる。しかし、75歳以上で返納率が上昇しているとはいっても5.18%にとどまっている。, また、都道府県別の75歳以上返納率には2.16倍もの差があり、最高が東京都の7.97%、最低が茨城県の3.69%となっている。, ※75歳以上の免許返納率は、各都道府県の75歳以上の免許保有者(第一種、第二種含む)に対する、75歳以上の免許返納者(申請免許取り消し者)の割合。, 都道府県別の1人当たり乗用車台数が多い都道府県(東京都は0.23台で最低、茨城県は0.68台で2番目に多い)ほど、返納率が低い傾向があることを考慮に入れると、日々の生活におけるクルマの利用状況が地域によって異なることが、返納率の地域差の一因となっていることが伺える。, 高齢者ドライバーによる免許の返納がなぜ進まないのか。これにはいくつかの原因が考えられる。, やはり、電車や地下鉄、バス、タクシーなど公共交通機関が充実している首都圏と比べると、地方ではクルマが手放せない。, 自分のクルマがなくなると、一気に生活のアシを失うことになるからだ。家族のクルマやクルマを所有している隣近所の友人、知人に頼んで、出かけるにしても気がひける。, そして、「クルマを運転できる」という権利を失う恐れ、これまでの人生で培ってきた運転に対する自信を喪失することへの抵抗感が大きいだろう。, 自主返納を行ってしまうと身分証明を失ってしまうという懸念もあるが、この問題に関しては運転経歴証明書があるため、問題はない。, 運転免許に限らず、人は一度手に入れた権利は、手放したくないものだ。しかもクルマの運転ができなくなるということは、公共機関を含め、誰かの手に頼らないと移動することが困難になってしまう。, これは移動の自由を奪われてしまうことになるから、生活にも困るケースが出てくる可能性もある。, そして自分の衰えを認めたくない気持ちや、その先の人生に対する不安があれば、なおさら返納したくはないだろう。, もちろん高齢者ならではの判断能力の衰えから、自分の能力を過信してしまうこともある。, 前述の運転に対する自信もそうしたもので、長年無事故無違反を続けていれば、自分の運転に自信を持つが、身体能力や判断力が鈍っていることは自分では気付きにくいし、認めたくない。, そのため家族が免許を返納させるための説得に苦労している、という話は方々で聞くほど珍しくないものだ。, もし家族に免許を返納させようとして苦労しているのであれば、免許返納を迫るのではなく、しばらくクルマの運転を止めてみるのを提案してみるのはどうだろう。, 現在のクルマがサポカーではないクルマならば、先にクルマを処分してしまうということも考えるべきだろう。クルマが本当に必要ならまた手に入れればいいのだから、サポカーに乗り換えるための準備として先に手放してみるのだ。, 免許は返納してしまうと再び取得するのはかなり難しいから当人は抵抗するだろうが、免許を保持したままクルマを買い替えるために一度手放す、というのであれば同意してくれるのではないだろうか。, そしてクルマがない生活に慣れたところで免許を返納する説得を開始すればいいのだ。もっともクルマがなければ運転できないのだから、そのまま免許を保持していても交通事故などを起こす危険はほとんど解消できる。, しかし、こうして免許を返納させたり、クルマを手放させるためには、運転経歴証明書以外に、代替え手段を用意する必要がある。, 公共の交通機関だけで十分な場合もあるだろうが、都市部でもバス停さえも遠い高齢者は足が弱ったら家族がサポートするなど費用や手間などの負担が必要になるケースもある。そうした努力なくして高齢者から運転免許を取り上げることはできないのだ。, 免許を取り上げられても移動する必要性から、これまでの習慣によりつい運転してしまうケースも考えられる(現在も実際に起こっている)。, 免許を返納、あるいは取り消された高齢者ドライバーが、クルマを運転できる環境ではないことを家族や免許返納を受け付けた免許センターなどが確認する仕組みも必要だろう。, では高齢者ドライバーが免許を保持したまま、クルマも失わない生活を実現するにはどうしたらいいのだろうか。, ペダル踏み間違いに対する対策も、これまで以上に実用的な仕組みが必要だ。東京都をはじめ地方自治体で後付けできるペダル踏み間違い装置の補助金制度導入が始まっている。, 現在搭載されている、あるいは後付けペダル踏み間違い装置は、進行方向に障害物を検知すると発進を抑制するというものだが、警告音や表示によってドライバーがペダルの踏み間違い、あるいは前後進操作間違いに気付いて、操作し直すことを想定している。, 高齢者ドライバーでは自身の操作ミスに気付かず、警告音や表示に慌ててしまいパニック状態になってしまうことも考えられる。したがって誤操作した時にも慌てずに正しい操作をやり直せるよう誘導できる仕組みが必要なのだ。, 熊本県のナルセ機材が発明した、ブレーキペダルの側面にアクセルレバーを一体化させたナルセペダルは、ユニークな仕組みの安全運転装置であるが、高齢者にとって足先を横方向に捻る動きは、角度の大きさと細かい調整が難しい。, つまり微妙なアクセル操作をしにくいことから、運転のハードルを上げてしまうという側面もありそうだ。, 一方、EVベンチャー企業のFOMMが開発したパドル式アクセルは、ペダル踏み間違いという点はナルセペダルより有効だが、高齢者ドライバーの運転操作を見ていると手指の動きもおぼつかないケースもあり、繊細な動きを要求するのは厳しい場合も出てきそうだ。, この方法はFOMMのような小型軽量でモーターの出力も限られるマイクロEVだから特に有効なのであって、発進加速も強力で車重も重い普通車では、指先でアクセルをコントロールしたとしても繊細な操作が要求されるから、操作ミスを起こすリスクが高まる。, やはり高齢者のラストワンマイルモビリティとして、マイクロEVの普及させるのが現実的には最もいい方法ではないだろうか。, 2020年に国土交通省は、いよいよセニアカー(免許不要・歩道走行)と軽自動車の間を埋めるマイクロEVを規格化させるといわれている。, マイクロEVであれば、操作系を簡潔にしたり、ドライバーによってアクセルに対する加速の大きさなどの調整も比較的容易だ。自宅で充電できて、軽自動車よりも駐車場に止めやすいコンパクトなボディなど、高齢者にも扱いやすいことも魅力だろう。, 経産省は2020年度にもマイクロEVの購入時に10万円の補助金を支給することを検討していると伝えられている。それが直接、購入の動機にはならなくても、購入を後押しする程度の効果は望めそうだ。, 理想は補助金込みで、高齢者が購入しやすいように50万円程度で購入できること。エコカー減税やEV、燃料電池車の普及促進よりも、真っ先にやるべきではないだろうか。, 2030年には、日本国民の3人に1人は65歳以上の高齢者となってしまう予測もある。そうなったら未成年や免許非取得者を除くと、ドライバーの2人に1人は高齢者ドライバーとなるだろう。, しかも日中は就業中である若年及び中年ドライバーに対し、高齢者ドライバーはリタイア後で時間に余裕があるため、平日の日中に走行している乗用車の半分以上は確実に高齢者ドライバーということになる。, すでに平日のスーパーマーケット駐車場では自営業や平日休みのサービス業に勤めている人、専業主婦よりも高齢者夫婦がクルマで来店している割合が圧倒的に多い地域も珍しくなくなっている。, 自動運転により安全性を飛躍的に高めることは理想的ではあるが、最終的にオペレーターが遠隔操作で自動運転車を監視していなければ成立できないような仕組みでは、庶民の足としては成立しにくい。, レベル4以上の自動運転が実用化されても、プライベートなクルマで利用できるのは当分の間は富裕層のみに限られるだろう。, 高齢者はクルマを運転できない、ということになれば移動難民が続出することになってしまう。, それでは日本経済も冷え込み、若年層の暮らしにも悪影響を与えることになる。一気に定年で免許取り消しにするのではなく、運転できる環境に制限を加えることでリスクを減らすことが、生活への影響も抑えることができる安全対策というものだ。, そういった意味ではサポカー限定免許の新設以降も、段階的に高齢者ドライバーに対して適切な免許制度へと整えていく必要がある。, そしてサポカー限定免許とともに、マイクロEV限定免許の設定が不可欠ではないだろうか。マイクロEV限定免許を新設することで、クルマの免許を持っていなかった人も免許を取得する気になって、クルマ離れにも歯止めがかかる可能性もある。, 今後、自動運転が進んでいくことが予想されるが、これが地方に普及するのは相当の時間がかかるのは明白。もはや悠長なことは言ってられないのだ。. 配布資料 2.3. 高齢者の交通死亡事故は、自宅近くで、早朝時の散歩、通院、夕方の買物などで外出中、特に早朝の時間帯に多く発生しています。 身近な高齢者の方に、 第2回(2017年2月22日) 3.1. 高齢者ドライバーによる交通事故が目立つ。「高齢者の運転をなんとかしてくれ」。ネット上では、高齢者ドライバー対策を求める声が日に日に大きくなっている。この記事では、高齢者の事故に関するいくつかの統計データを集めた。高齢者の運転はなぜ危ないのか、原因と対策をまとめた。 もはや新型ノート頼りか!? 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。高齢ドライバーの事故の現状と対策についてご説明。ペダルの踏み間違いによる誤発進など、「身体機能の衰え」をカバーする先進安全装備などもご紹介。岡崎五朗さんコラム。 出典:警察庁資料による. *1 文中及び図1、2、3の出典:警察庁 高齢運転者交通事故防止対策に関する有識者会議 令和2年3月「高齢運転者交通事故防止対策に関する調査研究」調査研究報告書より弊社作成; 高齢ドライバーによる重大 … 各地方機関の長 警察庁丙交企発第104号、丙規発第16号 各都道府県警察の長 丙 運 発 第 1 3 号 (参考送付先) 平成29年7月14日 庁内各局部課長 警 察 庁 交 通 局 長 各附属機関の長 「高齢運転者交通事故防止対策に関する提言」等を踏まえた高齢運転者による 議事次 … 議事次第(23.7KB) 3.2. 議事概要(184KB) 5. ある。これは日本の高齢社会が影響していると考えられる。 しかし筆者は、高齢社会においても、もう少しその地域や警察組織と協力して何かし ら対策ができるのではないかと考えた。そこで今回、高齢者が実際にどのような事故を |ベストカー1月26日号, 2020年も多くの人気車、注目車が登場したが、2021年も多くの新型車が予定されております。年末号恒例の、翌年の新車カレンダーをずらり紹介。ステイホーム中にじっくりと、来年の新型車を眺めてすごしましょう。  巻頭スクープが盛りだくさんなだ…. 高齢者の交通事故が多発しています!! 高齢者の交通事故防止のポイント; 高齢者交通安全ニュースのご案内; 運転時認知障害早期発見チェックリスト30について; ヤクルト販売会社6社との「高齢者を交通事故から守る活動に関する協定」の締結について 高齢ドライバーの方への思いやりを持った運転をお願いします。 4 御家族や御近所の皆さんへ. 【高齢者ドライバーの限定免許制度改正間近】進まない免許返納の問題点と打開策 2019年12月に75歳以上の高齢ドライバーの免許制度改正案において、安全運転サポートカーに限定した運転免許の創設することが決まった。どんな免許制度になるのかを解説する。 高齢ドライバーによる交通事故を少しでも減らすには、どのような対策が効果的なのでしょうか。高齢ドライバーの自動車事故を少しでも減らすために、一人ひとりが心掛けておくべきことを考えてみましょう。プロのアドバイスが満載!自動車保険の一括見積もり【保険スクエアbang! 議事概要(207KB) 4. 高齢者運転相談に1万2千件 警察庁専用ダイヤル、家族も 12月24日(木)21時33分 共同通信 警察庁は24日、高齢ドライバーによる交通事故などを防ぐため設けた専用ダイヤル「#8080(ハレ … 我が国では,急速に高齢化が進み,平成28年10月1日現在,65歳以上の人口は3,459万人となり,総人口に占める割合(高齢化率)は27.3%と約4人に1人となっている。 高齢ドライバーの事故対策として、2009年6月に施行された改正道路交通法は75歳以上の高齢者が免許更新する場合に「認知機能検査」を受けることを義務付けた。 制度導入から丸10年。効果はあったのだ … 配布資料 4.3. ①高齢ドライバー. 構成員(76.7KB) 2. i 高齢者を取りまく現状 1 高齢化の進展 (1)高齢化の進展. トヨタ圧勝の国内販売で 新車投入するも日産は苦戦中!? 高齢運転者交通事故防止対策 「高齢運転者交通事故防止対策に関する提言」等を踏まえた高齢運転者による交通事故防止対策の更なる推進について(通達) 道路交通法改正(平成29年3月12日施行) 認知機能検査について; 高齢運転者標識を活用しましょう! 交通事故の死者数は年々減少傾向にある一方、65歳以上の高齢者が占める割合が高くなっています。さらに近年では、事故の被害者だけでなく加害者になるケースも増えています。その背景には、高齢者人口の増加だけでなく、高齢者特有の事情も影響しています。 75歳以上の高齢者の運転による交通事故が目立っています。最近の事故発生状況、免許の自主返納状況および安全対策。運転時認知障害チェックリスト30など。警察庁は免許の自主返納の相談などを受け付ける全国統一の専用ダイヤル「#8080」(通称:シャープハレバレ)の運用を始めています。